日経メディカルのロゴ画像

トップページ医療コラム > 医療とIT 新着一覧

医療とIT

政府が「2006年度に6割以上」という数値目標を設定したにもかかわらず、電子カルテの普及が進まない。その原因はどこにあるのか。

新着一覧
  • 普及が進むオーダリングシステム(2009年4月1日)
    21世紀医療フォーラム取材班 ライター 歌川秀一

    中規模以上の病院ではオーダリングシステムの普及が進んでいる。そのメリットはどこにあるのか?(続きを読む

  • 電子カルテは、なぜ普及しないのか(2009年3月7日)
    医療コラムニスト 21世紀医療フォーラム取材班記者 歌川秀一

     電子カルテとは、一般的には「医療機関で医師が記録する診療録(カルテ)を、コンピュータを用いて電子的に記録・保存するシステム」のことである。しかし、電子カルテそのものについて明確な定義はなく、実際にはメーカーごとに、さらには病院ごとにそれぞれ機能や規模が異なるシステムが電子カルテと呼ばれている。 平成13年に厚生労働省が策定した「保健医療分野の情報化にむけてのグランドデザイン」では、電子カルテによって解決すべき医療の課題が4つ挙げられている。(続きを読む