日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ピコプレップ配合内用剤の基本情報

先発品(後発品なし)

基本情報

効能・効果
  • 大腸内視鏡検査前処置の腸管内容物の排除
  • 大腸手術時前処置の腸管内容物の排除
注意すべき副作用
血中マグネシウム増加 、 悪心 、 直腸炎 、 大腸炎 、 血中ビリルビン増加 、 血中リン減少 、 血中カリウム増加 、 頭痛 、 右脚ブロック 、 腹痛
用法・用量(主なもの)
  • 1回1包を約150mLの水に溶解し、検査又は手術前に2回経口投与する
  • 1回目の服用後は、1回250mLの透明な飲料を数時間かけて最低5回、2回目の服用後は1回250mLの透明な飲料を検査又は手術の2時間前までに最低3回飲用する
  • 1.検査又は手術の前日と当日に分けて2回投与する場合:検査又は手術の前日は低残渣食、当日は透明な飲料のみとし、検査又は手術前日の夜及び検査又は手術当日の朝(検査又は手術の4〜9時間前)の2回経口投与する
  • 2.検査又は手術の前日に2回投与する場合:検査又は手術の前日は低残渣食、当日は透明な飲料のみとし、検査又は手術前日の夕及び1回目の服用から約6時間後の夜の2回経口投与する
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 胃腸管閉塞症
    • 腸管穿孔
    • 中毒性巨大結腸症
    • 過敏症
    • 急性腹症
    • 腸閉塞
    • 重度腎機能障害
    • クレアチニンクリアランスが30mL/分未満

副作用

主な副作用
血中マグネシウム増加 、 悪心 、 直腸炎 、 大腸炎 、 血中ビリルビン増加 、 血中リン減少 、 血中カリウム増加 、 頭痛 、 右脚ブロック 、 腹痛 、 便失禁
重大な副作用
アナフィラキシー 、 顔面蒼白 、 血圧低下 、 嘔吐 、 嘔気 、 嘔気持続 、 気分不良 、 眩暈 、 冷感 、 蕁麻疹 、 呼吸困難 、 顔面浮腫 、 腸管穿孔 、 腸閉塞 、 鼠径ヘルニア嵌頓 、 虚血性大腸炎 、 高マグネシウム血症 、 呼吸抑制 、 意識障害 、 不整脈 、 心停止 、 筋力低下 、 傾眠 、 徐脈 、 皮膚潮紅 、 低ナトリウム血症 、 低カリウム血症 、 痙攣
上記以外の副作用
AST上昇 、 ALT上昇 、 肝機能検査異常 、 尿中血陽性 、 血中尿素減少 、 尿中蛋白陽性 、 APTT延長 、 リンパ球数減少 、 好中球数増加 、 血小板数増加 、 白血球数減少 、 白血球数増加 、 異常感 、 悪寒 、 過敏症 、 てんかん 、 大発作痙攣 、 錯乱状態 、 肛門周囲痛 、 アフタ性回腸潰瘍 、 下痢 、 発疹 、 紅斑性皮疹 、 斑状丘疹状皮疹 、 紫斑

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 胃腸管閉塞症
    • 腸管穿孔
    • 中毒性巨大結腸症
    • 過敏症
    • 急性腹症
    • 腸閉塞
    • 重度腎機能障害
    • クレアチニンクリアランスが30mL/分未満
  • 慎重投与
    • 高マグネシウム血症
    • 心機能障害
    • 高度便秘
    • 腸管狭窄
    • 軽度腎機能障害
    • 腸管憩室
    • 誤嚥を起こす
    • 中等度腎機能障害
    • 腹部外科手術
    • 重度活動性炎症性腸疾患
    • うっ血性心不全
  • 注意
    • 嚥下困難
    • 心機能障害
    • 腎機能障害
    • 糖尿病用薬投与中
    • 誤嚥を起こす
    • 電解質異常のリスク
  • 投与に際する指示
    • 糖尿病用薬投与中
患者の属性に応じた注意事項
  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 慎重投与
    • 高齢者
  • 注意
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)
  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用
薬剤名
影響
経口薬剤
吸収を妨げる
テトラサイクリン系抗生物質<経口>
当該薬剤の効果が減弱
ニューキノロン系抗菌剤<経口>
当該薬剤の効果が減弱
鉄剤<服用>
当該薬剤の効果が減弱
ジゴキシン<服用>
当該薬剤の効果が減弱
クロルプロマジン<服用>
当該薬剤の効果が減弱
ペニシラミン製剤<服用>
当該薬剤の効果が減弱
酸性物質
当該薬剤の効果が減弱
利尿剤
低カリウム血症
副腎皮質ホルモン剤
低カリウム血症
強心配糖体製剤
低カリウム血症
リチウム製剤
低カリウム血症
非ステロイド系抗炎症剤
水分貯留
抗利尿ホルモン不適合分泌症候群を惹起する薬剤
水分貯留
三環系抗うつ剤
水分貯留
選択的セロトニン再取り込み阻害剤
水分貯留
抗精神病薬
水分貯留
カルバマゼピン
水分貯留
非ステロイド系抗炎症剤
電解質異常
抗利尿ホルモン不適合分泌症候群を惹起する薬剤
電解質異常
三環系抗うつ剤
電解質異常
選択的セロトニン再取り込み阻害剤
電解質異常
抗精神病薬
電解質異常
カルバマゼピン
電解質異常
アルカリ性薬剤
効果が増強
飲食物との相互作用
  • 鉄分を含むもの<バジル、海苔、あゆ、ひじき、あさり など>

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

大腸内視鏡検査前処置及び大腸手術時前処置における腸管内容物の排除。

用法・用量(添付文書全文)

1回1包を約150mLの水に溶解し、検査又は手術前に2回経口投与する。1回目の服用後は、1回250mLの透明な飲料を数時間かけて最低5回、2回目の服用後は1回250mLの透明な飲料を検査又は手術の2時間前までに最低3回飲用する。
1.検査又は手術の前日と当日に分けて2回投与する場合:検査又は手術の前日は低残渣食、当日は透明な飲料のみとし、検査又は手術前日の夜及び検査又は手術当日の朝(検査又は手術の4〜9時間前)の2回経口投与する。
2.検査又は手術の前日に2回投与する場合:検査又は手術の前日は低残渣食、当日は透明な飲料のみとし、検査又は手術前日の夕及び1回目の服用から約6時間後の夜の2回経口投与する。
<用法・用量に関連する使用上の注意>
1.電解質異常を起こす恐れがあるため、水のみの飲用は避け、総飲量の半量以上はお茶やソフトドリンク等の他の透明な飲料を飲用する。
2.脱水を避けるため、口渇時には用法・用量に定められた水分摂取に加え、透明な飲料を適宜追加して飲用するよう指導する。
3.検査又は手術が午後に行われる場合は、前日と当日の2回に分けて投与する。

副作用(添付文書全文)

国内の臨床試験において424例中39例(発現率9.2%)、58件の副作用(臨床検査値異常を含む)が報告された。その主なものは血中マグネシウム増加8件(1.9%)、悪心6件(1.4%)、直腸炎5件(1.2%)であった(承認時)。
1.重大な副作用
1).アナフィラキシー(頻度不明):アナフィラキシーを起こすことがあるので、観察を十分に行い、顔面蒼白、血圧低下、嘔吐、嘔気持続、気分不良、眩暈、冷感、蕁麻疹、呼吸困難、顔面浮腫等が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
2).腸管穿孔、腸閉塞、鼠径ヘルニア嵌頓(いずれも頻度不明):腸管穿孔、腸閉塞、鼠径ヘルニア嵌頓を起こすことがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、腹部の診察や画像診断(単純X線、超音波、CT等)を行い、適切な処置を行う。
3).虚血性大腸炎(頻度不明):虚血性大腸炎を起こすことがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、適切な処置を行う。
4).高マグネシウム血症(頻度不明):高マグネシウム血症を起こすことがあり、呼吸抑制、意識障害、不整脈が現れ、心停止に至る場合もあるので、観察を十分に行い、嘔気、嘔吐、筋力低下、傾眠、血圧低下、徐脈、皮膚潮紅等の症状が認められた場合には、電解質の測定を行うとともに、適切な処置を行う。
5).低ナトリウム血症、低カリウム血症(いずれも頻度不明):低ナトリウム血症、低カリウム血症を起こすことがあり、意識障害、痙攣等が現れることがあるので、この様な症状が現れた場合には、電解質補正等の適切な処置を行う。
2.その他の副作用:次記のような副作用が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には中止等の適切な処置を行う。
1).免疫系障害:(頻度不明)過敏症。
2).代謝及び栄養障害:(1%以上5%未満)血中マグネシウム増加、(1%未満)血中ビリルビン増加、血中リン減少、血中カリウム増加。
3).神経系障害:(1%未満)頭痛、(頻度不明)てんかん、大発作痙攣、痙攣、錯乱状態。
4).心臓障害:(1%未満)右脚ブロック。
5).胃腸障害:(1%以上5%未満)悪心、直腸炎、(1%未満)腹痛、便失禁、大腸炎、(頻度不明)嘔吐、肛門周囲痛、アフタ性回腸潰瘍、下痢。
6).肝臓障害:(1%未満)AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、肝機能検査異常。
7).腎臓障害:(1%未満)尿中血陽性、血中尿素減少、尿中蛋白陽性。
8).血液障害:(1%未満)APTT延長、リンパ球数減少、好中球数増加、血小板数増加、白血球数減少、白血球数増加。
9).皮膚障害:(頻度不明)発疹(紅斑性皮疹、斑状丘疹状皮疹、蕁麻疹、紫斑を含む)。
10).その他:(1%未満)異常感、悪寒。

使用上の注意(添付文書全文)

(警告)
本剤の投与により、腸管内圧上昇による腸管穿孔を起こす恐れがあるので、排便、腹痛等の状況を確認しながら慎重に投与するとともに、腹痛等の消化器症状が現れた場合は投与を中断し、腹部の診察や画像検査(単純X線、超音波、CT等)を行い、投与継続の可否について慎重に検討する。特に、腸閉塞を疑う患者には問診、触診、直腸診、画像検査等により腸閉塞でないことを確認した後に投与するとともに、腸管狭窄、高度な便秘、腸管憩室のある患者では注意する。
(禁忌)
1.本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある患者。
2.胃腸管閉塞症又は腸閉塞の疑いのある患者[腸管内容物の増大や腸管蠕動運動の亢進により腸管内圧が上昇し、腸管粘膜虚血、腸閉塞、腸管穿孔を引き起こす恐れがある]。
3.腸管穿孔のある患者[腹膜炎その他重篤な合併症を起こす恐れがある]。
4.中毒性巨大結腸症のある患者[穿孔を引き起こし腹膜炎、腸管出血を起こす恐れがある]。
5.急性腹症が疑われる患者[腸管蠕動運動の亢進により、症状が悪化する恐れがある]。
6.重度腎機能障害のある患者(クレアチニンクリアランスが30mL/分未満)[吸収されたマグネシウムの排泄が遅延し、血中マグネシウム濃度が上昇する恐れがあり、また、多量の水分摂取は腎機能に負荷となり、症状が悪化する恐れがある]。
(慎重投与)
1.うっ血性心不全、心機能障害のある患者[電解質の変動により、心機能を抑制する恐れがある]。
2.軽度腎機能障害又は中等度腎機能障害のある患者[電解質異常を起こす恐れがある]。
3.高マグネシウム血症の患者[血中マグネシウム濃度が上昇する恐れがある]。
4.腹部外科手術の既往歴のある患者[腸閉塞や腸管穿孔を起こす恐れがある]。
5.腸管狭窄及び高度便秘のある患者[腸管内容物の増大や腸管蠕動運動の亢進により、腸閉塞や腸管穿孔を起こす恐れがある]。
6.腸管憩室のある患者[腸管穿孔を起こす恐れがある]。
7.重度活動性炎症性腸疾患のある患者[症状が悪化する恐れがある]。
8.高齢者。
9.誤嚥を起こす恐れのある患者。
(重要な基本的注意)
1.高齢者及び腎機能障害や心機能障害等の電解質異常のリスクのある患者に本剤を投与した場合には低ナトリウム血症又は低カリウム血症等が起こる恐れがあるので、電解質異常のリスクのある患者に投与する場合には、本剤の投与前に血清電解質の検査を実施することが望ましい。低ナトリウム血症又は低カリウム血症等の兆候又は症状が認められた場合には、適切な処置を行う。なお、体液の喪失を補う目的で水のみを摂取すると、電解質異常を起こす恐れがあるので注意する。
2.まれに腸管穿孔、腸閉塞、虚血性大腸炎及び高マグネシウム血症等を起こすことがある。腸管穿孔、腸閉塞及び虚血性大腸炎は腸管内容物の増大、蠕動運動の亢進による腸管内圧の上昇により発症し、高マグネシウム血症は、腸閉塞により本剤が腸管内に貯留しマグネシウムの吸収が亢進することにより発症するので、投与に際しては次の点に留意する。
1).患者の日常の排便状況を確認し、本剤投与前日あるいは投与前にも通常程度の排便があったことを確認した後投与する。
2).本剤の投与により排便があった後も腹痛、嘔吐が継続する場合には、腹部の診察や画像検査(単純X線、超音波、CT等)を行い、腸管穿孔等がないか確認する。
3.自宅で本剤を服用させる場合には、患者及びその家族に次の点について十分説明・指導する。
1).日常の排便状況を確認させるとともに、本剤服用前日、あるいは服用前に通常程度の排便があったことを確認させ、排便がない場合は服用前に医師に相談する。
2).副作用が現れた場合に、対応が困難になる場合があるので、一人での服用は避ける。
3).悪心・嘔吐、腹痛等の消化器症状やアナフィラキシー、過敏症、発疹等のアレルギー症状等の副作用について事前に説明し、症状が現れた場合には服用を中止し直ちに受診し、服用後も同様の症状が現れた場合は直ちに受診する。
4).電解質異常を起こす恐れがあるため水のみを摂取しない。
4.薬剤の吸収に及ぼす影響:本剤による腸管洗浄が経口投与された薬剤の吸収を妨げる可能性があるので、投与時間等に注意する。また、薬剤の吸収阻害が臨床上重大な問題となる薬剤を投与中の患者については、院内で十分観察しながら投与する。
5.誤嚥により、呼吸困難、肺炎を起こすことがあるので、誤嚥を起こす恐れのある患者(高齢者、嚥下困難な患者等)に投与する際には注意する。
6.糖尿病用薬投与中の患者への投与:糖尿病用薬の投与は検査当日の食事摂取後より行う[食事制限により低血糖を起こす恐れがある]。
7.排便に伴う腸管内圧の変動により、眩暈、ふらつき、一過性血圧低下等が発現することがあるので、十分に観察しながら投与する。
(相互作用)
併用注意:
1.テトラサイクリン系抗生物質<服用>/フルオロキノロン系抗菌剤<服用>、鉄剤<服用>、ジゴキシン<服用>、クロルプロマジン<服用>、ペニシラミン<服用>等[各薬剤の効果が減弱する恐れがあるので、本剤投与の少なくとも2時間前又は投与後6時間以降に服用するなど、同時には服用しない(マグネシウムイオンが各薬剤との間で難溶性キレートを形成することにより、もしくは本剤の投与により消化管内のpHが上昇することにより、各薬剤の吸収が阻害される)]。
2.利尿剤、副腎皮質ステロイド剤、強心配糖体を有する薬剤、リチウム[低カリウム血症を引き起こす恐れがある(カリウムの排出が増加することによる)]。
3.NSAID<非ステロイド性消炎鎮痛剤>又はSIADH<抗利尿ホルモン不適合分泌症候群>の誘発が知られている薬剤(三環系抗うつ薬、選択的セロトニン再取り込み阻害薬、抗精神病薬、及びカルバマゼピン等)[水分貯留や電解質異常を起こす恐れがあるため注意する(水分貯留及び/又は電解質バランス異常のリスクを増加させる)]。
4.酸性薬物[酸性薬物の効果が減弱する恐れがある(本剤が尿pHを上昇させることにより、排泄を促進する)]。
5.塩基性薬物[塩基性薬物の効果が増強する恐れがある(本剤が尿pHを上昇させることにより、排泄を阻害する)]。
(高齢者への投与)
1.一般に高齢者では、生理機能が低下していることが多いため、電解質異常が起こりやすいので慎重に投与し、低ナトリウム血症又は低カリウム血症等の兆候又は症状が認められた場合は適切な処置を行う。
2.高齢者において腸管穿孔、腸閉塞を起こした場合は、より重篤な転帰をたどることがあるので、投与中は観察を十分に行い、腹痛等の異常が認められた場合には、投与を中止し、腹部の診察や画像検査(単純X線、超音波、CT等)を行い、適切な処置を行う。
(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
妊婦又は妊娠の可能性のある婦人には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する。
(小児等への投与)
低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立されていない(使用経験がない)。
(過量投与)
過量投与により激しい下痢、重篤な電解質異常が発現する恐れがあるので、過量に服用した場合は、十分に観察を行い、対症療法等適切な処置を行う。
(適用上の注意)
1.調製方法:1包を約150mLの水に入れ、2〜3分間かき混ぜて溶解した後、使用する(但し、溶解時に発熱するため、冷水に溶解することが望ましく、溶解液が熱くなった場合には、十分に冷ましてから服用する)。
2.調製時:本剤の溶解液に他成分を添加しない。
3.開封後は速やかに使用する。また、未使用の粉末や溶解液は廃棄する。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。