日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ラパリムス錠1mgの基本情報

先発品(後発品なし)
一般名
製薬会社
薬価・規格
1308.8円(1mg1錠)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • リンパ管腫
  • リンパ脈管筋腫症
  • ゴーハム病
  • リンパ管拡張症
  • リンパ管奇形
  • リンパ管腫症
  • 難治性リンパ管疾患
注意すべき副作用
肺炎 、 気管支炎 、 重篤な感染症 、 重篤な感染症悪化 、 肺炎悪化 、 消化管障害 、 口内炎 、 下痢 、 悪心 、 嘔吐
用法・用量(主なもの)
  • 〈リンパ脈管筋腫症〉通常、成人にはシロリムスとして2mgを1日1回経口投与する
    • なお、患者の状態により適宜増減するが、1日1回4mgを超えないこと
  • 〈難治性リンパ管疾患〉通常、シロリムスとして、体表面積が1.0㎡以上の場合は2mg、1.0㎡未満の場合は1mgを開始用量とし、1日1回経口投与する
  • 以後は、血中トラフ濃度や患者の状態により投与量を調節するが、1日1回4mgを超えないこと
  • (用法及び用量に関連する注意)7.1. 〈効能共通〉高脂肪食の摂取後に本剤を投与した場合、血中濃度が増加するとの報告がある
  • 安定した血中濃度を維持できるよう、本剤の投与時期は、食後又は空腹時のいずれか一定とすること〔16.2参照〕
  • 7.2. 〈効能共通〉本剤の血中トラフ濃度や投与量の増加に伴い、間質性肺疾患の発現リスクが増加する可能性があるので、間質性肺疾患が発現した場合は、症状、重症度に応じて、次の目安を考慮し、休薬又は中止すること〔1.2、8.1、9.1.1、11.1.1参照〕
  • [間質性肺疾患に対する休薬・中止の目安]1). 無症候性で画像所見異常のみの間質性肺疾患:投与継続
  • 2). 咳嗽・呼吸困難・発熱等の軽度症状の間質性肺疾患<日常生活に支障なし>:症状が改善するまで休薬し、症状の改善を認めた場合には投与再開可能とする
  • 3). 咳嗽・呼吸困難・発熱等の重度症状の間質性肺疾患<生活に支障・要酸素療法>:本剤の投与を中止し、原則として再開しないこと(ただし、症状が改善し、かつ治療上の有益性が危険性をうわまわると判断された場合のみ、投与中止前の半量からの投与再開可能とする)
  • 4). 生命を脅かす:緊急処置を要する間質性肺疾患<挿管・人工呼吸管理を要する>:投与中止
  • 7.3. 〈効能共通〉中等度から重度肝機能障害がある患者では、投与量を半量から開始すること〔7.4、9.3.1、16.6.1参照〕
  • 7.4. 〈効能共通〉増量時、副作用の発現が疑われる場合、本剤の血中トラフ濃度を測定し、血中トラフ濃度15ng/mL以内を目安として投与量を調節し、肝機能障害がある患者に投与する場合あるいはCYP3A4に影響を及ぼす薬剤と併用又はP−糖蛋白に影響を及ぼす薬剤と併用する場合等、本剤の血中濃度に影響を及ぼすことが予想される場合には、本剤の血中トラフ濃度を測定し、血中トラフ濃度15ng/mL以内を目安として投与量を調節すること〔7.3、9.3.1、9.3.2、10.相互作用の項、10.2、16.4、16.6.1、16.7参照〕
  • 7.5. 〈難治性リンパ管疾患〉本剤の投与開始から1〜2週間後に血中トラフ濃度を測定し、血中トラフ濃度15ng/mL以内を目安として投与量を調節すること

副作用

主な副作用
気管支炎 、 鼻咽頭炎 、 咽頭炎 、 胃腸炎 、 食欲減退 、 頭痛 、 浮動性めまい 、 高血圧 、 上気道炎症 、 呼吸障害 、 咳嗽
重大な副作用
肺炎 、 重篤な感染症 、 重篤な感染症悪化 、 肺炎悪化 、 消化管障害 、 口内炎 、 下痢 、 悪心 、 嘔吐 、 末梢性浮腫 、 高コレステロール血症 、 蛋白尿 、 皮膚障害 、 ざ瘡 、 ざ瘡様皮膚炎 、 発疹 、 間質性肺疾患 、 肺臓炎 、 薬剤性肺障害 、 器質性肺炎 、 閉塞性細気管支炎 、 肺線維症 、 蜂巣炎 、 蜂巣炎悪化 、 尿路感染 、 尿路感染悪化 、 帯状疱疹 、 帯状疱疹悪化 、 胸水 、 心嚢液貯留 、 腹水 、 脂質異常症 、 脂質異常 、 高トリグリセリド血症 、 血中コレステロール増加 、 高脂血症 、 治癒不良 、 剥脱性発疹 、 皮膚そう痒症 、 敗血症 、 敗血症悪化 、 腎盂腎炎 、 腎盂腎炎悪化 、 結核 、 マイコバクテリア感染 、 結核悪化 、 マイコバクテリア感染悪化 、 EBウイルス感染 、 エプスタイン・バールウイルス感染 、 EBウイルス感染悪化 、 エプスタイン・バールウイルス感染悪化 、 CMV感染 、 サイトメガロウイルス感染 、 CMV感染悪化 、 サイトメガロウイルス感染悪化 、 単純ヘルペス 、 単純ヘルペス悪化 、 アナフィラキシー 、 血管浮腫 、 過敏性血管炎 、 過敏症反応 、 進行性多巣性白質脳症 、 PML 、 意識障害 、 麻痺症状 、 片麻痺 、 四肢麻痺 、 言語障害 、 BKウイルス腎症 、 体液貯留 、 頻脈 、 創傷治癒不良 、 リンパ嚢腫 、 創し開 、 筋膜離開 、 瘢痕ヘルニア 、 吻合部離開 、 腎障害 、 ネフローゼ症候群 、 巣状分節性糸球体硬化症 、 血中クレアチニン増加
上記以外の副作用
呼吸困難 、 口腔咽頭痛 、 腹痛 、 便秘 、 口唇炎 、 胃腸障害 、 胃炎 、 下腹部痛 、 上腹部痛 、 湿疹 、 筋骨格障害 、 背部痛 、 不規則月経 、 疼痛 、 発熱 、 疲労 、 倦怠感 、 胸痛 、 白血球数減少 、 AST増加 、 ALT増加 、 体重減少 、 浮腫 、 皮膚炎 、 腸炎 、 歯周炎 、 皮膚感染 、 上気道感染 、 口腔ヘルペス 、 歯肉炎 、 副鼻腔炎 、 膀胱炎 、 外陰部腟カンジダ症 、 外耳炎 、 細菌尿 、 麦粒腫 、 扁桃炎 、 感染性腸炎 、 唾液腺炎 、 インフルエンザ 、 憩室炎 、 歯槽骨炎 、 歯肉膿瘍 、 爪囲炎 、 膣感染 、 白癬感染 、 毛包炎 、 喉頭炎 、 白血球減少症 、 リンパ球減少症 、 貧血 、 低カリウム血症 、 高尿酸血症 、 不眠症 、 気分変化 、 味覚異常 、 感覚障害 、 感覚鈍麻 、 記憶障害 、 傾眠 、 末梢性感覚ニューロパチー 、 結膜炎 、 眼乾燥 、 眼瞼浮腫 、 眼痛 、 霰粒腫 、 中耳炎症 、 耳出血 、 出血 、 耳痛 、 耳不快感 、 動悸 、 不整脈 、 鼻出血 、 気胸 、 発声障害 、 肺出血 、 気管支痙攣 、 急性呼吸不全 、 低酸素症 、 鼻粘膜障害 、 鼻閉 、 鼻漏 、 消化不良 、 歯痛 、 歯周病 、 腹部不快感 、 口内乾燥 、 鼓腸 、 小腸閉塞 、 腹部膨満 、 顎下腺腫大 、 口の錯感覚 、 歯肉痛 、 口腔内痛 、 胃食道逆流性疾患 、 肝機能異常 、 胆嚢炎 、 皮膚色素沈着障害 、 爪破損 、 蕁麻疹 、 紅斑 、 爪線状隆起 、 毛細血管拡張症 、 皮下出血 、 皮膚びらん 、 貨幣状湿疹 、 手掌・足底発赤知覚不全症候群 、 爪甲脱落症 、 そう痒性皮疹 、 多汗症 、 脱毛症 、 手皮膚炎 、 点状出血 、 皮下血腫 、 皮膚腫瘤 、 皮膚潰瘍 、 関節痛 、 筋痙縮 、 鼡径部痛 、 顎痛 、 関節腫脹 、 筋骨格硬直 、 筋力低下 、 四肢痛 、 筋肉痛 、 尿生殖器出血 、 血尿 、 月経障害 、 無月経 、 月経過多 、 月経困難症 、 腟分泌物 、 卵巣嚢胞 、 性器出血 、 外陰腟乾燥 、 不正子宮出血 、 閉経期症状 、 粘膜炎症 、 圧痛 、 異常感 、 胸部不快感 、 限局性浮腫 、 口渇 、 挫傷 、 好中球数減少 、 尿蛋白 、 Al−P増加 、 血中ビリルビン増加 、 血小板数増加 、 体重増加 、 白血球百分率数異常 、 ヘモグロビン減少 、 CRP増加 、 γ−GTP増加 、 LDL増加 、 高血糖 、 無精子症

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 過敏症
  • 注意
    • 肝機能障害
    • 感染症
    • 結核
    • 手術時
    • 肝炎ウイルス感染
    • 肺移植
    • B型肝炎ウイルスキャリア
    • 肝炎ウイルスキャリア
    • 肺に間質性陰影
    • HBs抗原陰性
    • 中等度から重度肝機能障害
    • CYP3A4に影響を及ぼす薬剤と併用
    • P−糖蛋白に影響を及ぼす薬剤と併用
    • 創傷時
    • 軽度<Child−Pugh分類GradeA>肝機能障害
    • 中等度<Child−Pugh分類GradeB>以上の肝機能障害
  • 投与に際する指示
    • 肝機能障害
    • 手術時
    • 肺移植
    • 中等度から重度肝機能障害
    • CYP3A4に影響を及ぼす薬剤と併用
    • P−糖蛋白に影響を及ぼす薬剤と併用
    • 中等度<Child−Pugh分類GradeB>以上の肝機能障害
患者の属性に応じた注意事項
  • 禁止
    • 妊婦・産婦
  • 注意
    • 授乳婦
    • 新生児(低出生体重児を含む)
    • 乳児
    • 幼児・小児
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 警告
    • 小児(0歳〜14歳)
  • 注意
    • 低出生体重児(0日〜27日)
    • 新生児(0日〜27日)
    • 乳児(0日〜364日)
    • 体表面積が0.6㎡未満の幼児又は小児(0歳〜14歳)
    • 小児(0歳〜14歳)
    • 18歳未満(0歳〜17歳)
    • 妊娠可能な女性(11歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用
薬剤名
影響
CYP3A4酵素の活性に影響を及ぼす薬剤
本剤の血中濃度に影響
P糖蛋白に影響する医薬品
本剤の血中濃度に影響
薬物代謝酵素<CYP3A4>を阻害する薬剤
本剤の薬物動態に影響
P−糖蛋白質を阻害する薬剤
本剤の薬物動態に影響
肝薬物代謝酵素<CYP3A4>を誘導する薬剤
本剤の薬物動態に影響
P−糖蛋白質を誘導する薬剤
本剤の薬物動態に影響
CYP3A4酵素の活性に影響を及ぼす薬剤
本剤の薬物動態に影響
P糖蛋白に影響する医薬品
本剤の薬物動態に影響
生ワクチン
免疫抑制下で生ワクチンを接種すると発症
麻疹ワクチン
免疫抑制下で生ワクチンを接種すると発症
風疹ワクチン
免疫抑制下で生ワクチンを接種すると発症
経口生ポリオワクチン
免疫抑制下で生ワクチンを接種すると発症
BCGワクチン
免疫抑制下で生ワクチンを接種すると発症
シクロスポリン
本剤の血中濃度が上昇
カルシウム拮抗剤
本剤の血中濃度が上昇
ジルチアゼム
本剤の血中濃度が上昇
ニカルジピン
本剤の血中濃度が上昇
ベラパミル
本剤の血中濃度が上昇
抗真菌剤
本剤の血中濃度が上昇
フルコナゾール
本剤の血中濃度が上昇
イトラコナゾール
本剤の血中濃度が上昇
ケトコナゾール
本剤の血中濃度が上昇
ボリコナゾール
本剤の血中濃度が上昇
マクロライド系抗生物質
本剤の血中濃度が上昇
エリスロマイシン
本剤の血中濃度が上昇
クラリスロマイシン
本剤の血中濃度が上昇
メトクロプラミド
本剤の血中濃度が上昇
ブロモクリプチン
本剤の血中濃度が上昇
シメチジン
本剤の血中濃度が上昇
ダナゾール
本剤の血中濃度が上昇
レテルモビル
本剤の血中濃度が上昇
HIVプロテアーゼ阻害剤
本剤の血中濃度が上昇
リトナビル
本剤の血中濃度が上昇
インジナビル
本剤の血中濃度が上昇
テラプレビル
本剤の血中濃度が上昇
ミカファンギンナトリウム
本剤のAUCが21%上昇
ACE阻害剤
血管浮腫<顔面・口唇・舌・咽頭の腫脹等>を発症するリスクが高まる
リファンピシン類
本剤の血中濃度が低下
リファブチン
本剤の血中濃度が低下
抗てんかん剤
本剤の血中濃度が低下
カルバマゼピン
本剤の血中濃度が低下
フェノバルビタール
本剤の血中濃度が低下
フェニトイン
本剤の血中濃度が低下
ロルラチニブ
本剤の血中濃度が低下し有効性が減弱
飲食物との相互作用
  • グレープフルーツジュース
  • セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)を含むもの
  • 脂肪が多い食事
  • 薬の代謝に影響する食品

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

1). リンパ脈管筋腫症。
2). 次記の難治性リンパ管疾患:リンパ管腫(リンパ管奇形)、リンパ管腫症、ゴーハム病、リンパ管拡張症。
(効能又は効果に関連する注意)
5.1. 〈リンパ脈管筋腫症〉本剤の使用にあたっては、厚生労働省難治性疾患克服研究事業呼吸不全に関する調査研究班のリンパ脈管筋腫症lymphangioleiomyomatosis(LAM)診断基準等を参考に確定診断された患者を対象とすること。
5.2. 〈難治性リンパ管疾患〉本剤の使用にあたっては、ガイドラインを参考に確定診断された患者を対象とすること。

用法・用量(添付文書全文)

〈リンパ脈管筋腫症〉
通常、成人にはシロリムスとして2mgを1日1回経口投与する。なお、患者の状態により適宜増減するが、1日1回4mgを超えないこと。
〈難治性リンパ管疾患〉
通常、シロリムスとして、体表面積が1.0㎡以上の場合は2mg、1.0㎡未満の場合は1mgを開始用量とし、1日1回経口投与する。以後は、血中トラフ濃度や患者の状態により投与量を調節するが、1日1回4mgを超えないこと。
(用法及び用量に関連する注意)
7.1. 〈効能共通〉高脂肪食の摂取後に本剤を投与した場合、血中濃度が増加するとの報告がある。安定した血中濃度を維持できるよう、本剤の投与時期は、食後又は空腹時のいずれか一定とすること〔16.2参照〕。
7.2. 〈効能共通〉本剤の血中トラフ濃度や投与量の増加に伴い、間質性肺疾患の発現リスクが増加する可能性があるので、間質性肺疾患が発現した場合は、症状、重症度に応じて、次の目安を考慮し、休薬又は中止すること〔1.2、8.1、9.1.1、11.1.1参照〕。
[間質性肺疾患に対する休薬・中止の目安]
1). 無症候性で画像所見異常のみの間質性肺疾患:投与継続。
2). 咳嗽・呼吸困難・発熱等の軽度症状の間質性肺疾患<日常生活に支障なし>:症状が改善するまで休薬し、症状の改善を認めた場合には投与再開可能とする。
3). 咳嗽・呼吸困難・発熱等の重度症状の間質性肺疾患<生活に支障・要酸素療法>:本剤の投与を中止し、原則として再開しないこと(ただし、症状が改善し、かつ治療上の有益性が危険性をうわまわると判断された場合のみ、投与中止前の半量からの投与再開可能とする)。
4). 生命を脅かす:緊急処置を要する間質性肺疾患<挿管・人工呼吸管理を要する>:投与中止。
7.3. 〈効能共通〉中等度から重度肝機能障害がある患者では、投与量を半量から開始すること〔7.4、9.3.1、16.6.1参照〕。
7.4. 〈効能共通〉増量時、副作用の発現が疑われる場合、本剤の血中トラフ濃度を測定し、血中トラフ濃度15ng/mL以内を目安として投与量を調節し、肝機能障害がある患者に投与する場合あるいはCYP3A4に影響を及ぼす薬剤と併用又はP−糖蛋白に影響を及ぼす薬剤と併用する場合等、本剤の血中濃度に影響を及ぼすことが予想される場合には、本剤の血中トラフ濃度を測定し、血中トラフ濃度15ng/mL以内を目安として投与量を調節すること〔7.3、9.3.1、9.3.2、10.相互作用の項、10.2、16.4、16.6.1、16.7参照〕。
7.5. 〈難治性リンパ管疾患〉本剤の投与開始から1〜2週間後に血中トラフ濃度を測定し、血中トラフ濃度15ng/mL以内を目安として投与量を調節すること。

副作用(添付文書全文)

次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
11.1. 重大な副作用
11.1.1. 間質性肺疾患(3.3%):間質性肺疾患(肺臓炎、薬剤性肺障害、器質性肺炎を伴う閉塞性細気管支炎、肺線維症等)の症例が生じており、海外で死亡に至った例が報告されている〔1.2、7.2、8.1、9.1.1参照〕。
11.1.2. 感染症(63.3%):細菌、真菌あるいはウイルスによる重篤な感染症が発現又は重篤な感染症悪化[肺炎が発現又は肺炎悪化(5.0%)、敗血症が発現又は敗血症悪化(頻度不明)、蜂巣炎が発現又は蜂巣炎悪化(0.8%)、尿路感染が発現又は尿路感染悪化(0.8%)、腎盂腎炎が発現又は腎盂腎炎悪化、結核を含むマイコバクテリア感染が発現又は結核悪化を含むマイコバクテリア感染悪化、EBウイルス感染(エプスタイン・バールウイルス感染)が発現又はEBウイルス感染悪化(エプスタイン・バールウイルス感染悪化)、CMV感染(サイトメガロウイルス感染)が発現又はCMV感染悪化(サイトメガロウイルス感染悪化)、単純ヘルペスが発現又は単純ヘルペス悪化(いずれも頻度不明)、帯状疱疹が発現又は帯状疱疹悪化(2.5%)等]することがある〔1.3、8.2、9.1.2、9.1.3、11.1.5、11.1.6参照〕。
11.1.3. 消化管障害:口内炎(78.3%)、下痢(46.7%)、悪心(17.5%)、嘔吐(5.8%)等が高頻度で認められている。
11.1.4. アナフィラキシー(頻度不明):アナフィラキシー、血管浮腫、過敏性血管炎等の過敏症反応があらわれることがある。
11.1.5. 進行性多巣性白質脳症(PML)(頻度不明):進行性多巣性白質脳症(PML)があらわれることがあるので、本剤の治療期間中及び治療終了後は患者の状態を十分に観察し、意識障害、麻痺症状(片麻痺、四肢麻痺)、言語障害等の症状があらわれた場合は、MRIによる画像診断及び脳脊髄液検査を行うとともに、投与を中止し、適切な処置を行うこと〔8.2、9.1.2、11.1.2、11.1.6参照〕。
11.1.6. BKウイルス腎症(頻度不明)〔8.2、9.1.2、11.1.2、11.1.5参照〕。
11.1.7. 体液貯留:末梢性浮腫(10.8%)、胸水(3.3%)、心嚢液貯留(2.5%)、腹水(0.8%)等があらわれることがあるので、頻脈等の異常が認められた場合には、心電図、心エコー、胸部CT検査を行うとともに、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
11.1.8. 脂質異常症:高コレステロール血症(9.2%)、高トリグリセリド血症(4.2%)、脂質異常症(4.2%)、血中コレステロール増加(3.3%)、高脂血症(2.5%)、脂質異常(0.8%)等を生じる可能性がある〔8.4参照〕。
11.1.9. 創傷治癒不良:創傷治癒に影響を及ぼす可能性が考えられ、治癒不良(3.3%)及び移植手術後にリンパ嚢腫及び創し開を含む創傷治癒不良、筋膜離開、瘢痕ヘルニア、吻合部離開(いずれも頻度不明)等があらわれることがある〔8.5、15.2.1参照〕。
11.1.10. 腎障害:蛋白尿(8.3%)、ネフローゼ症候群、巣状分節性糸球体硬化症、血中クレアチニン増加(いずれも頻度不明)等があらわれることがある〔8.6参照〕。
11.1.11. 皮膚障害:ざ瘡(26.7%)、ざ瘡様皮膚炎(22.5%)、発疹(21.7%)、剥脱性発疹(4.2%)、皮膚そう痒症(3.3%)等があらわれることがある。
11.2. その他の副作用
1). 感染症:(5%以上)鼻咽頭炎(25.8%)、気管支炎(15.0%)、胃腸炎、咽頭炎、(1〜5%未満)歯周炎、皮膚感染、上気道感染、口腔ヘルペス、歯肉炎、副鼻腔炎、膀胱炎、外陰部腟カンジダ症、外耳炎、細菌尿、麦粒腫、扁桃炎、感染性腸炎、唾液腺炎、(1%未満)インフルエンザ、憩室炎、歯槽骨炎、歯肉膿瘍、爪囲炎、膣感染、白癬感染、毛包炎、喉頭炎。
2). 血液・リンパ:(1〜5%未満)白血球減少症、リンパ球減少症、貧血。
3). 代謝・栄養:(5%以上)食欲減退、(1〜5%未満)低カリウム血症、(1%未満)高尿酸血症、(頻度不明)高血糖。
4). 精神・神経:(5%以上)頭痛(21.7%)、浮動性めまい、(1〜5%未満)不眠症、気分変化、味覚異常、(1%未満)感覚障害、感覚鈍麻、記憶障害、傾眠、末梢性感覚ニューロパチー。
5). 眼:(1〜5%未満)結膜炎、眼乾燥、眼瞼浮腫、眼痛、(1%未満)霰粒腫。
6). 耳:(1〜5%未満)中耳炎症、(1%未満)耳出血、耳痛、耳不快感。
7). 心・血管:(5%以上)高血圧、(1〜5%未満)出血、動悸、不整脈。
8). 呼吸器:(5%以上)上気道炎症(24.2%)、呼吸障害(14.2%)、咳嗽(11.7%)、呼吸困難、口腔咽頭痛、(1〜5%未満)鼻出血、気胸、発声障害、肺出血、(1%未満)気管支痙攣、急性呼吸不全、低酸素症、鼻粘膜障害、鼻閉、鼻漏。
9). 消化器:(5%以上)腹痛(11.7%)、便秘、口唇炎、胃腸障害、胃炎、下腹部痛、上腹部痛、(1〜5%未満)消化不良、歯痛、歯周病、腹部不快感、口内乾燥、鼓腸、小腸閉塞、腸炎、腹部膨満、(1%未満)顎下腺腫大、口の錯感覚、歯肉痛、口腔内痛、胃食道逆流性疾患。
10). 肝:(1〜5%未満)肝機能異常、(1%未満)胆嚢炎。
11). 皮膚・皮下組織:(5%以上)湿疹、(1〜5%未満)皮膚色素沈着障害、爪破損、蕁麻疹、紅斑、爪線状隆起、毛細血管拡張症、皮膚炎、皮下出血、皮膚びらん、(1%未満)貨幣状湿疹、手掌・足底発赤知覚不全症候群、爪甲脱落症、そう痒性皮疹、多汗症、脱毛症、手皮膚炎、点状出血、皮下血腫、皮膚腫瘤、皮膚潰瘍。
12). 筋骨格:(5%以上)筋骨格障害、背部痛、(1〜5%未満)関節痛、筋痙縮、鼡径部痛、(1%未満)顎痛、関節腫脹、筋骨格硬直、筋力低下、四肢痛、筋肉痛。
13). 腎・尿路:(1〜5%未満)尿生殖器出血、(1%未満)血尿。
14). 生殖器:(5%以上)不規則月経(15.8%)、(1〜5%未満)月経障害、無月経、月経過多、月経困難症、腟分泌物、卵巣嚢胞、性器出血、(1%未満)外陰腟乾燥、不正子宮出血、閉経期症状、(頻度不明)無精子症。
15). 一般・全身:(5%以上)疼痛(19.2%)、発熱(12.5%)、疲労、倦怠感、胸痛、(1〜5%未満)粘膜炎症、(1%未満)圧痛、異常感、胸部不快感、浮腫、限局性浮腫、口渇。
16). 傷害・処置:(1〜5%未満)挫傷。
17). 臨床検査:(5%以上)白血球数減少、AST増加、ALT増加、体重減少、(1〜5%未満)好中球数減少、尿蛋白、Al−P増加、血中ビリルビン増加、(1%未満)血小板数増加、体重増加、白血球百分率数異常、ヘモグロビン減少、CRP増加、γ−GTP増加、LDL増加。

使用上の注意(添付文書全文)

(警告)
1.1. 本剤は、本剤及び適応疾患に十分な知識を持つ医師のもとで使用すること。
1.2. 本剤の投与により、間質性肺疾患が認められており、海外においては死亡に至った例が報告されているので、投与に際しては咳嗽、呼吸困難、発熱等の臨床症状に注意するとともに、投与前及び投与中は定期的に胸部CT検査を実施し、また、異常が認められた場合には適切な処置を行うとともに、投与継続の可否について慎重に検討すること。なお、小児に対する胸部CT検査の実施に際しては、診断上の有益性と被曝による不利益を考慮すること〔7.2、8.1、9.1.1、11.1.1参照〕。
1.3. 肝炎ウイルスキャリアの患者では、本剤の投与期間中に肝炎ウイルス再活性化を生じ、肝不全から死亡に至る可能性があるので、本剤の投与期間中又は投与終了後は、定期的に肝機能検査を行うなど、肝炎ウイルスの再活性化の徴候や症状の発現に注意すること〔8.2、9.1.3、11.1.2参照〕。
(禁忌)
2.1. 本剤の成分又はシロリムス誘導体に対し過敏症の既往歴のある患者。
2.2. 妊婦又は妊娠している可能性のある女性〔9.4生殖能を有する者、9.5妊婦の項参照〕。
2.3. 生ワクチンを接種しないこと〔10.1参照〕。
(重要な基本的注意)
8.1. 間質性肺疾患(致命的な転帰をたどることがある)があらわれることがあるので、投与開始前及び投与開始後は次の点に注意すること。また、患者に対し、咳嗽、呼吸困難等の呼吸器症状があらわれた場合には、直ちに連絡するように指導すること。なお、小児に対する胸部CT検査の実施に際しては、診断上の有益性と被曝による不利益を考慮すること〔1.2、7.2、9.1.1、11.1.1参照〕。
8.1.1. 投与開始前:間質性肺疾患(致命的転帰をたどることがある)があらわれることがあるので、投与開始前に胸部CT検査を実施し、咳嗽、呼吸困難、発熱等の臨床症状の有無と併せて、投与開始の可否を慎重に判断すること。
8.1.2. 投与開始後:間質性肺疾患(致命的転帰をたどることがある)があらわれることがあるので、定期的に胸部CT検査を実施し、肺の異常所見の有無を慎重に観察し、咳嗽、呼吸困難、発熱等の臨床症状がみられた患者で、感染、腫瘍及びその他の医学的な原因が適切な検査で除外された場合には、間質性肺疾患の診断を考慮し、必要に応じて肺機能検査(肺拡散能力[DLCO]、酸素飽和度等)及び追加の画像検査を実施すること。
8.2. 本剤の免疫抑制作用により、細菌、真菌、ウイルスあるいは原虫による感染症が発現又は感染症悪化や日和見感染が発現又は日和見感染悪化する可能性があり、B型肝炎ウイルスキャリアの患者又はHBs抗原陰性の患者においてB型肝炎ウイルス再活性化による肝炎があらわれることがある。本剤投与により、肝炎ウイルス再活性化、結核再活性化等する可能性があるので、本剤投与に先立って肝炎ウイルス、結核等の感染の有無を確認し、本剤投与前に適切な処置をしておくこと。本剤投与中は感染症の発現又は増悪に十分注意すること〔1.3、9.1.2、9.1.3、11.1.2、11.1.5、11.1.6参照〕。
8.3. 本剤投与により、悪性リンパ腫、悪性腫瘍(特に皮膚悪性腫瘍)を発現する可能性があるので、悪性腫瘍等の発現には注意すること〔15.2.2参照〕。
8.4. 本剤投与により脂質異常があらわれることがあるので、本剤投与開始後は定期的に脂質検査を実施し、脂質異常がみられた場合は、適切な食事指導、運動指導を実施し、必要により高脂血症用剤を投与するなど適切な処置を行うこと〔11.1.8参照〕。
8.5. 本剤投与により、創傷治癒不良のおそれがあり、海外で肺移植患者において気管支吻合部離開例(致死的)が報告されているので、肺移植登録患者では本剤の投与を中止し、移植までに十分な休薬期間を確保すること。また、その他の手術時においても、創傷治癒不良の影響を考慮し、手術前の休薬期間を設けることが望ましい。創傷時には観察を十分に行い、異常が認められた場合には休薬し、適切な処置を行うこと〔11.1.9、15.2.1参照〕。
8.6. 蛋白尿があらわれることがあるので、本剤投与開始後は定期的に尿蛋白を測定し、異常が認められた場合には適切な処置を行うこと〔11.1.10参照〕。
(特定の背景を有する患者に関する注意)
(合併症・既往歴等のある患者)
9.1.1. 肺に間質性陰影を認める患者:間質性肺疾患が発症、重症化するおそれがある〔1.2、7.2、8.1、11.1.1参照〕。
9.1.2. 感染症を合併している患者:免疫抑制により感染症が悪化するおそれがある〔8.2、11.1.2、11.1.5、11.1.6参照〕。
9.1.3. 肝炎ウイルス感染、結核等の感染又は既往歴を有する患者:本剤の投与期間中又は投与終了後は、定期的に肝機能検査を行うなど、肝炎ウイルス再活性化の徴候や症状の発現に注意すること。再活性化するおそれがある。また、肝炎ウイルスキャリアの患者では、本剤の投与期間中に肝炎ウイルス再活性化を生じ、肝不全から死亡に至る可能性がある〔1.3、8.2、11.1.2参照〕。
(肝機能障害患者)
9.3.1. 中等度<Child−Pugh分類GradeB>以上の肝機能障害患者:投与量を半量から開始すること(血中濃度が上昇するおそれがある)〔7.3、7.4、16.6.1参照〕。
9.3.2. 軽度<Child−Pugh分類GradeA>肝機能障害患者:血中濃度が上昇するおそれがある〔7.4、16.6.1参照〕。
(生殖能を有する者)
妊娠可能な女性:妊娠可能な女性には、投与期間中及び投与終了後少なくとも12週間は、適切な避妊を行うよう指導すること〔2.2、9.5妊婦の項参照〕。
(妊婦)
妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、投与しないこと(ラットにおける胚・胎仔発生に関する試験において臨床推奨用量の曝露量以下で、初期吸収胚数増加、吸収胚数増加及び死亡胎仔数増加、生存胎仔数減少、胎仔体重低値、並びに主として椎骨骨化遅延及び椎骨変異増加が報告されている)〔2.2、9.4生殖能を有する者の項参照〕。
(授乳婦)
治療上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討すること(動物試験(ラット)で母乳中へ移行することが報告されている)。
(小児等)
〈リンパ脈管筋腫症〉18歳未満の患者を対象とした有効性及び安全性を指標とした臨床試験は実施していない。
〈難治性リンパ管疾患〉低出生体重児、新生児、乳児、体表面積が0.6㎡未満の幼児又は小児を対象とした有効性及び安全性を指標とした臨床試験は実施していない。
(高齢者)
一般に生理機能が低下している。
(相互作用)
本剤は、肝薬物代謝酵素CYP3A4により代謝され、また、本剤はP−糖蛋白の基質であり、本剤自体もCYP3A4を阻害し、CYP3A4又はP−糖蛋白阻害あるいは誘導作用を有する薬剤との併用により、本剤の薬物動態に影響を及ぼすので、CYP3A4阻害作用を有する薬剤又はP−糖蛋白阻害作用を有する薬剤あるいはCYP3A4誘導作用を有する薬剤又はP−糖蛋白誘導作用を有する薬剤については、他の類薬に変更する又は当該薬剤を休薬するなどを考慮し、CYP3A4に影響を及ぼす薬剤又はP−糖蛋白に影響を及ぼす薬剤との併用は可能な限り避けること〔7.4、16.4参照〕。
10.1. 併用禁忌:
生ワクチン(乾燥弱毒生麻しんワクチン、乾燥弱毒生風しんワクチン、経口生ポリオワクチン、乾燥BCG等)〔2.3参照〕[免疫抑制下で生ワクチンを接種すると発症するおそれがあるので併用しないこと(免疫抑制下で生ワクチンを接種すると増殖し、病原性をあらわす可能性がある)]。
10.2. 併用注意:
1). シクロスポリン、カルシウム拮抗剤(ジルチアゼム、ニカルジピン、ベラパミル)、抗真菌剤(フルコナゾール、イトラコナゾール、ケトコナゾール、ボリコナゾール等)、マクロライド系抗生物質(エリスロマイシン、クラリスロマイシン等)、メトクロプラミド、ブロモクリプチン、シメチジン、ダナゾール、レテルモビル、プロテアーゼ阻害剤(リトナビル、インジナビル、テラプレビル等)〔7.4、16.7.1、16.7.2、16.7.3、16.7.4、16.7.6参照〕[本剤の血中濃度が上昇するおそれがあるので、併用する場合には、本剤を減量することを考慮するとともに、患者の状態を慎重に観察し、副作用発現に十分注意すること(本剤の代謝酵素(CYP3A4等)が阻害されると考えられる)]。
2). ミカファンギンナトリウム〔7.4参照〕[本剤のAUCが21%上昇したとの報告があるので、併用する場合は患者の状態を慎重に観察し、本剤の副作用発現に注意し必要に応じて本剤の投与量を調節すること(機序不明)]。
3). グレープフルーツジュース〔7.4参照〕[本剤の血中濃度が上昇するおそれがあるので、本剤服用時は飲食を避けること(グレープフルーツジュースが腸管の代謝酵素を阻害することによると考えられる)]。
4). アンジオテンシン変換酵素阻害剤等[血管浮腫との関連性が示されている薬剤を服用している患者では、血管浮腫<顔面・口唇・舌・咽頭の腫脹等>を発症するリスクが高まるおそれがある(機序不明)]。
5). リファンピシン、リファブチン、抗てんかん剤(カルバマゼピン、フェノバルビタール、フェニトイン)〔7.4、16.7.5参照〕[本剤の血中濃度が低下することがあるので、併用する場合には治療上の有益性が危険性を上回る場合にのみ使用し、やむを得ず併用する場合には、本剤の有効性が減弱する可能性があることを考慮すること(これらの薬剤の代謝酵素(CYP3A4等)誘導作用により本剤の代謝が促進されると考えられる)]。
6). ロルラチニブ[本剤の血中濃度が低下し有効性が減弱する可能性がある(ロルラチニブがP−糖蛋白を誘導することによる)]。
7). セイヨウオトギリソウ<セント・ジョーンズ・ワート>含有食品(St.John’s Wort)〔7.4参照〕[本剤の血中濃度が低下するおそれがあるので、本剤投与時はセイヨウオトギリソウ含有食品を摂取しないよう注意すること(セイヨウオトギリソウの代謝酵素誘導作用により本剤の代謝が促進されると考えられる)]。
(過量投与)
13.1. 症状
外国で150mg投与後、心房細動を生じた報告が1例ある。
13.2. 処置
過量投与時、本剤は水溶性が低く、赤血球結合率及び蛋白結合率が高いことから、透析性がわずかしかないと考えられる。
(適用上の注意)
14.1. 薬剤交付時の注意
14.1.1. PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することがある)。
(その他の注意)
15.2. 非臨床試験に基づく情報
15.2.1. 本剤は、血管新生、線維芽細胞増殖及び血管透過性に影響する可能性のある一部の増殖因子の産生を阻害する(in vitro)ので、創傷治癒不良の可能性がある〔8.5、11.1.9参照〕。
15.2.2. マウスを用いたがん原性試験において肝細胞癌増加及び顆粒球性白血病増加がみられた〔8.3参照〕。
15.2.3. 雄ラットにおいて、テストステロン減少に起因すると考えられる精巣細管萎縮・精子数減少等の生殖器への影響が臨床用量での曝露量で認められており、臨床用量の曝露量以上で生殖能力低下も認められている。
15.2.4. 幼若ラットを用いた4週間反復経口投与毒性試験において、臨床用量での曝露量未満で大腿骨成長板肥厚及び大腿骨関節軟骨肥厚が認められている。
(保管上の注意)
室温保存。

処方薬事典は、日経メディカル Onlineが配信する医療・医薬関係者向けのコンテンツです。一般の方もご覧いただけますが、内容に関するご質問にはお答えできません。服用中の医薬品についてはかかりつけの医師や薬剤師にご相談ください。