日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

テーストディスクの基本情報

一般名
製薬会社
薬価・規格
- (1枚)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 味覚感度の判定
用法・用量(主なもの)
  • 1.検査方法:1).味質指示表を被検者に持たせるか、前に置く
  • 2).ろ紙ディスクを1枚耳用ピンセットでつまみ、S−1の味質溶液をディスクに滴下し、湿らせる程度とする
  • 3).湿らせたディスクを所定の測定部位へ静かに置く
  • 4).口を開けたまま2〜3秒で味質指示表のうち1個の答を指示させる
  • 5).ディスクは検者が再びピンセットで取り除く
  • 6).正答が得られない時はS−2、S−3・・・と同様の操作を繰り返し、認知閾値を求める
  • 7).残味を防ぐため水でよく含嗽させた後、1分間以上の間隔をおき、次の味質へ移る
  • 8).塩味液、酸味液について同様に操作し、認知閾値を求める
  • 味質を変更するときには水で含嗽させる
  • 9).最後に苦味液についても同様に操作し、認知閾値を求める
  • 10).次に別の測定部位についても同じ操作を繰り返し、各部位の認知閾値を求める
  • 2.測定部位:添付文書の図の通り
  • 3.検査結果の判定:No.1で認知:味覚感度1
  • No.2で認知:味覚感度2
  • No.3で認知:味覚感度3
  • No.4で認知:味覚感度4
  • No.5で認知:味覚感度5
  • No.5で認知不能:味覚感度6
  • 参考:No.5で認知不能症例でも、味質溶液1mLをピペットで滴下する全口腔法ではNo.2又はNo.3で味質を認知できる患者が多い
  • No.5の全口腔法でも認知不能例は、味質脱失とする

副作用

注意事項

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

味覚感度の判定。

用法・用量(添付文書全文)

1.検査方法:
1).味質指示表を被検者に持たせるか、前に置く。
2).ろ紙ディスクを1枚耳用ピンセットでつまみ、S−1の味質溶液をディスクに滴下し、湿らせる程度とする。
3).湿らせたディスクを所定の測定部位へ静かに置く。
4).口を開けたまま2〜3秒で味質指示表のうち1個の答を指示させる。
5).ディスクは検者が再びピンセットで取り除く。
6).正答が得られない時はS−2、S−3・・・と同様の操作を繰り返し、認知閾値を求める。
7).残味を防ぐため水でよく含嗽させた後、1分間以上の間隔をおき、次の味質へ移る。
8).塩味液、酸味液について同様に操作し、認知閾値を求める。味質を変更するときには水で含嗽させる。
9).最後に苦味液についても同様に操作し、認知閾値を求める。
10).次に別の測定部位についても同じ操作を繰り返し、各部位の認知閾値を求める。
2.測定部位:添付文書の図の通り。
3.検査結果の判定:
No.1で認知:味覚感度1。
No.2で認知:味覚感度2。
No.3で認知:味覚感度3。
No.4で認知:味覚感度4。
No.5で認知:味覚感度5。
No.5で認知不能:味覚感度6。
参考:No.5で認知不能症例でも、味質溶液1mLをピペットで滴下する全口腔法ではNo.2又はNo.3で味質を認知できる患者が多い。No.5の全口腔法でも認知不能例は、味質脱失とする。

使用上の注意(添付文書全文)

(重要な基本的注意)
点眼薬ではないので、点眼に使用しない。
(適用上の注意)
検査上の注意:
1.ピンセットは、各味質毎に1本使用する。
2.ろ紙ディスク、ピンセット等は溶液の中へ浸さない。
3.開封後しばらく保存した後に使用する場合は、びんの口を水で浸した綿又はガーゼで軽くふき、よく振った後で使用する。
4.ろ紙ディスクを味質溶液で浸すとき、溶液がろ紙面に盛り上がるほど付着させない。
5.ろ紙ディスクを測定部位へ置くとき、ピンセットが舌面に触れないよう注意する。
6.ろ紙ディスクは被検者に吐き出させるなどしないで、必ず検者が除去する。
7.同一味質での測定の間は含嗽の必要はなく、また間隔をおく必要もない。
8.味質の測定順序は甘味、塩味、酸味のどの味質から開始してもよいが、苦味を最後とする。
9.同一被検者に2回以上検査を実施する場合、被検者の推量による誤った結果を得ないため、甘味、塩味、酸味の順序は検査毎に変更する。
(その他の注意)
正常者の1〜2割の者が偽陽性と判定されるので、味覚障害の診断は慎重に行う。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。