2001.09.02

「スタチンは安全で有用」、ACCとAHAが患者に向け共同声明

 米国心臓学会(ACC)と米国心臓協会(AHA)は8月30日、脂質低下薬のHMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)が、安全で有用であるとする患者向け声明を共同で発表した。今年8月にスタチンの一つ、セリバスタチンナトリウム(わが国での商品名:バイコール、セルタ)が自主回収され(関連トピックス参照)、スタチン服用者の間に不安が広がっているのを受けたもの。

 声明の中で両学会は、「スタチンの有用性と安全性は実証されており、これまで特に副作用を経験していない服用者は、(自己判断で止めずに)服用を続けるべき」と強調。また、横紋筋融解症はすべてのスタチンで見られる副作用であり、セリバスタチンはその頻度が他のスタチンよりも多かったため自主回収されたが、頻度そのものは極めて少ないと指摘した。

 また、セリバスタチンを単独、またはゲムフィブロジルと併用で服用している患者には、すぐにセリバスタチンの服用を止めて主治医に相談するよう指示。同時に、どの種類のスタチンを服用している患者でも、筋肉痛や褐色尿があったら、すぐに主治医に相談するようアドバイスしている。

 なお、わが国では世界各国での自主回収後もしばらくセリバスタチンの販売は続行されたが、8月16日に厚生労働省が、同薬を国内で販売する2企業を指導(関連トピックス参照)。両社は8月23日に自主回収を開始している(関連トピックス参照)。

 両学会の声明「American College of Cardiology and American Heart Association Advisory -- ACC and AHA Reassure Patients About Statins' Effectiveness, Safety」は、こちらまで。なお、両学会は、ホームページ上でスタチン服用者向けの想定質問集も公開している。

■ 関連トピックス ■
◆ 2001.8.9 続報】 バイエル社の高コレステロール血症治療薬「バイコール」、日本除く世界中で販売中止決定
◆ 2001.8.17 続報】独バイエル社が「バイコール」販売中止
厚労省が用法・用量及び使用上の注意の徹底で国内メーカーを指導

◆ 2001.8.23 続報】 高脂血症治療薬セリバスタチン、日本でも自主的に販売を中止


-->医薬品スペシャルへ
-->循環器スペシャルへ
-->プロフェッショナル・プログラムのトップページへ

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 餅の窒息や風呂での溺水で警察は呼ぶ? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:16
  2. 【レッスン5】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:19
  3. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:205
  4. 大腸ポリープが腫瘍かどうかをAIが瞬時に判定 トレンド◎AI搭載の診断支援ソフトが国内初承認、年内発売へ FBシェア数:47
  5. 過敏性腸症候群ではプラセボ効果も治療のうち 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:51
  6. 敗血症へのステロイド投与のメタアナリシス JAMA Internal Medicine誌から FBシェア数:41
  7. この処方箋の患者はかぜ?それとも肺炎? 短期連載(1):Dr.キタカズの「成人市中肺炎の処方箋」 FBシェア数:39
  8. 外来での感染症診療は適切なアセスメントから 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」 FBシェア数:107
  9. 職員を採用できずに開業した医師が語った事情 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:49
  10. スギ花粉、関東以南は2月中旬から飛散開始 日本気象協会発表、花粉量は例年よりも多いが前シーズンより少なめ FBシェア数:6
医師と医学研究者におすすめの英文校正