2001.09.12

【EASD学会速報】 「欧州からの頭脳流出を防げ」、総額100万ユーロの研究助成金制度が発足

 欧州糖尿病学会(EASD)の関連団体、欧州糖尿病研究基金(EFSD)とフランスServier社は、9月10日午前の記者会見で、2型糖尿病関連の研究に対する助成金制度を発足すると発表した。2002年から2004年の3年間で、総額100万ユーロ(約1億円)の研究助成金を支給する。EFSDによる糖尿病助成金制度は、1型糖尿病関連研究に関する制度に続き二つ目。

 EFSDは、欧州における糖尿病関連の研究費を募る目的で、1999年にEASDが組織した非営利団体。こうした研究助成金制度を通し、米国と欧州における糖尿病研究資金の格差を是正して、欧州の優秀な研究者の“頭脳流出”を抑えたいとしている。

 今回スタートした助成金制度の対象は、2型糖尿病の血管合併症に関する研究。初年度の2002年に4件、2003年と2004年は3件ずつ、計10件の研究に各10万ユーロ(約1000万円)ずつ支給する。初年度の応募期間は来年2月1日まで。(八倉巻尚子、医療ライター)


-->循環器スペシャルへ
-->プロフェッショナル・プログラムのトップページへ

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 裏口入学の斡旋を「無視してよかった」 シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《5》手口の実態(後編) FBシェア数:29
  2. マッチング最終結果、フルマッチ校は12校 【2018年度】新専門医制度開始も市中病院人気は不変 FBシェア数:54
  3. 主訴<頭痛>の救急患者への対応法 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:53
  4. 3歳8カ月男児。突然笑い出す。 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  5. GLP-1受容体作動薬は心血管リスクを減らすか 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:30
  6. あなた、本当に子どもを医者にしますか? 記者の眼 FBシェア数:71
  7. GPの”相棒”グラム染色を活用しよう! 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:31
  8. 主訴便秘、腹部X線で見えた不透過像の正体 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」 FBシェア数:142
  9. 54歳男性。全身倦怠感と皮疹 Cadetto.jp限定「よりぬきメディクイズ」 FBシェア数:28
  10. 「私はどこへ行けばいいんでしょう?」と患者に言わ… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:38
医師と医学研究者におすすめの英文校正