日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

三和小柴胡湯エキス細粒基本情報

一般名:小柴胡湯エキス細粒

製薬会社:三和生薬

薬価・規格: 21.3円(1g) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

漢方製剤(概論)詳しく見る

  • 自然由来の生薬(しょうやく)から構成され、日本で独自に発展を遂げた伝統医学である漢方医学による治療などに使われる薬
漢方製剤(概論)の代表的な商品名
  • 葛根湯(カッコントウ):ツムラ葛根湯、クラシエ葛根湯など
  • 大建中湯(ダイケンチュウトウ):ツムラ大建中湯、コタロー大建中湯
  • 芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ):ツムラ芍薬甘草湯、クラシエ芍薬甘草湯など
  • 補中益気湯(ホチュウエッキトウ):ツムラ補中益気湯、クラシエ補中益気湯など
  • 六君子湯(リックンシトウ):ツムラ六君子湯、クラシエ六君子湯など
  • 抑肝散(ヨクカンサン):ツムラ抑肝散、オースギ抑肝散料など
  • 牛車腎気丸(ゴシャジンキガン):ツムラ牛車腎気丸
  • 加味逍遙散(カミショウヨウサン):ツムラ加味逍遙散、クラシエ加味逍遙散料など
  • 小青竜湯(ショウセイリュウトウ):ツムラ小青竜湯、クラシエ小青竜湯など
  • 麦門冬湯(バクモンドウトウ):ツムラ麦門冬湯、クラシエ麦門冬湯など

効能・効果詳しく見る

  • 慢性胃腸障害
  • 感冒
  • 気管支炎
  • 気管支喘息
  • リンパ腺炎
  • 肺炎
  • 慢性肝炎の肝機能障害の改善
  • 産後回復不全
  • 諸種の急性熱性病

注意すべき副作用詳しく見る

間質性肺炎発熱咳嗽呼吸困難肺音異常捻髪音偽アルドステロン症低カリウム血症血圧上昇ナトリウム貯留

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1日7.5gを3回に分割し、食前又は食間に経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 肝癌
    • 肝硬変
    • インターフェロン製剤投与中
    • 血小板数が10万/mm3以下

副作用

主な副作用

過敏症発疹そう痒蕁麻疹食欲不振胃部不快感悪心嘔吐腹痛下痢便秘

重大な副作用

間質性肺炎発熱咳嗽呼吸困難肺音異常捻髪音偽アルドステロン症低カリウム血症血圧上昇ナトリウム貯留体液貯留浮腫体重増加ミオパシー横紋筋融解症脱力感筋力低下筋肉痛四肢痙攣四肢麻痺CK上昇CPK上昇血中ミオグロビン上昇尿中ミオグロビン上昇肝機能障害黄疸著しいAST上昇著しいALT上昇著しいAl−P上昇著しいγ−GTP上昇

上記以外の副作用

頻尿排尿痛血尿残尿感膀胱炎

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 肝癌
    • 肝硬変
    • インターフェロン製剤投与中
    • 血小板数が10万/mm3以下
  • 慎重投与
    • 血小板数が15万/mm3以下

患者の属性に応じた注意事項

  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 慎重投与
    • 虚弱者(衰弱者を含む)
  • 注意
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
インターフェロン 間質性肺炎
インターフェロン−α製剤 間質性肺炎
インターフェロン−β 間質性肺炎
カンゾウ含有製剤 偽アルドステロン症
グリチルリチン製剤 偽アルドステロン症
ループ利尿剤 偽アルドステロン症
フロセミド 偽アルドステロン症
エタクリン酸 偽アルドステロン症
チアジド系薬剤 偽アルドステロン症
トリクロルメチアジド 偽アルドステロン症
カンゾウ含有製剤 低カリウム血症
グリチルリチン製剤 低カリウム血症
ループ利尿剤 低カリウム血症
フロセミド 低カリウム血症
エタクリン酸 低カリウム血症
チアジド系薬剤 低カリウム血症
トリクロルメチアジド 低カリウム血症
カンゾウ含有製剤 ミオパシー
グリチルリチン製剤 ミオパシー
ループ利尿剤 ミオパシー
フロセミド ミオパシー
エタクリン酸 ミオパシー
チアジド系薬剤 ミオパシー
トリクロルメチアジド ミオパシー

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.体力中等度で上腹部がはって苦しく、舌苔を生じ、口中不快、食欲不振、時により微熱、悪心などのあるものの次の諸症:諸種の急性熱性病、肺炎、気管支炎、気管支喘息、感冒、リンパ腺炎、慢性胃腸障害、産後回復不全。
    2.慢性肝炎における肝機能障害の改善。

    用法・用量(添付文書全文)

    1日7.5gを3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していないため、発現頻度は不明である。
    1.重大な副作用
    1).間質性肺炎:発熱、咳嗽、呼吸困難、肺音異常(捻髪音)等が現れた場合には、本剤の投与を中止し、速やかに胸部X線等の検査を実施するとともに副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行う。また、発熱、咳嗽、呼吸困難等が現れた場合には、本剤の服用を中止し、直ちに連絡するよう患者に対し注意を行う。
    2).偽アルドステロン症:低カリウム血症、血圧上昇、ナトリウム貯留・体液貯留、浮腫、体重増加等の偽アルドステロン症が現れることがあるので、観察(血清カリウム値の測定等)を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、カリウム剤の投与等の適切な処置を行う。
    3).ミオパシー:低カリウム血症の結果として、ミオパシー、横紋筋融解症が現れることがあるので、脱力感、筋力低下、筋肉痛、四肢痙攣・四肢麻痺、CK上昇(CPK上昇)、血中ミオグロビン上昇及び尿中ミオグロビン上昇が認められた場合には投与を中止し、カリウム剤の投与等の適切な処置を行う。
    4).肝機能障害、黄疸:著しいAST上昇(著しいGOT上昇)、著しいALT上昇(著しいGPT上昇)、著しいAl−P上昇、著しいγ−GTP上昇等を伴う肝機能障害、黄疸が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    2.その他の副作用(頻度不明)
    1).過敏症:発疹、そう痒、蕁麻疹等[このような症状が現れた場合には投与を中止する]。
    2).消化器:食欲不振、胃部不快感、悪心、嘔吐、腹痛、下痢、便秘等。
    3).泌尿器:頻尿、排尿痛、血尿、残尿感、膀胱炎等[このような症状が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う]。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (警告)
    1.本剤の投与により、間質性肺炎が起こり、早期に適切な処置を行わない場合、死亡等の重篤な転帰に至ることがあるので、患者の状態を十分観察し、発熱、咳嗽、呼吸困難、肺音異常(捻髪音)、胸部X線異常等が現れた場合には、直ちに本剤の投与を中止する。
    2.発熱、咳嗽、呼吸困難等が現れた場合には、本剤の服用を中止し、直ちに連絡するよう患者に対し注意を行う。
    (禁忌)
    1.インターフェロン製剤投与中の患者。
    2.肝硬変、肝癌の患者[間質性肺炎が起こり、死亡等の重篤な転帰に至ることがある]。
    3.慢性肝炎における肝機能障害で血小板数が10万/mm3以下の患者[肝硬変が疑われる]。
    (慎重投与)
    1.著しく体力の衰えている患者[副作用が現れやすくなり、その症状が増強される恐れがある]。
    2.慢性肝炎における肝機能障害で血小板数が15万/mm3以下の患者[肝硬変に移行している可能性がある]。
    (重要な基本的注意)
    1.慢性肝炎における肝機能障害で本剤を投与中は、血小板数の変化に注意し、血小板数減少が認められた場合には、投与を中止する。
    2.本剤の使用にあたっては、患者の証(体質・症状)を考慮して投与する。なお、経過を十分に観察し、症状・所見の改善が認められない場合には、継続投与を避ける。
    3.本剤にはカンゾウが含まれているので、血清カリウム値や血圧値等に十分留意し、異常が認められた場合には投与を中止する。
    4.他の漢方製剤等を併用する場合は、含有生薬の重複に注意する。
    (相互作用)
    1.併用禁忌:インターフェロン製剤(インターフェロン−α、インターフェロン−β)[間質性肺炎が現れることがある(機序は不明)]。
    2.併用注意:カンゾウ含有製剤、グリチルリチン酸及びその塩類を含有する製剤、ループ系利尿剤(フロセミド、エタクリン酸)、チアジド系利尿剤(トリクロルメチアジド)[偽アルドステロン症が現れやすくなり、また、低カリウム血症の結果として、ミオパシーが現れやすくなる(グリチルリチン酸及び利尿剤は尿細管でのカリウム排泄促進作用があるため、血清カリウム値の低下が促進されることが考えられる)]。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量する等注意する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    妊娠中の投与に関する安全性は確立していないので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する。
    (小児等への投与)
    小児等に対する安全性は確立していない[使用経験が少ない]。
    (保管上の注意)
    吸湿しやすいので、使用後は密栓し、直射日光を避け涼しいところに保管する。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 主訴便秘、腹部X線で見えた不透過像の正体 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」 FBシェア数:48
    2. 感染拡大中のA型肝炎を見逃すな トレンド◎食品媒介感染症が性感染症として流行 FBシェア数:162
    3. 開業医の転医義務が問われた2つの最高裁判決 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:18
    4. 炭水化物摂取率と死亡率の関係にU字カーブあり 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:382
    5. 実は身近に起きている「コレステロール塞栓症」 記者の眼 FBシェア数:37
    6. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:310
    7. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:1617
    8. 異常酵素の折りたたみを修正するシャペロン療法 トレンド◎ファブリー病に新機序の治療薬登場 FBシェア数:21
    9. 医療面談で役立つ「言葉」を身に付けよう 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか partII FBシェア数:43
    10. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:79
    医師と医学研究者におすすめの英文校正