日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

マイオビュー「注射用」の基本情報

先発品(後発品なし)

基本情報

効能・効果
  • 心機能の診断
  • 心臓疾患の診断
注意すべき副作用
過敏症 、 発疹 、 嘔吐 、 血圧低下 、 潮紅 、 熱感 、 口内灼熱感 、 金属味 、 動悸 、 口内異常感
用法・用量(主なもの)
  • 1.テトロホスミンテクネチウム(99mTc)注射液の調製:本品に日局過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)注射液2〜8mLを加え、静かに振盪した後、常温で15分間以上放置し、テトロホスミンテクネチウム(99mTc)注射液を調製する
  • 2.心筋シンチグラフィ:テトロホスミンテクネチウム(99mTc)注射液185〜740MBqを静脈内に投与し、投与後10分以降に、被検部に検出器を向け、撮像若しくはデータ収集及び処理を行い、心筋シンチグラムを得る
    • なお、投与量は、年齢、体重、検査方法により、適宜増減する
  • 3.初回循環時法:テトロホスミンテクネチウム(99mTc)注射液370〜740MBqを静脈内に急速に投与し、投与直後よりデータを収集し、心RIアンジオグラムを得る
  • 必要に応じ、収集したデータより、左室駆出分画等を算出する
    • なお、投与量は、年齢、体重、検査方法により、適宜増減する
禁忌・原則禁忌
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 妊婦・産婦
    • 授乳婦

副作用

主な副作用
過敏症 、 発疹 、 嘔吐 、 血圧低下 、 潮紅 、 熱感 、 口内灼熱感 、 金属味 、 動悸 、 口内異常感 、 嗅覚錯誤

注意事項

患者の属性に応じた注意事項
  • 原則禁止
    • 妊婦・産婦
    • 授乳婦
  • 慎重投与
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

1.心筋シンチグラフィによる心臓疾患の診断。
2.初回循環時法による心機能の診断。

用法・用量(添付文書全文)

1.テトロホスミンテクネチウム(99mTc)注射液の調製:本品に日局過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)注射液2〜8mLを加え、静かに振盪した後、常温で15分間以上放置し、テトロホスミンテクネチウム(99mTc)注射液を調製する。
2.心筋シンチグラフィ:テトロホスミンテクネチウム(99mTc)注射液185〜740MBqを静脈内に投与し、投与後10分以降に、被検部に検出器を向け、撮像若しくはデータ収集及び処理を行い、心筋シンチグラムを得る。なお、投与量は、年齢、体重、検査方法により、適宜増減する。
3.初回循環時法:テトロホスミンテクネチウム(99mTc)注射液370〜740MBqを静脈内に急速に投与し、投与直後よりデータを収集し、心RIアンジオグラムを得る。必要に応じ、収集したデータより、左室駆出分画等を算出する。なお、投与量は、年齢、体重、検査方法により、適宜増減する。

副作用(添付文書全文)

マイオビュー「注射用」の国内における臨床試験(410例)において副作用が認められた例はなかった。マイオビュー「注射用」及びマイオビュー注シリンジの使用成績調査(4,789例)において金属味が4件(0.08%)、動悸、口内異常感、嗅覚錯誤が各1件(各0.02%)報告された(再審査終了時)。
その他の副作用
1.過敏症:(頻度不明)発疹。
2.消化器:(頻度不明)嘔吐。
3.循環器:(頻度不明)血圧低下。
4.その他:(頻度不明)潮紅、熱感、口内灼熱感、(0.1%未満)金属味、動悸、口内異常感、嗅覚錯誤。

使用上の注意(添付文書全文)

(重要な基本的注意)
診断上の有益性が被曝による不利益を上回ると判断される場合にのみ投与することとし、投与量は最少限度にとどめる。
(高齢者への投与)
一般に高齢者では生理機能が低下しているので、患者の状態を十分に観察しながら慎重に投与する。
(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の婦人には、原則として投与しないことが望ましいが、診断上の有益性が被曝による不利益を上回ると判断される場合にのみ投与する。
(小児等への投与)
小児等に対する安全性は確立していない(現在までのところ、十分な臨床成績が得られていない)。
(適用上の注意)
本品は用時調製する。
1.(調製時):調製時の酸素不足により極めてまれに標識不良が起こることが報告されているので、調製は次のように行う;テクネチウム−99mとして555MBq/mLを超えない濃度の日局過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)注射液を入れた注射筒を準備する。通気針をバイアルゴム栓に刺した後、過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)注射液を必要量加え、そのままプランジャーを引いてバイアル内のガス2mLを抜き取ることにより通気針から無菌空気を導入する。
2.(調製後):調製後は6時間以内に使用する。
(取扱い上の注意)
1.調製中の術者への被曝を軽減するため、調製は注意深く、かつ迅速に行う。
2.調製液を保存する場合は、常温で遮光する。
(保管上の注意)
2〜8℃、遮光保存。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。