2001.08.17

米ブッシュ大統領、胚性幹細胞を用いた研究に政府資金を投入

 米国ブッシュ大統領は8月8日、胚性幹細胞を用いた研究に対し、制限付きで政府資金を投入することを決めた。胚性幹細胞とは、受精してから2カ月までの胎芽と呼ばれる、いわば胎児になる前段階のものから得られる幹細胞のこと。宗教団体などは、受精卵の段階で人間の生命であり、研究に用いることは倫理的に問題があるとして反対している。一方、研究者や患者団体は助成による研究の推進を望んでいる。そのため米国では、こうした研究に対し、これまでは政府資金による助成を行わないできた。

 胚性幹細胞を用いた研究は、アルツハイマー病やパーキンソン病、若年性糖尿病など、多くの病気の治療につながる可能性があると考えられている。ブッシュ大統領は、この点を重視し、既に存在する60株の胚性幹細胞を用いた研究に対してのみ、政府の助成を行うことを決めた。これらの幹細胞は、「既に“生死”が明確になっている」(ブッシュ大統領)との判断からだという。そこで、胎芽から新たに幹細胞を取り出す研究には、助成は行わない。

 ブッシュ大統領はまた、シカゴ大学の生物医学倫理学者、Leon Kass氏を座長とする委員会を発足し、幹細胞研究の運用に関する適切なガイドラインなどを作成してく。

 詳しくは、ホワイト・ハウスによるニュース・リリースまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 無症候性高尿酸血症への安易な薬物療法はNG リポート◎FDAが「フェブキソスタットはアロプリノールよりも死亡リスクが高い」と警告
  2. 舌下免疫療法を“卒業”しました 記者の眼
  3. 薬の名前に物申す こんな私も3年目 みちよのナース道
  4. 【レッスン8】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  5. 重篤外傷患者の治療や家族への接し方で悩んだら 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part IV
  6. 初期研修医がやってしまいがちな10の失敗例 Cadetto通信
  7. どうする? 画像診断装置や医師の偏在 学会トピック◎第78回日本医学放射線学会総会
  8. 切っても切れない肥満と肺血栓塞栓症の関係 Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ
  9. 心房細動患者のPCI後抗血栓療法、最良の選択は 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE
  10. アセタゾラミド微量混入の原因が明らかに エカベトNa顆粒「サワイ」服用でドーピング陽性反応
医師と医学研究者におすすめの英文校正