日経メディカルのロゴ画像

2001.08.21

【日本骨代謝学会速報】 骨粗鬆症患者のQOL評価質問表、簡略版が完成

 骨粗鬆症患者の生活の質(QOL)を評価する、自記式の質問表の簡略版が完成した。これは、日本骨代謝学会の骨粗鬆症患者QOL評価委員会が、1999年度に作成した質問表の一部を抜粋したもの。開業医が日常臨床で使えるものを目指し、質問数を絞り込んだという。8月11日に行われた「QOL委員会報告」では、全15問と全18問の、2種類の簡易質問表が提示された。

 同委員会が1999年度に作成した「骨粗鬆症患者QOL評価質問表」は、1.痛み、2.日常生活活動、3.娯楽・社会的活動、4.総合的健康度、5.姿勢・体形、6.転倒・心理的要素、7.家族支援・総括−−の7分野について、計40問の質問から構成されている。今回は、この40問から15問を抽出した「ミニ15版」と、18問を抽出した「ミニ18版」を作成し、1999年度版の質問表との得点相関などを検討した。

 ミニ15版とミニ18版との違いは、ミニ18版の方に、骨粗鬆症患者によく見られる日常生活動作(ADL)上の問題を反映する質問3項目が含まれていること。具体的には、1.頭の上の棚のものがとれますか、2.運搬(5kgのもの)ができますか、3.畳からの立ち上がりができますか−−の三つの質問項目が追加されている。今回の検討では、いずれのミニ版も、1999年度版の質問表とよい得点相関が得られたという。

 日本骨代謝学会では、9月に行われる理事会で、ミニ15版とミニ18版のどちらを採択するかを決定。採択された簡略版質問表を、次号の和文誌「日本骨代謝学会」に掲載する予定だ。骨粗鬆症患者QOL評価委員会としては、ミニ18版の方を推しているという。