日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

注射用水バッグ「フソー」基本情報

一般名:注射用水

製薬会社:扶桑薬品

薬価・規格: 216円(1L1袋) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 注射用医薬品の溶解・希釈剤

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 注射用医薬品の溶解・希釈に適量を用いる

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    注射用医薬品の溶解・希釈剤。

    用法・用量(添付文書全文)

    注射用医薬品の溶解・希釈に適量を用いる。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (適用上の注意)
    1.調製時:注射剤の溶解希釈剤として使用する場合は、注射用水が適切であることを確認する。
    2.投与前:
    1).投与に際しては、感染に対する配慮をする(患者の皮膚や器具消毒)。
    2).開封後直ちに使用し、残液は決して使用しない。
    3.投与時:溶解希釈した注射剤の用法・用量及び使用上の注意に留意して投与する。
    (取扱い上の注意)
    1.通気針は不要。
    2.連結管による連続投与は行わない(連続投与を行う場合には、Y型タイプのセットを使用する)。
    3.内容液の漏出又は混濁などが認められた場合は使用しない。
    4.オーバーシール(ゴム栓部の汚染防止のためのシール)が万一はがれているときは使用しない。
    5.ゴム栓への針刺は、ゴム栓面に垂直に、ゆっくりと行う(斜めに刺すと、ゴム片(コア)が薬液中に混入したり、ポート部を傷つけて液漏れを起こす恐れがある)。
    6.容器の目盛はおよその目安として使用する。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. しんどいけれど、きっといつか うさコメント!
    2. 不明熱でPSL20mg開始後、急に両脚が脱力! AntaaQAピックアップ
    3. 小児感染症科の10年を振り返って 寄稿◎堀越裕歩(WHO疫学コンサルタント)
    4. 尿路感染症にキノロンの一辺倒使用はストップ! インタビュー◎セフェム系抗菌薬を改めて考える
    5. ダパグリフロジン、慢性心不全にも良好な成績 NEWS◎SGLT2阻害薬、心不全治療薬として一歩踏み出す
    6. じわり浸透、連携推進法人が13まで増えた理由とは 記者の眼
    7. ゲノム編集で遺伝性疾患の根治的治療が視野に トレンド◎⽇本の技術集積で進化する「ゲノムの外科治療」
    8. 延命治療の回避に努めるのが医療者の役割 インタビュー◎看取りの最前線に立つ救急医にこそ緩和ケアの視点を
    9. 経済性にも優れた標準薬物治療を全国に広めたい 日本調剤取締役フォーミュラリー推進部長の増原慶壮氏に聞く
    10. くも膜下出血を否定、次に疑うべきは? 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
    医師と医学研究者におすすめの英文校正