日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ウチダのサンシシMの基本情報

一般名
製薬会社
薬価・規格
15.9円(10g)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 漢方処方の調剤
注意すべき副作用
腸間膜静脈硬化症 、 繰り返し腹痛 、 繰り返し下痢 、 繰り返し便秘 、 繰り返し腹部膨満 、 便潜血陽性
用法・用量(主なもの)
  • 漢方処方の調剤に用いる

副作用

重大な副作用
腸間膜静脈硬化症 、 繰り返し腹痛 、 繰り返し下痢 、 繰り返し便秘 、 繰り返し腹部膨満 、 便潜血陽性

注意事項

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

漢方処方の調剤に用いる。

用法・用量(添付文書全文)

漢方処方の調剤に用いる。

副作用(添付文書全文)

重大な副作用
腸間膜静脈硬化症:長期投与により、腸間膜静脈硬化症が現れることがある。繰り返し腹痛、繰り返し下痢、繰り返し便秘、繰り返し腹部膨満等が現れた場合、又は便潜血陽性になった場合には投与を中止し、CT、大腸内視鏡等の検査を実施するとともに、適切な処置を行う(なお、腸管切除術に至った症例も報告されている)。

使用上の注意(添付文書全文)

(重要な基本的注意)
1.本剤の使用にあたっては、漢方処方における患者の証(体質・症状)を考慮して投与する。なお、経過を十分に観察し、症状・所見の改善が認められない場合には、継続投与を避ける。
2.サンシシ含有製剤の長期投与(多くは5年以上)により、大腸の色調異常、大腸浮腫、大腸糜爛、大腸潰瘍、大腸狭窄を伴う腸間膜静脈硬化症が現れる恐れがあるので、長期投与する場合にあっては、定期的にCT、大腸内視鏡等の検査を行うことが望ましい。
3.漢方製剤等を併用する場合は、含有生薬の重複に注意する。
(取扱い上の注意)
1.天産物(生薬)の性質上吸湿しやすいものがあるので、保存には十分注意する。保存が悪いと、カビ、虫害等の発生する原因になることがある。
2.特に開封後は、湿気を避け、直射日光の当たらない涼しい場所に保管する。
3.本品には品質保持の目的で窒素ガス(不活性ガス)、脱酸素剤、乾燥剤等を生薬の特質に応じて封入しているので、脱酸素剤、乾燥剤等の場合は、一緒に煎じたり、食べたりしないよう注意する。
(保管上の注意)
日光を避け、湿気の少ない場所に保存する。

処方薬辞典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。