日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ミノマイシン顆粒2%の基本情報

一般名
製薬会社
薬価・規格
20円(20mg1g)
添付文書

基本情報

薬効分類
テトラサイクリン系抗菌薬

細菌の生命維持や増殖に必要なタンパク質合成を阻害し、細菌の増殖を抑えることで抗菌作用をあらわす薬

テトラサイクリン系抗菌薬
  • ビブラマイシン
  • ミノマイシン
  • アクロマイシンV
  • レダマイシン
効能・効果
  • 咽頭炎
  • オウム病
  • 化膿性唾液腺炎
  • 感染性口内炎
  • 急性気管支炎
  • 喉頭炎
  • 骨髄炎
  • 歯周組織炎
  • 猩紅熱
  • 炭疽
  • 中耳炎
  • 肺炎
  • 麦粒腫
  • 副鼻腔炎
  • 扁桃炎
  • 慢性膿皮症
  • リンパ管炎
  • リンパ節炎
  • 涙嚢炎
  • つつが虫病
  • 深在性皮膚感染症
  • 表在性皮膚感染症
  • 慢性呼吸器病変の二次感染
注意すべき副作用
悪心 、 下痢 、 腹痛 、 ショック 、 アナフィラキシー 、 不快感 、 口内異常感 、 喘鳴 、 眩暈 、 便意
用法・用量(主なもの)
  • 通常、小児には体重1kgあたり、本剤0.1〜0.2g(ミノサイクリン塩酸塩として2〜4mg(力価))を1日量として、12あるいは24時間ごとに粉末のまま経口投与する
    • なお、患者の年齢、症状などに応じて適宜増減する
  • 本剤は、用時水を加えてシロップ状にして用いることもできる
  • (用法及び用量に関連する注意)〈炭疽〉炭疽の発症及び進展抑制には、類薬であるドキシサイクリンについて米国疾病管理センター(CDC)が、60日間の投与を推奨している

副作用

主な副作用
悪心 、 下痢 、 腹痛 、 浮腫 、 過敏症 、 蕁麻疹 、 四肢浮腫 、 光線過敏症 、 皮膚色素沈着 、 爪色素沈着 、 粘膜色素沈着
重大な副作用
ショック 、 アナフィラキシー 、 不快感 、 口内異常感 、 喘鳴 、 眩暈 、 便意 、 耳鳴 、 発汗 、 全身潮紅 、 呼吸困難 、 血管浮腫 、 顔面浮腫 、 喉頭浮腫 、 意識障害 、 全身性紅斑性狼瘡様症状の増悪 、 紅斑 、 SLE様症状の増悪 、 結節性多発動脈炎 、 顕微鏡的多発血管炎 、 発熱 、 倦怠感 、 体重減少 、 関節痛 、 網状皮斑 、 しびれ 、 自己免疫性肝炎 、 抗核抗体陽性 、 中毒性表皮壊死融解症 、 Toxic Epidermal Necrolysis 、 TEN 、 皮膚粘膜眼症候群 、 Stevens−Johnson症候群 、 多形紅斑 、 剥脱性皮膚炎 、 そう痒感 、 眼充血 、 口内炎 、 薬剤性過敏症症候群 、 発疹 、 リンパ節腫脹 、 肝機能障害 、 臓器障害 、 白血球増加 、 好酸球増多 、 異型リンパ球出現 、 遅発性の重篤な過敏症状 、 ヒトヘルペスウイルス6再活性化 、 HHV−6再活性化 、 ウイルス再活性化 、 血液障害 、 汎血球減少 、 無顆粒球症 、 顆粒球減少 、 白血球減少 、 血小板減少 、 貧血 、 溶血性貧血 、 重篤な肝機能障害 、 肝不全 、 急性腎障害 、 間質性腎炎 、 間質性肺炎 、 PIE症候群 、 咳嗽 、 労作時息切れ 、 膵炎 、 精神神経障害 、 痙攣 、 出血性腸炎 、 偽膜性大腸炎 、 重篤な腸炎
上記以外の副作用
急性熱性好中球性皮膚症 、 めまい感 、 頭痛 、 しびれ感 、 AST上昇 、 ALT上昇 、 肝機能検査値異常 、 黄疸 、 食欲不振 、 舌炎 、 嘔吐 、 便秘 、 肛門周囲炎 、 味覚異常 、 胃腸障害 、 歯牙着色 、 舌変色 、 BUN上昇 、 菌交代症 、 感染症 、 ビタミンK欠乏症状 、 低プロトロンビン血症 、 出血傾向 、 ビタミンB群欠乏症状 、 神経炎 、 頭蓋内圧上昇 、 複視 、 うっ血乳頭 、 大泉門膨隆 、 聴覚障害

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 過敏症
  • 注意
    • 肝機能障害
    • 経口摂取の不良
    • 腎機能障害
    • 全身状態の悪い
    • 非経口栄養
患者の属性に応じた注意事項
  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 慎重投与
    • 高齢者
  • 注意
    • 授乳婦
    • 幼児・小児
  • 投与に際する指示
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 注意
    • 小児(0歳〜14歳)
    • 歯牙形成期にある8歳未満の小児(0歳〜7歳)

相互作用

薬剤との相互作用
薬剤名
影響
カルシウム経口剤
本剤の吸収が低下し効果が減弱
マグネシウム製剤経口剤
本剤の吸収が低下し効果が減弱
アルミニウム<服用>
本剤の吸収が低下し効果が減弱
ランタン<経口>
本剤の吸収が低下し効果が減弱
鉄剤<服用>
本剤の吸収が低下し効果が減弱
血液凝固阻止剤
血漿プロトロンビン活性を抑制
ワルファリンカリウム
血漿プロトロンビン活性を抑制
スルホニルウレア系薬剤
血糖降下作用が増強
グリクロピラミド
血糖降下作用が増強
グリベンクラミド
血糖降下作用が増強
グリメピリド
血糖降下作用が増強
メトトレキサート製剤
作用が増強
ポルフィマーナトリウム
光線過敏症
ジゴキシン<服用>
作用を増強し中毒症状
黄体・卵胞ホルモン混合製剤
効果の減弱
経口避妊薬
効果の減弱
黄体・卵胞ホルモン混合製剤
不正性器出血の発現率が増大
経口避妊薬
不正性器出血の発現率が増大
外用剤を除くビタミンA製剤
頭蓋内圧上昇
外用剤を除くパルミチン酸レチノール
頭蓋内圧上昇
外用剤を除くエトレチナート
頭蓋内圧上昇
外用剤を除くトレチノイン
頭蓋内圧上昇
飲食物との相互作用
  • アルミニウムを含むもの
  • カルシウムを含むもの<干しえび、バジル、煮干し、牛乳、乳製品 など>
  • ビタミンAを含むもの<レバー、あんこう、うなぎ、あゆ、海苔 など>
  • マグネシウムを含むもの<海苔、わかめ、バジル、昆布、ひじき など>
  • 鉄分を含むもの<バジル、海苔、あゆ、ひじき、あさり など>

処方理由

テトラサイクリン系抗菌薬
この薬をファーストチョイスする理由(2021年2月更新)
  • ・広範囲の細菌に適応で、1日2回服用でアドヒアランス良好。効果はまずまずで、一次感染にはよい。アモキシシリンの次の薬として使用することが多い。時にめまいを起こす例があるので注意する。(80歳以病院勤務医、一般内科)

  • ・ミノサイクリンはテトラサイクリン系抗菌薬を代表する抗菌薬と教育されてきましたし、その結果、テトラサイクリン系抗菌薬の中では断トツに使用経験があります。(60歳代その他、呼吸器内科)

  • ・副作用(消化器症状)が多いといわれているが、必ずしも該当しないと感じており、安くて古典的な本剤から使用することが多い。(50歳代病院勤務医、消化器外科)

  • ・この系統の薬は何剤も使い分けることはまずないので、内服、点滴どちらも使えるミノサイクリンを愛用しています。(50歳代開業医、一般内科)

  • ・8歳以上のマクロライド耐性マイコプラズマ感染症において最も重要な薬剤。実臨床においても重宝している。(50歳代病院勤務医、小児科)

テトラサイクリン系抗菌薬
この薬をファーストチョイスする理由(2019年6月更新)
  • ・非定型肺炎のときに使える静注製剤の代表がミノマイシンであることと、リケッチア感染症、特にツツガムシ病のときには特効薬として使うので、ほとんどミノマイシンしか使用したことがありません。MRSAにも抗菌力があるので、使うことがあります。(50歳代病院勤務医、血液内科)

  • ・副作用の頻度は少ない。また、作用機序が他の常用の抗生剤(セフェム系、ペニシリン系、ニューキノロン系、マクロライド系など)と大きく違うので、他が効かない時に効果増強を狙って追加する薬として重宝している。(60歳代病院勤務医、一般内科)

  • ・腎機能障害のある患者でも減量の必要がなく、スペクトラムも広く、比較的長期間の内服にも耐えられる。毛嚢炎に対する内服も効果的。古い薬ではあるが、伝家の宝刀的にとっておく薬剤である。(30歳代病院勤務医、腎臓内科)

  • ・昔から使っていて、困ったときにあと一手!という場面で使うことが多いです。幸い中等度以上の副作用に遭遇したことはありません。(30歳代病院勤務医、腎臓内科)

  • ・幅広い疾病に使える。頻回使用しなければそれほど耐性菌の心配をする必要もない。(50歳代診療所勤務医、一般内科)

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管炎・リンパ節炎、慢性膿皮症、骨髄炎、咽頭炎・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、涙嚢炎、麦粒腫、中耳炎、副鼻腔炎、化膿性唾液腺炎、歯周組織炎、感染性口内炎、猩紅熱、炭疽、つつが虫病、オウム病。
(効能又は効果に関連する注意)
〈咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、中耳炎、副鼻腔炎〉「抗微生物薬適正使用の手引き」を参照し、抗菌薬投与の必要性を判断した上で、本剤の投与が適切と判断される場合に投与すること。

用法・用量(添付文書全文)

通常、小児には体重1kgあたり、本剤0.1〜0.2g(ミノサイクリン塩酸塩として2〜4mg(力価))を1日量として、12あるいは24時間ごとに粉末のまま経口投与する。
なお、患者の年齢、症状などに応じて適宜増減する。
本剤は、用時水を加えてシロップ状にして用いることもできる。
(用法及び用量に関連する注意)
〈炭疽〉炭疽の発症及び進展抑制には、類薬であるドキシサイクリンについて米国疾病管理センター(CDC)が、60日間の投与を推奨している。

副作用(添付文書全文)

次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
11.1. 重大な副作用
11.1.1. ショック、アナフィラキシー(いずれも頻度不明):不快感、口内異常感、喘鳴、眩暈、便意、耳鳴、発汗、全身潮紅、呼吸困難、血管浮腫(顔面浮腫、喉頭浮腫等)、意識障害等の異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
11.1.2. 全身性紅斑性狼瘡様症状の増悪(SLE様症状の増悪)(頻度不明)。
11.1.3. 結節性多発動脈炎、顕微鏡的多発血管炎(いずれも頻度不明):発熱、倦怠感、体重減少、関節痛、網状皮斑、しびれ等の異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
11.1.4. 自己免疫性肝炎(頻度不明):長期投与例で、抗核抗体陽性となる自己免疫性肝炎があらわれることがある〔8.3参照〕。
11.1.5. 中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens−Johnson症候群)、多形紅斑、剥脱性皮膚炎(いずれも頻度不明):発熱、紅斑、そう痒感、眼充血、口内炎等の異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
11.1.6. 薬剤性過敏症症候群(頻度不明):初期症状として発疹、発熱がみられ、さらにリンパ節腫脹、肝機能障害等の臓器障害、白血球増加、好酸球増多、異型リンパ球出現等を伴う遅発性の重篤な過敏症状があらわれることがあるので、観察を十分に行い、このような症状があらわれた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと(なお、ヒトヘルペスウイルス6再活性化(HHV−6再活性化)等のウイルス再活性化を伴うことが多く、投与中止後も発疹、発熱、肝機能障害等の症状が再燃あるいは遷延化することがあるので注意すること)。
11.1.7. 血液障害(頻度不明):汎血球減少、無顆粒球症、顆粒球減少、白血球減少、血小板減少、貧血があらわれることがあり、また、注射用製剤で溶血性貧血があらわれることがある〔8.4参照〕。
11.1.8. 重篤な肝機能障害(頻度不明):肝不全等の重篤な肝機能障害があらわれることがあるので、特に投与初期は観察を十分に行うこと(投与開始1週間以内に出現することがある)。
11.1.9. 急性腎障害、間質性腎炎(いずれも頻度不明)〔8.5参照〕。
11.1.10. 呼吸困難、間質性肺炎、PIE症候群(いずれも頻度不明):発熱、咳嗽、労作時息切れ、呼吸困難等の異常が認められた場合には速やかに胸部X線検査等を実施し、間質性肺炎、PIE症候群が疑われる場合には投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと。
11.1.11. 膵炎(頻度不明)。
11.1.12. 精神神経障害(頻度不明):痙攣、意識障害等の精神神経障害があらわれることがある。
11.1.13. 出血性腸炎、偽膜性大腸炎(いずれも頻度不明):出血性腸炎、偽膜性大腸炎等の重篤な腸炎があらわれることがある。
11.2. その他の副作用
1). 過敏症:(1%未満)発疹、(頻度不明)発熱、蕁麻疹、浮腫(四肢浮腫、顔面浮腫)。
2). 皮膚:(頻度不明)光線過敏症、*色素沈着(*皮膚色素沈着・*爪色素沈着・*粘膜色素沈着)[*:長期投与における発現]、急性熱性好中球性皮膚症。
3). 精神神経系:(頻度不明)めまい感、頭痛、しびれ感。
4). 肝臓:(頻度不明)AST上昇、ALT上昇等肝機能検査値異常、黄疸。
5). 消化器:(1%以上)悪心、食欲不振、(1%未満)舌炎、下痢、嘔吐、腹痛、口内炎、(頻度不明)便秘、肛門周囲炎、味覚異常、胃腸障害、歯牙着色、舌変色。
6). 血液:(頻度不明)好酸球増多。
7). 腎臓:(頻度不明)BUN上昇。
8). 菌交代症:(頻度不明)菌交代症に基づく新しい感染症。
9). ビタミン欠乏症:(頻度不明)ビタミンK欠乏症状(低プロトロンビン血症、出血傾向等)、ビタミンB群欠乏症状(舌炎、口内炎、食欲不振、神経炎等)。
10). 頭蓋内圧上昇:(頻度不明)頭蓋内圧上昇に伴う症状(嘔吐、頭痛、複視、うっ血乳頭、大泉門膨隆等)。
11). 感覚器:(頻度不明)耳鳴、聴覚障害。
12). その他:(頻度不明)倦怠感、関節痛。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
テトラサイクリン系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者。
(重要な基本的注意)
8.1. 本剤の使用にあたっては、耐性菌の発現等を防ぐため、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめること。
8.2. めまい感があらわれることがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作及び高所での作業等に従事させないように注意すること。
8.3. 自己免疫性肝炎があらわれることがあるので、定期的に検査を行うなど観察を十分に行うこと〔11.1.4参照〕。
8.4. 血液障害があらわれることがあるので、定期的に検査を行うなど観察を十分に行うこと〔11.1.7参照〕。
8.5. 急性腎障害、間質性腎炎があらわれることがあるので、定期的に検査を行うなど観察を十分に行うこと〔11.1.9参照〕。
(特定の背景を有する患者に関する注意)
(合併症・既往歴等のある患者)
9.1.1. 経口摂取の不良な患者又は非経口栄養の患者、全身状態の悪い患者:観察を十分に行うこと(ビタミンK欠乏症状があらわれることがある)。
(腎機能障害患者)
腎機能障害患者:副作用が強くあらわれるおそれがある。
(肝機能障害患者)
肝機能障害患者:副作用が強くあらわれるおそれがある。
(妊婦)
妊婦又は妊娠している可能性のある女性には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること(胎児に一過性骨発育不全、歯牙着色・エナメル質形成不全を起こすことがあり、また、動物実験(ラット)で胎仔毒性が認められている)。
(授乳婦)
授乳しないことが望ましい(母乳中へ移行することが報告されている)。
(小児等)
他の薬剤が使用できないか、無効の場合にのみ適用を考慮すること(小児(特に歯牙形成期にある8歳未満の小児)に投与した場合、歯牙着色・エナメル質形成不全、また、一過性骨発育不全を起こすことがある)。
(高齢者)
次の点に注意し、用量並びに投与間隔に留意するなど患者の状態を観察しながら慎重に投与すること。
・ 生理機能が低下していることが多く副作用が発現しやすい。
・ ビタミンK欠乏による出血傾向があらわれることがある。
(相互作用)
10.2. 併用注意:
1). カルシウム<服用>、マグネシウム<服用>、アルミニウム<服用>、ランタン<服用>又は鉄剤<服用>[本剤の吸収が低下し効果が減弱されるおそれがあるので、両剤の服用間隔を2〜4時間とすること(本剤と二価又は三価の金属イオンが消化管内で難溶性のキレートを形成して、本剤の吸収を阻害する)]。
2). 抗凝血剤(ワルファリンカリウム等)[血漿プロトロンビン活性を抑制することがある(本剤による腸内細菌の減少が、ビタミンK合成を阻害し、抗凝血剤の作用を増強するほか、本剤がカルシウムイオンとキレート結合し、血漿プロトロンビン活性を抑制すると考えられている)]。
3). スルホニル尿素系血糖降下薬(グリクロピラミド、グリベンクラミド、グリメピリド等)[血糖降下作用が増強することがある(機序は不明であるが、スルホニル尿素系薬剤の血糖降下作用がオキシテトラサイクリン及びドキシサイクリンによって増強されるという報告がある)]。
4). メトトレキサート[メトトレキサートの作用が増強されることがある(本剤は血漿蛋白と結合しているメトトレキサートを競合的に置換遊離し、メトトレキサートの作用を増強させることが考えられる)]。
5). ポルフィマーナトリウム[光線過敏症を起こすおそれがあるので、直射日光、集中光等を避けること(皮膚の光感受性を高める薬剤との併用により、本剤による光線過敏症が増強されることが考えられる)]。
6). ジゴキシン<服用>[本剤がジゴキシンの作用を増強し中毒症状が発現することがあるので、併用時はジゴキシンの中毒症状に注意すること(本剤による腸内細菌の減少のため、腸内細菌によるジゴキシンの代謝が不活性化され、ジゴキシンの血中濃度が上昇すると考えられる)]。
7). 黄体・卵胞ホルモン配合剤(経口避妊剤)[黄体・卵胞ホルモン配合剤の効果の減弱化及び不正性器出血の発現率が増大するおそれがある(本剤による腸内細菌の減少のため、黄体・卵胞ホルモン配合剤の腸肝循環による再吸収が抑制されると考えられる)]。
8). 外用剤を除くビタミンA製剤、外用剤を除くレチノイド製剤(外用剤を除くビタミンA、外用剤を除くレチノールパルミチン酸エステル、外用剤を除くエトレチナート、外用剤を除くトレチノイン)[頭蓋内圧上昇があらわれることがある(本剤及びこれらの薬剤はそれぞれ頭蓋内圧上昇を起こすことがある)]。
(過量投与)
13.1. 症状
大量投与により肝障害(黄疸、脂肪肝等)があらわれることがある。
(適用上の注意)
14.1. 薬剤調製時の注意
本剤に水を加えてシロップ状に調製した場合には、直ちに服用することが望ましい。
(その他の注意)
15.1. 臨床使用に基づく情報
15.1.1. 本剤の投与により尿が黄褐〜茶褐色、緑、青に変色したという報告がある。
15.1.2. 本剤の投与により甲状腺が黒色になることがある。
15.1.3. 海外において、本剤投与中の患者に甲状腺癌が発現したとの報告があるが、本剤との因果関係は確立していない。
(取扱い上の注意)
20.1. 外箱開封後は遮光して保存すること。
20.2. 使用のつど必ず密栓して保存すること。
(保管上の注意)
室温保存。

処方薬事典は、日経メディカル Onlineが配信する医療・医薬関係者向けのコンテンツです。一般の方もご覧いただけますが、内容に関するご質問にはお答えできません。服用中の医薬品についてはかかりつけの医師や薬剤師にご相談ください。