日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

バリトップCTの基本情報

一般名
製薬会社
薬価・規格
274.8円(1.5%300mL1瓶)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • コンピューター断層撮影の上部消化管造影
注意すべき副作用
悪心 、 便秘 、 下痢 、 過敏性反応 、 嘔吐 、 吸引性肺炎 、 嚥下肺炎
用法・用量(主なもの)
  • 本剤1回300mL(硫酸バリウムとして4.5g)を検査前5〜20分に経口投与する
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 消化管閉塞
    • 消化管穿孔
    • 消化管に急性出血

副作用

主な副作用
悪心 、 便秘 、 下痢 、 過敏性反応 、 嘔吐 、 吸引性肺炎 、 嚥下肺炎

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 消化管閉塞
    • 消化管穿孔
    • 消化管に急性出血
  • 慎重投与
    • 消化管狭窄
    • 消化管瘻孔
    • 過敏性反応
  • 注意
    • 激しい腸管蠕動運動
    • CT検査前に硫酸バリウムを服用した高齢者
    • 便秘がち
    • 意識障害のある患者で体動の激しい
    • 痛みのある患者で体動の激しい
  • 投与に際する指示
    • CT検査前に硫酸バリウムを服用した高齢者
    • 便秘がち
患者の属性に応じた注意事項
  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
    • 幼児・小児
  • 慎重投与
    • 虚弱者(衰弱者を含む)
  • 注意
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 相対禁止
    • 小児(0歳〜14歳)
  • 注意
    • CT検査前に硫酸バリウムを服用した高齢者(65歳〜)
    • 高齢者(65歳〜)
  • 投与に際する指示
    • CT検査前に硫酸バリウムを服用した高齢者(65歳〜)
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

コンピューター断層撮影における上部消化管造影。

用法・用量(添付文書全文)

本剤1回300mL(硫酸バリウムとして4.5g)を検査前5〜20分に経口投与する。

副作用(添付文書全文)

承認時までの副作用調査総症例182例中、副作用発現症例数は1例(0.5%)であり、悪心であった。
1.消化器:(頻度不明)便秘、下痢、(0.1〜5%未満)悪心。
2.過敏症:(頻度不明)過敏性反応。
3.その他:(頻度不明)嘔吐に付随する吸引性肺炎(嚥下肺炎)。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
1.消化管穿孔又はその疑いのある患者[消化管外(腹腔内等)に漏れることにより、バリウム腹膜炎などの重篤な症状を引き起こす恐れがある]。
2.消化管に急性出血のある患者[出血部位穿孔を生ずる恐れがある]。
3.消化管閉塞又はその疑いのある患者[イレウス、穿孔等を生ずる恐れがある]。
(慎重投与)
1.消化管瘻孔又はその疑いのある患者[穿孔を生じ、消化管外に漏れる恐れがある]。
2.消化管狭窄又はその疑いのある患者[イレウス、穿孔等を生ずる恐れがある]。
3.全身衰弱の強い患者。
4.硫酸バリウム製剤に過敏性反応を示したことのある患者。
(重要な基本的注意)
1.腹部CT検査に際しては、検査前12時間は絶食節飲とする。
2.激しい腸管蠕動運動の患者ではモーションアーチファクトがみられることがあるので、必要に応じて検査前に鎮痙剤の筋注をすることが望ましい。
3.CT検査前に硫酸バリウムを服用した高齢者や便秘がちの患者では、消化管内に残留した硫酸バリウムによるアーチファクトが起こりやすいので、硫酸バリウムの服用の有無を確認するとともに、必要に応じ、CT検査の延期又は下剤の投与若しくは浣腸処置等を行った後CT検査を行う。
4.痛みのある患者で体動の激しい場合や意識障害のある患者で体動の激しい場合には、アーチファクトが起こりやすいので、必要に応じ、麻酔剤、鎮静剤又は催眠剤を投与し検査する。
(高齢者への投与)
一般に高齢者では消化管運動機能が低下しているので、検査後水分を摂取させるなど硫酸バリウムの排泄については十分留意する。
(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
妊娠中の投与に関する安全性は確立していない、また、本剤投与の際にはX線照射を伴うので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、診断上の有益性が危険性を上回ると判断された場合にのみ投与する。
(小児等への投与)
小児等への投与に関する安全性は確立していない。また、本剤投与の際にはX線照射を伴うので、小児等には、診断上の有益性が危険性を上回ると判断された場合にのみ投与する。
(取扱い上の注意)
1.安定性試験:最終包装製品を用いた安定性試験の結果、本剤は通常の市場流通下において、使用期間の間安定であることが確認された。
2.経時的に沈降を起こすことがあるので、使用前に強く振って使用する。
3.使用期限内であっても、開封後はできるだけ速やかに使用する。
(保管上の注意)
直射日光を避け、また凍結しないよう保存する。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。