2001.08.21

【日本骨代謝学会速報】 アレンドロネートの骨折予防効果に関する第3相試験結果が発表

 このほど製造承認を受けた骨粗鬆症治療薬、アレンドロネート(アレンドロン酸ナトリウム)の骨折予防効果をみた第3相臨床試験結果が、初めて発表された。発表は、日本骨代謝学会で8月11日に行われたランチョンセミナー4「骨粗鬆症治療におけるアレンドロネートの臨床的意義」(共催:万有製薬、帝人)で行われた。

 この臨床試験は、ビタミンD製剤のアルファカルシドールを対照薬とする二重盲検試験。脊椎の第4胸椎(T4)から第4腰椎(L4)に、既に1個以上の骨折がある65歳以上の骨粗鬆症患者374人を無作為に2群に分け、アレンドロネート5mgまたはアルファカルシドール1μgを連日投与した。その後、2年間追跡して新規骨折の発生頻度を比較した。

 靭帯の骨化や塊椎の形成がある症例などを除外し、最終的に314人について新規骨折の発生率を検討。その結果、臨床試験を開始してから6カ月と、6〜12カ月後の骨折発生率は、アレンドロネート群(164人)とアルファカルシドール群(150人)とで有意差はみられなかった。ところが、12〜18カ月後と18〜24カ月後では、アレンドロネート群の方がアルファカルシドール群よりも有意に骨折発生率が低くなった。

 全期間を通してみた場合、アレンドロネート群の骨折発生率は12.2%、アルファカルシドール群の骨折発生率は16.7%で、両者に有意差はない。しかし、6カ月目までに骨折を起こした症例を除外して検討すると、アレンドロネート群の骨折発生率は4.3%、アルファカルシドール群の骨折発生率は12.7%となり、アレンドロネートの投与で骨折の相対発生率を66%低下できることが明らかになったという。

 結果を発表した浜松医科大学整形外科の串田一博氏は、この結果について「日本人を対象とした2年間にわたる二重盲検試験で、骨折発生の抑制効果に関して、アレンドロネートのアルファカルシドールに対する非劣性、つまり両薬が同等であることが証明された」と統括。特に、薬剤を投与し始めてから6カ月以降では、骨折発生リスクがアルファカルシドールを服用した患者の3分の1になることを強調した。

 発表後、座長を務めた東京都老人医療センターの折茂肇氏が、有害事象の発生率について質問。串田氏は「アレンドロネート群が23.2%、対照群のアルファカルシドール群が22.0%で有意差はない。アレンドロネート群では胃炎(5.3%)や胃潰瘍(2.1%)などの胃腸障害が見られたが、対照群との有意差はなかった」と述べた。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「主治医は替えません」その言葉で覚悟を決めた シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:140
  2. 86歳女性。動悸 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:1
  3. GLP-1受容体作動薬は心血管リスクを減らすか 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:24
  4. 午前4時、3歳女児が煙草臭い母と救急外来に 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか partII FBシェア数:246
  5. 肺炎球菌感染症の「常識」が変わる トレンド◎ワクチン型が激減、重症例は高齢にシフト FBシェア数:170
  6. 医療費や死亡率に出身大学による差はない BMJ誌から FBシェア数:112
  7. ステージ4肺癌+癌性リンパ管症患者の大冒険 シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:54
  8. 大学病院の勤務医の給料はなぜ安いのか? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:169
  9. 訪問看護でつい考えてしまうこと 病院珍百景 FBシェア数:95
  10. 「東京医大ではガバナンスが働いていなかった」 特集◎波紋広がる東京医大の入試不正事件《2》証言その1 FBシェア数:18
医師と医学研究者におすすめの英文校正