日経メディカルのロゴ画像

トップページ医療コラム > メンタルヘルスケアの現場から 新着一覧

メンタルヘルスケアの現場から

何故心のケアが必要なのでしょうか。 医師になって23年目、精神科医の大西秀樹氏が現場からの声をお届け致します。

新着一覧
  • ストレスはどこから来るの?(2009年8月14日)
    大西秀樹

    今日もお仕事ご苦労様です。 連日、多くのストレスにさらされている皆様方ですが、ストレスにはどのようなものがあるのでしょうか。 まずは仕事。膨大な仕事量、書類の山、連日の深夜残業、上司の無理な要求、会議でしかられる・・・。会社勤めをしているとこのようなことは日常的におきているのではないでしょうか。仕事以外でのストレスもあります。親の具合が悪くなり誰かが介護しなければならない場合、自分自身が病気になり休職を余儀なくされたときも将来の不安などから、ストレスが生じます。 (続きを読む

  • 「うつ病の身体症状」(2009年7月3日)
    大西秀樹

    うつ病は現代社会で増加傾向にあり、この病気で休職する社員も増えている。うつ病の早期発見、治療、および社会復帰システムの構築からなるうつ病対策は、社員が安心して働ける健全な職場、本来の意味で生きがいのある職場を構築するために欠かすことはできない。(続きを読む

  • 「うつ病」いかなる病気なのでしょうか?(2009年6月21日)
    大西秀樹

    皆様、お仕事ご苦労様です。仕事が増えて毎日残業。家には寝に帰るだけ。休日は疲れを取るだけで精一杯。ストレスの多い今日この頃だと思います。ストレスの増加はメンタルに影響するのですが、そのときにうつ病にかかってしまうこともあります。 今日のテーマは最近職場で増えているうつ病の問題です。うつ病は一体どのような病気なのか、お伝えしたいと思います。 (続きを読む

  • 部下・同僚を守るため、これだけは知っておきたい(2009年5月4日)
    大西秀樹
  • ストレスの積み重ねが心のダメージに(2009年4月17日)
    大西秀樹
  • 心のケア、なぜ必要なのでしょうか?(2009年3月7日)
    大西秀樹