日経メディカルのロゴ画像

2001.08.26

コーヒーはやはり心臓に悪い?、血清脂質への悪影響が無作為化試験で示唆

 コーヒーを日常的に飲むと、血清総コレステロール値や血漿ホモシステイン値が上昇する恐れがあることがわかった。これは、American Journal of Clinical Nutrition誌9月号に、ノルウェーOslo大学のBenedicte Christensen氏らが報告した無作為化比較試験の結果。コーヒー愛飲者が6週間コーヒーを断つと、総コレステロール値とホモシステイン値が、いずれも低下したという。

 総コレステロールとホモシステインは、虚血性心疾患の危険因子として知られる。フィルターを用いないで淹れたコーヒーを飲むと、総コレステロール値やホモシステイン値が上昇することは既に報告されている(Am. J. Clin. Nutr.;71,480,2000)。Christensen氏らは今回、カフェインを除去していない、ペーパードリップの(フィルターを用いて淹れる)コーヒーについて、同様の検討を行った。

 試験に協力したのは、健康で喫煙習慣のない191人の成人。うち97%は「カフェイン抜きではない、ペーパードリップのコーヒー」を常飲している。Christensen氏らはこの191人を、1.コーヒー断ち、2.1日1〜3杯(175〜525ml)、3.1日4杯以上−−の3群に無作為に分け、6週間追跡した。なお、コーヒーの淹れ方は、各人の好みに任せた。

 その結果、「コーヒー断ち群」では、6週後に血清総コレステロール値が10.8mg/dl、血漿ホモシステイン値が1.08μmol/l、それぞれ低下していた。総コレステロール値やホモシステイン値に影響を及ぼすと考えられる因子で補正しても、低下作用は依然として認められた。なお、「コーヒー断ち」群に割り付けられた人の場合、試験開始前には平均1日4杯、ペーパードリップのコーヒーを飲んでいたという。

 ちなみに、本試験の参加者が飲んでいたのは、ほとんど全て「カフェイン入り」コーヒーだった。つまり、ペーパードリップか否かを問わず、カフェイン入りコーヒーは心臓に悪いとの解釈が成り立つわけだ。この報告が米国で広く取り上げられれば、いわゆる「コーヒー党」は、こぞって「カフェイン抜き」のコーヒーに走ると思われる。「カフェイン抜きコーヒー」が、ホモシステインや血清脂質に及ぼす影響の検討が待たれよう。

 この論文のタイトルは「Abstention from filtered coffee reduces the concentrations of plasma homocysteine and serum cholesterol-- a randomized controlled trial」。アブストラクトは、http://intl.ajcn.org/cgi/content/abstract/74/3/302まで。(指方通、医療ライター)

-->循環器スペシャルへ
-->プロフェッショナル・プログラムのトップページへ