日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ロタテック内用液の基本情報

一般名
製薬会社
薬価・規格
- (2mL1本)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • ロタウイルスによる胃腸炎の予防
注意すべき副作用
下痢 、 嘔吐 、 胃腸炎 、 発熱 、 鼻咽頭炎 、 便秘 、 ラクトース不耐性 、 アナフィラキシー 、 発疹 、 舌腫脹
用法・用量(主なもの)
  • 乳児に、4週間以上の間隔をおいて3回経口接種し、接種量は毎回2mLとする
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
    • 発熱
    • 予防接種を行うことが不適当な状態
    • 重篤な急性疾患
    • 腸重積症
    • メッケル憩室
    • 重症複合型免疫不全
    • 腸重積症発症を高める可能性のある未治療先天性消化管障害
    • SCID

副作用

主な副作用
下痢 、 嘔吐 、 胃腸炎 、 発熱 、 鼻咽頭炎 、 便秘 、 ラクトース不耐性 、 腸重積症 、 中耳炎 、 気管支痙攣 、 蕁麻疹
重大な副作用
アナフィラキシー 、 発疹 、 舌腫脹
上記以外の副作用
血管浮腫

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 過敏症
    • 発熱
    • 予防接種を行うことが不適当な状態
    • 重篤な急性疾患
    • 腸重積症
    • メッケル憩室
    • 重症複合型免疫不全
    • 腸重積症発症を高める可能性のある未治療先天性消化管障害
    • SCID
  • 慎重投与
    • 免疫機能に異常がある疾患
    • 免疫抑制を来す治療中
    • 先天性免疫不全症
  • 注意
    • アレルギー
    • 胃腸障害
    • 肝臓疾患
    • 痙攣
    • 血液疾患
    • 心臓血管系疾患
    • 腎臓疾患
    • 発育障害
    • 全身性発疹
    • 慢性下痢
    • 生ワクチンの接種を受けた
    • 不活化ワクチンの接種を受けた
    • 免疫機能に異常がある疾患
    • 免疫抑制を来す治療中
    • 先天性免疫不全症
    • 予防接種で接種後2日以内に発熱
    • 重度急性発熱性疾患
    • 活動性胃腸疾患
  • 投与に際する指示
    • 生ワクチンの接種を受けた
    • 不活化ワクチンの接種を受けた
    • 免疫機能に異常がある疾患
    • 免疫抑制を来す治療中
    • 先天性免疫不全症
    • 重度急性発熱性疾患

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

ロタウイルスによる胃腸炎の予防。
<効能・効果に関連する接種上の注意>
1.本剤はロタウイルスG1P[8]、G2P[4]、G3P[8]、G4P[8]、G9P[8]に対する予防効果が示唆されている。
2.他のウイルスに起因する胃腸炎を予防することはできない。

用法・用量(添付文書全文)

乳児に、4週間以上の間隔をおいて3回経口接種し、接種量は毎回2mLとする。
<用法・用量に関連する接種上の注意>
経口接種する。注射による接種は行ってはならない。
1.接種対象者・接種時期:本剤は生後6〜32週の間にある乳児に経口接種し、初回接種は6週齢以上とし、4週以上の間隔をおいて32週齢までに3回経口接種を行う(また早産児においても同様に接種することができる)。なお、初回接種は生後14週6日までに行うことが推奨されている。
2.他のワクチン製剤との接種間隔:生ワクチンの接種を受けた者は、通常、27日以上間隔をおいて本剤を接種するが、但し、医師が必要と認めた場合には、同時に接種することができる、また不活化ワクチンの接種を受けた者は、通常、6日以上間隔をおいて本剤を接種するが、但し、医師が必要と認めた場合には、同時に接種することができる(なお、本剤を他のワクチンと混合して接種してはならない)。

副作用(添付文書全文)

国内臨床試験(治験):国内臨床試験において、本剤接種を受けた生後6〜32週の乳児380例中55例(14.5%)で、本剤の接種後14日間に副反応が認められた。その主なものは下痢(5.5%)、嘔吐(4.2%)、胃腸炎(3.4%)、発熱(1.3%)であった。
外国臨床試験(治験):経口生ポリオワクチンを除く、他の既承認小児用ワクチンとの併用接種を可能とした外国第3相試験において、本剤接種を受けた生後6〜32週の乳児6,138例中2,883例で、本剤の接種後42日間に副反応が認められた。このうち、プラセボと比べ高頻度(プラセボ群との発現率の差が0.3%以上)に発現した副反応は、発熱、下痢、嘔吐、鼻咽頭炎であった。
1.重大な副反応
アナフィラキシー(頻度不明):アナフィラキシー(発疹、舌腫脹等)が現れることがあるので、接種後は観察を十分に行い、異常が認められた場合には適切な処置を行う。
2.その他の副反応
1).胃腸障害:(頻度不明)腸重積症、(5%以上)下痢、(0.5〜5%未満)嘔吐、便秘。
2).全身障害及び投与局所様態:(0.5〜5%未満)発熱。
3).感染症及び寄生虫症:(頻度不明)中耳炎、(0.5〜5%未満)胃腸炎、鼻咽頭炎。
4).代謝及び栄養障害:(0.5〜5%未満)ラクトース不耐性。
5).呼吸器、胸郭及び縦隔障害:(頻度不明)気管支痙攣。
6).皮膚及び皮下組織障害:(頻度不明)蕁麻疹、血管浮腫。

使用上の注意(添付文書全文)

(接種不適当者(予防接種を受けることが適当でない者))
被接種者が次のいずれかに該当すると認められる場合には、接種を行ってはならない。
1.明らかな発熱を呈している者。
2.重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな者。
3.本剤の成分によって過敏症を呈したことがある者。また、本剤接種後に過敏症が疑われる症状が発現した者には、その後の本剤接種を行ってはならない。
4.腸重積症の既往のある者。
5.腸重積症発症を高める可能性のある未治療先天性消化管障害(メッケル憩室等)を有する者。
6.重症複合型免疫不全(SCID)を有する者[外国の市販後において、本剤の接種後にSCIDと診断された乳児で、重度下痢及び持続的なワクチンウイルス株排出を伴う胃腸炎が報告されている]。
7.前記に掲げる者のほか、予防接種を行うことが不適当な状態にある者。
(接種要注意者(接種の判断を行うに際し、注意を要する者))
被接種者が次のいずれかに該当すると認められる場合は、健康状態及び体質を勘案し、診察及び接種適否の判定を慎重に行い、予防接種の必要性、副反応及び有用性について十分な説明を行い、同意を確実に得た上で、注意して接種する。
1.心臓血管系疾患、腎臓疾患、肝臓疾患、血液疾患、発育障害等の基礎疾患を有する者。
2.予防接種で接種後2日以内に発熱のみられた者及び全身性発疹等のアレルギーを疑う症状を呈したことがある者。
3.過去に痙攣の既往のある者。
4.免疫機能に異常がある疾患を有する者及びその恐れがある者、免疫抑制を来す治療中の者、近親者に先天性免疫不全症の者がいる者。
5.胃腸障害(活動性胃腸疾患、慢性下痢)のある者[使用経験がない]。
(重要な基本的注意)
1.本剤は「予防接種実施規則」及び「定期接種実施要領」に準拠して使用する。
2.被接種者について、接種前に必ず問診、検温及び診察(視診、聴診等)によって健康状態を調べる。
3.被接種者の保護者に、被接種者に関する次の注意点を事前に知らせる。
1).接種当日は過激な運動は避ける。
2).接種後は被接種者の健康状態を十分に観察し、体調の変化や異常な症状が認められた場合は、速やかに医師の診察を受ける。
4.被接種者の保護者に、本剤の接種後に腸重積症を示唆する症状(腹痛、反復性の嘔吐、血便排泄、腹部膨満感、高熱)を呈した場合には速やかに医師の診察を受けるよう事前に知らせる[2つの外国の大規模製造販売後調査では、本剤接種後7日間又は30日間に本剤と腸重積症の関連は認められなかったが、他の外国の製造販売後調査において、本剤の初回接種後、主に7日間又は21日間に腸重積症の発現リスクのわずかな増加が報告されている]。
5.本剤の接種が開始される生後6週時点においては免疫不全症の診断は困難であり、免疫不全者に対する本剤の有効性及び安全性の臨床データはないので、免疫機能に異常がある疾患を有する者及びその恐れがある者、免疫抑制を来す治療中の者、近親者に先天性免疫不全症の者がいる者に本剤を接種する場合は、免疫不全症を疑わせる症状の有無に十分注意し、慎重に接種する。
6.本剤と他のロタウイルスワクチンとの互換性に関する安全性、有効性、免疫原性のデータはない。
(小児等への接種)
生後6週未満又は生後32週を超える乳児に対する安全性及び有効性は確立されていない。
(接種時の注意)
容器(ラテックスフリーチューブ)から直接経口接種する。注射による接種は行ってはならない。【ロタテック内用液の使用方法】に従い本剤の接種を行う。
1.接種前及び接種後に母乳を含む固形食及び流動食に関する制限はない。
2.重度急性発熱性疾患を有する者は接種を延期する(但し、軽度の発熱及び軽度の上気道感染の場合には接種を延期する必要はない)。
3.他のワクチンや溶液と混合して接種しない。再調製又は希釈して接種しない。
4.接種直後に本剤を吐き出した場合は、その回の追加接種は行わない[臨床試験において検討が行われていない]。
(その他の注意)
1.外国の市販後において、ワクチンウイルスのワクチン非接種者への感染が報告されているので、次に示した免疫不全を有する者と、密接な接触がある者に本剤を接種する際には注意する:悪性腫瘍又は免疫障害のある者、免疫抑制療法を受けている者(なお、臨床試験において、免疫不全を有する者と一緒に住む乳児に対して本剤を接種した経験はない)。
2.ワクチン接種を受けた者と接触した際には手洗い等を実施し注意する(例:おむつ交換後の手洗い等)[外国臨床試験では、初回接種後に本剤接種者の8.9%で糞便中へのワクチンウイルスの排出が認められ、ほとんどが接種1週間以内に認められ、1例(0.3%)のみ3回接種後にワクチンウイルスの排出が認められた。初回接種後1週間以内に軽度のワクチンウイルス排出を伴う胃腸炎症状が認められる可能性がある]。
3.本剤の腸重積症のリスクが外国で実施された大規模臨床試験(006試験:本剤群34,837例、プラセボ群34,788例)において検討されたが、プラセボ群と比較して腸重積症のリスクの増加は認められなかった。本試験では、接種後42日間に本剤群で6例、プラセボ群で5例[相対リスク(95%信頼区間):1.6(0.4、6.4)]の腸重積症が発現した。初回接種後365日間では、本剤群で13例、プラセボ群で15例[相対リスク(95%信頼区間):0.9(0.4、1.9)]の腸重積症が発現した。本剤接種後のいずれの期間においても、腸重積症の発現が著しく増加することはなかった。また、外国の大規模な医療費請求データベースを用いた本剤のプロスペクティブ市販後安全性観察研究においても、統計学的に有意な腸重積症の発症リスクの増加はなかった。本試験では、接種後30日間に本剤群で6例、他の既承認小児用ワクチン(DTaP:ジフテリアトキソイド、破傷風トキソイド及び沈降精製百日咳ワクチン)群で5例[相対リスク(95%信頼区間):0.8(0.22、3.52)]の腸重積症が発現した。
(取扱い上の注意)
1.接種前:
1).使用前には必ず、異常な混濁、着色、異物の混入その他の異常がないかを確認し、異常を認めたものは使用せず、廃棄する。
2).冷蔵庫から取り出した後は速やかに使用する。
2.接種時:本剤の開封は接種直前に行い、一度開封したものは、直ちに使用する。また開封後、本剤が使用されなかった場合は、これを再び貯蔵して次回の接種に用いることなく、感染性の廃棄物と同様に適切に廃棄する。
3.接種後:使い終わったチューブとキャップは感染性の廃棄物と同様に適切に廃棄する。
(ロタテック内用液の使用方法)
1.保存袋を開封し、チューブを取り出す。
2.チューブを垂直に持ち、キャップを軽くたたき、接種口の先端部分の液体を除く。
3.次の2つのステップでチューブを開封する:
1).きつくなるまで時計回りにキャップをねじり、接種口を開ける。
2).反対方向にねじり、キャップを取り外す。
4.乳児の口のほおの内側に向かって、チューブの中身がなくなるまで、ゆっくりと液体を接種する(滴がチューブの先端に残っていてもよい)。
5.使い終わったチューブとキャップは感染性の廃棄物と同様に適切に廃棄する。
6.本剤接種後は手洗いをする。
(保管上の注意)
遮光、2〜8℃。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。