日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

注射用水バッグ「フソー」基本情報

一般名:注射用水

製薬会社:扶桑薬品

薬価・規格: 216円(1L1袋) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 注射用医薬品の溶解・希釈剤

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 注射用医薬品の溶解・希釈に適量を用いる

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    注射用医薬品の溶解・希釈剤。

    用法・用量(添付文書全文)

    注射用医薬品の溶解・希釈に適量を用いる。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (適用上の注意)
    1.調製時:注射剤の溶解希釈剤として使用する場合は、注射用水が適切であることを確認する。
    2.投与前:
    1).投与に際しては、感染に対する配慮をする(患者の皮膚や器具消毒)。
    2).開封後直ちに使用し、残液は決して使用しない。
    3.投与時:溶解希釈した注射剤の用法・用量及び使用上の注意に留意して投与する。
    (取扱い上の注意)
    1.通気針は不要。
    2.連結管による連続投与は行わない(連続投与を行う場合には、Y型タイプのセットを使用する)。
    3.内容液の漏出又は混濁などが認められた場合は使用しない。
    4.オーバーシール(ゴム栓部の汚染防止のためのシール)が万一はがれているときは使用しない。
    5.ゴム栓への針刺は、ゴム栓面に垂直に、ゆっくりと行う(斜めに刺すと、ゴム片(コア)が薬液中に混入したり、ポート部を傷つけて液漏れを起こす恐れがある)。
    6.容器の目盛はおよその目安として使用する。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 若手が総合診療を選ばない理由が見えた 体験リポート FBシェア数:1374
    2. 陰性感情をコントロールするスキルを獲得しよう 診断エラー学のすすめ FBシェア数:200
    3. 無症候性高尿酸血症への安易な薬物療法はNG リポート◎FDAが「フェブキソスタットはアロプリノールよりも死亡リスクが高い」と警告 FBシェア数:201
    4. 心電図が分からない理由を教えてくれる教科書 医学書ソムリエ FBシェア数:9
    5. “サブスペ”議論の背景にある医学会の甘さ 記者の眼 FBシェア数:1
    6. ロボット補助PCI、久留米大で国内初症例施行 Hot Topics◎循環器領域のロボシステムが稼動開始 FBシェア数:590
    7. 補助人工心臓が「死ぬまで使う」医療機器に トレンド◎適応拡大で対象が3倍に? ACPの進め方など新たな課題も FBシェア数:327
    8. 「手を焼く患者」へのネガティブ感情とどう付き合う… 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:0
    9. rTMSの保険収載でうつ病治療はどう変わる? インタビュー◎薬剤抵抗性患者への一手がいよいよ保険適用へ FBシェア数:10
    10. 「BPSDの原因が便秘」は決してまれではない 意外と簡単!認知症に伴うBPSD解決策 FBシェア数:45
    医師と医学研究者におすすめの英文校正