日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

フェノールスルホンフタレイン注0.6%「第一三共」基本情報

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 腎機能検査

注意すべき副作用詳しく見る

過敏症発赤そう痒感顔面潮紅胸内苦悶血圧低下

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 排尿後、水300〜500mLを飲ませ、30分後にフェノールスルホンフタレインとして6.0mgを肘静脈又は筋肉内に注射する
  • <小児用量例>体重3〜5kg:注射量2mg
  • 体重5〜10kg:注射量3mg
  • 体重10〜20kg:注射量4mg
  • 体重20kg以上:注射量6mg
  • (添付文書の「測定法」の項参照)

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

主な副作用

過敏症発赤そう痒感顔面潮紅胸内苦悶血圧低下

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症
  • 慎重投与
    • アレルギー
  • 注意
    • 胆道閉塞
    • 尿混濁
    • 黄疸
    • 血尿
    • 脱水状態
    • 尿着色
    • 発熱
    • 循環器系不全

患者の属性に応じた注意事項

  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 希望禁止
    • 授乳婦
  • 慎重投与
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
抗コリン作用を有する薬剤 PSPの排泄を遅らせ測定値に誤差
アスピリン PSPの排泄を遅らせ測定値に誤差
プロベネシド PSPの排泄を遅らせ測定値に誤差
ペニシリン系抗生物質 PSPの排泄を遅らせ測定値に誤差
サルファ剤 PSPの排泄を遅らせ測定値に誤差
チアジド系薬剤 PSPの排泄を遅らせ測定値に誤差
アントラキノン類 尿の変色が起こり尿中PSP排泄量がみかけ上増加
スルホブロモフタレインナトリウム<BSP> 尿の変色が起こり尿中PSP排泄量がみかけ上増加
フェノールフタレイン 尿の変色が起こり尿中PSP排泄量がみかけ上増加
ヘキサミン 尿の変色が起こり尿中PSP排泄量がみかけ上増加

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    腎機能検査。

    用法・用量(添付文書全文)

    排尿後、水300〜500mLを飲ませ、30分後にフェノールスルホンフタレインとして6.0mgを肘静脈又は筋肉内に注射する。
    <小児用量例>
    体重3〜5kg:注射量2mg。
    体重5〜10kg:注射量3mg。
    体重10〜20kg:注射量4mg。
    体重20kg以上:注射量6mg。
    (添付文書の「測定法」の項参照)。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    (再審査対象外)。
    過敏症(0.1%未満):発赤、そう痒感、顔面潮紅、胸内苦悶、血圧低下等が現れることがある。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    (慎重投与)
    アレルギー素因のある患者。
    (重要な基本的注意)
    注入から検査終了まで、被検者に横臥又は座位をとらせるなど安静にさせ観察を十分に行う。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので患者の状態を観察しながら慎重に投与する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には診断上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。
    2.授乳婦への投与は避けさせることが望ましいが、やむを得ず投与する場合は授乳を避けさせる[授乳中の投与に関する安全性は確立していない]。
    (適用上の注意)
    1.筋肉内注射時:筋肉内注射にあたっては、組織・神経等への影響を避けるため次記の点に注意する。
    1).注射部位については、筋肉内注射時神経走行部位を避けて慎重に投与する。
    2).筋肉内注射時、繰り返し注射する場合には、左右交互に注射するなど、筋肉内注射時同一部位を避ける。なお、低出生体重児、新生児、乳児、幼児、小児には特に注意する。
    3).注射針を刺入したとき、激痛を訴えたり、血液の逆流をみた場合は、直ちに針を抜き、部位をかえて注射する。
    2.開封時:アンプルカット時の異物混入を避けるため、エタノール消毒綿等で清拭しカットする。
    (診断上の注意)
    次記の場合、測定値に誤差を生じることがある。
    1.患者の体の状態による影響:
    1).黄疸あるいは胆道閉塞がある場合、測定値に誤差を生じることがある。
    2).循環器系不全がある場合、測定値に誤差を生じることがある。
    3).脱水状態又は発熱がある場合、測定値に誤差を生じることがある。
    4).尿着色、尿混濁又は血尿がある場合、測定値に誤差を生じることがある。
    2.薬剤との併用による影響:
    1).抗コリン薬、アスピリン、プロベネシド、ペニシリン、サルファ剤、チアジド系利尿薬[PSPの排泄を遅らせ測定値に誤差を生じることがある]。
    2).アントラキノン類、スルホブロモフタレインナトリウム<BSP>、フェノールフタレイン、ヘキサミン[尿の変色が起こり尿中PSP排泄量がみかけ上増加することが報告されている]。
    (取扱い上の注意)
    本品は、「ワンポイントカットアンプル」を使用しているので、アンプル枝部のマークを上にして、反対方向に折りとる。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 脳卒中って、そんなに分かりにくいですか? うさコメント!
    2. 日本の医療訴訟、診断エラーが原因は39.3% 学会トピック◎第19回日本病院総合診療医学会学術総会
    3. 死亡診断書の「死亡場所」の整理に異議あり! 記者の眼
    4. 【動画】待合室から診察は始まる(前編) 國松淳和の「患者を磁石のように惹き付ける初診外来術」
    5. ゾフルーザ低感受性、小児例で症状が長引く傾向 インフルエンザ診療Next:トピックス
    6. 栄養補給の「ギアチェンジ」のタイミングは? 平方眞の「看取りの技術」
    7. 吸入ステロイドは毎日使わなくてもよい? Lancet誌から
    8. 2020年度診療報酬改定に向け第2ラウンド開始 シリーズ◎2020診療報酬改定
    9. その精神科診断は必要か 宮岡等の「精神科医のひとりごと」
    10. バスキアの描く頭部が「ドクロ」や「仮面」に似てい… 日経おとなのOFF presents 医師の絶対教養 美術編
    医師と医学研究者におすすめの英文校正