2001.08.07

日本呼吸管理学会、呼吸リハビリーション・ガイドラインに関する声明を発表

 日本呼吸管理学会は8月4日、作成を進めてきた呼吸リハビリテーションに関するガイドラインの骨子案を、「呼吸リハビリテーションに関するステートメント」として発表した。大阪で開催された第11回日本呼吸管理学会/第23回日本呼吸療法医学会合同学術集会の二日目に開かれたワークショップで公表されたもの。正式なガイドラインとして刊行するのは来春になる見込み。

 ステートメントは、ガイドライン作成の背景と呼吸リハビリテーションの定義、ガイドラインの骨子、今後の課題となる問題点の指摘から構成されている。小規模な医療施設での利用に配慮し、検査(患者評価)項目やチーム医療の人員構成などについては、柔軟な規定を設けているのが特徴だ。

 呼吸管理学会では、「今後、日本呼吸器学会、日本リハビリテーション医学会などに呼びかけ、共同で推奨する形にしたい」(ガイドライン作成委員長の順天堂大学医学部呼吸器内科教授福地義之助氏)としている。

 なお今回のステートメントは暫定的なもので、8月末に同学会の理事会と評議員会で承認を受けて正式な学会声明となる。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「無診察治療」を巡る訴訟、裁判所の判断は? 日常診療に生かす医療訴訟の教訓
  2. シャワーで頭痛発生!疑うべき疾患は? 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
  3. 感染性腸炎の問診を「昨夜、生ものを食べませんでし… 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」
  4. レッスン12◆異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  5. VTE患者が抗凝固療法を中止した場合の再発率 BMJ誌から
  6. 冠動脈造影CTは誰に実施すべきか? BMJ誌から
  7. 「志水太郎 vs AI診断」は志水氏の圧勝 診断エラー学のすすめ
  8. CEA上昇も再発・転移所見なし。どう解釈? AntaaQAピックアップ
  9. 医療崩壊を盾に勤務医を犠牲にするのか シリーズ◎医師の「働き方改革」
  10. 吉本興業と大学医局の共通点 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』
医師と医学研究者におすすめの英文校正