日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ベンゾダイン注の基本情報

先発品(後発品なし)
一般名
製薬会社
薬価・規格
3518円(10MBq)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 部分てんかんのてんかん焦点の診断
注意すべき副作用
尿pH上昇 、 嗅覚錯誤 、 息詰まり感 、 乏尿 、 尿意切迫 、 尿潜血 、 白血球数減少 、 好酸球百分率増加 、 好中球百分率増加 、 好中球百分率減少
用法・用量(主なもの)
  • 通常、成人には本剤167MBqを静脈内投与し、投与後約3時間に頭部のシンチグラムを得る
  • 投与量は、年齢、体重により適宜増減するが、最大222MBqまでとする

副作用

主な副作用
尿pH上昇 、 嗅覚錯誤 、 息詰まり感 、 乏尿 、 尿意切迫 、 尿潜血 、 白血球数減少 、 好酸球百分率増加 、 好中球百分率増加 、 好中球百分率減少 、 リンパ球百分率減少
上記以外の副作用
疼痛 、 注射部位疼痛 、 ほてり 、 筋攣縮 、 血中カリウム増加 、 血中カルシウム減少 、 血清総蛋白減少 、 過敏症 、 注射部位紅斑 、 AST上昇 、 ALT上昇 、 Al−P上昇 、 γ−GTP上昇 、 LDH上昇 、 白血球数増加 、 好塩基球百分率増加 、 血中尿酸増加 、 尿糖陽性

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 注意
    • 重篤な肝機能障害
    • 重篤な腎機能障害
    • 排尿障害
患者の属性に応じた注意事項
  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 慎重投与
    • 高齢者
  • 注意
    • 授乳婦
    • 新生児(低出生体重児を含む)
    • 乳児
    • 幼児・小児
年齢や性別に応じた注意事項
  • 注意
    • 小児等(0歳〜14歳)

相互作用

薬剤との相互作用
薬剤名
影響
ベンゾジアゼピン系化合物
画像が劣化

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

外科的治療が考慮される部分てんかん患者におけるてんかん焦点の診断。

用法・用量(添付文書全文)

通常、成人には本剤167MBqを静脈内投与し、投与後約3時間に頭部のシンチグラムを得る。
投与量は、年齢、体重により適宜増減するが、最大222MBqまでとする。

副作用(添付文書全文)

次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
11.2. その他の副作用
1). 過敏症:(頻度不明)注射部位紅斑。
2). 呼吸器:(1〜5%未満)息詰まり感。
3). 肝臓:(頻度不明)AST上昇、ALT上昇、Al−P上昇、γ−GTP上昇、LDH上昇。
4). 腎臓:(5%以上)尿pH上昇、(1〜5%未満)乏尿、尿意切迫、尿潜血。
5). 血液:(1〜5%未満)白血球数減少、好酸球百分率増加、好中球百分率増加又は好中球百分率減少、リンパ球百分率減少、(頻度不明)白血球数増加、好塩基球百分率増加。
6). その他:(5%以上)嗅覚錯誤、(1〜5%未満)疼痛(注射部位疼痛等)、ほてり、筋攣縮、血中カリウム増加、血中カルシウム減少、血清総蛋白減少、(頻度不明)血中尿酸増加、尿糖陽性。

使用上の注意(添付文書全文)

(重要な基本的注意)
診断上の有益性が被曝による不利益を上回ると判断される場合にのみ投与することとし、投与量は最小限度にとどめること。
(特定の背景を有する患者に関する注意)
(合併症・既往歴等のある患者)
9.1.1. 排尿障害のある患者:膀胱部の被曝が増加することがある〔16.3.2参照〕。
(腎機能障害患者)
9.2.1. 重篤な腎機能障害のある患者:血中に滞留することがある〔16.5参照〕。
(肝機能障害患者)
9.3.1. 重篤な肝機能障害のある患者:血中に滞留することがある〔16.4参照〕。
(妊婦)
妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、診断上の有益性が被曝による不利益を上回ると判断される場合にのみ投与すること。
(授乳婦)
診断上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討すること(動物実験(ラット)で乳汁移行性が認められている)。
(小児等)
小児等を対象とした臨床試験は実施していない。
(高齢者)
患者の状態を十分に観察しながら慎重に投与すること(一般に生理機能が低下している)。
(相互作用)
10.2. 併用注意:
ベンゾジアゼピン系薬剤[画像が劣化する原因となる可能性があるので、可能であれば投与前数日間ベンゾジアゼピン系薬剤の休薬を行うこと(本剤の脳内薬物動態が影響を受ける場合がある)]。
(適用上の注意)
14.1. 薬剤投与時の注意
本剤を投与するにあたっては、放射性ヨウ素が甲状腺に摂取されることを防止するため、投与前から試験後も数日無機ヨウ素1日20mg以上を投与し、甲状腺ヨウ素摂取能を抑制しておくことが望ましい。ただし、無機ヨウ素の投与に際しては、ヨウ素過敏症の患者が禁忌とされているため、使用するヨウ素製剤の添付文書に従うこと。
14.2. 診断上の注意
本剤SPECT像によるてんかん焦点の診断は、患者背景及びその他の検査等の情報も併せて実施すること。
(取扱い上の注意)
本剤は、医療法その他の放射線防護に関する法令、関連する告示及び通知等を遵守し、適正に使用すること。
(保管上の注意)
室温保存。

処方薬事典は、日経メディカル Onlineが配信する医療・医薬関係者向けのコンテンツです。一般の方もご覧いただけますが、内容に関するご質問にはお答えできません。服用中の医薬品についてはかかりつけの医師や薬剤師にご相談ください。