日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

パラアミノ馬尿酸ソーダ注射液10%(AFP)基本情報

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 両腎有効腎血流量測定
  • 腎機能検査
  • 分腎有効腎血流量測定

注意すべき副作用詳しく見る

悪心嘔吐下痢口渇頭痛熱感腰部熱感心窩部熱感会陰部熱感

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1.腎血漿流量測定(両腎)の場合:1).標準法(点滴静注法):初回量として、パラアミノ馬尿酸ナトリウム注射液をとり、場合によっては必要量のマンニトール注射液又はチオ硫酸ナトリウム注射液を加え、パラアミノ馬尿酸ナトリウムの濃度が0.5〜1.2%位になるように生理食塩液又は注射用水などで希釈して約50mLとし、1分間に約10mLの速度で5分間で静注する
  • 次いで維持量として、パラアミノ馬尿酸ナトリウムの濃度が0.4〜0.7%になるように、パラアミノ馬尿酸ナトリウム注射液を必要量のマンニトール注射液又はチオ硫酸ナトリウム注射液と混ぜ、生理食塩液又は注射用水などで希釈した混合液を、1分間に約3mLの速度で検査終了時まで持続点滴注入する
  • 2).簡便法(1回注入法):パラアミノ馬尿酸ナトリウム注射液10〜20mLを、場合によっては、必要量のマンニトール注射液又はチオ硫酸ナトリウム注射液の混液として、約10分間かけて徐々に静注する
  • 2.腎血漿流量測定(分腎)の場合:仰臥位にて太いテフロン針を留置し、ついでパラアミノ馬尿酸ナトリウムとして体重1kgあたり0.007gに相当する量を負荷する
  • 引き続き、あらかじめ用意した灌流液(*1)を1分間に約10mLの速度で点滴注入する
  • 点滴開始後5〜10分後にADHを負荷(*2)し、更に15分後座位をとらせる
  • (*1)灌流液組成:マンニトール80g(20%マンニトール400mL)、PAH13mL、ADH(ADH負荷量×1.8(mL))、以上に生理食塩液を加えて総量を1000mLとする
  • (*2)ADH負荷量:負荷すべき量(mL)=ADH溶液1mL×体重(kg)×1/2×1/100、ADH溶液(20U/mLのバソプレシン注射液1mLに生理食塩液19mLを加えて1U/mLに調整する)
  • (添付文書の「測定法」の項参照)

副作用

主な副作用

悪心嘔吐下痢口渇頭痛熱感腰部熱感心窩部熱感会陰部熱感

注意事項

患者の属性に応じた注意事項

  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 希望禁止
    • 授乳婦
  • 慎重投与
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
ペニシリン系抗生物質 作用が増強
芳香族第一級アミノ基を有する薬剤 測定値に誤差
サルファ剤 測定値に誤差
パラアミノサリチル酸 測定値に誤差
プロベネシド 測定値に誤差
解熱剤 測定値に誤差
利尿剤 測定値に誤差
芳香族第一級アミノ基を有する薬剤 本剤の尿中排泄を阻害
サルファ剤 本剤の尿中排泄を阻害
パラアミノサリチル酸 本剤の尿中排泄を阻害
プロベネシド 本剤の尿中排泄を阻害
解熱剤 本剤の尿中排泄を阻害
利尿剤 本剤の尿中排泄を阻害

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    腎機能検査(両腎有効腎血流量測定・分腎有効腎血流量測定による)。

    用法・用量(添付文書全文)

    1.腎血漿流量測定(両腎)の場合:
    1).標準法(点滴静注法):初回量として、パラアミノ馬尿酸ナトリウム注射液をとり、場合によっては必要量のマンニトール注射液又はチオ硫酸ナトリウム注射液を加え、パラアミノ馬尿酸ナトリウムの濃度が0.5〜1.2%位になるように生理食塩液又は注射用水などで希釈して約50mLとし、1分間に約10mLの速度で5分間で静注する。次いで維持量として、パラアミノ馬尿酸ナトリウムの濃度が0.4〜0.7%になるように、パラアミノ馬尿酸ナトリウム注射液を必要量のマンニトール注射液又はチオ硫酸ナトリウム注射液と混ぜ、生理食塩液又は注射用水などで希釈した混合液を、1分間に約3mLの速度で検査終了時まで持続点滴注入する。
    2).簡便法(1回注入法):パラアミノ馬尿酸ナトリウム注射液10〜20mLを、場合によっては、必要量のマンニトール注射液又はチオ硫酸ナトリウム注射液の混液として、約10分間かけて徐々に静注する。
    2.腎血漿流量測定(分腎)の場合:仰臥位にて太いテフロン針を留置し、ついでパラアミノ馬尿酸ナトリウムとして体重1kgあたり0.007gに相当する量を負荷する。引き続き、あらかじめ用意した灌流液(*1)を1分間に約10mLの速度で点滴注入する。点滴開始後5〜10分後にADHを負荷(*2)し、更に15分後座位をとらせる。
    (*1)灌流液組成:マンニトール80g(20%マンニトール400mL)、PAH13mL、ADH(ADH負荷量×1.8(mL))、以上に生理食塩液を加えて総量を1000mLとする。
    (*2)ADH負荷量:負荷すべき量(mL)=ADH溶液1mL×体重(kg)×1/2×1/100、ADH溶液(20U/mLのバソプレシン注射液1mLに生理食塩液19mLを加えて1U/mLに調整する)。
    (添付文書の「測定法」の項参照)。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    (再審査対象外)。
    次記の副作用が現れることがあるので、異常が認められた場合には必要に応じ適切な処置を行う。
    1.消化器:(0.1〜5%未満)悪心、嘔吐、下痢、口渇。
    2.その他:(0.1〜5%未満)頭痛、(0.1%未満)熱感(大量投与時に腰部熱感、心窩部熱感、会陰部熱感等)。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (相互作用)
    併用注意:ペニシリン製剤[ペニシリンの作用が増強する恐れがある(本剤がペニシリンの尿中排泄を阻害し、ペニシリンの血中濃度を上昇させると考えられている)]。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので患者の状態を観察しながら慎重に投与する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には診断上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。
    2.授乳婦への投与は避けさせることが望ましいが、やむを得ず投与する場合は授乳を避けさせる[授乳中の投与に関する安全性は確立していない]。
    (適用上の注意)
    1.投与時:本剤の注入にあたっては、注入速度に留意する。
    2.開封時:アンプルカット時の異物混入を避けるため、エタノール消毒綿などで清拭しカットする。
    (診断上の注意)
    次記の薬剤との併用により、測定値に誤差を生じることがある:芳香族第一級アミノ基を有する薬剤(サルファ剤、パラアミノサリチル酸製剤等)、プロベネシド、解熱薬、利尿薬[これらの薬剤は本剤の尿中排泄を阻害し、本検査の測定値に影響を及ぼすことがある]。
    (取扱い上の注意)
    本品は、「ワンポイントカットアンプル」を使用しているので、アンプル枝部のマークを上にして、反対方向に折りとる。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 「無診察治療」を巡る訴訟、裁判所の判断は? 日常診療に生かす医療訴訟の教訓
    2. シャワーで頭痛発生!疑うべき疾患は? 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
    3. 感染性腸炎の問診を「昨夜、生ものを食べませんでし… 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」
    4. レッスン12◆異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
    5. VTE患者が抗凝固療法を中止した場合の再発率 BMJ誌から
    6. 冠動脈造影CTは誰に実施すべきか? BMJ誌から
    7. 「志水太郎 vs AI診断」は志水氏の圧勝 診断エラー学のすすめ
    8. CEA上昇も再発・転移所見なし。どう解釈? AntaaQAピックアップ
    9. 医療崩壊を盾に勤務医を犠牲にするのか シリーズ◎医師の「働き方改革」
    10. 吉本興業と大学医局の共通点 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』
    医師と医学研究者におすすめの英文校正