日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ミコブティンカプセル150mg基本情報

先発品(後発品なし)

一般名:リファブチンカプセル

製薬会社:ファイザー

薬価・規格: 774.5円(150mg1カプセル) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 結核症
  • HIV感染の播種性MAC症の発症抑制
  • 非結核性抗酸菌症
  • マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス症
  • MAC症

注意すべき副作用詳しく見る

白血球減少症尿変色悪心発疹嘔吐発熱肝機能異常貧血血小板減少症下痢

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1.結核症:リファブチンとして150mg〜300mgを1日1回経口投与する
  • 多剤耐性結核症にはリファブチンとして300mg〜450mgを1日1回経口投与する
  • 2.マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス(MAC)症を含む非結核性抗酸菌症の治療:リファブチンとして300mgを1日1回経口投与する
  • 3.HIV感染患者における播種性MAC症の発症抑制:リファブチンとして300mgを1日1回経口投与する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
    • ボリコナゾール投与中
    • アスナプレビル投与中
    • ダクラタスビル塩酸塩投与中
    • エルバスビル投与中
    • グラゾプレビル水和物投与中
    • チカグレロル投与中

副作用

主な副作用

尿変色悪心発疹嘔吐発熱下痢Al−P増加食欲不振関節痛倦怠感溶血

重大な副作用

白血球減少症肝機能異常貧血血小板減少症汎血球減少症ぶどう膜炎黄疸消化管出血吐血メレナ胃腸出血偽膜性大腸炎腎機能障害痙攣腹痛肝炎クロストリジウム・ディフィシル性下痢血便重篤な大腸炎頻回の下痢ショック心停止心室細動不整脈脳出血溶血性貧血深部静脈血栓症血栓性血小板減少性紫斑病筋痙縮精神病性障害歩行障害

上記以外の副作用

好酸球増加症血小板障害AST増加ALT増加肝腫大Al−P減少胃腸障害胃腸炎消化不良腹部膨満おくび便秘膵炎嚥下障害アフタ性口内炎口腔カンジダ症起立性低血圧心電図での非特異的T波変化皮膚そう痒症皮膚変色脱毛症皮膚色素沈着障害皮膚炎蕁麻疹紅斑性皮疹乾癬ざ瘡筋痛筋炎頭痛錯感覚ニューロパシー浮動性眩暈筋緊張亢進昏睡回転性眩暈失語症不眠症錯乱状態不安うつ病会話障害思考異常感情不安定体重減少悪液質アミラーゼ増加高尿酸血症頻尿勃起不全尿毒症腎臓痛血尿呼吸困難咳嗽肺炎喀血鼻出血気胸気管支痙攣味覚異常難聴視覚障害網膜炎弱視耳鳴視野欠損結膜炎疲労無力症胸痛疼痛浮腫悪寒背部痛副腎機能不全単純ヘルペス過敏症口内乾燥インフルエンザ様症状角膜沈着物

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症
    • ボリコナゾール投与中
    • アスナプレビル投与中
    • ダクラタスビル塩酸塩投与中
    • エルバスビル投与中
    • グラゾプレビル水和物投与中
    • チカグレロル投与中
  • 慎重投与
    • 重度肝機能障害
    • 重度腎機能障害
    • クレアチニンクリアランスが30mL/分未満
  • 注意
    • 重度腎機能障害
    • クレアチニンクリアランスが30mL/分未満
    • CYP3Aを誘導する薬剤と併用
  • 投与に際する指示
    • 重度肝機能障害
    • 重度腎機能障害
    • クレアチニンクリアランスが30mL/分未満
    • CYP3Aを誘導する薬剤と併用

患者の属性に応じた注意事項

  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 慎重投与
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
エファビレンツ 本剤の曝露量が低下
CYP3A酵素誘導剤 本剤の曝露量が低下
ボリコナゾール 本剤の作用が増強
アタザナビル 本剤の作用が増強
リトナビル 本剤の作用が増強
インジナビル 本剤の作用が増強
サキナビル 本剤の作用が増強
ダルナビル 本剤の作用が増強
Tipranavir 本剤の作用が増強
ホスアンプレナビル 本剤の作用が増強
ロピナビル・リトナビル配合剤 本剤の作用が増強
ネルフィナビル 本剤の作用が増強
デラビルジン 本剤の作用が増強
ネビラピン 本剤の作用が増強
アゾール系抗真菌薬<ボリコナゾールは禁忌> 本剤の作用が増強
イトラコナゾール 本剤の作用が増強
フルコナゾール 本剤の作用が増強
Posaconazole 本剤の作用が増強
マクロライド系抗生物質 本剤の作用が増強
エリスロマイシン 本剤の作用が増強
クラリスロマイシン 本剤の作用が増強
ロキシスロマイシン 本剤の作用が増強
ボリコナゾール 作用が減弱
グラゾプレビル 作用が減弱
エルバスビル 作用が減弱
ダクラタスビル塩酸塩 作用が減弱
アスナプレビル 作用が減弱
チカグレロル 作用が減弱
インジナビル 作用が減弱
ネルフィナビル 作用が減弱
ホスアンプレナビル 作用が減弱
ネビラピン 作用が減弱
マラビロク 作用が減弱
アゾール系抗真菌薬<ボリコナゾールは禁忌・フルコナゾールを除く> 作用が減弱
イトラコナゾール 作用が減弱
Posaconazole 作用が減弱
マクロライド系抗生物質 作用が減弱
エリスロマイシン 作用が減弱
クラリスロマイシン 作用が減弱
ロキシスロマイシン 作用が減弱
ジアフェニルスルホン 作用が減弱
エトラビリン 本剤及びエトラビリンの作用が減弱
デラビルジン 作用が著しく減弱
エファビレンツ 本剤の作用が減弱
経口避妊薬 作用が減弱し不正性器出血の発現率が増大
ノルエチステロン・エチニルエストラジオール 作用が減弱し不正性器出血の発現率が増大
タクロリムス水和物 血中濃度が低下し拒絶反応が出現

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    結核症、マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス症(MAC症)を含む非結核性抗酸菌症、HIV感染患者における播種性MAC症の発症抑制。
    <効能・効果に関連する使用上の注意>
    本剤は、リファンピシンの使用が困難な場合に使用する。

    用法・用量(添付文書全文)

    1.結核症:リファブチンとして150mg〜300mgを1日1回経口投与する。多剤耐性結核症にはリファブチンとして300mg〜450mgを1日1回経口投与する。
    2.マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス(MAC)症を含む非結核性抗酸菌症の治療:リファブチンとして300mgを1日1回経口投与する。
    3.HIV感染患者における播種性MAC症の発症抑制:リファブチンとして300mgを1日1回経口投与する。
    <用法・用量に関連する使用上の注意>
    1.本剤を使用する際には、近年、新たな臨床試験を実施していないため、投与開始時期、投与期間、併用薬等について国内外の学会のガイドライン等、最新の情報を参考にし、投与する。
    2.「相互作用」2.併用注意に記載された薬剤を投与中の患者に使用する場合は、本剤の用量を「相互作用」2.併用注意の記載に従って調節する。エファビレンツ等のCYP3Aを誘導する薬剤と併用する場合には、本剤の曝露量が低下する可能性があるので、ガイドライン等を参考に本剤の増量を考慮する。
    3.1日投与量が300mgを超える場合は、副作用の発現頻度が高くなる恐れがあるので、特に注意する。
    4.本剤の使用にあたっては、耐性菌の発現等を防ぐため、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめる。
    5.本剤をMAC症を含む非結核性抗酸菌症並びに結核症の治療に使用する際には、抗酸菌に感受性を示す他の薬剤と必ず併用し、また、併用する薬剤の添付文書を熟読する。
    6.重度腎機能障害のある患者(クレアチニンクリアランスが30mL/分未満)に使用する場合は、本剤の用量を半量にする。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    外国臨床試験の第2相試験8試験及び第3相試験13試験で得られた安全性成績を評価した。総症例3,216例(肺結核症の治療:977例、HIV感染患者における非結核性抗酸菌症の治療:1,163例、HIV非感染者における非結核性抗酸菌症の治療:510例、エイズに伴うMAC症の発症抑制:566例)中、1,087例(33.8%)に有害事象が認められた。主なものは、白血球減少症195件(6.06%)、尿変色172件(5.35%)、悪心127件(3.95%)、発疹110件(3.42%)、嘔吐83件(2.58%)、発熱70件(2.18%)、肝機能異常62件(1.93%)、腹痛57件(1.77%)、貧血56件(1.74%)、血小板減少症51件(1.59%)、下痢44件(1.37%)、Al−P増加41件(1.27%)等であった(承認時までの有害事象の集計)。
    結核症及びMAC症を含む非結核性抗酸菌症患者に対する使用成績調査(HIV感染治療薬及びHIV関連疾患治療薬の共同調査)における安全性評価対象例72例中、16例(22.2%)に副作用又は臨床検査値異常が認められた。主なものは、悪心3例(4.17%)、白血球減少症2例(2.78%)、汎血球減少症2例(2.78%)、高トリグリセリド血症2例(2.78%)、免疫再構築炎症反応症候群2例(2.78%)等であった(再審査終了時)。
    HIV非感染者に対する特定使用成績調査における安全性評価対象例588例中、387例(65.8%)に副作用又は臨床検査値異常が認められた。
    主なものは、肝機能異常129例(21.9%)、白血球減少症97例(16.5%)、血小板減少症71例(12.1%)、発熱69例(11.7%)、発疹56例(9.52%)、食欲不振53例(9.01%)、下痢17例(2.89%)、ぶどう膜炎16例(2.72%)、関節痛16例(2.72%)、悪心14例(2.38%)、貧血13例(2.21%)、倦怠感10例(1.70%)、そう痒症8例(1.36%)、AST(GOT)増加8例(1.36%)、汎血球減少症7例(1.19%)等であった(再審査終了時)。
    1.重大な副作用:次のような副作用が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行う。
    1).白血球減少症(6.06%)、貧血(1.74%)、血小板減少症(1.59%)、汎血球減少症(0.16%)。
    2).肝機能異常(1.93%)、黄疸(0.72%)、肝炎(頻度不明)。
    3).ショック(0.09%)。
    4).心停止(0.06%)、心室細動(0.03%)、不整脈(0.03%)。
    5).脳出血(0.03%)。
    6).溶血性貧血(0.03%)。
    7).消化管出血(吐血、メレナ、胃腸出血)(0.12%)。
    8).偽膜性大腸炎(1.39%)[偽膜性大腸炎、クロストリジウム・ディフィシル性下痢等の血便を伴う重篤な大腸炎が現れることがあるので、腹痛、頻回の下痢が現れた場合には直ちに投与を中止するなど適切な処置を行う]。
    9).深部静脈血栓症(0.09%)、血栓性血小板減少性紫斑病(0.03%)。
    10).腎機能障害(0.53%)。
    11).筋痙縮(0.09%)。
    12).痙攣(0.37%)。
    13).精神病性障害(0.09%)。
    14).歩行障害(0.09%)。
    15).ぶどう膜炎(2.72%)。
    2.その他の副作用
    1).血液及びリンパ系:(2%未満)好酸球増加症、溶血、血小板障害。
    2).肝胆道系:(2%未満)Al−P増加、AST増加(GOT増加)、ALT増加(GPT増加)、肝腫大、Al−P減少。
    3).胃腸障害:(2%以上)悪心、嘔吐、(2%未満)腹痛、下痢、胃腸炎、消化不良、腹部膨満、おくび、便秘、膵炎、嚥下障害、アフタ性口内炎、胃腸障害、口腔カンジダ症。
    4).循環器:(2%未満)起立性低血圧、心電図での非特異的T波変化。
    5).皮膚及び皮下組織:(2%以上)発疹、(2%未満)皮膚そう痒症、皮膚変色、脱毛症、皮膚色素沈着障害、皮膚炎、蕁麻疹、紅斑性皮疹、乾癬、ざ瘡。
    6).筋骨格系及び結合組織:(2%未満)筋痛、関節痛、筋炎。
    7).神経系:(2%未満)頭痛、錯感覚、ニューロパシー、浮動性眩暈、筋緊張亢進、昏睡、回転性眩暈、失語症。
    8).精神:(2%未満)不眠症、錯乱状態、不安、うつ病、会話障害、思考異常、感情不安定。
    9).代謝及び栄養:(2%未満)食欲不振、体重減少、悪液質、アミラーゼ増加、高尿酸血症。
    10).泌尿・生殖器:(2%以上)尿変色、(2%未満)頻尿、勃起不全、尿毒症、腎臓痛、血尿。
    11).呼吸器、胸郭及び縦隔:(2%未満)呼吸困難、咳嗽、肺炎、喀血、鼻出血、気胸、気管支痙攣。
    12).感覚器障害:(2%未満)味覚異常、難聴、視覚障害、網膜炎、弱視、耳鳴、視野欠損、結膜炎、(頻度不明)角膜沈着物。
    13).その他:(2%以上)発熱、(2%未満)疲労、無力症、胸痛、疼痛、浮腫、悪寒、背部痛、倦怠感、副腎機能不全、単純ヘルペス、過敏症、口内乾燥、インフルエンザ様症状。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    1.本剤の成分又は他のリファマイシン系薬剤(リファンピシン)に対し過敏症の既往歴のある患者。
    2.次の薬剤を投与中の患者:ボリコナゾール投与中、グラゾプレビル水和物投与中、エルバスビル投与中、ダクラタスビル塩酸塩投与中、アスナプレビル投与中、チカグレロル投与中。
    (慎重投与)
    1.重度肝機能障害のある患者[肝機能を悪化させる恐れがあるので、本剤の用量の減量を考慮する]。
    2.重度腎機能障害のある患者(クレアチニンクリアランスが30mL/分未満)。
    (重要な基本的注意)
    1.白血球減少症、血小板減少症などの血液障害が現れることがあるので、定期的に血液検査を行い、異常が認められた場合には、減量あるいは投与を中止し、適切な処置を行う。
    2.ぶどう膜炎が現れることがあるので、観察を十分に行うなど注意し、また、ぶどう膜炎が疑われる場合には、患者に眼科医の診察を受けさせ、必要に応じて本剤の投与を中止し、適切な処置を行う。
    3.肝機能障害が現れることがあるので、定期的に肝機能検査を行い、異常が認められた場合には、減量あるいは投与を中止し、適切な処置を行う。
    (相互作用)
    本剤はチトクロームP450・3A4(CYP3A4)により代謝され、また、CYP3Aをはじめとする肝薬物代謝酵素を誘導する作用がある。他の薬剤との相互作用は、すべての薬剤との組み合わせについて検討されているわけではないので、他剤と併用する場合には、患者の状態を十分観察し、慎重に投与する。
    1.併用禁忌:
    1).ボリコナゾール<ブイフェンド>[本剤の作用が増強する恐れがある(ボリコナゾールは本剤の主たる肝代謝酵素(CYP3A4)を阻害することにより、本剤の血中濃度を上昇させる)]。
    2).ボリコナゾール<ブイフェンド>[ボリコナゾールの作用が減弱する恐れがある(本剤の肝代謝酵素(CYP3A4等)誘導作用により、ボリコナゾールの代謝を促進し、ボリコナゾールの血中濃度を低下させる)]。
    3).グラゾプレビル水和物<グラジナ>、エルバスビル<エレルサ>、ダクラタスビル塩酸塩<ダクルインザ、ジメンシー配合錠>、アスナプレビル<スンベプラ、ジメンシー配合錠>、チカグレロル<ブリリンタ>[これらの薬剤の作用が減弱する恐れがある(本剤の肝代謝酵素(CYP3A4等)誘導作用により、これらの薬剤の代謝を促進し、これらの薬剤の血中濃度を低下させる恐れがある)]。
    2.併用注意:
    1).プロテアーゼ阻害薬+リトナビル:
    (1).プロテアーゼ阻害薬+リトナビル(アタザナビル・リトナビル、インジナビル・リトナビル、サキナビル・リトナビル、ダルナビル・リトナビル、Tipranavir・リトナビル、ホスアンプレナビル・リトナビル、ロピナビル・リトナビル)[本剤の作用が増強する恐れがあり、本剤の投与量を少なくとも1/4に減量することを考慮する(これらの薬剤は本剤の主たる肝代謝酵素(CYP3A4)を阻害することにより、本剤又は活性代謝物の血中濃度を上昇させる)]。
    (2).プロテアーゼ阻害薬+リトナビル(インジナビル・リトナビル、サキナビル・リトナビル、ホスアンプレナビル・リトナビル)[本剤の作用が増強する恐れがあり、本剤の投与量を少なくとも1/4に減量することを考慮する(これらの薬剤は本剤の主たる肝代謝酵素(CYP3A4)を阻害することにより、本剤又は活性代謝物の血中濃度を上昇させ、また、本剤の肝代謝酵素(CYP3A4等)誘導作用により、インジナビル、サキナビル及びホスアンプレナビルの代謝を促進し、これらの薬剤又は活性代謝物の血中濃度を低下させる)]。
    2).プロテアーゼ阻害薬(リトナビル):
    (1).プロテアーゼ阻害薬(リトナビル)[本剤の作用が増強する恐れがあるので、リトナビルを、1回600mg1日2回の用法・用量で使用する場合には、本剤との併用を避ける(これらの薬剤は本剤の主たる肝代謝酵素(CYP3A4)を阻害することにより、本剤の血中濃度を上昇させる)]。
    (2).プロテアーゼ阻害薬(リトナビル)[本剤の作用が増強する恐れがあるので、他の抗レトロウイルス薬とリトナビルと本剤を併用する場合には、国内外のガイドラインを参考にして、リトナビル及び本剤の用量調節を行う(これらの薬剤は本剤の主たる肝代謝酵素(CYP3A4)を阻害することにより、本剤の血中濃度を上昇させる)]。
    3).プロテアーゼ阻害薬(アタザナビル)[本剤の作用が増強する恐れがあり、本剤の投与量を1/4に減量することを考慮する(これらの薬剤は本剤の主たる肝代謝酵素(CYP3A4)を阻害することにより、本剤の血中濃度を上昇させる)]。
    4).プロテアーゼ阻害薬(インジナビル、ネルフィナビル、ホスアンプレナビル):
    (1).プロテアーゼ阻害薬(インジナビル、ネルフィナビル、ホスアンプレナビル)[本剤の作用が増強する恐れがあり、本剤の投与量を少なくとも半減することを考慮する(これらの薬剤(ホスアンプレナビルの場合、活性本体のアンプレナビル)は、本剤の主たる肝代謝酵素(CYP3A4)を阻害することにより、本剤の血中濃度を上昇させる)]。
    (2).プロテアーゼ阻害薬(インジナビル、ネルフィナビル、ホスアンプレナビル)[これらの薬剤の作用が減弱する恐れがある(本剤の肝代謝酵素(CYP3A4等)誘導作用により、これらの薬剤の代謝を促進し、これらの薬剤又は活性代謝物の血中濃度を低下させる)]。
    5).エトラビリン[本剤及びエトラビリンの作用が減弱する恐れがある(本剤又はエトラビリンの主たる肝代謝酵素(CYP3A4)誘導作用により、本剤又はエトラビリンの血中濃度を低下させる。エトラビリンとプロテアーゼ阻害薬+リトナビルが併用された場合、リファブチンは使用すべきでない)]。
    6).デラビルジン:
    (1).デラビルジン[本剤の作用が増強する恐れがあることから、他の薬剤への変更を考慮する(これらの薬剤は、本剤の主たる肝代謝酵素(CYP3A4)を阻害することにより、本剤の血中濃度を上昇させる)]。
    (2).デラビルジン[これらの薬剤の作用が著しく減弱する恐れがあることから、他の薬剤への変更を考慮する(本剤の肝代謝酵素(CYP3A4等)誘導作用により、これらの薬剤の代謝を促進し、これらの薬剤又は活性代謝物の血中濃度を低下させる)]。
    7).ネビラピン:
    (1).ネビラピン[本剤の作用が増強する恐れがある(これらの薬剤は、本剤の主たる肝代謝酵素(CYP3A4)を阻害することにより、本剤の血中濃度を上昇させる)]。
    (2).ネビラピン[これらの薬剤の作用が減弱する恐れがある(本剤の肝代謝酵素(CYP3A4等)誘導作用により、これらの薬剤の代謝を促進し、これらの薬剤又は活性代謝物の血中濃度を低下させる)]。
    8).エファビレンツ[本剤の作用が減弱する恐れがある(エファビレンツの肝代謝酵素(CYP3A4等)誘導作用により、本剤の代謝を促進し、本剤又は活性代謝物の血中濃度を低下させる)]。
    9).マラビロク[マラビロクの作用が減弱する恐れがある(本剤の肝代謝酵素(CYP3A4等)誘導作用により、マラビロクの代謝を促進し、マラビロクの血中濃度を低下させる)]。
    10).アゾール系抗真菌薬:
    (1).アゾール系抗真菌薬<ボリコナゾールは禁忌>(イトラコナゾール、フルコナゾール、Posaconazole等)[本剤の作用が増強する恐れがあり、本剤の投与量を少なくとも半減することを考慮する(これらの薬剤は、本剤の主たる肝代謝酵素(CYP3A4)を阻害することにより、本剤の血中濃度を上昇させる)]。
    (2).アゾール系抗真菌薬<ボリコナゾールは禁忌・フルコナゾールを除く>(イトラコナゾール、Posaconazole等)[これらの薬剤(フルコナゾールを除く)の作用が減弱する恐れがある(本剤の肝代謝酵素(CYP3A4等)誘導作用により、これらの薬剤(フルコナゾールを除く)の代謝を促進し、これらの薬剤又は活性代謝物の血中濃度を低下させる)]。
    11).マクロライド系抗生剤:
    (1).マクロライド系抗生剤(エリスロマイシン、クラリスロマイシン、ロキシスロマイシン等)[本剤の作用が増強する恐れがあり、本剤の投与量を半減することを考慮する(これらの薬剤は、本剤の主たる肝代謝酵素(CYP3A4)を阻害することにより、本剤の血中濃度を上昇させる)]。
    (2).マクロライド系抗生剤(エリスロマイシン、クラリスロマイシン、ロキシスロマイシン等)[これらの薬剤の作用が減弱する恐れがある(本剤の肝代謝酵素(CYP3A4等)誘導作用により、これらの薬剤の代謝を促進し、これらの薬剤の血中濃度を低下させる)]。
    12).経口避妊薬(ノルエチステロン・エチニルエストラジオール)[経口避妊薬の作用が減弱し不正性器出血の発現率が増大する恐れがある(本剤の肝代謝酵素(CYP3A4等)誘導作用により、経口避妊薬の代謝を促進し、経口避妊薬の血中濃度を低下させる)]。
    13).ジアフェニルスルホン[ジアフェニルスルホンの作用が減弱する恐れがある(本剤の肝代謝酵素(CYP3A4等)誘導作用により、ジアフェニルスルホンの代謝を促進し、ジアフェニルスルホンの血中濃度を低下させる)]。
    14).タクロリムス[タクロリムスの血中濃度が低下し拒絶反応が出現する可能性があるので、タクロリムスの血中濃度のモニターを行い、必要に応じ増量等の処置を行う(本剤の肝代謝酵素(CYP3A4等)誘導作用により、タクロリムスの代謝を促進し、タクロリムス又は活性代謝物の血中濃度を低下させる)]。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので、慎重に投与する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    1.妊婦:妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[ラットで、胎仔骨格変異(胎仔過剰肋骨の発生頻度増加)及び生存胎仔数減少、ウサギで胎仔骨化遅延が認められたが、ラット及びウサギともに催奇形性は示さなかった]。
    2.授乳婦:本剤のヒト母乳中への移行は不明であるため、授乳中の婦人には授乳を避けさせる。
    (小児等への投与)
    小児等に対する安全性は確立していない(使用経験がない)。
    (過量投与)
    過量投与時、胃洗浄及び利尿薬療法を実施するなど、支持療法及び対症療法を行う。
    (その他の注意)
    本剤の投与により、尿、糞、皮膚、唾液、痰、汗、涙液が橙赤色となることがある。コンタクトレンズ、特にソフトコンタクトレンズは着色することがある。
    (保険給付上の注意)
    本製剤をHIV感染患者における播種性マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス(MAC)症の発症抑制及び治療のために使用した場合は、本製剤を使用した患者に係る診療報酬明細書等の取扱いにおいては、当該患者の秘密の保護に十分配慮する。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. レッスン12◆異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
    2. シャワーで頭痛発生!疑うべき疾患は? 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
    3. 「志水太郎 vs AI診断」は志水氏の圧勝 診断エラー学のすすめ
    4. 「無診察治療」を巡る訴訟、裁判所の判断は? 日常診療に生かす医療訴訟の教訓
    5. 妊婦さん悶絶!? そんなときはあの漢方! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
    6. 感染性腸炎の問診を「昨夜、生ものを食べませんでし… 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」
    7. ACSへのプラスグレルはチカグレロルより優れる 学会トピック◎欧州心臓病学会会議(ESC2019)
    8. 医療崩壊を盾に勤務医を犠牲にするのか シリーズ◎医師の「働き方改革」
    9. 18歳女性。辺縁系脳炎症状 日経メディクイズ●脳神経内科
    10. 吉本興業と大学医局の共通点 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』
    医師と医学研究者におすすめの英文校正