日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ピシバニール注射用5KEの基本情報

先発品(後発品なし)
一般名
製薬会社
薬価・規格
10047円(5KE1瓶(溶解液付))
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 咽頭癌
  • 上顎癌
  • 甲状腺癌
  • 喉頭癌
  • リンパ管腫
  • 消化器癌の癌性腹水の減少
  • 消化器癌の癌性胸水の減少
  • 舌癌
  • 肺癌の癌性腹水の減少
  • 肺癌の癌性胸水の減少
  • 胃癌<手術例>の生存期間の延長
  • 原発性肺癌の生存期間の延長
  • 頭頚部癌
注意すべき副作用
発熱 、 疼痛 、 発赤 、 腫脹 、 CRP上昇 、 白血球増加 、 硬結 、 全身倦怠 、 食欲不振 、 そう痒感
用法・用量(主なもの)
  • 1.胃癌(手術例)患者及び原発性肺癌患者における化学療法との併用による生存期間の延長の場合:化学療法に併用し、各投与量(KE)を添付の生理食塩液で適宜懸濁溶解して、筋肉内、皮下又は皮内投与する
  • 初回0.2〜0.5KEより開始し、患者の状態を観察しつつ、連日又は隔日1回の投与で2〜3週間かけて2〜5KEまで漸増する
  • 維持量は1回2〜5KE、週1〜2回とする
  • 2.消化器癌患者及び肺癌患者における癌性胸・腹水の減少の場合:1回5〜10KEを添付の生理食塩液で適宜懸濁溶解して、週に1〜2回漿膜腔内投与する
  • 3.他剤無効の、頭頚部癌(上顎癌、喉頭癌、咽頭癌、舌癌)及び甲状腺癌の場合:1回5〜10KEを添付の生理食塩液で適宜懸濁溶解して、毎日又は数日に1回、腫瘍内又は腫瘍辺縁部に注入する
    • 但し、同日内に同一患者に対し、2経路による投与は行わない
  • 4.リンパ管腫の場合:本剤の投与に際しては、生理食塩液で適宜懸濁溶解して、0.05〜0.1KE/mL濃度の懸濁溶解液を調製する
  • 吸引リンパ管腫液量と同量の懸濁溶解液を局所に注入する
  • 1回総投与量2KEを上限として、年齢、症状により適宜増減する
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • ショック
    • 過敏症

副作用

主な副作用
発熱 、 疼痛 、 発赤 、 腫脹 、 CRP上昇 、 白血球増加 、 硬結 、 全身倦怠 、 食欲不振 、 そう痒感 、 発疹
重大な副作用
ショック 、 アナフィラキシー 、 間質性肺炎 、 間質性肺炎増悪 、 咳嗽 、 呼吸困難 、 胸部X線検査異常 、 急性腎障害 、 BUN上昇 、 クレアチニン上昇 、 尿量減少
上記以外の副作用
熱感 、 血小板増加 、 貧血 、 AST上昇 、 ALT上昇 、 Al−P上昇 、 悪心 、 嘔吐 、 下痢 、 蛋白尿 、 頭痛 、 CK上昇 、 CPK上昇 、 関節痛 、 過敏症 、 紫斑

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • ショック
  • 原則禁止
    • 過敏症
  • 慎重投与
    • アレルギー
    • 過敏症
    • 気管支喘息
    • 心疾患
    • 腎疾患
    • 蕁麻疹
    • 発疹
患者の属性に応じた注意事項
  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 注意
    • 乳児
    • 幼児・小児
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 注意
    • 乳幼小児(0歳〜14歳)
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

1.胃癌<手術例>患者及び原発性肺癌患者における化学療法との併用による生存期間の延長。
2.消化器癌患者及び肺癌患者における癌性胸水・癌性腹水の減少。
3.他剤無効の、頭頚部癌(上顎癌、喉頭癌、咽頭癌、舌癌)及び甲状腺癌。
4.リンパ管腫。

用法・用量(添付文書全文)

1.胃癌(手術例)患者及び原発性肺癌患者における化学療法との併用による生存期間の延長の場合:化学療法に併用し、各投与量(KE)を添付の生理食塩液で適宜懸濁溶解して、筋肉内、皮下又は皮内投与する。初回0.2〜0.5KEより開始し、患者の状態を観察しつつ、連日又は隔日1回の投与で2〜3週間かけて2〜5KEまで漸増する。維持量は1回2〜5KE、週1〜2回とする。
2.消化器癌患者及び肺癌患者における癌性胸・腹水の減少の場合:1回5〜10KEを添付の生理食塩液で適宜懸濁溶解して、週に1〜2回漿膜腔内投与する。
3.他剤無効の、頭頚部癌(上顎癌、喉頭癌、咽頭癌、舌癌)及び甲状腺癌の場合:1回5〜10KEを添付の生理食塩液で適宜懸濁溶解して、毎日又は数日に1回、腫瘍内又は腫瘍辺縁部に注入する。
但し、同日内に同一患者に対し、2経路による投与は行わない。
4.リンパ管腫の場合:本剤の投与に際しては、生理食塩液で適宜懸濁溶解して、0.05〜0.1KE/mL濃度の懸濁溶解液を調製する。吸引リンパ管腫液量と同量の懸濁溶解液を局所に注入する。1回総投与量2KEを上限として、年齢、症状により適宜増減する。
<用法・用量に関連する使用上の注意>
患者によって本剤に対する発熱などの感受性が異なるため、「消化器癌患者及び肺癌患者における癌性胸水減少・癌性腹水減少の場合」、「他剤無効の、頭頚部癌(上顎癌、喉頭癌、咽頭癌、舌癌)及び甲状腺癌の場合」についても少量投与から始め、患者の状態を観察しつつ漸増することが望ましい。

副作用(添付文書全文)

悪性腫瘍:総症例26,027例中8,312例(31.9%)13,092件に副作用が認められた。主な副作用は、発熱6,019件(23.1%)、注射部位疼痛2,893件(11.1%)、注射部位発赤(硬結・腫脹を含む)1,198件(4.6%)、全身倦怠感848件(3.3%)、食欲不振789件(3.0%)等であった(副作用頻度報告終了時:1982.3)。
リンパ管腫:総症例352例中333例(94.6%)1,049件に副作用が認められた。主な副作用は、発熱303件(86.1%)、注射部位腫脹279件(79.3%)、注射部位発赤210件(59.7%)、CRP上昇80件(22.7%)、白血球増加64件(18.2%)、注射部位疼痛18件(5.1%)等であった(再審査終了時:2008.10)。
1.重大な副作用
1).ショック、アナフィラキシー:ショック、アナフィラキシーが現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し適切な処置を行う。
2).間質性肺炎:間質性肺炎が発現又は間質性肺炎増悪することがあるので、観察を十分に行い、発熱、咳嗽、呼吸困難及び胸部X線検査異常等が認められた場合には、本剤の投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行う。
3).急性腎障害:急性腎障害が現れることがあるので、観察を十分に行い、BUN上昇、クレアチニン上昇、尿量減少等が認められた場合には、投与を中止し適切な処置を行う。
2.その他の副作用:次のような副作用が認められた場合には、減量・休薬など適切な処置を行う。
1).過敏症:(頻度不明)紫斑、(5%未満)そう痒感、発疹[副作用が現れた場合には投与を中止する]。
2).局所反応:(5%以上)腫脹<79.3%:リンパ管腫>、発赤<59.7%:リンパ管腫>、局所疼痛、(5%未満)硬結、熱感。
3).血液:(5%以上)白血球増加<18.2%:リンパ管腫>、(5%未満)血小板増加、貧血。
4).肝臓:(5%未満)AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、Al−P上昇[異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う]。
5).消化器:(5%未満)食欲不振、悪心・嘔吐、下痢。
6).腎臓:(頻度不明)BUN上昇、クレアチニン上昇、尿量減少、(5%未満)蛋白尿。
7).その他:(5%以上)発熱<23.1%:悪性腫瘍、86.1%:リンパ管腫>、CRP上昇<22.7%:リンパ管腫>、(5%未満)全身倦怠、頭痛、CK上昇(CPK上昇)、関節痛。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
1.本剤によるショックの既往歴のある患者。
2.ベンジルペニシリンによるショックの既往歴のある患者[本剤はベンジルペニシリンを含有している]。
(原則禁忌)
本剤又はペニシリン系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある患者[本剤はベンジルペニシリンを含有している]。
(慎重投与)
1.心疾患・腎疾患のある患者[動物による毒性実験において、大量長期投与した場合に溶連菌感染症類似の所見(心障害、腎障害、アミロイドーシス等)がみられている]。
2.セフェム系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある患者。
3.本人又は両親、兄弟に気管支喘息、発疹、蕁麻疹等のアレルギー症状を起こしやすい体質を有する患者。
(重要な基本的注意)
1.本剤によるショック、アナフィラキシーの発生を確実に予知できる方法がないので、次の措置をとる。
1).事前に既往歴等について十分な問診を行う。なお、本剤はベンジルペニシリンを含有しているので抗生物質等によるアレルギー歴は必ず確認する。
2).投与に際しては、必ずショック等に対する救急処置のとれる準備をしておく。
3).投与開始から投与終了後まで、患者を安静の状態に保たせ、十分な観察を行い、特に、投与開始直後は注意深く観察する。
4).休薬期間を置いた後、投与を再開する場合には少量から慎重に投与する。
2.本剤は培地に増殖不能の生菌で、全菌体を生体に連続して投与する薬剤であるので、副作用等に十分注意する。
(高齢者への投与)
一般に高齢者では生理機能が低下しているので用量に注意する。
(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。
(適用上の注意)
1.調製時:懸濁用溶解液は、ワンポイントカットアンプルであるが、アンプルカット部分をエタノール綿等で清拭してから、カットすることが望ましい。
2.投与時:
1).筋肉内又は皮下投与により注射部位に疼痛、発赤、硬結をみることがある。筋肉内・皮下投与時繰り返し注射する場合には同一部位の反復注射は避ける。
2).リンパ管腫への投与にあたっては次記の点に注意する。
(1).リンパ管腫への投与にあたっては、腫脹等の局所反応、発熱、白血球増加等の発現が高頻度のため、投与後は患者状態を十分観察する。
(2).リンパ管腫への投与にあたっては、投与後の腫脹により、投与部位(特に頚部)によっては気管圧迫、喘鳴の可能性があるため、投与量は必要最小限度にとどめ経過観察を十分行う。
3.筋肉内注射時:筋肉内注射にあたっては、組織・神経等への影響を避けるため次記の点に注意する。
1).筋肉内注射時神経走行部位を避けるよう注意する。
2).注射針を刺入したとき、激痛を訴えたり、血液の逆流をみた場合は、直ちに針を抜き、部位を変えて注射する。
3).乳幼小児に適用する場合は必要最小限度にとどめる。
(その他の注意)
本剤の局所への大量又は漿膜腔内への大量投与により遅発性ショック(1〜数時間後)が現れたとの報告がある。
(取扱い上の注意)
溶解後の注射液は速やかに使用する。
(保管上の注意)
10℃以下、凍結を避けて保存する。

処方薬辞典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。