日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ガストログラフイン経口・注腸用の基本情報

一般名
製薬会社
薬価・規格
12.9円(1mL)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 急性出血の消化管造影
  • 外科手術を要する急性症状時の消化管造影
  • 胃切除後の縫合不全の消化管造影
  • 胃切除後の穿孔の危険の消化管造影
  • 腸切除後の縫合不全の消化管造影
  • 腸切除後の穿孔の危険の消化管造影
  • 腸瘻孔の造影
  • 内視鏡検査法実施前の腫瘍の造影
  • 内視鏡検査法実施前の異物の造影
  • 消化器潰瘍の穿孔の恐れの消化管造影
  • コンピューター断層撮影の上部消化管造影
  • 胃瘻孔の造影
  • 狭窄の疑いの消化管造影
  • 憩室の穿孔の恐れの消化管造影
注意すべき副作用
ショック 、 アナフィラキシー 、 意識消失 、 心停止 、 呼吸困難 、 過敏症 、 そう痒感 、 じん麻疹 、 発疹 、 発赤
用法・用量(主なもの)
  • ・ 経口〈消化管撮影〉通常成人1回60mL(レリーフ造影には、10〜30mL)を経口投与する
  • 〈コンピューター断層撮影における上部消化管造影〉通常成人30〜50倍量の水で希釈し、250〜300mLを経口投与する
  • ・ 注腸通常成人3〜4倍量の水で希釈し、最高500mLを注腸投与する

副作用

主な副作用
過敏症 、 そう痒感 、 じん麻疹 、 発疹 、 発赤 、 紅斑 、 血圧低下 、 下痢 、 悪心 、 嘔吐 、 腹痛
重大な副作用
ショック 、 アナフィラキシー 、 意識消失 、 心停止 、 呼吸困難
上記以外の副作用
腹部不快感 、 甲状腺機能低下症 、 発熱

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 過敏症
    • ヨードに過敏症
  • 注意
    • アレルギー
    • 電解質代謝異常
    • 嚥下困難
    • 気管支喘息
    • 結腸炎
    • 意識レベル低下
    • 脱水症
    • 腸炎
    • 発疹
    • 術前
    • 誤嚥を引き起こす
    • じん麻疹
  • 投与に際する指示
    • 電解質代謝異常
    • 脱水症
患者の属性に応じた注意事項
  • 禁止
    • 新生児(低出生体重児を含む)
    • 乳児
    • 幼児・小児
  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 慎重投与
    • 高齢者
  • 注意
    • 授乳婦
    • 新生児(低出生体重児を含む)
    • 乳児
    • 幼児・小児
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 新生児(低出生体重児を含む)
    • 乳児
    • 幼児・小児
年齢や性別に応じた注意事項
  • 禁止
    • 新生児(0日〜27日)
    • 乳児(0日〜364日)
    • 幼児(0歳〜6歳)
    • 小児(0歳〜14歳)
  • 注意
    • 新生児(0日〜27日)
    • 乳児(0日〜364日)
    • 幼児(0歳〜6歳)
    • 小児(0歳〜14歳)
    • 高齢者(65歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 新生児(0日〜27日)
    • 乳児(0日〜364日)
    • 幼児(0歳〜6歳)
    • 小児(0歳〜14歳)

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

1). 消化管撮影
次記の場合における消化管造影
狭窄の疑いのあるときの消化管造影。
急性出血の消化管造影。
穿孔の恐れのあるとき(消化器潰瘍、憩室)の消化管造影。
その他、外科手術を要する急性症状時の消化管造影。
胃切除後及び腸切除後(穿孔の危険、縫合不全)の消化管造影。
内視鏡検査法実施前の異物及び腫瘍の造影。
胃瘻孔・腸瘻孔の造影。
2). コンピューター断層撮影における上部消化管造影。

用法・用量(添付文書全文)

・ 経口
〈消化管撮影〉
通常成人1回60mL(レリーフ造影には、10〜30mL)を経口投与する。
〈コンピューター断層撮影における上部消化管造影〉
通常成人30〜50倍量の水で希釈し、250〜300mLを経口投与する。
・ 注腸
通常成人3〜4倍量の水で希釈し、最高500mLを注腸投与する。

副作用(添付文書全文)

次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
11.1. 重大な副作用
11.1.1. ショック、アナフィラキシー(いずれも頻度不明):ショック(意識消失、心停止等)、アナフィラキシー(呼吸困難等)を起こすことがある〔8.1−8.3、9.1.1参照〕。
11.2. その他の副作用
1). 過敏症:(頻度不明)そう痒感、じん麻疹、発疹、発赤、紅斑。
2). 循環器:(頻度不明)血圧低下。
3). 消化器:(頻度不明)下痢、悪心、嘔吐、腹痛、腹部不快感。
4). 内分泌系:(頻度不明)甲状腺機能低下症。
5). その他:(頻度不明)発熱。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
ヨードに過敏症又はヨード造影剤に過敏症の既往歴のある患者〔8.1参照〕。
(重要な基本的注意)
8.1. ヨード系造影剤に過敏な反応に備え、使用に際しては十分な問診を行うこと〔2.禁忌の項、9.1.1、11.1.1参照〕。
8.2. まれに過敏反応を示すことがあるので、投与に際しては必ず救急処置の準備を行うこと〔11.1.1参照〕。
8.3. 投与にあたっては、患者の状態を観察しながら、過敏反応の発現に注意し、慎重に投与すること(また、異常が認められた場合には、直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと)〔11.1.1参照〕。
(特定の背景を有する患者に関する注意)
(合併症・既往歴等のある患者)
9.1.1. 本人又は両親、兄弟に気管支喘息、発疹、じん麻疹等のアレルギーを起こしやすい体質を有する患者〔8.1、11.1.1参照〕。
9.1.2. 腸炎又は結腸炎のある患者:症状が一過性に悪化することがある。
9.1.3. 脱水症又は電解質代謝異常のある患者:これらの患者に投与する場合は、あらかじめ水・電解質代謝を正常にするなど適切な処置を行うこと(本剤は高張液であるため、脱水症や水・電解質代謝異常を起こしやすく、症状が悪化するおそれがある)〔9.7.1、9.7.2、9.8高齢者の項参照〕。
9.1.4. 誤嚥を引き起こすおそれのある患者:高齢者、小児、嚥下困難、意識レベル低下した患者等に経口投与する際には観察を十分に行い注意すること(誤嚥により、呼吸困難、肺水腫等を引き起こすおそれがある)。また、術前造影を実施した場合には、麻酔導入時の嘔吐等による誤嚥に留意すること(誤嚥により、呼吸困難、肺水腫等を引き起こすおそれがある)。
(妊婦)
妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、診断上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること(本剤投与の際にはX線照射を伴う)。
(授乳婦)
診断上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討すること。
(小児等)
9.7.1. 新生児、乳児、幼児又は小児ではあらかじめ水・電解質代謝を正常にしたのち、投与すること(本剤は高張液である)〔9.1.3、9.7.2参照〕。
9.7.2. 新生児、乳児、幼児又は小児には必要量以上の投与はしないこと(高張性で腸よりほとんど吸収されないため脱水症状等を起こしやすい)〔9.1.3、9.7.1参照〕。
(高齢者)
患者の状態を十分に観察しながら慎重に投与し、誤嚥の危険性や脱水・電解質代謝異常の有無に留意すること(一般に生理機能が低下している)〔9.1.3参照〕。
(臨床検査結果に及ぼす影響)
本剤投与により、甲状腺機能検査等の放射性ヨードによる検査に影響を及ぼすおそれがあるので、放射性ヨードによる検査は本剤の投与前に実施すること。
(適用上の注意)
14.1. 薬剤投与時の注意
血管内に注射しないこと。
(取扱い上の注意)
20.1. 外箱開封後は遮光して保存すること。
20.2. 低温(7℃以下)で結晶が析出することがあるが、この場合は水浴中で加温、振りまぜ、結晶を溶解したのち使用すること。安全性及び効果に影響はない。
(保管上の注意)
室温保存。

処方薬事典は、日経メディカル Onlineが配信する医療・医薬関係者向けのコンテンツです。一般の方もご覧いただけますが、内容に関するご質問にはお答えできません。服用中の医薬品についてはかかりつけの医師や薬剤師にご相談ください。