日経メディカルのロゴ画像

2001.07.08

日本動脈硬化学会、高脂血症診療ガイドライン改訂案をホームページに掲載

 日本動脈硬化学会は、1997年に発表した高脂血症診療ガイドラインの改訂案「動脈硬化性疾患の予防と治療のためのガイドライン(案)」を、同学会のホームページに掲載した。

 改訂案は、今年6月に行われた日本動脈硬化学会総会で、改訂作業を進めている動脈硬化診療・疫学委員会委員長の馬渕宏氏(金沢大学大学院医学系研究科)が発表したもの(関連トピックス参照)。高コレステロール血症とする総コレステロール値を、従来の220mg/dlから240mg/dlへと引き上げた点や、リスクの層別化をより細かくし、脂質管理目標値を相対リスクに合わせて設定し直した点などが特徴となっている。

 日本動脈硬化学会ではこの改訂案について、学会内外から広く意見を求め、同学会動脈硬化診療・疫学委員会における検討材料とする。ガイドライン改訂案の最終報告は、年内に行われる予定だ。詳しくは、日本動脈硬化学会の高脂血症治療ガイドラインのページまで。

■ 関連トピックス ■
◆ 2001.6.11 日本動脈硬化学会速報】日本動脈硬化学会、「動脈硬化診療ガイドライン」を提案