日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

カーディオライト第一の基本情報

先発品(後発品なし)

基本情報

効能・効果
  • 心機能の診断
  • 心臓疾患の診断
  • 副甲状腺機能亢進症の局在診断
注意すべき副作用
口内苦味感 、 金属臭 、 頭痛 、 発熱 、 ショック 、 アナフィラキシー 、 血管浮腫 、 呼吸困難 、 過敏症 、 蕁麻疹
用法・用量(主なもの)
  • 〈ヘキサキス(2−メトキシイソブチルイソニトリル)テクネチウム(99mTc)注射液の調製〉本品に、日局「過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)注射液」185〜740MBq(1〜3mL)を加えて振り混ぜ、95〜99℃で15分間加熱した後、室温で15分間放冷する
  • 〈心筋血流シンチグラフィによる心臓疾患の診断〉通常、成人には、調製後の本品370〜555MBqを静脈より投与し、30分以降にガンマカメラを用いて心筋血流シンチグラムを得る
  • または、心電図に同期させてデータ収集を行い、心筋血流シンチグラムを得る
    • なお、投与量は、年齢、体重及び検査方法によりそれぞれ適宜増減する
  • 〈初回循環時法による心機能の診断〉通常、成人には、調製後の本品740MBqを肘静脈より急速に投与し、直後より心RIアンギオグラムを得る
  • 必要に応じ、収集したデータより駆出分画を算出する
    • また、心電図に同期させてデータ収集を行い、拡張末期像及び収縮末期像を得る
    • なお、投与量は、年齢、体重及び検査方法によりそれぞれ適宜増減する
  • 〈副甲状腺シンチグラフィによる副甲状腺機能亢進症における局在診断〉・ ダブルフェーズ法通常、成人には、調製後の本品370〜740MBqを静脈より投与し、投与後5〜15分(初期像)及び投与後2〜3時間(後期像)に頸部及び胸部を撮像してシンチグラムを得る
  • 必要に応じて断層像を追加する
  • ・ サブトラクション法過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)又はヨウ化ナトリウム(123I)による甲状腺シンチグラフィを実施後、通常、成人には、調製後の本品185〜600MBqを静脈より投与し、その10分後に撮像する
  • 必要に応じて断層像を追加する
    • なお、投与量は、年齢、体重及び検査方法によりそれぞれ適宜増減する
  • (用法及び用量に関連する注意)〈心筋血流シンチグラフィによる心臓疾患の診断、初回循環時法による心機能の診断〉初回循環時法及び心筋血流シンチグラフィをともに行う必要のある患者においては、初回循環時法を行った後、本品投与30分以降に心筋血流シンチグラフィを併せて行うことができる
  • 〈副甲状腺シンチグラフィによる副甲状腺機能亢進症における局在診断〉サブトラクション法実施時の甲状腺シンチグラフィは、過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)又はヨウ化ナトリウム(123I)の添付文書を参照の上、次の要領で実施する
  • ・ 過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)を用いる場合:通常、成人には、日局「過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)注射液」74〜370MBqを静脈より投与し、頸部及び胸部の像を30分後に撮像する
  • ・ ヨウ化ナトリウム(123I)を用いる場合:通常、成人には、日局「ヨウ化ナトリウム(123I)カプセル」3.7〜7.4MBqを経口投与し、頸部及び胸部の像を4時間後に撮像する

副作用

主な副作用
口内苦味感 、 金属臭 、 頭痛 、 発熱 、 過敏症 、 蕁麻疹 、 そう痒感 、 顔面紅潮 、 発疹 、 ST変化 、 徐脈
重大な副作用
ショック 、 アナフィラキシー 、 血管浮腫 、 呼吸困難
上記以外の副作用
嘔吐 、 嘔気 、 悪心 、 血管痛 、 全身熱感 、 浮揚感 、 口渇 、 けいれん 、 意識消失 、 胸痛

注意事項

患者の属性に応じた注意事項
  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 慎重投与
    • 高齢者
  • 注意
    • 授乳婦
    • 新生児(低出生体重児を含む)
    • 乳児
    • 幼児・小児
年齢や性別に応じた注意事項
  • 注意
    • 小児等(0歳〜14歳)

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

1). 心筋血流シンチグラフィによる心臓疾患の診断。
2). 初回循環時法による心機能の診断。
3). 副甲状腺シンチグラフィによる副甲状腺機能亢進症における局在診断。

用法・用量(添付文書全文)

〈ヘキサキス(2−メトキシイソブチルイソニトリル)テクネチウム(99mTc)注射液の調製〉
本品に、日局「過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)注射液」185〜740MBq(1〜3mL)を加えて振り混ぜ、95〜99℃で15分間加熱した後、室温で15分間放冷する。
〈心筋血流シンチグラフィによる心臓疾患の診断〉
通常、成人には、調製後の本品370〜555MBqを静脈より投与し、30分以降にガンマカメラを用いて心筋血流シンチグラムを得る。または、心電図に同期させてデータ収集を行い、心筋血流シンチグラムを得る。
なお、投与量は、年齢、体重及び検査方法によりそれぞれ適宜増減する。
〈初回循環時法による心機能の診断〉
通常、成人には、調製後の本品740MBqを肘静脈より急速に投与し、直後より心RIアンギオグラムを得る。必要に応じ、収集したデータより駆出分画を算出する。また、心電図に同期させてデータ収集を行い、拡張末期像及び収縮末期像を得る。
なお、投与量は、年齢、体重及び検査方法によりそれぞれ適宜増減する。
〈副甲状腺シンチグラフィによる副甲状腺機能亢進症における局在診断〉
・ ダブルフェーズ法
通常、成人には、調製後の本品370〜740MBqを静脈より投与し、投与後5〜15分(初期像)及び投与後2〜3時間(後期像)に頸部及び胸部を撮像してシンチグラムを得る。必要に応じて断層像を追加する。
・ サブトラクション法
過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)又はヨウ化ナトリウム(123I)による甲状腺シンチグラフィを実施後、通常、成人には、調製後の本品185〜600MBqを静脈より投与し、その10分後に撮像する。必要に応じて断層像を追加する。
なお、投与量は、年齢、体重及び検査方法によりそれぞれ適宜増減する。
(用法及び用量に関連する注意)
〈心筋血流シンチグラフィによる心臓疾患の診断、初回循環時法による心機能の診断〉初回循環時法及び心筋血流シンチグラフィをともに行う必要のある患者においては、初回循環時法を行った後、本品投与30分以降に心筋血流シンチグラフィを併せて行うことができる。
〈副甲状腺シンチグラフィによる副甲状腺機能亢進症における局在診断〉サブトラクション法実施時の甲状腺シンチグラフィは、過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)又はヨウ化ナトリウム(123I)の添付文書を参照の上、次の要領で実施する。
・ 過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)を用いる場合:通常、成人には、日局「過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)注射液」74〜370MBqを静脈より投与し、頸部及び胸部の像を30分後に撮像する。
・ ヨウ化ナトリウム(123I)を用いる場合:通常、成人には、日局「ヨウ化ナトリウム(123I)カプセル」3.7〜7.4MBqを経口投与し、頸部及び胸部の像を4時間後に撮像する。

副作用(添付文書全文)

次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には適切な処置を行うこと。
11.1. 重大な副作用
11.1.1. ショック、アナフィラキシー(いずれも頻度不明):ショック及び血管浮腫、呼吸困難等のアナフィラキシーがあらわれることがある。
11.2. その他の副作用
1). 過敏症:(頻度不明)蕁麻疹、そう痒感、顔面紅潮、発疹。
2). 循環器:(頻度不明)ST変化、徐脈。
3). 精神神経系:(1%以上)口内苦味感や金属臭(64.1%)。
4). 消化器:(頻度不明)嘔吐、嘔気、悪心。
5). その他:(0.1〜1%未満)頭痛、発熱、(頻度不明)血管痛、全身熱感、浮揚感、口渇、けいれん、意識消失、胸痛。

使用上の注意(添付文書全文)

(重要な基本的注意)
診断上の有益性が被曝による不利益を上回ると判断される場合にのみ投与することとし、投与量は最小限度にとどめること。
(特定の背景を有する患者に関する注意)
(妊婦)
妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、診断上の有益性が被曝による不利益を上回ると判断される場合にのみ投与すること。
(授乳婦)
診断上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討すること。
(小児等)
小児等を対象とした臨床試験は実施していない。
(高齢者)
患者の状態を十分に観察しながら慎重に投与すること(一般に生理機能が低下している)。
(適用上の注意)
14.1. 薬剤調製時の注意
14.1.1. 〈効能共通〉本品の調製は無菌的に行い、また適当な鉛容器で遮蔽して行うこと。
14.1.2. 〈効能共通〉本品の調製の際、バイアル内に空気を入れないこと、またバイアル内を陽圧にしないこと。
14.1.3. 〈効能共通〉調製後は、放射線を安全に遮蔽できる貯蔵設備(貯蔵箱)に保存すること。
14.2. 診断上の注意
〈副甲状腺シンチグラフィによる副甲状腺機能亢進症における局在診断〉本品による副甲状腺シンチグラフィは、多腺性疾患において全ての病的副甲状腺を検出する能力には限界があることが知られている。
(保管上の注意)
室温保存。

処方薬事典は、日経メディカル Onlineが配信する医療・医薬関係者向けのコンテンツです。一般の方もご覧いただけますが、内容に関するご質問にはお答えできません。服用中の医薬品についてはかかりつけの医師や薬剤師にご相談ください。