2001.09.16

【日本骨粗鬆症学会速報】 腎機能が低い骨粗鬆症患者、ビタミンDとカルシウムとの併用療法に注意

 東京慈恵会医科大学腎臓・高血圧内科の重松隆氏らは、腎機能低下に伴う二次性副甲状腺機能亢進症の治療を目的に、ビタミンD製剤とカルシウム(Ca)剤の効果を検討。両者を併用した患者では、かえって副甲状腺ホルモン(PTH)の低下効果が少なく、腎機能に悪い影響が出る恐れがあることを見出した。骨粗鬆症患者の多くは高齢者であり、高齢者では腎機能が落ちているケースが多いので、両薬の併用には注意が必要になりそうだ。この研究結果は、9月15日の一般口演で発表された。

 腎臓は、老廃物をろ過するほか、ビタミンDを活性化する作用も持つ。そのため、腎機能が低下すると、血液中の活性型ビタミンDが減少。腸管からのCa吸収が低下して低Ca血症を起こす。こうして血液中のCa量が少なくなると、副甲状腺はPTHを大量に分泌して骨からCaを奪い取る。これが二次性副甲状腺機能亢進症と呼ばれる病態だ。

 重松氏らは、腎機能障害のために血中のCa濃度が低下し、PTH濃度が上昇している二次性副甲状腺機能亢進症患者75人を3群に分け、1.ビタミンD製剤(アルファカルシドール、1日量0.5μg)、2.Ca剤(炭酸カルシウム、1日量3g)、3.ビタミンD製剤+Ca製剤(1日量は1、2のそれぞれ半量)−−を投与。1年間追跡して、PTHの低下効果や腎機能への影響を調べた。

 その結果、ビタミンD製剤とCa剤の併用では、ビタミンD製剤の単独投与と比べ、PTHの低下効果が劣ることが明らかになった。腎機能を反映する血清クレアチニン値も、ビタミンD製剤やCa剤の単独投与と比べ、併用投与では9カ月目以降で有意に上昇。併用療法は単独療法より、PTHの低下効果が劣る上、腎機能を障害する危険があることが判明した。

 重松氏は「骨粗鬆症患者の多くは高齢者だが、クレアチニン・クリアランス値と年齢とは正の相関があり、高齢者の多くは腎機能障害を合併している」と指摘。高齢の骨粗鬆症患者にビタミンD製剤やCa剤を使う場合は、単独療法を行うべきとし、両薬の併用に警鐘を鳴らした。

 発表後の質疑応答では、患者が食事療法やサプリメントでCaを摂っている場合、ビタミンD製剤の投与は避けるべきかとの質問が出された。重松氏は「今回の試験で併用療法に用いたCa剤には、1日量で600mgのCaが含まれている。食事だけで普段より600mg、Caを多く摂取することは起こりにくいので、あまり心配はいらない」と回答した。しかし、サプリメントを服用している患者では、600mgの追加摂取は現実に起こり得る範囲。ビタミンD製剤を高齢者に処方する場合は、Ca剤の服用の有無を確認した方がよさそうだ。


-->医薬品スペシャルへ
-->整形外科スペシャルへ
-->プロフェッショナル・プログラムのトップページへ

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師人生に影響した1冊、1位はやっぱり… 医師の絶対教養 読書編 FBシェア数:0
  2. 75歳以上でもLDL-C高値は薬物介入すべき 学会トピック◎米国心臓協会学術集会(AHA2018) FBシェア数:183
  3. CRPを超える炎症マーカーで変わる腸疾患診療 リポート◎IBDを迅速に評価する新たな診断薬LRGが承認 FBシェア数:318
  4. CPAPで鼻マスクと口鼻マスクを選ぶポイント Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:95
  5. イナビルのシェアをゾフルーザが奪う構図 医師1000人に聞きました FBシェア数:66
  6. 米コレステロール管理GL、5年ぶりに改訂 学会トピック◎米国心臓協会学術集会(AHA2018) FBシェア数:113
  7. 地方の医学部を「自動車学校」化しないために Cadettoなんでも座談会 FBシェア数:29
  8. 臥位の腹部X線でもイレウスを発見できる 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」 FBシェア数:112
  9. 医師もまた、巨人の肩の上に立っているのだ イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:107
  10. 主訴<起き上がれない頭痛>の診かた 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:39
医師と医学研究者におすすめの英文校正