2001.08.28

欧州心臓学会、心疾患による突然死の予防に関する勧告を発表

 欧州心臓学会(ESC)の心疾患突然死に関する諮問委員会(Task Force on Sudden Cardiac Death)は、心疾患による突然死の予防に関する勧告をまとめ、学会への報告書として発表した。報告書は、ESCの学術誌であるEuropean Heart Journal誌8月15日号に掲載された。

 この報告書では、心疾患突然死の予防に関し、新たに得られたエビデンスを整理。患者の病態別に、個々の介入について1. クラス1(行うべき)、2.クラス2a(行った方が良い)、3.クラス2b(行わない方が良い)、4.クラス3(行うべきではない)−−の4段階の勧告を示している。

 勧告の対象となった疾患は、心不全や心筋梗塞から心筋症、QT延長症候群やウォルフ・パーキンソン・ホワイト(WPW)症候群、さらにスポーツ心臓や胸部外傷まで多岐に及ぶ。なかでも、患者数が多くエビデンスが豊富な心不全や心筋梗塞については、詳細な分析が加えられている。

 具体的な介入を挙げると、心不全患者の突然死予防については、β遮断薬、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬と、スピロノラクトンなどのアルドステロン受容体拮抗薬がクラス1とされた。一方、強心薬やジゴキシンはクラス3となった。

 心筋梗塞後の突然死予防に関しては、クラス1がβ遮断薬とACE阻害薬、脂質低下薬の3薬。エイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)もクラス2aとなった。一方、硝酸塩やマグネシウムはクラス3に位置付けられた。抗不整脈薬ではアミオダロンだけがクラス2aで、他はクラス3とされた。植え込み型除細動器(ICD)については、左室駆出力(EF)が40%未満で心室性頻拍(VT)が無症候性、非持続性などの場合にクラス1となった。

 この報告書のタイトルは、「Task Force on Sudden Cardiac Death of the European Society of Cardiology」。現在、全文がPDF形式でこちらからダウンロードできる。


-->医療行政・経営スペシャルへ
-->医薬品スペシャルへ
-->循環器スペシャルへ
-->プロフェッショナル・プログラムのトップページへ

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 開業医は長生きできない? 死亡時年齢は70.8歳 岐阜県保険医協会が寿命に関する調査結果を公表 FBシェア数:577
  2. HPVワクチン接種後の神経障害は自己免疫性脳炎が… シリーズ◎何でもPros Cons【どうする? HPVワクチン接種の積極的勧奨】 FBシェア数:57
  3. てんかん発作を感知し抑制するデバイス普及へ トレンド◎てんかんやパーキンソン病を電気刺激で治療 FBシェア数:160
  4. 年明けの相場でいい加減気付け! FXは危ない! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:2
  5. 飲酒量を減らす新薬セリンクロ、どう使う? トレンド◎治療目標に「飲酒量の低減」が加わったアルコール依存症治療 FBシェア数:17
  6. 【レッスン7】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:41
  7. 終末期、患者に選択肢を提示するのはタブー 日本赤十字社医療センター救急科の山下智幸氏に聞く FBシェア数:374
  8. 配偶者に「医師以外」を望む医師が7割 シリーズ◎何でもPros Cons【配偶者は医師がいい?】 FBシェア数:75
  9. 喘息の増悪で入院した患者に抗菌薬は無駄 JAMA Intern Med誌から FBシェア数:64
  10. 開業するのは誰のため?自分?それとも患者? 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:12
医師と医学研究者におすすめの英文校正