2001.08.02

FDAが飲み込む“胃カメラ”承認、小腸の全体撮影が可能に

 米国食品医薬品局(FDA)は8月1日、カプセル入りで飲み込むことができる、超小型“胃カメラ”、 Given Diagnostic Imaging Systemを承認した。従来の内視鏡検査では、小腸の一部しか見ることができなかったが、このカメラを使うことで、小腸全体の撮影が可能となる。

 カメラには、送信機、電池、ライトが付いている。患者がカメラを飲み込むと、小腸を通過する際に、1秒間に2回の割合で腸粘膜を撮影する。映像は、患者が腰に巻いたベルト状のデータ・レコーダーに自動的に転送され、保存される仕組み。その後、医師がデータをコンピューターに転送し、読映を行う。

 Given Diagnostic Imaging Systemの製造元は、Given Imaging社(ジョージア州)。詳しくはFDAによる、ニュース・リリースまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 病院側が語った「透析中止」の真相 特集◎福生病院の「透析拒否で死亡」報道が投げかけたもの《2》
  2. 左足趾の潰瘍・疼痛で96歳女性が車いすで来院 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part IV
  3. 救急ロスタイムを防げ―現場離脱を阻むもの― 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  4. 裁判官は医師の過失をどのように判断するのか 裁判官が語る医療訴訟の実像
  5. おいおい、簡単に医師を辞めちゃいけないよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」
  6. 強化療法論争の先にある糖尿病治療の未来 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」
  7. あなたは大丈夫!?新時代の医療人マナー講座! 研修医のための人生ライフ向上塾!
  8. 「年1860時間」の上限変更は十分あり得る シリーズ◎医師の「働き方改革」
  9. 【漫画】EDって何? ガンバレ薬剤師
  10. 若手医師が描くPC連合学会と病総診学会の明日 座談会◎日本の総合診療を確立するために学会に求められること
医師と医学研究者におすすめの英文校正