2001.07.26

左利きは炎症性大腸疾患の危険因子?、コホート研究が示唆

 英国で行われたコホート研究で、クローン病や潰瘍性大腸炎には、右利きよりも左利きの人の方が約2倍かかりやすいことが示唆された。研究結果は、Gut誌8月号に掲載された。

 この研究を行ったのは、英国王立Free大学のD. L. Morris氏ら。Morris氏らは、英国で行われている二つのコホート調査に基づき、利き手と炎症性大腸疾患の関連を検討した。

 1970年に産まれた人をコホートとする「1970 British Cohort Study」では、10歳の時に利き手をチェック。1958年に生まれた人をコホートとする「National Child Development Study」では、7歳の時に利き手を調べている。

 Morris氏らは、この二つのコホートの対象者について、炎症性大腸疾患に罹患しているかどうかを検査。性別を補正して利き手と疾患との相関を調べた。

 その結果、左利きの人がクローン病に罹患しているオッズ比は、右利きの人の2.13倍(95%信頼区間:0.97〜4.65)、潰瘍性大腸炎についても2.13倍(同:0.92〜4.91)となった。両者を併せ「炎症性大腸疾患」としてオッズ比を求めると、2.13倍(同:1.20〜3.78、p=0.010)となり、左利きの人では有意に炎症性大腸疾患が多いことが明らかになった。

 クローン病や潰瘍性大腸炎には、自己免疫疾患との側面もある。Morris氏らは、1.“左利き”が免疫に関する何らかの遺伝的な素因を反映している(“左利き遺伝子”と“自己免疫疾患遺伝子”が、染色体上で近い場所にあるなど)、2.左利きであることが、腸疾患や自己免疫疾患を起こしやすくする環境因子になっている‐‐の二つの理由が考えられるとしている。

 この論文のタイトルは、「Inflammatory bowel disease and laterality: is left handedness a risk?」。アブストラクトは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 75歳以上でもLDL-C高値は薬物介入すべき 学会トピック◎米国心臓協会学術集会(AHA2018) FBシェア数:175
  2. 医師人生に影響した1冊、1位はやっぱり… 医師の絶対教養 読書編 FBシェア数:0
  3. てんかん重積状態の海外第一選択薬が国内で承認 最新DIピックアップ FBシェア数:340
  4. 医療者はLGBTの理解に務めるべし 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:45
  5. 医師もまた、巨人の肩の上に立っているのだ イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:82
  6. 臥位の腹部X線でもイレウスを発見できる 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」 FBシェア数:112
  7. 咳喘息を疑ったら吸ステ前に気管支拡張薬を インタビュー◎咳嗽ガイドラインが6年ぶりに改訂 FBシェア数:4
  8. CRPを超える炎症マーカーで変わる腸疾患診療 リポート◎IBDを迅速に評価する新たな診断薬LRGが承認 FBシェア数:310
  9. 主訴<起き上がれない頭痛>の診かた 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:38
  10. お礼奉公中だけど、転職したい… キャリアお悩み相談室 FBシェア数:40
医師と医学研究者におすすめの英文校正