日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

精製水(中北)の基本情報

一般名
製薬会社
薬価・規格
1.9円(10mL)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 試液の調製
  • 試薬の調製
  • 製剤の調製
  • コンタクトレンズの洗浄剤の調製
  • コンタクトレンズの保存剤の調製
  • 医療機器の洗浄
用法・用量(主なもの)
  • 1.溶解剤として製剤、試薬、試液の調製に用いる
  • 医療機器の洗浄に用いる
  • 2.溶解剤としてコンタクトレンズの洗浄剤、保存剤の調製に用いる(コンタクトレンズ装着液としては用いない)

副作用

注意事項

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

1.溶解剤として製剤、試薬、試液の調製に用いる。医療機器の洗浄に用いる。
2.溶解剤としてコンタクトレンズの洗浄剤、保存剤の調製に用いる(コンタクトレンズ装着液としては用いない)。

用法・用量(添付文書全文)

1.溶解剤として製剤、試薬、試液の調製に用いる。医療機器の洗浄に用いる。
2.溶解剤としてコンタクトレンズの洗浄剤、保存剤の調製に用いる(コンタクトレンズ装着液としては用いない)。

使用上の注意(添付文書全文)

(使用上の注意)
1.注射剤の調製には用いない。
2.開封後は直ちに密栓し、開口状態で放置しない。
3.一度取り出した液を元の容器に戻さない。
4.開封後はなるべく速やかに使用する。
5.容器の先が人指等に触れると、雑菌等のため、液が汚染又は混濁することがあるので注意する。また、におい、混濁、沈殿が生じたものは使用しない。
6.ソフトコンタクトレンズの洗浄剤、保存剤の調製に本剤を用いた場合は、装着前に必ずソフトコンタクトレンズを煮沸消毒する。
(保管上の注意)
1.直射日光をさけ、なるべく冷所(冷蔵庫等)に密栓して保管する。
2.品質を保持するために、他の容器に入れ替えない。

処方薬辞典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。