日経メディカルのロゴ画像

アレジオンドライシロップ1%の基本情報

先発品(後発品あり)

基本情報

薬効分類
抗ヒスタミン薬(内服薬・注射剤・貼付剤)

抗ヒスタミン作用(体内物質ヒスタミンの働きを抑える作用)によりアレルギー反応を抑え蕁麻疹、花粉症、喘息などによる皮膚の腫れや痒み、鼻づまり、咳などの症状を改善する薬

抗ヒスタミン薬(内服薬・注射剤・貼付剤)
  • アレジオン
  • アレグラ
  • アレロック
  • レスタミン
  • ポララミン
  • クラリチン
  • ザイザル
  • デザレックス
  • ビラノア
  • ルパフィン
効能・効果
  • アレルギー性鼻炎
  • 湿疹・皮膚炎のそう痒
  • 蕁麻疹
  • 皮膚疾患のそう痒
  • 皮膚そう痒症のそう痒
注意すべき副作用
眠気 、 苦味 、 嘔気 、 肝機能障害 、 黄疸 、 AST上昇 、 ALT上昇 、 γ−GTP上昇 、 Al−P上昇 、 LDH上昇
用法・用量(主なもの)
  • 1.アレルギー性鼻炎:小児には1日1回0.025〜0.05g/kg(エピナスチン塩酸塩として0.25〜0.5mg/kg)を用時溶解して経口投与する
    • なお、年齢・症状により適宜増減する
    • 但し、1日投与量はドライシロップとして2g(エピナスチン塩酸塩として20mg)を超えない
  • 年齢別の標準投与量は、次記の用量を1日量とし、1日1回用時溶解して経口投与する
  • 3歳以上7歳未満(標準体重14kg以上24kg未満):0.5〜1g(エピナスチン塩酸塩として5〜10mg)
  • 7歳以上(標準体重24kg以上):1〜2g(エピナスチン塩酸塩として10〜20mg)
  • 2.蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症)に伴うそう痒:小児には1日1回0.05g/kg(エピナスチン塩酸塩として0.5mg/kg)を用時溶解して経口投与する
    • なお、年齢・症状により適宜増減する
    • 但し、1日投与量はドライシロップとして2g(エピナスチン塩酸塩として20mg)を超えない
  • 年齢別の標準投与量は、次記の用量を1日量とし、1日1回用時溶解して経口投与する
  • 3歳以上7歳未満(標準体重14kg以上24kg未満):1g(エピナスチン塩酸塩として10mg)
  • 7歳以上(標準体重24kg以上):2g(エピナスチン塩酸塩として20mg)
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 授乳婦

副作用

主な副作用
眠気 、 苦味 、 過敏症 、 浮腫 、 手足浮腫 、 そう痒性紅斑 、 眩暈 、 不眠 、 悪夢 、 しびれ感 、 頭がボーッとした感じ
重大な副作用
嘔気 、 肝機能障害 、 黄疸 、 AST上昇 、 ALT上昇 、 γ−GTP上昇 、 Al−P上昇 、 LDH上昇 、 全身倦怠感 、 食欲不振 、 発熱 、 嘔吐 、 血小板減少
上記以外の副作用
幻覚 、 幻聴 、 胃部不快感 、 口渇 、 口内炎 、 胃重感 、 胃もたれ感 、 口唇乾燥感 、 腹部膨満感 、 呼吸困難 、 去痰困難 、 頻尿 、 血尿 、 膀胱炎様症状 、 尿閉 、 心悸亢進 、 白血球数増加 、 女性型乳房 、 乳房腫大 、 月経異常 、 ほてり 、 味覚低下 、 胸痛 、 蕁麻疹 、 倦怠感 、 顔面浮腫 、 発疹 、 かゆみ 、 頭痛 、 不快気分 、 腹痛 、 腹鳴 、 下痢 、 咽頭痛 、 便秘 、 鼻出血 、 鼻閉 、 肝機能異常 、 尿蛋白 、 BUN上昇 、 尿中赤血球陽性 、 尿中白血球陽性 、 白血球数減少 、 眼痛

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 過敏症
  • 慎重投与
    • 肝障害
    • フェニルケトン尿症
患者の属性に応じた注意事項
  • 原則禁止
    • 授乳婦
  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦

相互作用

処方理由

第二世代抗ヒスタミン薬
この薬をファーストチョイスする理由(2018年2月更新)
  • ・1日1回でいいこと、眠気が少ないことなどが気に入っています。(60歳代開業医、小児科)

  • ・点眼薬は、コンタクトレンズにも使用できるので処方しやすい。欠点としては若干効果が他の点眼薬に比べると弱く、つけた瞬間はかゆみが先行する点。(20歳代病院勤務医、眼科)

  • ・腎不全患者さんを見ているため、腎機能障害があっても安全に使用可能なロラタジンを汎用していたが、院内採用がデスロラタジンに変更となってしまった。デスロラタジンでは透析患者さんに対する投与量がはっきりしないため、最近ではエピナスチン(腎不全で減量不要)を出すようにしている。怪我の功名かもしれないが、エピナスチンの方がロラタジンの時よりも効果が良いように感じている。(30歳代病院勤務医、上記以外の内科系専門科)

  • ・点眼薬(コンタクトに、唯一使用可能)もあり、点眼と内服薬を同一薬剤で統一できるのは魅力。比較的、長時間作用が持続し、副作用(眠気等)も少ないが、効果はやや弱い印象があります。(60歳代開業医、一般内科)

  • ・後発品がある。1日1回。(30歳代診療所勤務医、総合診療科)

抗ヒスタミン薬
この薬をファーストチョイスする理由(2016年7月更新)
  • ・眠気も少なく、1日1回の内服で使いやすい。ただ、苦味が強いのが欠点です。(40歳代開業医、代謝・内分泌内科)

  • ・脳内移行が少なく、小児用剤型があるため。(50歳代病院勤務医、小児科)

  • ・効果の強さと持続時間の長さ、副作用の少なさから第一選択薬としている。(70歳以上開業医、小児科)

  • ・抗ヒスタミン効果に満足している。眠気を誘発するのは問題だが、就寝前の服用、服用量の調節で対応できている。(60歳代開業医、産科・婦人科)

第二世代抗ヒスタミン薬
この薬をファーストチョイスする理由(2015年1月更新)
  • ・眠気は気になりますが、比較的安価な印象を持っています。(40代開業医、総合診療科)

  • ・腎障害があっても減量しなくてよいから。(50代病院勤務医、内科系専門科)

  • ・痙攣を起こす子にも使用しやすい。(40代病院勤務医、小児科)

  • ・気管支喘息に適応があり、使用しやすい。(40代開業医、呼吸器内科)

  • ・併用不可の薬剤がない。(60代病院勤務医、耳鼻咽喉科)

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症)に伴うそう痒。

用法・用量(添付文書全文)

1.アレルギー性鼻炎:小児には1日1回0.025〜0.05g/kg(エピナスチン塩酸塩として0.25〜0.5mg/kg)を用時溶解して経口投与する。なお、年齢・症状により適宜増減する。但し、1日投与量はドライシロップとして2g(エピナスチン塩酸塩として20mg)を超えない。年齢別の標準投与量は、次記の用量を1日量とし、1日1回用時溶解して経口投与する。
3歳以上7歳未満(標準体重14kg以上24kg未満):0.5〜1g(エピナスチン塩酸塩として5〜10mg)。
7歳以上(標準体重24kg以上):1〜2g(エピナスチン塩酸塩として10〜20mg)。
2.蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症)に伴うそう痒:小児には1日1回0.05g/kg(エピナスチン塩酸塩として0.5mg/kg)を用時溶解して経口投与する。なお、年齢・症状により適宜増減する。但し、1日投与量はドライシロップとして2g(エピナスチン塩酸塩として20mg)を超えない。年齢別の標準投与量は、次記の用量を1日量とし、1日1回用時溶解して経口投与する。
3歳以上7歳未満(標準体重14kg以上24kg未満):1g(エピナスチン塩酸塩として10mg)。
7歳以上(標準体重24kg以上):2g(エピナスチン塩酸塩として20mg)。

副作用(添付文書全文)

臨床試験での調査例519例中副作用が報告された症例は39例(7.51%)であった。主な副作用は眠気15件(2.89%)等であった。
使用成績調査ならびに特定使用成績調査(小児蕁麻疹を有する患者に対する調査)での調査例3,328例中副作用が報告された症例は28例(0.84%)であった。主な副作用は眠気3件(0.09%)、苦味3件(0.09%)、嘔気3件(0.09%)等であった。15歳未満の安全性集計対象は3,306例であり、年齢区分別の副作用発現頻度は、1歳未満で42例中0例(0.00%)、1歳以上2歳未満で94例中1例(1.06%)、2歳以上3歳未満で158例中2例(1.27%)、3歳以上8歳未満で2,399例中15例(0.63%)、8歳以上15歳未満が613例中10例(1.63%)であった(再審査終了時)。
1.重大な副作用
1).肝機能障害、黄疸(頻度不明):AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、γ−GTP上昇、Al−P上昇、LDH上昇等の肝機能障害(初期症状:全身倦怠感、食欲不振、発熱、嘔気・嘔吐等)、黄疸が現れることがあるので、観察を十分に行い異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。
2).血小板減少(頻度不明):血小板減少が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行う。
2.その他の副作用:次のような副作用が現れた場合には、症状に応じて適切な処置を行う。
1).過敏症:(0.1%未満)顔面浮腫、発疹、蕁麻疹、かゆみ、(頻度不明)浮腫(手足浮腫等)、そう痒性紅斑[発現した場合には、投与を中止し、適切な処置を行う]。
2).精神神経系:(0.1%以上)眠気、(0.1%未満)頭痛、倦怠感、不快気分、(頻度不明)眩暈、不眠、悪夢、しびれ感、頭がボーッとした感じ、幻覚、幻聴。
3).消化器:(0.1%以上)嘔気、(0.1%未満)腹痛、腹鳴、下痢、咽頭痛、嘔吐、便秘、(頻度不明)胃部不快感、口渇、口内炎、食欲不振、胃重感、胃もたれ感、口唇乾燥感、腹部膨満感。
4).呼吸器:(0.1%未満)鼻出血、鼻閉、(頻度不明)呼吸困難、去痰困難。
5).肝臓:(0.1%未満)肝機能異常、ALT上昇(GPT上昇)。
6).腎臓:(0.1%未満)尿蛋白、BUN上昇、尿中赤血球陽性、尿中白血球陽性。
7).泌尿器:(頻度不明)頻尿、血尿等の膀胱炎様症状、尿閉[観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止するなど、適切な処置を行う]。
8).循環器:(頻度不明)心悸亢進。
9).血液:(0.1%未満)白血球数減少、(頻度不明)血小板減少、白血球数増加[観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止するなど、適切な処置を行う]。
10).眼:(0.1%未満)眼痛。
11).その他:(0.1%以上)苦味、(頻度不明)女性型乳房、乳房腫大、月経異常、ほてり、味覚低下、胸痛。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
(慎重投与)
1.肝障害又はその既往歴のある患者[肝障害が悪化又は再燃することがある]。
2.フェニルケトン尿症の患者[本剤は1g中100mgのアスパルテーム(L−フェニルアラニン化合物)を含有する]。
(重要な基本的注意)
1.眠気を催すことがあるので、本剤投与中の患者には危険を伴う機械の操作に注意させる(また、保護者に対しても注意を与える)。
2.本剤を季節性の患者に投与する場合は、好発季節を考えて、その直前から投与を開始し、好発季節終了時まで続けることが望ましい。
3.本剤の使用により効果が認められない場合には、漫然と長期にわたり投与しないように注意する。
(高齢者への投与)
高齢者では肝・腎機能が低下していることが多く、吸収された本剤は主として腎臓から排泄されることから、定期的に副作用・臨床症状(発疹、口渇、胃部不快感等)の観察を行い、異常が認められた場合には、減量又は休薬するなど適切な処置を行う。
(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない(また、妊娠前及び妊娠初期試験(ラット)では受胎率低下が、器官形成期試験(ウサギ)では胎仔致死作用が、いずれも高用量で認められている)]。
2.授乳中の婦人に投与することを避け、やむを得ず投与する場合には授乳を中止させる[動物実験(ラット)で母乳中へ移行することが報告されている]。
(小児等への投与)
1.低出生体重児、新生児、乳児に対する安全性は確立していない[低出生体重児、新生児には使用経験がなく、乳児には使用経験は少ない]。
2.小児気管支喘息に対する本剤の有効性及び安全性は確立していない。
(適用上の注意)
1.調製時:本剤は用時調製の製剤であるので、調製後の保存は避け、水に溶かした後は速やかに使用する(やむを得ず保存を必要とする場合は、冷蔵庫内に保存し、できるかぎり速やかに使用する)。
2.配合変化:本剤は、他剤と配合した場合に、本剤の含量低下等の変化が認められているので、原則として他剤との配合は行わない。
(その他の注意)
成人に錠剤を空腹時投与した場合は食後投与よりも血中濃度が高くなることが報告されている(アレルギー性鼻炎患児に対しては就寝前投与、湿疹・皮膚炎の代表的疾患であるアトピー性皮膚炎患児に対しては朝食後投与で有効性、安全性が確認されている)。
(保管上の注意)
遮光、開封後湿気に注意。

処方薬辞典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。