日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

サイモグロブリン点滴静注用25mg基本情報

先発品(後発品なし)

一般名:抗ヒト胸腺細胞ウサギ免疫グロブリン静注用

製薬会社:サノフィ

薬価・規格: 40545円(25mg1瓶) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 腎移植の臓器移植後の急性拒絶反応の治療
  • 肝移植の臓器移植後の急性拒絶反応の治療
  • 心移植の臓器移植後の急性拒絶反応の治療
  • 肺移植の臓器移植後の急性拒絶反応の治療
  • 造血幹細胞移植の前治療
  • 膵移植の臓器移植後の急性拒絶反応の治療
  • 造血幹細胞移植後の急性移植片対宿主病
  • 中等症以上の再生不良性貧血
  • 小腸移植の臓器移植後の急性拒絶反応の治療

注意すべき副作用詳しく見る

発熱熱感CRP増加好中球減少悪寒疼痛腹痛末梢性浮腫無力症血小板減少

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1.中等症以上の再生不良性貧血:1日1回体重1kgあたり抗ヒト胸腺細胞ウサギ免疫グロブリンとして2.5〜3.75mgを、生理食塩液又は5%ブドウ糖注射液500mLで希釈して、6時間以上かけ緩徐に点滴静注する
  • 投与期間は5日間とする
  • 2.造血幹細胞移植の前治療:1日1回体重1kgあたり抗ヒト胸腺細胞ウサギ免疫グロブリンとして2.5mgを、生理食塩液又は5%ブドウ糖注射液500mLで希釈して、6時間以上かけ緩徐に点滴静注する
  • 投与期間は造血幹細胞移植5日前より4日間とする
  • 3.造血幹細胞移植後の急性移植片対宿主病:1日1回体重1kgあたり抗ヒト胸腺細胞ウサギ免疫グロブリンとして2.5〜3.75mgを、生理食塩液又は5%ブドウ糖注射液500mLで希釈して、6時間以上かけ緩徐に点滴静注する
  • 投与期間は5日間とする
  • 4.臓器移植後の急性拒絶反応の治療:1).腎移植の場合:1日1回体重1kgあたり抗ヒト胸腺細胞ウサギ免疫グロブリンとして1.5mgを、1バイアル(抗ヒト胸腺細胞ウサギ免疫グロブリンとして25mg)あたり、生理食塩液又は5%ブドウ糖注射液50mLで希釈して、6時間以上かけ緩徐に点滴静注する
  • 投与期間は7〜14日間とする
  • 2).肝移植、肺移植、膵移植及び小腸移植の場合:1日1回体重1kgあたり抗ヒト胸腺細胞ウサギ免疫グロブリンとして1.5mgを、1バイアル(抗ヒト胸腺細胞ウサギ免疫グロブリンとして25mg)あたり、生理食塩液又は5%ブドウ糖注射液50mLで希釈して、6時間以上かけ緩徐に点滴静注する
  • 投与期間は最大14日間とする
  • 3).心移植の場合:1日1回体重1kgあたり抗ヒト胸腺細胞ウサギ免疫グロブリンとして1.5〜2.5mgを、1バイアル(抗ヒト胸腺細胞ウサギ免疫グロブリンとして25mg)あたり、生理食塩液又は5%ブドウ糖注射液50mLで希釈して、6時間以上かけ緩徐に点滴静注する
  • 投与期間は最大14日間とする

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
    • 重症感染症
    • ショック
    • 肺炎
    • 敗血症
    • 弱毒生ワクチン投与中
    • ウイルス感染症
    • 細菌感染症
    • 真菌感染症
    • ウサギ血清製剤投与歴
    • 本剤投与歴
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 妊婦・産婦

副作用

主な副作用

発熱熱感CRP増加好中球減少悪寒疼痛腹痛末梢性浮腫無力症高カリウム血症呼吸困難

重大な副作用

血小板減少肺炎敗血症重篤な感染症重篤な肝障害AST上昇GOT上昇ALT上昇GPT上昇アナフィラキシー間質性肺炎咳嗽胸部X線検査異常出血出血傾向脳出血下血胃腸出血クモ膜下出血肺出血肺胞出血リンパ増殖性疾患リンパ節腫大白血球減少高血圧ショックサイトカイン放出症候群重度infusion associated reaction重篤な心障害重篤な肺障害心筋梗塞急性呼吸窮迫症候群肺水腫低血圧B型肝炎ウイルス再活性化による肝炎C型肝炎悪化発熱性好中球減少症進行性多巣性白質脳症PML意識障害認知障害麻痺症状片麻痺四肢麻痺言語障害BKウイルス腎症急性腎不全腎機能検査値悪化BUN値悪化血清クレアチニン値悪化尿量減少

上記以外の副作用

血圧低下頻脈悪心嘔吐下痢倦怠感発疹頭痛過敏症そう痒症筋痛紅斑血清病関節痛筋肉痛インフルエンザ様症状胸痛リンパ球減少血清総蛋白減少赤血球減少ヘマトクリット減少ヘモグロビン減少感覚減退筋硬直眩暈AST増加ALT増加LDH増加Al−P増加ビリルビン増加動悸血圧上昇静脈炎脱力耳鳴投与部位反応投与部位疼痛投与部位腫脹投与部位紅斑

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症
    • 重症感染症
    • ショック
    • 肺炎
    • 敗血症
    • 弱毒生ワクチン投与中
  • 原則禁止
    • ウイルス感染症
    • 細菌感染症
    • 真菌感染症
    • ウサギ血清製剤投与歴
    • 本剤投与歴
  • 慎重投与
    • アレルギー
    • 肝障害
    • 心疾患
    • 腎障害
    • 薬物過敏症
  • 注意
    • ウサギ血清製剤投与歴
    • 本剤投与歴
    • B型肝炎ウイルスキャリア
    • C型肝炎ウイルスキャリア
    • 肝炎ウイルスキャリア
    • HBs抗原陰性
  • 投与に際する指示
    • 急性腎不全

患者の属性に応じた注意事項

  • 禁止
    • 妊婦・産婦
  • 慎重投与
    • 幼児・小児
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)
    • 小児(0歳〜14歳)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
生ワクチン 発病
おたふくかぜワクチン 発病
麻疹ワクチン 発病
風疹ワクチン 発病
おたふくかぜ・麻疹・風疹の混合ワクチン 発病
免疫抑制剤 過度の免疫抑制による感染症あるいはリンパ増殖性疾患
シクロスポリン 過度の免疫抑制による感染症あるいはリンパ増殖性疾患

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.中等症以上の再生不良性貧血。
    2.造血幹細胞移植の前治療。
    3.造血幹細胞移植後の急性移植片対宿主病。
    4.次記の臓器移植後の急性拒絶反応の治療:腎移植、肝移植、心移植、肺移植、膵移植、小腸移植。
    <効能又は効果に関連する使用上の注意>
    1.中等症以上の再生不良性貧血の場合:本剤は次記の重症度基準による中等症以上の再生不良性貧血患者に使用する。
    [再生不良性貧血の重症度基準(厚生労働省特定疾患特発性造血障害調査研究班基準(平成16年度修正))]
    1).最重症:好中球200/μL未満に加えて、次の1項目以上を満たす(網赤血球20000/μL未満、血小板20000/μL未満)。
    2).重症:次の2項目以上を満たす(網赤血球20000/μL未満、好中球500/μL未満、血小板20000/μL未満)。
    3).やや重症:次の2項目以上を満たし、定期的な赤血球輸血を必要とする(網赤血球60000/μL未満、好中球1000/μL未満、血小板50000/μL未満)。
    4).中等症:次の2項目以上を満たす(網赤血球60000/μL未満、好中球1000/μL未満、血小板50000/μL未満)。
    5).軽症:それ以外のもの。
    注)定期的な赤血球輸血とは毎月2単位以上の輸血が必要なときを指す。
    2.造血幹細胞移植後の急性移植片対宿主病の場合:ステロイド療法によっても十分な効果が得られない場合にのみ適用を考慮する。
    3.臓器移植後の急性拒絶反応の治療の場合:本剤は、原則としてステロイド療法で十分な治療効果が得られない場合に使用する。

    用法・用量(添付文書全文)

    1.中等症以上の再生不良性貧血:1日1回体重1kgあたり抗ヒト胸腺細胞ウサギ免疫グロブリンとして2.5〜3.75mgを、生理食塩液又は5%ブドウ糖注射液500mLで希釈して、6時間以上かけ緩徐に点滴静注する。投与期間は5日間とする。
    2.造血幹細胞移植の前治療:1日1回体重1kgあたり抗ヒト胸腺細胞ウサギ免疫グロブリンとして2.5mgを、生理食塩液又は5%ブドウ糖注射液500mLで希釈して、6時間以上かけ緩徐に点滴静注する。投与期間は造血幹細胞移植5日前より4日間とする。
    3.造血幹細胞移植後の急性移植片対宿主病:1日1回体重1kgあたり抗ヒト胸腺細胞ウサギ免疫グロブリンとして2.5〜3.75mgを、生理食塩液又は5%ブドウ糖注射液500mLで希釈して、6時間以上かけ緩徐に点滴静注する。投与期間は5日間とする。
    4.臓器移植後の急性拒絶反応の治療:
    1).腎移植の場合:1日1回体重1kgあたり抗ヒト胸腺細胞ウサギ免疫グロブリンとして1.5mgを、1バイアル(抗ヒト胸腺細胞ウサギ免疫グロブリンとして25mg)あたり、生理食塩液又は5%ブドウ糖注射液50mLで希釈して、6時間以上かけ緩徐に点滴静注する。投与期間は7〜14日間とする。
    2).肝移植、肺移植、膵移植及び小腸移植の場合:1日1回体重1kgあたり抗ヒト胸腺細胞ウサギ免疫グロブリンとして1.5mgを、1バイアル(抗ヒト胸腺細胞ウサギ免疫グロブリンとして25mg)あたり、生理食塩液又は5%ブドウ糖注射液50mLで希釈して、6時間以上かけ緩徐に点滴静注する。投与期間は最大14日間とする。
    3).心移植の場合:1日1回体重1kgあたり抗ヒト胸腺細胞ウサギ免疫グロブリンとして1.5〜2.5mgを、1バイアル(抗ヒト胸腺細胞ウサギ免疫グロブリンとして25mg)あたり、生理食塩液又は5%ブドウ糖注射液50mLで希釈して、6時間以上かけ緩徐に点滴静注する。投与期間は最大14日間とする。
    <用法及び用量に関連する使用上の注意>
    1.アナフィラキシー等の過敏症状を起こすことがあるので、使用に際しては、十分な問診を行うとともに、あらかじめ本剤の試験投与を行う。試験投与は通常、本剤1バイアルを日局注射用水5mLにて溶解後、その0.5mL(抗ヒト胸腺細胞ウサギ免疫グロブリンとして2.5mg)を100mLの生理食塩液で希釈して、1時間以上かけて点滴静注する。試験投与中は医師が患者の状態を十分に観察し、安全性を確認する。
    2.本剤投与歴又は他のウサギ血清製剤投与歴のある患者に本剤をやむを得ず再投与する際には、投与に先立って、本剤に対する抗体の有無を確認する等、必要な処置を講じた上で、医師の十分な観察のもと投与する。
    3.臓器移植後の急性拒絶反応の治療に本剤を投与する際には、血小板を含む全血算値に十分注意し、次に示す減量基準等を参考に、適切な処置を行う。
    1).臓器移植後の急性拒絶反応の治療に本剤を投与する際には、血小板数が50000〜75000/mm3又は白血球数が2000〜3000/mm3の場合、本剤の減量を考慮する。
    2).臓器移植後の急性拒絶反応の治療に本剤を投与する際には、持続的で重度の血小板減少症<50000/mm3未満>又は白血球減少症<2000/mm3未満>が認められた場合、本剤の投与中止を考慮する。
    4.心移植後の急性拒絶反応の治療において、1.5mg/kgよりも高用量を投与する期間は、過度の免疫抑制状態の持続を避けるため、5日間までを目安にする。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    国内における再生不良性貧血、造血幹細胞移植の前治療及び造血幹細胞移植後の急性移植片対宿主病に対する臨床試験での安全性評価対象症例160例中159例(99.4%)に3,443件の副作用(臨床検査値異常を含む)が認められた。主な副作用は、発熱145例(90.6%)、熱感120例(75.0%)、白血球減少120例(75.0%)、CRP増加113例(70.6%)、好中球減少87例(54.4%)等であった(承認時)。
    外国における腎移植後の急性拒絶反応の治療を目的とした二重盲検比較試験において、安全性評価対象症例のうち本剤が投与された82例中82例(100%)に940件の副作用(関連性がunlikelyのものを含む)が認められた。主な副作用は、悪寒40例(48.8%)、疼痛38例(46.3%)、白血球減少32例(39.0%)、腹痛31例(37.8%)、高血圧30例(36.6%)、末梢性浮腫28例(34.1%)、無力症、血小板減少症、高カリウム血症各22例(26.8%)、発熱20例(24.4%)、貧血19例(23.2%)等であった(腎移植適応追加時)。
    肝移植、心移植、肺移植、膵移植、小腸移植後の急性拒絶反応の治療における副作用発現頻度が明確となる臨床試験は実施していない。
    1.重大な副作用
    1).ショック(頻度不明)、アナフィラキシー(0.4%):ショック、アナフィラキシーを起こすことがあるので観察を十分に行い、呼吸困難、血圧低下、頻脈等の異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    2).重度のinfusion associated reaction(サイトカイン放出症候群を含む)(頻度不明):重度infusion associated reaction(サイトカイン放出症候群を含む)が現れ、重篤な心障害や重篤な肺障害(心筋梗塞、急性呼吸窮迫症候群、肺水腫)に至ることがあるので、発熱、悪寒、呼吸困難、悪心、嘔吐、下痢、頻脈、低血圧、高血圧、倦怠感、発疹、頭痛等の異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    3).感染症(肺炎、敗血症等)(11.2%):ウイルス(アデノウイルス、サイトメガロウイルス、ヘルペス等)、細菌、真菌(アスペルギルス等)等による重篤な感染症が現れることがある。また、免疫抑制剤を投与されたB型肝炎ウイルスキャリア又はC型肝炎ウイルスキャリアの患者において、B型肝炎ウイルス再活性化による肝炎やC型肝炎悪化が現れることがあるので、本剤を投与する場合は観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    4).発熱性好中球減少症(頻度不明):発熱性好中球減少症が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    5).進行性多巣性白質脳症(PML)(頻度不明):進行性多巣性白質脳症(PML)が現れることがあるので、本剤の治療期間中及び治療終了後は患者の状態を十分に観察し、意識障害、認知障害、麻痺症状(片麻痺、四肢麻痺)、言語障害等の症状が現れた場合は、MRIによる画像診断及び脳脊髄液検査を行うとともに、投与を中止し、適切な処置を行う。
    6).BKウイルス腎症(頻度不明):BKウイルス腎症が現れることがあるので、このような場合には減量又は投与を中止し、適切な処置を行う。
    7).間質性肺炎(2.1%):間質性肺炎が現れることがあるので、観察を十分に行い、発熱、咳嗽、呼吸困難、胸部X線検査異常等が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。
    8).血小板減少(31.0%)、白血球減少(頻度不明):血小板減少、白血球減少が現れることがあるので、定期的に血液検査を行い、異常が認められた場合には投与を中止する等、適切な処置を行う。
    9).出血傾向:脳出血(1.7%)、下血、胃腸出血(いずれも1.2%)、クモ膜下出血、肺出血、肺胞出血(いずれも0.4%)等の出血が現れることがあるので、臨床症状を十分に観察し、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    10).重篤な肝障害(6.2%):AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)等を伴う重篤な肝障害が現れることがあるので、定期的に血液検査を行う等、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    11).リンパ増殖性疾患(1.2%):リンパ増殖性疾患が現れることがあるので、発熱、リンパ節腫大等が認められた場合には、適切な処置を行う。
    頻度不明:国内における承認時までの臨床試験及び外国における腎移植後の急性拒絶反応の治療を目的とした二重盲検比較試験で認められなかった副作用は頻度不明とした。
    2.重大な副作用(類薬)
    急性腎不全:静注用人免疫グロブリンの投与により、急性腎不全が現れることが報告されているので、投与に先立って患者が脱水状態にないことを確認するとともに、観察を十分に行い、腎機能検査値悪化(BUN値悪化、血清クレアチニン値悪化等)、尿量減少が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。なお、急性腎不全の危険性の高い患者においては、投与量及び投与速度を出来るだけ低くすることが望ましい。
    3.その他の副作用
    1).過敏症:(10〜40%未満)発疹、そう痒症、(10%未満)筋痛、紅斑[副腎皮質ホルモン剤等の併用で軽減される]、*血清病[*:発熱、発疹、関節痛、筋肉痛などの症状を伴い、なお、これらの症状は自然に消退する場合があるが、副腎皮質ホルモン剤の投与で速やかに軽減される]。
    2).発熱及びインフルエンザ様症状:(40%以上)発熱、熱感、(10〜40%未満)頭痛、関節痛、悪寒、(10%未満)胸痛[副腎皮質ホルモン剤、解熱剤及び抗ヒスタミン剤等の併用で軽減される]。
    3).血液:(10〜40%未満)好中球減少、リンパ球減少、血清総蛋白減少、赤血球減少、ヘマトクリット減少、ヘモグロビン減少、高カリウム血症。
    4).精神神経系:(10%未満)感覚減退、筋硬直、眩暈。
    5).消化器:(10〜40%未満)悪心、嘔吐、下痢、腹痛。
    6).肝臓:(10〜40%未満)AST増加(GOT増加)、ALT増加(GPT増加)、LDH増加、(10%未満)Al−P増加、ビリルビン増加。
    7).循環器:(10〜40%未満)動悸、血圧上昇、(10%未満)血圧低下、頻脈。
    8).血管:(10%未満)静脈炎。
    9).その他:(40%以上)CRP増加、(10〜40%未満)脱力、疼痛、末梢性浮腫、(10%未満)耳鳴、呼吸困難、無力症、倦怠感、投与部位反応(投与部位疼痛、投与部位腫脹、投与部位紅斑)。
    発現頻度は、国内における承認時までの臨床試験及び外国における腎移植後の急性拒絶反応の治療を目的とした二重盲検比較試験の結果をあわせて算出した。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (警告)
    本剤は、緊急時に十分対応できる医療施設において、再生不良性貧血、造血幹細胞移植又は臓器移植に関する十分な知識・経験を持つ医師のもとで、本剤が適切と判断される症例についてのみ投与する。また、治療開始に先立ち、患者又はその家族に有効性及び危険性を十分説明し、同意を得てから投与する。
    (禁忌)
    1.本剤の試験投与でショック状態等の過敏症が認められた患者。
    2.重症感染症(肺炎、敗血症等)を合併している患者[感染症が増悪し致命的となることがある]。
    3.妊婦。
    4.弱毒生ワクチン投与中の患者。
    (原則禁忌)
    1.本剤投与歴又は他のウサギ血清製剤投与歴のある患者[ショックを起こす恐れがある]。
    2.ウイルス感染症の患者[本剤の免疫抑制作用により病態を悪化させる恐れがある]。
    3.細菌感染症の患者[本剤の免疫抑制作用により病態を悪化させる恐れがある]。
    4.真菌感染症の患者[本剤の免疫抑制作用により病態を悪化させる恐れがある]。
    (慎重投与)
    1.薬物過敏症の既往歴のある患者。
    2.アレルギー素因のある患者。
    3.肝障害のある患者[肝機能を悪化させる恐れがある]。
    4.腎障害のある患者[腎機能を悪化させる恐れがある]。
    5.心疾患のある患者[心機能を悪化させる恐れがある]。
    (重要な基本的注意)
    1.ショック等重篤な副作用を起こすことがあるので、投与前にショック症状発現時の救急処置対策を考慮しておく。投与中は注意して使用し、医師が経過を十分に観察する。ショック症状が現れた場合には、速やかに投与を中止し、適切な救急処置を行う。
    2.本剤の投与前に感染症が認められた場合、感染症の治療を優先し、患者の状態が安定した後、本剤を投与する。また、投与中並びに投与後に重篤な感染症(ウイルス感染症、細菌感染症、真菌感染症等)が発症する場合があるので、患者の状態を十分に観察し、異常が認められた場合には、適切な治療を行う。
    3.間質性肺炎を起こすことがあるので、咳嗽、呼吸困難、低酸素症等の呼吸器症状に注意する。
    4.本剤投与の初期に発熱、悪寒、呼吸困難、悪心、嘔吐、下痢、頻脈、低血圧、高血圧、倦怠感、発疹、頭痛等が現れることがあるので、その旨を患者にあらかじめ説明しておく。また、重度infusion associated reaction(サイトカイン放出症候群を含む)が現れ、重篤な心障害や重篤な肺障害(心筋梗塞、急性呼吸窮迫症候群、肺水腫)に至ることがあるので、投与中は患者を厳密に観察し、これらの症状を軽減させるため、あらかじめ副腎皮質ホルモン剤等を投与することが望ましく、また、解熱剤、抗ヒスタミン剤の併用も本剤の投与初期に頻発するこれらの症状を軽減する。
    5.本剤投与時に交差反応性抗体に起因する血小板減少が現れ、出血傾向増悪する恐れがあるので、定期的に血小板数を測定し、患者の状態を十分に観察する。
    6.本剤投与に先立って、本剤又は他のウサギ血清製剤の治療歴の有無を必ず確認する。また、本剤の投与後には患者にウサギ血清製剤を投与した旨を十分認識させるために本剤の医薬品名を記載した用紙に使用量、使用期間、病院名、担当医師名を記入し治療終了後に治療歴として保管するとともに同様の記録を患者に渡す。
    7.免疫抑制剤を投与されたB型肝炎ウイルスキャリアの患者において、B型肝炎ウイルス再活性化による肝炎が現れることがある。また、HBs抗原陰性の患者において、免疫抑制剤の投与開始後にB型肝炎ウイルス再活性化による肝炎を発症した症例が報告されている。また、C型肝炎ウイルスキャリアの患者において、免疫抑制剤の投与開始後にC型肝炎悪化がみられることがある。肝炎ウイルスキャリアの患者に本剤を投与する場合は、肝機能検査値や肝炎ウイルスマーカーのモニタリングを行うなど、B型肝炎ウイルス再活性化やC型肝炎悪化の徴候や症状の発現に注意する。
    8.臓器移植後の急性拒絶反応の治療の場合、原則として、急性拒絶反応の確定診断後に本剤を投与する。
    (相互作用)
    1.併用禁忌:弱毒生ワクチン(おたふくかぜワクチン、麻疹ワクチン、風疹ワクチン及びおたふくかぜ・麻疹・風疹の混合ワクチン等)[本剤投与後、弱毒生ワクチンを接種する場合には、発病する恐れがある(本剤の免疫抑制作用による)]。
    2.併用注意:他の免疫抑制剤(シクロスポリン等)[過度の免疫抑制による感染症あるいはリンパ増殖性疾患を惹起する危険性があるので、併用する場合には慎重に投与する(相加的に免疫抑制作用が増強される可能性がある)]。
    (高齢者への投与)
    高齢者では一般に生理機能(腎機能、肝機能、免疫機能等)が低下しているので、患者の状態を観察しながら慎重に投与する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、投与しない[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。
    2.授乳中の婦人には、授乳を中止させる[授乳中の投与に関する安全性は確立していない]。
    (小児等への投与)
    1.小児に投与する場合は、慎重に投与する。
    2.中等症以上の再生不良性貧血、造血幹細胞移植の前治療、造血幹細胞移植後の急性移植片対宿主病:低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する有効性・安全性は確立していない[使用経験が少ない]。
    3.臓器移植後の急性拒絶反応の治療:低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する有効性・安全性は確立していない[肺及び膵移植に対する使用経験がなく、腎、肝、心及び小腸移植に対する使用経験が少ない]。
    (臨床検査結果に及ぼす影響)
    本剤はウサギ抗体を用いたイムノアッセイなどの検査結果に影響を及ぼす可能性がある。
    (過量投与)
    本剤の過量投与により、白血球減少、血小板減少が発現することがあるので、用法及び用量に定められている投与量を超えて投与しない、本剤の過量投与が疑われた場合は、輸血、血液造血因子、抗感染症薬の投与等の支持療法を行い、また、必要に応じ無菌管理を考慮し、血液学的検査を頻回に行い、患者の状態を十分に観察する。
    (適用上の注意)
    1.調製時:
    1).溶解:
    (1).本剤に日局注射用水5mLを加え、粉末が完全に溶解するまで、できるだけ泡を立てないよう静かに円を描くように回して溶解する(急激な振盪溶解を避ける)。
    (2).本剤は蛋白製剤であるため、その溶液はわずかに混濁することがあるが、本剤の薬効には影響を及ぼさない(なお、これ以外の外観上の異常を認めた場合には使用しない)。
    (3).本剤には防腐剤が含まれていないので、溶解後は速やかに使用する。
    2).希釈:
    (1).中等症以上の再生不良性貧血、造血幹細胞移植の前治療、造血幹細胞移植後の急性移植片対宿主病に本剤を投与するにあたっては、生理食塩液又は5%ブドウ糖注射液500mLで希釈する。
    (2).臓器移植後の急性拒絶反応の治療に本剤を投与するにあたっては、1バイアル(抗ヒト胸腺細胞ウサギ免疫グロブリンとして25mg)あたり、生理食塩液又は5%ブドウ糖注射液50mLで希釈する。
    (3).生理食塩液又は5%ブドウ糖注射液以外の製剤との配合は避ける。
    2.投与時:
    1).1回の投与は6時間以上かけて注入するよう流速を設定する。
    2).点滴静注する際には、点滴セットにインラインフィルター(ポアサイズ0.2ミクロン)を使用する。
    3).注入後に残った残液は廃棄する。
    (その他の注意)
    1.2週間反復静脈内投与試験(サル)において赤血球パラメータ減少(赤血球数減少、ヘマトクリット減少、ヘモグロビン減少)がみられた。
    2.海外市販後の自発報告において本剤投与後の核酸増幅検査でB型肝炎ウイルス陽性であった症例が1例報告されている。
    (保管上の注意)
    凍結を避け、2〜8℃で遮光保存。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 「志水太郎 vs AI診断」は志水氏の圧勝 診断エラー学のすすめ
    2. レッスン12◆異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
    3. 医療崩壊を盾に勤務医を犠牲にするのか シリーズ◎医師の「働き方改革」
    4. ACSへのプラスグレルはチカグレロルより優れる 学会トピック◎欧州心臓病学会会議(ESC2019)
    5. 18歳女性。辺縁系脳炎症状 日経メディクイズ●脳神経内科
    6. 妊婦さん悶絶!? そんなときはあの漢方! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
    7. バスキアの描く頭部が「ドクロ」や「仮面」に似てい… 日経おとなのOFF presents 医師の絶対教養 美術編
    8. 経口GLP-1薬は糖尿病治療に革命を起こすか トレンド◎GLP-1作動薬セマグルチドの経口薬が承認申請
    9. シャワーで頭痛発生!疑うべき疾患は? 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
    10. 私以外私じゃないの テクノ アサヤマの「今日がいちばんいい日」
    医師と医学研究者におすすめの英文校正