日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ホスミシンドライシロップ200の基本情報

基本情報

薬効分類
ホスホマイシン系抗菌薬(内服薬・注射剤)

細菌の細胞壁を構成するペプチドグリカンという物質の生合成を初期段階で阻害することで抗菌作用をあらわす抗菌薬

ホスホマイシン系抗菌薬(内服薬・注射剤)
  • ホスミシン
効能・効果
  • 腎盂腎炎
  • 中耳炎
  • 麦粒腫
  • 副鼻腔炎
  • 膀胱炎
  • 瞼板腺炎
  • 涙嚢炎
  • 感染性腸炎
  • 深在性皮膚感染症
注意すべき副作用
下痢 、 発疹 、 軟便 、 腹痛 、 嘔気 、 嘔吐 、 蕁麻疹 、 偽膜性大腸炎 、 血便 、 重篤な大腸炎
用法・用量(主なもの)
  • 小児はホスホマイシンとして1日量40〜120mg(力価)/kgを3〜4回に分け経口投与する
    • なお、年齢、症状に応じて適宜増減する
  • 本剤の体重あたり投与法(例)1.体重5kg:1日投与量200〜600mg(力価)、本剤1〜3gを3〜4回に分けて投与
  • 2.体重10kg:1日投与量400〜1200mg(力価)、本剤2〜6gを3〜4回に分けて投与
  • 3.体重15kg:1日投与量600〜1800mg(力価)、本剤3〜9gを3〜4回に分けて投与
    • なお、年齢、症状に応じて適宜増減する

副作用

主な副作用
下痢 、 発疹 、 軟便 、 嘔気 、 嘔吐 、 蕁麻疹 、 AST上昇 、 ALT上昇 、 Al−P上昇 、 LDH上昇 、 肝機能異常
重大な副作用
腹痛 、 偽膜性大腸炎 、 血便 、 重篤な大腸炎 、 頻回の下痢
上記以外の副作用
食欲不振 、 浮腫 、 BUN上昇 、 皮膚そう痒感 、 好酸球増多 、 血小板減少 、 頭痛 、 耳鳴 、 眩暈 、 菌交代症 、 口内炎 、 ほてり 、 発赤 、 発熱 、 心悸亢進 、 倦怠感

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 慎重投与
    • 肝障害
患者の属性に応じた注意事項
  • 希望禁止
    • 妊婦・産婦
  • 注意
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

深在性皮膚感染症、膀胱炎、腎盂腎炎、感染性腸炎、涙嚢炎、麦粒腫、瞼板腺炎、中耳炎、副鼻腔炎。
<効能・効果に関連する使用上の注意>
感染性腸炎、副鼻腔炎への使用にあたっては、「抗微生物薬適正使用の手引き」を参照し、抗菌薬投与の必要性を判断した上で、本剤の投与が適切と判断される場合に投与する。

用法・用量(添付文書全文)

小児はホスホマイシンとして1日量40〜120mg(力価)/kgを3〜4回に分け経口投与する。なお、年齢、症状に応じて適宜増減する。
本剤の体重あたり投与法(例)
1.体重5kg:1日投与量200〜600mg(力価)、本剤1〜3gを3〜4回に分けて投与。
2.体重10kg:1日投与量400〜1200mg(力価)、本剤2〜6gを3〜4回に分けて投与。
3.体重15kg:1日投与量600〜1800mg(力価)、本剤3〜9gを3〜4回に分けて投与。
なお、年齢、症状に応じて適宜増減する。
<用法・用量に関連する使用上の注意>
本剤の使用にあたっては、耐性菌の発現等を防ぐため、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめる。

副作用(添付文書全文)

市販後使用成績調査の結果、全国664施設から総症例7,243例の臨床例が報告された。副作用発現症例数は176例(2.43%)であり、副作用発現件数は183件であった(再審査終了時)。
主な副作用は、消化管障害(下痢、腹痛、嘔気、嘔吐等)152例、皮膚・皮膚付属器障害(発疹、蕁麻疹等)14例、肝臓・胆管系障害(血清トランスアミナーゼ上昇等)10例であった。
1.重大な副作用
偽膜性大腸炎等の血便を伴う重篤な大腸炎(0.1%未満)が現れることがあるので、観察を十分に行い、腹痛、頻回の下痢が現れた場合には、直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。
2.その他の副作用
1).肝臓:(0.1%未満)AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、Al−P上昇、LDH上昇等の肝機能異常[観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止する]。
2).消化器:(0.1〜5%未満)下痢・軟便等、(0.1%未満)食欲不振、嘔気、嘔吐、腹痛等。
3).腎臓:(0.1%未満)浮腫、BUN上昇等。
4).皮膚:(0.1〜5%未満)発疹等、(0.1%未満)蕁麻疹、皮膚そう痒感等。
5).血液:(0.1%未満)好酸球増多、血小板減少等。
6).神経系:(0.1%未満)頭痛、耳鳴、眩暈等。
7).菌交代症:(0.1%未満)口内炎等。
8).その他:(0.1%未満)ほてり、発赤、発熱、心悸亢進、倦怠感等、(頻度不明)菌交代により非感受性のクレブシエラ・オキシトカが現れることがある。

使用上の注意(添付文書全文)

(慎重投与)
肝障害のある患者[肝障害が悪化する恐れがある]。
(高齢者への投与)
本剤は、主として腎臓から排泄されるが、高齢者では、一般に腎機能が低下しているので減量するなど注意する。
(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、投与しないことが望ましい[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。