2001.08.17

米ブッシュ大統領、胚性幹細胞を用いた研究に政府資金を投入

 米国ブッシュ大統領は8月8日、胚性幹細胞を用いた研究に対し、制限付きで政府資金を投入することを決めた。胚性幹細胞とは、受精してから2カ月までの胎芽と呼ばれる、いわば胎児になる前段階のものから得られる幹細胞のこと。宗教団体などは、受精卵の段階で人間の生命であり、研究に用いることは倫理的に問題があるとして反対している。一方、研究者や患者団体は助成による研究の推進を望んでいる。そのため米国では、こうした研究に対し、これまでは政府資金による助成を行わないできた。

 胚性幹細胞を用いた研究は、アルツハイマー病やパーキンソン病、若年性糖尿病など、多くの病気の治療につながる可能性があると考えられている。ブッシュ大統領は、この点を重視し、既に存在する60株の胚性幹細胞を用いた研究に対してのみ、政府の助成を行うことを決めた。これらの幹細胞は、「既に“生死”が明確になっている」(ブッシュ大統領)との判断からだという。そこで、胎芽から新たに幹細胞を取り出す研究には、助成は行わない。

 ブッシュ大統領はまた、シカゴ大学の生物医学倫理学者、Leon Kass氏を座長とする委員会を発足し、幹細胞研究の運用に関する適切なガイドラインなどを作成してく。

 詳しくは、ホワイト・ハウスによるニュース・リリースまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 餅の窒息や風呂での溺水で警察は呼ぶ? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:16
  2. 【レッスン5】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:19
  3. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:205
  4. 大腸ポリープが腫瘍かどうかをAIが瞬時に判定 トレンド◎AI搭載の診断支援ソフトが国内初承認、年内発売へ FBシェア数:47
  5. 過敏性腸症候群ではプラセボ効果も治療のうち 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:51
  6. 敗血症へのステロイド投与のメタアナリシス JAMA Internal Medicine誌から FBシェア数:41
  7. この処方箋の患者はかぜ?それとも肺炎? 短期連載(1):Dr.キタカズの「成人市中肺炎の処方箋」 FBシェア数:39
  8. 外来での感染症診療は適切なアセスメントから 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」 FBシェア数:107
  9. 職員を採用できずに開業した医師が語った事情 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:49
  10. スギ花粉、関東以南は2月中旬から飛散開始 日本気象協会発表、花粉量は例年よりも多いが前シーズンより少なめ FBシェア数:6
医師と医学研究者におすすめの英文校正