日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

レボビスト注射用の基本情報

先発品(後発品なし)
一般名
製薬会社
薬価・規格
8202円(2.5g1瓶(溶解液付))
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 子宮卵管エコー図検査の造影
  • 心エコー図検査の造影
  • ドプラ検査の造影
注意すべき副作用
疼痛 、 ほてり 、 冷感 、 嘔気 、 腹痛 、 下腹部痛 、 胸部ほてり 、 そう痒感 、 過度呼吸 、 低血圧
用法・用量(主なもの)
  • 効能・効果、造影部位に応じ、1回量として、次の濃度、容量を投与する
    • なお、静脈内投与では、1回の検査で異なる断面あるいは部位を造影するなど、複数回投与の必要がある場合には、3回を限度とする
  • 子宮卵管エコー図検査における造影では、導管より子宮腔内に注入する
  • <心エコー図検査における造影>造影部位:心臓血管、投与部位:静脈内、使用濃度:300mg/mL、容量:5mL
  • <ドプラ検査における造影>造影部位:心臓血管、投与部位:静脈内、使用濃度:200mg/mL、容量:4〜8mL
  • <ドプラ検査における造影>造影部位:頭・頚部・躯幹部・四肢、投与部位:静脈内、使用濃度300mg/mL、容量:5mL
  • <子宮卵管エコー図検査における造影>造影部位:子宮卵管、投与部位:子宮腔内、使用濃度200mg/mL、容量:5〜18mL
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
    • ガラクトース血症
    • 骨盤腔内に急性炎症性疾患
    • 発症後14日未満の急性心筋梗塞
    • 重篤な心疾患
    • 重篤な肺疾患
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 妊婦・産婦
    • 授乳婦

副作用

主な副作用
疼痛 、 ほてり 、 冷感 、 嘔気 、 腹痛 、 下腹部痛 、 胸部ほてり 、 そう痒感 、 過度呼吸 、 低血圧 、 徐脈
上記以外の副作用
帯下過多 、 投与部位疼痛 、 気分不良 、 過敏症 、 蕁麻疹 、 違和感 、 熱感

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 過敏症
    • ガラクトース血症
    • 骨盤腔内に急性炎症性疾患
    • 発症後14日未満の急性心筋梗塞
  • 原則禁止
    • 重篤な心疾患
    • 重篤な肺疾患
患者の属性に応じた注意事項
  • 禁止
    • 妊婦・産婦
  • 原則禁止
    • 授乳婦
  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 慎重投与
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

1.心エコー図検査における造影。
2.ドプラ検査における造影。
3.子宮卵管エコー図検査における造影。

用法・用量(添付文書全文)

効能・効果、造影部位に応じ、1回量として、次の濃度、容量を投与する。なお、静脈内投与では、1回の検査で異なる断面あるいは部位を造影するなど、複数回投与の必要がある場合には、3回を限度とする。子宮卵管エコー図検査における造影では、導管より子宮腔内に注入する。
<心エコー図検査における造影>造影部位:心臓血管、投与部位:静脈内、使用濃度:300mg/mL、容量:5mL。
<ドプラ検査における造影>造影部位:心臓血管、投与部位:静脈内、使用濃度:200mg/mL、容量:4〜8mL。
<ドプラ検査における造影>造影部位:頭・頚部・躯幹部・四肢、投与部位:静脈内、使用濃度300mg/mL、容量:5mL。
<子宮卵管エコー図検査における造影>造影部位:子宮卵管、投与部位:子宮腔内、使用濃度200mg/mL、容量:5〜18mL。

副作用(添付文書全文)

<静脈内投与>総症例1,217例中93例(7.6%)に副作用が認められ、主な副作用は注入部疼痛37件(3.0%)、ほてり21件(1.7%)、注入部冷感13件(1.1%)等であった(承認時)。
市販後使用成績調査2,895例中36例(1.2%)に副作用が認められ、主な副作用は注入部疼痛10件(0.3%)等であった(再審査終了時)。
<子宮腔内投与>総症例172例中7例(4.1%)に副作用が認められ、主な副作用は嘔気3件(1.7%)、腹痛2件(1.2%)等であった(承認時)。
市販後使用成績調査356例中6例(1.7%)に副作用が認められ、主な副作用は下腹部痛2件(0.6%)であった(再審査終了時)。
<静脈内投与>次記の副作用が現れることがあるので、このような場合には適切な処置を行う。
1.過敏症(静脈内投与):(頻度不明)蕁麻疹。
2.消化器(静脈内投与):(0.1〜5%未満)嘔気。
3.注入部(静脈内投与):(0.1〜5%未満)疼痛、冷感、(0.1%未満)違和感、熱感。
4.その他(静脈内投与):(0.1〜5%未満)ほてり、胸部ほてり。
<子宮腔内投与>次記の副作用が現れることがあるので、このような場合には適切な処置を行う。
1.過敏症(子宮腔内投与):(0.1〜5%未満)そう痒感。
2.消化器(子宮腔内投与):(0.1〜5%未満)嘔気、腹痛。
3.呼吸器(子宮腔内投与):(0.1〜5%未満)過度呼吸。
4.循環器(子宮腔内投与):(0.1〜5%未満)低血圧、徐脈。
5.その他(子宮腔内投与):(0.1〜5%未満)帯下過多、ほてり、投与部位疼痛、下腹部痛、気分不良。

使用上の注意(添付文書全文)

(警告)
本剤は動脈内投与しない。
(禁忌)
1.本剤に対し過敏症の既往歴のある患者。
2.ガラクトース血症の患者[本剤のガラクトースにより症状が悪化する恐れがある]。
3.(静脈内投与)発症後14日未満の急性心筋梗塞患者。
4.(子宮腔内投与)妊婦又は妊娠している可能性のある患者。
5.(子宮腔内投与)骨盤腔内に急性炎症性疾患のある患者[本剤の投与により症状が悪化する恐れがある]。
(原則禁忌)
1.(静脈内投与)重篤な心疾患のある患者[症状が悪化する恐れがある]。
2.(静脈内投与)重篤な肺疾患のある患者[症状が悪化する恐れがある]。
(慎重投与)
(静脈内投与)高齢者。
(高齢者への投与)
一般に高齢者では生理機能が低下しているので、患者の状態を十分に観察しながら慎重に投与する。
(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
1.妊婦又は妊娠している可能性のある女性には投与しない[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない](子宮腔内投与の場合)。
2.妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、検査上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない](静脈内投与の場合)。
3.授乳中の女性に対する投与を避け、やむを得ず投与する場合には授乳を中止させる[授乳中の投与に関する安全性は確立していない](静脈内投与、子宮腔内投与の場合)。
(小児等への投与)
1.(静脈内投与)低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない[使用経験が少ない]。
2.(子宮腔内投与)低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない[使用経験がない]。
(適用上の注意)
1.投与経路:本剤は静脈内投与及び導管による子宮腔内投与にのみ使用し、動脈内投与は行わない。
2.調製前:懸濁液の調製に先立って、本剤と添付の注射用水は、室温に置いておく。
3.調製時:
1).懸濁液は使用直前に調製する。
2).バイアルへの注射用水の注入及び懸濁液調製後の本剤の注射筒への吸引には、添付のミニスパイク(懸濁液調製器具)を使用する。
3).バイアルへの注射用水の注入及び懸濁液調製後の本剤の注射筒への吸引は、過度の加圧/減圧を避けるためゆっくり行う。
4.調製方法:
1).添付の注射用水から使用濃度に応じて、次記の量を注射筒に吸引する。
濃度200mg/mLの場合:加える注射用水の量11mL、調製後の総容量12.5mL。
濃度300mg/mLの場合:加える注射用水の量7mL、調製後の総容量8.5mL。
(例)300mg/mLの濃度を得るためには、7mLの注射用水を用いる。これによって300mg/mLの懸濁液8.5mLが得られる。
2).添付のミニスパイクをバイアルに刺し、ミニスパイクに注射筒を結合してバイアル内に注射用水を過度の加圧を避けるためゆっくり注入する。
3).ミニスパイクから注射筒を取り外し、ミニスパイクのキャップを閉めて5〜10秒間振盪し、その後約2分間放置する。懸濁液放置時に分離が認められることがあるので、そのときは投与直前に慎重に逆さにして、再び均質な懸濁液とする。
4).再び注射筒をミニスパイクに結合し、バイアルを逆さにして必要な懸濁液量を過度の減圧を避けるためゆっくり吸引する。この時、ミニスパイクのフィルターがつまる恐れがあるため、注射筒からバイアルに懸濁液を逆流させない。
5.投与時:
1).懸濁液調製後は10分以内に使用する。
2).静脈内投与する場合には、19〜20Gの注射針を用いる(注射針は軟性の留置針が望ましい)。
3).静脈内投与する場合には、投与後、直ちに少量の生理食塩液を追加投与する。
6.開封後:1回の検査にのみ使用し、余剰の溶液は廃棄する。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。