日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

スズコロイドTc−99m注の基本情報

先発品(後発品なし)

基本情報

効能・効果
  • 悪性黒色腫のセンチネルリンパ節の同定
  • 悪性黒色腫のリンパシンチグラフィ
  • 肝疾患の診断
  • 脾疾患の診断
  • 乳癌のセンチネルリンパ節の同定
  • 乳癌のリンパシンチグラフィ
用法・用量(主なもの)
  • 1.肝脾シンチグラフィ:テクネチウム−99mとして37〜111MBqを肘静脈に注射し、15〜30分後に、被検部をシンチレーションカメラ又はシンチレーションスキャンナで撮影又は走査することにより、肝脾シンチグラムをとる
  • 年齢、体重により適宜増減する
  • 2.センチネルリンパ節の同定及びリンパシンチグラフィ:テクネチウム−99mとして37〜111MBqを悪性腫瘍近傍の皮下又は皮内に適宜分割して投与し、2時間以降にガンマ線検出用のプローブで被検部を走査することにより、センチネルリンパ節を同定する
    • また、必要に応じシンチレーションカメラで被検部を撮像することによりリンパシンチグラムをとる
  • 投与から検査実施までの時間等により適宜増減する
禁忌・原則禁忌
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 妊婦・産婦
    • 授乳婦

副作用

注意事項

患者の属性に応じた注意事項
  • 原則禁止
    • 妊婦・産婦
    • 授乳婦
  • 慎重投与
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

1.肝脾シンチグラムによる肝疾患・脾疾患の診断。
2.次の疾患におけるセンチネルリンパ節の同定及びリンパシンチグラフィ:乳癌、悪性黒色腫。
<効能又は効果に関連する使用上の注意>
本剤を用いたセンチネルリンパ節生検は、本検査法に十分な知識と経験を有する医師のもとで、実施が適切と判断される症例において実施し、なお、症例の選択にあたっては、最新の関連ガイドライン等を参照し、適応となる腫瘍径や部位等について十分な検討を行う。

用法・用量(添付文書全文)

1.肝脾シンチグラフィ:テクネチウム−99mとして37〜111MBqを肘静脈に注射し、15〜30分後に、被検部をシンチレーションカメラ又はシンチレーションスキャンナで撮影又は走査することにより、肝脾シンチグラムをとる。年齢、体重により適宜増減する。
2.センチネルリンパ節の同定及びリンパシンチグラフィ:テクネチウム−99mとして37〜111MBqを悪性腫瘍近傍の皮下又は皮内に適宜分割して投与し、2時間以降にガンマ線検出用のプローブで被検部を走査することにより、センチネルリンパ節を同定する。また、必要に応じシンチレーションカメラで被検部を撮像することによりリンパシンチグラムをとる。投与から検査実施までの時間等により適宜増減する。
<用法及び用量に関連する使用上の注意>
センチネルリンパ節の同定においては、可能な限り本剤と色素法を併用することが望ましく、色素法との併用を行う際には、併用する薬剤の添付文書を参照したうえで使用する。

副作用(添付文書全文)

承認時までの臨床試験及び市販後の副作用頻度調査(全26,888例)において副作用が認められた例はなかった。

使用上の注意(添付文書全文)

(重要な基本的注意)
1.診断上の有益性が被曝による不利益を上回ると判断される場合にのみ投与することとし、投与量は最少限度にとどめる。
2.センチネルリンパ節生検の実施にあたっては、既存の情報を踏まえ、患者又はその家族に対し本検査の必要性及び限界等を十分説明し同意を得た上で実施する。
(高齢者への投与)
一般に高齢者では生理機能が低下しているので、患者の状態を十分に観察しながら慎重に投与する。
(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の婦人には、原則として投与しないことが望ましいが、診断上の有益性が被曝による不利益を上回ると判断される場合にのみ投与する。
(小児等への投与)
小児等に対する安全性は確立していない(現在までのところ、十分な臨床成績が得られていない)。
(その他の注意)
1.(社)日本アイソトープ協会医学・薬学部会放射性医薬品安全性専門委員会の「放射性医薬品副作用事例調査報告」において、まれに発熱、アレルギー反応(発赤)、その他(全身脱力感)が現れることがあると報告されている。
2.本剤は、医療法その他の放射線防護に関する法令、関連する告示及び通知等を遵守し、適正に使用する。
(使用方法)
カートリッジ式バイアルはスズコロイドTc−99m注のラジオコロイドの安定性を一層向上させるための容器である。本バイアルは加圧することなく、シリンジに直接抜き取ることができる。
1.抜き取る前に十分に振り、混合する。
2.注射針を6〜8mm程度ゴム栓部分に差し込んでシリンジに抜き取る。
(取扱い上の注意)
1.注射針を深く差し込まない(吸子用ガスケットを傷つける恐れがある)。
2.シリンジに注射液を吸引する前にバイアル内に決して空気を入れない。
(保管上の注意)
遮光。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。