日経メディカルのロゴ画像

トップページ医療コラム > 『良い医者、良い医療』を創る歴史の処方箋 新着一覧

『良い医者、良い医療』を創る歴史の処方箋

医薬の歴史を、大事なことを的確に、難しいことをわかりやすく、面白いことを深く分析し、理想の医療を構築する処方箋のひとつに――

新着一覧
  • 薬を用いず、医者に頼らない江戸の患者学 〜現代でも通じる心の処方箋〜(2009年10月8日)
    21世紀医療フォーラム取材班ライター 油井富雄

    忍と忘を細末にして服用医療を享受する患者側が“良い患者”とならないと、いくら良い医者が増え、良い医療システムが完成しても意味がない。江戸の看護書『病家須知』(天保3年・1832年刊行)を著わした平野重誠(1790年〜1867年)は、当時の名医に数えられるが、「医者や薬には頼るな」としている。“良い患者”の条件の一つとして、病気は医者や病院、薬が治すものといった風潮を改善することも挙げておきたい。(続きを読む

  • 現代に蘇る医者を選ぶ際のコツ(2009年7月11日)
    医療コラムニスト 21世紀医療フォーラム取材班ライター 油井富雄

     江戸の看護書、『病家須知』(平野重誠著)には、そのものスバリの「医を選ぶ際の心得」という項目がある。「親を世話する者は医について知っていなければならないという古人の教えは、医術を学べということではない。世にいう医師の巧拙をあらかじめ知りて、親の病ある時に治療を乞う時に、間違いないようにする教えである」。(続きを読む

  • 江戸の看護書・『病家須知』(2)(2009年4月25日)
    医療コラムニスト 21世紀医療フォーラム取材班ライター 油井富雄

     江戸の看護書・『病家須知』(平野重誠著)は、天保3年(1832)から翌年にかけて出版された全8巻なる和綴じ本だ。第1巻から6巻までが、病気の予防や医師へのかかり方、看護の心得が述べられ、7、8巻は坐婆必見・とりあげばばあ心得草(原文のママ)となっている。坐婆とは、産婆さんのことで、江戸時代に資格試験などなかったが、現在でいうところの助産師の手引書となっている。(続きを読む

  • 江戸の看護書『病家須知』が示す現代医療へのヒント(その1)(2009年3月7日)
    医療コラムニスト 21世紀医療フォーラム取材班記者 油井富雄