日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

メベンダゾール錠100(ヤンセンファーマ)の基本情報

一般名
製薬会社
薬価・規格
366.4円(100mg1錠)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 鞭虫症
注意すべき副作用
発疹 、 皮膚発赤 、 悪心 、 腹痛 、 肝機能異常 、 ショック 、 アナフィラキシー 、 中毒性表皮壊死融解症 、 Toxic Epidermal Necrolysis 、 TEN
用法・用量(主なもの)
  • 成人及び小児に対してはメベンダゾールとして1回100mgを1日2回(朝・夕)3日間経口投与する
    • 但し、体重20kg以下の小児には半量にするなど、適宜減量する
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 妊婦・産婦

副作用

主な副作用
発疹 、 皮膚発赤 、 悪心 、 腹痛 、 肝機能異常 、 好中球数減少 、 過敏症 、 紅斑性発疹 、 蕁麻疹 、 血管浮腫 、 眩暈
重大な副作用
ショック 、 アナフィラキシー 、 中毒性表皮壊死融解症 、 Toxic Epidermal Necrolysis 、 TEN 、 皮膚粘膜眼症候群 、 Stevens−Johnson症候群
上記以外の副作用
頭痛 、 痙攣 、 嘔吐 、 腹部不快感 、 下痢 、 鼓腸 、 脱毛症

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 原則禁止
    • 過敏症
  • 注意
    • 蛔虫が混合感染
  • 投与に際する指示
    • 蛔虫が混合感染
患者の属性に応じた注意事項
  • 禁止
    • 妊婦・産婦
  • 希望禁止
    • 授乳婦
  • 注意
    • 幼児・小児
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 幼児・小児
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 注意
    • 小児(0歳〜14歳)
    • 高齢者(65歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 小児(0歳〜14歳)
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用
薬剤名
影響
シメチジン
本剤の血中濃度が上昇
メトロニダゾール
中毒性表皮壊死融解症
メトロニダゾール
Toxic Epidermal Necrolysis:TEN
メトロニダゾール
皮膚粘膜眼症候群<Stevens−Johnson症候群>

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

鞭虫症。

用法・用量(添付文書全文)

成人及び小児に対してはメベンダゾールとして1回100mgを1日2回(朝・夕)3日間経口投与する。但し、体重20kg以下の小児には半量にするなど、適宜減量する。

副作用(添付文書全文)

総症例448例中、42例(9.38%)に副作用が認められ、その主なものは肝障害32例(7.14%)、発疹2例(0.45%)等であった。なお、32例の肝障害はすべて適応外疾患に対する長期投与(21〜32日間)における発現例であった(再審査終了時)。
1.重大な副作用
1).ショック・アナフィラキシー(頻度不明):ショック・アナフィラキシーが現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど、適切な処置を行う。
2).中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens−Johnson症候群)(頻度不明):中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど、適切な処置を行う。
2.その他の副作用
1).血液:(頻度不明)好中球数減少。
2).過敏症:(0.1〜5%未満)皮膚発赤、発疹、(頻度不明)紅斑性発疹、蕁麻疹、血管浮腫[現れた場合には投与を中止する]。
3).精神神経系:(頻度不明)眩暈、頭痛、痙攣。
4).消化器:(0.1〜5%未満)悪心、腹痛、(頻度不明)嘔吐、腹部不快感、下痢、鼓腸。
5).肝臓:(0.1〜5%未満)肝機能異常。
6).皮膚:(頻度不明)脱毛症。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
妊婦又は妊娠している可能性のある婦人。
(原則禁忌)
本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある患者。
(相互作用)
併用注意:
1.シメチジン[長期併用投与により、本剤の血中濃度が上昇したとの報告がある(肝臓における本剤の代謝が阻害される可能性がある)]。
2.メトロニダゾール[併用により中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群<Stevens−Johnson症候群>が現れたとの報告がある(機序不明)]。
(高齢者への投与)
一般的に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。
(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しない[動物実験(ラット)で催奇形性が報告されている]。
2.授乳中の婦人には投与しないことが望ましいが、やむを得ず投与する場合には授乳を中止させる[動物(ウシ)で乳汁中へ移行することが報告されており、また、メベンダゾールがヒトで乳汁中へ移行(5ng/mL)することが報告されている]。
(小児等への投与)
小児等に対する使用経験は少ないが、本剤の経口吸収は極めて低いので、通常、成人と同量が用いられるが、体重が20kg以下の場合には半量にするなど、適宜減量することが望ましい。また、小児への投与で痙攣発作等が認められたとの報告がある。
(過量投与)
1.徴候、症状:過量投与の場合、腹部痙直を起こすことがある。本剤の投与期間は3日間であるが、長期又は大量投与を受けた患者において、肝炎、無顆粒球症及び糸球体腎炎がまれに報告されている。
2.過量投与時の処置:特定の解毒剤はないので、投与1時間以内であれば胃洗浄が行われることがあり、また、必要に応じ活性炭の投与が行われることがある。
(適用上の注意)
薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。
(その他の注意)
1.蛔虫が混合感染している場合、本剤の投与によって迷入する場合があるので、あらかじめ蛔虫を駆除してから投与するように注意する。
2.長期大量投与により重篤な肝障害が認められたとの報告がある。
(取扱い上の注意)
小児の手の届かない所に保管する。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。