日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

アリケイス吸入液590mgの基本情報

先発品(後発品なし)
一般名
製薬会社
薬価・規格
42408.4円(590mg8.4mL1瓶)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • MACによる肺非結核性抗酸菌症
  • マイコバクテリウム・アビウムコンプレックスによる肺非結核性抗酸菌症
注意すべき副作用
気管支痙攣 、 第8脳神経障害 、 めまい 、 耳鳴 、 難聴 、 疲労 、 咳嗽 、 発声困難 、 呼吸困難 、 喀血
用法・用量(主なもの)
  • 通常、成人にはアミカシンとして590mg(力価)を1日1回ネブライザを用いて吸入投与する
  • (用法及び用量に関連する注意)7.1. 本剤を吸入する際には、専用のネブライザであるラミラネブライザシステムを使用すること〔14.1参照〕
  • 7.2. 使用にあたっては、ガイドライン等を参照し、多剤併用療法と併用すること
  • 7.3. 喀痰培養陰性化が認められた以降も、一定期間は本剤の投与を継続すること
  • 臨床試験においては、喀痰培養陰性化が認められた以降に最大12ヵ月間、本剤の投与を継続した〔17.1.1参照〕
  • 7.4. 投与開始後12ヵ月以内に喀痰培養陰性化が得られない場合は、本剤の継続投与の必要性を慎重に再考すること
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

主な副作用
疲労 、 咳嗽 、 発声困難 、 呼吸困難 、 喀血 、 口腔咽頭痛 、 白血球減少 、 動悸 、 耳不快感 、 耳痛 、 流涙低下
重大な副作用
気管支痙攣 、 第8脳神経障害 、 めまい 、 耳鳴 、 難聴 、 過敏性肺臓炎 、 急性腎障害 、 ショック 、 アナフィラキシー
上記以外の副作用
口内乾燥 、 悪心 、 下痢 、 腹痛 、 舌炎 、 舌変色 、 嘔吐 、 胸部不快感 、 悪寒 、 発熱 、 無力症 、 気管支炎 、 喉頭炎 、 口腔カンジダ症 、 体重減少 、 呼吸音異常 、 食欲減退 、 関節痛 、 胸筋骨格痛 、 筋肉痛 、 失声 、 味覚障害 、 頭痛 、 錯感覚 、 平衡障害 、 不眠症 、 血尿 、 喀痰 、 鼻漏 、 唾液増加 、 喉炎症 、 喘鳴 、 慢性閉塞性肺疾患 、 咽頭紅斑 、 ラ音 、 鼻詰まり 、 声帯炎症 、 寝汗 、 皮膚掻痒 、 発疹 、 皮膚乾燥 、 多汗症

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 過敏症
  • 注意
    • 重症筋無力症
    • 腎機能障害
    • 神経筋障害
    • 第8脳神経障害
    • 長期間投与
患者の属性に応じた注意事項
  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
    • 新生児(低出生体重児を含む)
  • 注意
    • 授乳婦
    • 新生児(低出生体重児を含む)
    • 乳児
    • 幼児・小児
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 相対禁止
    • 新生児(0日〜27日)
  • 注意
    • 小児等(0歳〜14歳)
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用
薬剤名
影響
ループ利尿剤
腎障害及び聴力障害が発現・悪化
エタクリン酸
腎障害及び聴力障害が発現・悪化
フロセミド
腎障害及び聴力障害が発現・悪化
アゾセミド
腎障害及び聴力障害が発現・悪化
腎毒性及び聴器毒性を有する薬剤
腎障害及び聴器障害が発現・悪化
バンコマイシン
腎障害及び聴器障害が発現・悪化
エンビオマイシン
腎障害及び聴器障害が発現・悪化
白金含有の抗悪性腫瘍剤
腎障害及び聴器障害が発現・悪化
シスプラチン
腎障害及び聴器障害が発現・悪化
カルボプラチン
腎障害及び聴器障害が発現・悪化
ネダプラチン
腎障害及び聴器障害が発現・悪化
神経筋遮断作用を有する薬剤
呼吸抑制
麻酔剤
呼吸抑制
筋弛緩剤
呼吸抑制
ツボクラリン
呼吸抑制
パンクロニウム臭化物
呼吸抑制
ベクロニウム臭化物
呼吸抑制
トルペリゾン
呼吸抑制
A型ボツリヌス毒素
呼吸抑制
腎毒性を有する薬剤
腎障害が発現・悪化
シクロスポリン
腎障害が発現・悪化
アムホテリシンB
腎障害が発現・悪化

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

マイコバクテリウム・アビウムコンプレックスによる肺非結核性抗酸菌症(MACによる肺非結核性抗酸菌症)。
(効能又は効果に関連する注意)
5.1. 本剤の適用は、肺MAC症に対する多剤併用療法による前治療において効果不十分な患者に限定すること。

用法・用量(添付文書全文)

通常、成人にはアミカシンとして590mg(力価)を1日1回ネブライザを用いて吸入投与する。
(用法及び用量に関連する注意)
7.1. 本剤を吸入する際には、専用のネブライザであるラミラネブライザシステムを使用すること〔14.1参照〕。
7.2. 使用にあたっては、ガイドライン等を参照し、多剤併用療法と併用すること。
7.3. 喀痰培養陰性化が認められた以降も、一定期間は本剤の投与を継続すること。臨床試験においては、喀痰培養陰性化が認められた以降に最大12ヵ月間、本剤の投与を継続した〔17.1.1参照〕。
7.4. 投与開始後12ヵ月以内に喀痰培養陰性化が得られない場合は、本剤の継続投与の必要性を慎重に再考すること。

副作用(添付文書全文)

11.1. 重大な副作用
次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
11.1.1. 過敏性肺臓炎(2.7%)。
11.1.2. 気管支痙攣(21.5%)。
11.1.3. 第8脳神経障害(15.1%):めまい、耳鳴、難聴等の第8脳神経障害があらわれることがある〔8.1参照〕。
11.1.4. 急性腎障害(3.2%)〔8.2参照〕。
11.1.5. ショック(頻度不明)、アナフィラキシー(頻度不明)〔8.3参照〕。
11.2. その他の副作用
1). 血液及びリンパ系:(1%未満)白血球減少。
2). 心臓障害:(1%未満)動悸。
3). 耳及び迷路:(5%以上)耳鳴、(1%以上5%未満)耳不快感、難聴、(1%未満)耳痛、めまい。
4). 眼障害:(1%未満)流涙低下。
5). 胃腸障害:(1%以上5%未満)口内乾燥、悪心、下痢、(1%未満)腹痛、舌炎、舌変色、嘔吐。
6). 全身障害及び投与部位の状態:(5%以上)疲労、(1%以上5%未満)胸部不快感、(1%未満)悪寒、発熱、無力症。
7). 感染症及び寄生虫症:(1%以上5%未満)気管支炎、喉頭炎、口腔カンジダ症。
8). 臨床検査:(1%以上5%未満)体重減少、(1%未満)呼吸音異常。
9). 代謝及び栄養障害:(1%以上5%未満)食欲減退。
10). 筋骨格系及び結合組織障害:(1%以上5%未満)関節痛、(1%未満)胸筋骨格痛、筋肉痛。
11). 神経系障害:(1%以上5%未満)失声、めまい、味覚障害、頭痛、(1%未満)錯感覚、平衡障害。
12). 精神障害:(1%未満)不眠症。
13). 腎及び尿路障害:(1%以上5%未満)血尿。
14). 呼吸器、胸郭及び縦隔障害:(5%以上)咳嗽、発声困難、呼吸困難、喀血、口腔咽頭痛、(1%以上5%未満)喀痰を伴う咳嗽、鼻漏、唾液増加、喉炎症、喘鳴、慢性閉塞性肺疾患、(1%未満)咽頭紅斑、ラ音、鼻詰まり、声帯炎症。
15). 皮膚及び皮下組織障害:(1%以上5%未満)寝汗、皮膚掻痒、発疹、(1%未満)皮膚乾燥、多汗症。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
本剤の成分並びに他のアミノグリコシド系抗生物質又はバシトラシンに対し過敏症の既往歴のある患者。
(重要な基本的注意)
8.1. めまい、耳鳴、難聴等の第8脳神経障害があらわれることがあるので、特に血中濃度が高くなりやすい患者(腎機能障害患者、高齢者、長期間投与患者等)では聴力検査を実施することが望ましい〔11.1.3参照〕。
8.2. 急性腎障害があらわれることがあるので、定期的に腎機能検査を行うなど、患者の状態を十分に観察すること〔11.1.4参照〕。
8.3. ショック、アナフィラキシーがあらわれることがあるので、アレルギー既往歴、薬物過敏症等について十分な問診を行うこと〔11.1.5参照〕。
(特定の背景を有する患者に関する注意)
(合併症・既往歴等のある患者)
9.1.1. 第8脳神経障害又はその疑いのある患者:第8脳神経障害が発現又は増悪するおそれがある〔11.1.3参照〕。
9.1.2. 重症筋無力症等の神経筋障害又はその疑いのある患者:本剤は神経筋遮断作用を有するため、呼吸抑制があらわれることがある。
(腎機能障害患者)
腎機能障害患者では高い血中濃度が持続し、腎障害の悪化及び第8脳神経障害の副作用が強くあらわれるおそれがある(腎機能障害患者を対象とした臨床試験は実施していない)〔8.1、11.1.3参照〕。
(妊婦)
妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合のみ投与すること(妊婦に投与すると新生児に第8脳神経障害があらわれるおそれがある)。
(授乳婦)
治療上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討すること(本剤吸入投与によるヒト母乳中への移行は不明であるが、アミカシンを筋肉内投与した場合、ヒト母乳中に移行することが報告されている)。
(小児等)
小児等を対象とした臨床試験は実施していない。
(高齢者)
一般に生理機能が低下しているため、高い血中濃度が持続し、第8脳神経障害等の副作用が強くあらわれるおそれがある。
(相互作用)
10.2. 併用注意:
1). ループ利尿剤、エタクリン酸、フロセミド、アゾセミド等[腎障害及び聴力障害が発現・悪化するおそれがあるので、併用は避けることが望ましい(機序は明確でないが、併用によりアミノグリコシド系抗生物質の血中濃度の上昇、腎への蓄積が起こるという報告がある)]。
2). 腎毒性及び聴器毒性を有する薬剤、バンコマイシン、エンビオマイシン、白金含有抗悪性腫瘍剤(シスプラチン、カルボプラチン、ネダプラチン)等[腎障害及び聴器障害が発現・悪化するおそれがあるので、併用は避けることが望ましい(両薬剤ともに腎毒性、聴器毒性を有するが、相互作用の機序は不明)]。
3). 神経筋遮断剤、麻酔剤、筋弛緩剤、ツボクラリン、パンクロニウム臭化物、ベクロニウム臭化物、トルペリゾン、A型ボツリヌス毒素製剤等[呼吸抑制があらわれるおそれがあるので、呼吸抑制があらわれた場合には必要に応じ、コリンエステラーゼ阻害剤、カルシウム製剤の投与等の適切な処置を行うこと(両薬剤とも神経筋遮断作用を有しており、併用によりその作用が増強される)]。
4). 腎毒性を有する薬剤、シクロスポリン、アムホテリシンB等[腎障害が発現・悪化するおそれがある(両薬剤ともに腎毒性を有するが、相互作用の機序は不明)]。
(過量投与)
過量投与時、アミカシンの除去には血液透析が有用であるとの報告がある。
(適用上の注意)
14.1. 薬剤交付時の注意
ラミラネブライザシステムの使用方法を患者に十分に指導すること〔7.1参照〕。
14.2. 薬剤投与時の注意
本剤は使用前に室温20〜25℃に戻してから使用すること。使用時にはバイアルを少なくとも10〜15秒間激しく振り混ぜ、内容物が均一でよく混ざるようになるまで本剤を調製する。
(取扱い上の注意)
凍結を避け、冷蔵庫に保管(2℃−8℃)。
アリケイスは、最大25℃の室温で最大4週間保存が可能である(一旦室温で保存された場合、未使用の薬剤は4週間で廃棄する必要がある)。
(保管上の注意)
凍結を避け、2〜8℃で保存。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。