わが国の高血圧診療の歩み

第21回国際高血圧学会(ISH2006)が、10月15〜19日の5日間、福岡国際会議場(福岡市)で開催される。テーマは「Global Challenge for Overcoming High Blood Pressure」。わが国 では18年ぶりの開催で、3000人以上が参加する見込みである。日経メディカル Onlineでは、ISH2006に先立ち、今学会のプログラムと見どころを随時紹介するとともに、わが国の高血圧診療を支えてきた専門医のインタビューを交え、その半世紀の歴史を振り返り、今後の降圧治療を展望する礎としたい。

スペシャルインタビュー

荻原 俊男氏
(大阪大学教授、ISH2006会長)


臨床に有用な研究結果が集結
多くの臨床医のご参加を

荒川 規矩男氏
(福岡大学名誉教授、第7回日本高血圧学会会長)


ヒト・アンジオテンシンを
世界で初めて単離

今井 潤氏
(東北大学臨床薬学教授)
new!

家庭血圧の世界基準を決めた大迫研究

尾前 照雄氏
(国立循環器病センター名誉総長)
new!

「久山町研究」を世界的な疫学研究に

家森 幸男氏
(京都大学名誉教授、WHO循環器疾患専門委員)
new!

脳卒中発症ラットを開発、予防に生かす

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「妊婦税」で大炎上! でも妊婦加算は必要だ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:18
  2. 65歳男性。失神 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 「ニキビが治りません!」と言われたら 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来 FBシェア数:8
  4. ディオバン高裁判決から見る医療界の課題 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:3
  5. 親の寄付なしには体育の授業もできない!? 緒方さやかの「米国NPの診察日記」 FBシェア数:2
  6. なぜ生活保護受給者だけに後発品を原則化するのか Inside Outside FBシェア数:162
  7. 「実際に手術した患者はゼロ」との回答が9割超 医師1000人に聞きました FBシェア数:0
  8. 中堅スタッフの「残業逃れ」で募る不公平感 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:36
  9. 生後27日、女児。腹部膨満、哺乳不良。 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  10. 横浜市が事前指示書「もしも手帳」を作ったワケ 横浜市医師会常任理事の赤羽重樹氏に聞く FBシェア数:14
医師と医学研究者におすすめの英文校正