日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ブレオ注射用5mgの基本情報

先発品(後発品なし)
一般名
製薬会社
薬価・規格
1540円(5mg1瓶)
添付文書

基本情報

薬効分類
その他の抗がん性抗生物質

細胞の増殖に必要なDNAの合成を阻害するなどにより抗腫瘍効果をあらわす薬

その他の抗がん性抗生物質
  • ブレオ
  • ペプレオ
  • コスメゲン
効能・効果
  • 悪性リンパ腫
  • 咽頭癌
  • 上顎癌
  • 口腔癌
  • 甲状腺癌
  • 口唇癌
  • 喉頭癌
  • 食道癌
  • 神経膠腫
  • 舌癌
  • 肺癌
  • 皮膚癌
  • 子宮頚癌
  • 頭頚部癌
  • 胚細胞腫瘍
  • 肺扁平上皮癌
  • 精巣胚細胞腫瘍
  • 卵巣胚細胞腫瘍
  • 性腺外胚細胞腫瘍
注意すべき副作用
肺症状 、 発熱 、 脱毛 、 食欲不振 、 倦怠感 、 悪心 、 嘔吐 、 口内炎 、 重篤な間質性肺炎 、 重篤な肺線維症
用法・用量(主なもの)
  • 1.静脈内注射:ブレオマイシン塩酸塩として15mg〜30mg(力価)を生理食塩液又は、ブドウ糖液等の適当な静脈用注射液約5〜20mLに溶解し、緩徐に静注する
  • 発熱の著しい場合は1回量を5mg(力価)又はそれ以下とする
  • 2.筋肉内注射、皮下注射:ブレオマイシン塩酸塩として15mg〜30mg(力価)を生理食塩液等の適当な溶解液約5mLに溶解し、筋注又は皮下注する
  • 患部の周辺に皮下注射する場合はブレオマイシン塩酸塩として1mg(力価)/1mL以下の濃度とする
  • 3.動脈注射:ブレオマイシン塩酸塩として5mg〜15mg(力価)を生理食塩液又はブドウ糖液等の適当な注射液に溶解し、シングルショット又は連続的に注射する
  • 4.注射の頻度:1週2回を原則とし、症状に応じて1日1回(連日)ないし1週間1回に適宜増減する
  • 5.総投与量:ブレオマイシン塩酸塩の総投与量は腫瘍の消失を目標とし、300mg(力価)以下とする
    • 但し、胚細胞腫瘍に対し、確立された標準的な他の抗癌剤との併用療法にあっては360mg(力価)以下とする
  • 6.小児への投与:小児の胚細胞腫瘍、悪性リンパ腫に対しては、次記の用法・用量で投与する;ブレオマイシン塩酸塩として、1回10mg〜20mg(力価)/㎡(体表面積)を1〜4週間ごとに静脈内投与する
    • 但し、1回量として成人の最大用量(30mg)を超えない
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
    • 重篤な腎機能障害
    • 重篤な心疾患
    • 重篤な肺機能障害
    • 胸部レントゲン写真上著明な病変
    • 胸部レントゲン写真上びまん性の線維化病変
    • 胸部及びその周辺部への放射線照射
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 授乳婦

副作用

主な副作用
発熱 、 脱毛 、 食欲不振 、 倦怠感 、 悪心 、 嘔吐 、 口内炎 、 過敏症 、 発疹 、 蕁麻疹 、 紅皮症
重大な副作用
肺症状 、 重篤な間質性肺炎 、 重篤な肺線維症 、 咳嗽 、 労作性呼吸困難 、 捻髪音 、 ラ音 、 出血 、 癌病巣が急速な壊死 、 ショック
上記以外の副作用
皮膚色素沈着 、 口角炎 、 頭痛 、 下痢 、 肝障害 、 乏尿 、 排尿痛 、 頻尿 、 残尿感 、 白血球減少 、 眩暈 、 静脈壁肥厚 、 静脈壁狭窄 、 硬結 、 腫瘍部位の疼痛 、 皮膚肥厚 、 爪変形 、 爪変色 、 皮膚強皮症様変化 、 scratch dermatitis 、 貧血 、 血小板減少

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 過敏症
    • 重篤な腎機能障害
    • 重篤な心疾患
    • 重篤な肺機能障害
    • 胸部レントゲン写真上著明な病変
    • 胸部レントゲン写真上びまん性の線維化病変
    • 胸部及びその周辺部への放射線照射
  • 慎重投与
    • 肝障害
    • 心疾患
    • 腎障害
    • 水痘
    • 肺障害
    • 胸部に放射線照射
    • ブレオマイシン製剤の投与を受けた
    • ペプロマイシンの投与を受けた
  • 注意
    • 肺に基礎疾患
    • ペプロマイシンを投与された
    • ブレオマイシン製剤の投与を受けた
    • ペプロマイシンの投与を受けた
    • 投与前に肺機能検査値低下
  • 投与に際する指示
    • 肝障害
    • 心疾患
    • 腎障害
    • 水痘
    • 肺障害
    • 胸部に放射線照射
    • ペプロマイシンを投与された
患者の属性に応じた注意事項
  • 原則禁止
    • 授乳婦
  • 希望禁止
    • 妊婦・産婦
  • 慎重投与
    • 幼児・小児
    • 高齢者
  • 注意
    • 幼児・小児
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 警告
    • 60歳以上の高齢者(60歳〜)
  • 慎重投与
    • 小児(0歳〜14歳)
    • 60歳以上の高齢者(60歳〜)
  • 注意
    • 小児(0歳〜14歳)
    • 生殖可能な年齢(11歳〜)
    • 60歳以上の高齢者(60歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 60歳以上の高齢者(60歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用
薬剤名
影響
抗悪性腫瘍剤
間質性肺炎・肺線維症等の重篤な肺症状
抗悪性腫瘍剤
心筋梗塞
抗悪性腫瘍剤
脳梗塞

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

皮膚癌、頭頚部癌(上顎癌、舌癌、口唇癌、咽頭癌、喉頭癌、口腔癌等)、肺癌(特に原発性及び転移性肺扁平上皮癌)、食道癌、悪性リンパ腫、子宮頚癌、神経膠腫、甲状腺癌、胚細胞腫瘍(精巣胚細胞腫瘍、卵巣胚細胞腫瘍、性腺外胚細胞腫瘍)。

用法・用量(添付文書全文)

1.静脈内注射:ブレオマイシン塩酸塩として15mg〜30mg(力価)を生理食塩液又は、ブドウ糖液等の適当な静脈用注射液約5〜20mLに溶解し、緩徐に静注する。発熱の著しい場合は1回量を5mg(力価)又はそれ以下とする。
2.筋肉内注射、皮下注射:ブレオマイシン塩酸塩として15mg〜30mg(力価)を生理食塩液等の適当な溶解液約5mLに溶解し、筋注又は皮下注する。患部の周辺に皮下注射する場合はブレオマイシン塩酸塩として1mg(力価)/1mL以下の濃度とする。
3.動脈注射:ブレオマイシン塩酸塩として5mg〜15mg(力価)を生理食塩液又はブドウ糖液等の適当な注射液に溶解し、シングルショット又は連続的に注射する。
4.注射の頻度:1週2回を原則とし、症状に応じて1日1回(連日)ないし1週間1回に適宜増減する。
5.総投与量:ブレオマイシン塩酸塩の総投与量は腫瘍の消失を目標とし、300mg(力価)以下とする。但し、胚細胞腫瘍に対し、確立された標準的な他の抗癌剤との併用療法にあっては360mg(力価)以下とする。
6.小児への投与:小児の胚細胞腫瘍、悪性リンパ腫に対しては、次記の用法・用量で投与する;ブレオマイシン塩酸塩として、1回10mg〜20mg(力価)/㎡(体表面積)を1〜4週間ごとに静脈内投与する。但し、1回量として成人の最大用量(30mg)を超えない。
<用法・用量に関連する使用上の注意>
1.胚細胞腫瘍に対し確立された標準的な他の抗癌剤との併用療法における本剤の投与頻度は、原則として週1回とする。
2.本剤は副作用発現の個人差が著しく、比較的少量の投与でも副作用が現れることがあるので、使用上の注意に十分留意する。なお、投与にあたっては、患者の状態・症状に応じて低用量から開始する。
3.総投与量は300mg(力価)を超えないようにする。なお、経路を重複して投与した場合、結果的に投与量が増加することに留意する[再評価時の結果では、間質性肺炎又は肺線維症等の肺症状は、総投与量150mg(力価)以下6.5%、総投与量151〜300mg(力価)10.2%、総投与量301mg(力価)以上18.8%と総投与量の増加に伴い発現率の増加が認められた]。
4.胚細胞腫瘍に対し確立された標準的な他の抗癌剤との併用療法を適用することにより、やむを得ず300mg(力価)を超える場合には、間質性肺炎又は肺線維症等の肺症状の発現率が高まる可能性があるので注意する。
5.胚細胞腫瘍に対し、確立された標準的な他の抗癌剤との併用療法(BEP療法(ブレオマイシン塩酸塩、エトポシド、シスプラチン併用療法))においては、併用薬剤の添付文書も参照する。
6.ペプロマイシンを投与された患者に対するブレオマイシンの投与量は、原則として投与されたペプロマイシン量とブレオマイシン量の和でもって総投与量とする。

副作用(添付文書全文)

<概要>総症例1,613例(承認時374例、市販後調査1,239例)における主な副作用は間質性肺炎・肺線維症等の重篤な肺症状10.2%、皮膚の硬化・色素沈着40.6%、発熱・悪寒39.8%、脱毛29.5%、食欲不振・体重減少28.7%、全身倦怠感16.0%、悪心・嘔吐14.6%、口内炎13.3%、爪の変化11.2%などであった。
1.重大な副作用
1).間質性肺炎・肺線維症(10%):重篤な間質性肺炎・重篤な肺線維症を起こすことがあるので観察を十分に行い、肺胞気動脈血酸素分圧較差(A−aDO2)、動脈血酸素分圧(PaO2)、一酸化炭素拡散能(DLCO)、又は胸部レントゲン写真などの検査で異常が認められた場合、あるいは咳嗽、労作性呼吸困難、捻髪音(ラ音)等の肺症状が現れた場合は、直ちに投与を中止し、副腎皮質ホルモンの投与と適切な抗生物質等による治療を行う。
2).ショック(0.1%未満):ショックを起こすことがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う(ショックは悪性リンパ腫の患者に対する1〜2回目の投与時に発現することが多いので、初回及び2回目の投与量を5mg(力価)以下の量で開始し、急性反応が起こらないことを確かめた後に通常の用量に増量する)。
3).出血(2%):癌病巣が急速な壊死を起こし、そのために出血することがあるので注意する。
2.その他の副作用
1).過敏症:(1〜10%未満)発疹、蕁麻疹、発熱を伴う紅皮症[このような症状が現れた場合には投与を中止する]。
2).皮膚:(10%以上又は頻度不明)脱毛、皮膚肥厚、皮膚色素沈着、爪変形・爪変色、皮膚強皮症様変化、scratch dermatitis。
3).消化器:(10%以上又は頻度不明)食欲不振、悪心・嘔吐、口内炎、(1〜10%未満)口角炎、(1%未満)下痢。
4).肝臓:(1%未満)肝障害。
5).泌尿器:(1%未満)乏尿、排尿痛、頻尿、残尿感。
6).血液:(10%以上又は頻度不明)貧血、血小板減少、(1%未満)白血球減少。
7).精神・神経系:(1〜10%未満)頭痛、(1%未満)眩暈。
8).投与部位:
(1).静注:(1%未満)静脈壁肥厚・静脈壁狭窄[このような場合は投与部位を変更するか、筋肉内注射する]。
(2).筋注・局注:(1%未満)硬結。
9).その他:(10%以上又は頻度不明)発熱[発熱は投与後4〜5時間あるいは更に遅れて発現することがあり、発熱と1回投与量との間には用量反応性があるので、発熱が強い場合は投与量を減量し、投与間隔を短縮するか、本剤投与前後に抗ヒスタミン剤、解熱剤を投与するなど適切な処置を行う]、倦怠感、(1%未満)腫瘍部位の疼痛。

使用上の注意(添付文書全文)

(警告)
1.本剤の投与により間質性肺炎・肺線維症等の重篤な肺症状を呈することがあり、ときに致命的経過をたどることがあるので、本剤の投与が適切と判断される症例についてのみ投与し、投与中及び投与終了後の一定期間(およそ2カ月位)は患者を医師の監督下におく。特に60歳以上の高齢者及び肺に基礎疾患を有する患者への投与に際しては、使用上の注意に十分留意する。労作性呼吸困難、発熱、咳、捻髪音(ラ音)、胸部レントゲン異常陰影、A−aDO2異常・PaO2異常・DLCO異常などの初期症状が現れた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。
2.本剤を含む抗癌剤併用療法は、緊急時に十分対応できる医療施設において、癌化学療法に十分な経験を持つ医師のもとで、本療法が適切と判断される症例についてのみ実施する(また、各併用薬剤の添付文書を参照して適応患者の選択に十分注意する)。
(禁忌)
1.重篤な肺機能障害、胸部レントゲン写真上びまん性の線維化病変及び胸部レントゲン写真上著明な病変を呈する患者[肺機能障害、線維化病変等が増悪することがある]。
2.本剤の成分及び類似化合物(ペプロマイシン)に対する過敏症の既往歴のある患者。
3.重篤な腎機能障害のある患者[排泄機能が低下し、間質性肺炎・肺線維症等の重篤な肺症状を起こすことがある]。
4.重篤な心疾患のある患者[循環機能が低下し、間質性肺炎・肺線維症等の重篤な肺症状を起こすことがある]。
5.胸部及びその周辺部への放射線照射を受けている患者。
(慎重投与)
1.肺障害の既往歴又は合併症がある患者[間質性肺炎・肺線維症等の重篤な肺症状を起こすことがある]には十分に観察を行いながら、投与量を減量するかあるいは投与間隔を延長するなど慎重に投与する。
2.60歳以上の高齢者[間質性肺炎・肺線維症等の重篤な肺症状を起こすことがある]には十分に観察を行いながら、投与量を減量するかあるいは投与間隔を延長するなど慎重に投与する。
3.腎障害のある患者[副作用が強く現れる恐れがある]には十分に観察を行いながら、投与量を減量するかあるいは投与間隔を延長するなど慎重に投与する。
4.心疾患のある患者[副作用が強く現れる恐れがある]には十分に観察を行いながら、投与量を減量するかあるいは投与間隔を延長するなど慎重に投与する。
5.胸部に放射線照射を受けた患者[間質性肺炎・肺線維症等の重篤な肺症状を起こすことがある]には十分に観察を行いながら、投与量を減量するかあるいは投与間隔を延長するなど慎重に投与する。
6.肝障害のある患者[副作用が強く現れる恐れがある]には十分に観察を行いながら、投与量を減量するかあるいは投与間隔を延長するなど慎重に投与する。
7.水痘患者[致命的全身障害を起こす恐れがある]には十分に観察を行いながら、投与量を減量するかあるいは投与間隔を延長するなど慎重に投与する。
(重要な基本的注意)
1.間質性肺炎又は肺線維症:患者の状態の十分な観察を行い、捻髪音(ラ音)が初期指標となることがあるので、その発生に十分注意し、異常が認められた場合には、直ちに投与を中止し、特発性肺線維症の治療及び処置に準じ、副腎皮質ホルモンの投与と二次感染防止のために適当な抗生物質の投与を行う。
1).間質性肺炎又は肺線維症の発現は、肺に基礎疾患を有する患者や60歳以上の高齢者の場合には、総投与量150mg(力価)以下でも発現頻度が高いので十分な注意を要する。
2).本剤の投与にあたっては、発熱、咳、労作性呼吸困難等の臨床症状の観察を十分に行い、胸部レントゲン検査異常及び捻髪音(ラ音)の有無を検討し、可能な施設においては肺胞気動脈血酸素分圧較差(A−aDO2)、動脈血酸素分圧(PaO2)、一酸化炭素拡散能(DLCO)などの検査を行い、投与中及び投与後およそ2カ月位までについても検査を定期的に行う。
3).A−aDO2、PaO2などの検査は可能な限り1週に1度測定し、A−aDO2が2週連続して拡大、又はPaO2が2週連続して低下したときには投与を中止する。具体的にはA−aDO2が投与前値より10Torr以上悪化、PaO2が投与前値より10Torr以上悪化したときは、他の臨床症状とあわせて十分な観察を行い、副作用の疑いのある場合には、直ちに投与を中止し、ステロイド等の投与を開始し、また、DLCOの投与前値の15%以上の低下をみたときは同様の処置を行う。なお、投与前に肺機能検査値低下のみられる患者にやむを得ず投与を必要とする場合には、慎重に経過を観察するとともに、肺機能検査値低下がみられたときは直ちに本剤の投与を中止する。
2.使用が長期間にわたると副作用が強く現れ、遷延性に推移することがあるので、投与は慎重に行う。
3.ペプロマイシンの投与を受けた患者及び他のブレオマイシン製剤の投与を受けた患者に本剤を投与した場合、毒性が相加することが考えられるので、慎重に投与する。
4.感染症の発現又は感染症増悪・出血傾向の発現又は出血傾向増悪に十分注意する。
5.小児及び生殖可能な年齢の患者に投与する必要がある場合には、性腺に対する影響を考慮する。
(相互作用)
1.併用禁忌:胸部及びその周辺部への放射線照射[<臨床症状>間質性肺炎・肺線維症等の重篤な肺症状を起こすことがある;<措置方法>「重要な基本的注意」の項参照(ともに間質性肺炎・肺線維症等の重篤な肺症状を誘発する作用を有する)]。
2.併用注意:
1).抗悪性腫瘍剤、放射線照射[<臨床症状>間質性肺炎・肺線維症等の重篤な肺症状等を起こすことがある;<措置方法>「重要な基本的注意」の項参照(ともに間質性肺炎・肺線維症等の重篤な肺症状を誘発する作用を有する)]。
2).頭頚部放射線照射[口内炎・口角炎が増悪することがあり、また、咽喉頭粘膜に炎症を起こし嗄声が現れることがある(ともに粘膜の炎症を誘発する作用を有する)]。
(高齢者への投与)
60歳以上の高齢者では、間質性肺炎又は肺線維症が発現しやすいので慎重に投与する[間質性肺炎又は肺線維症等の重篤な肺症状の発現率は、50歳未満5.9%、50歳代8.1%、60歳代10.9%、70歳以上15.5%と年齢が高くなるに従い高かった]。
(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、投与しないことが望ましい[動物実験(マウス、ラット)で催奇形作用が報告されている]。
2.授乳中の婦人に投与することを避け、やむを得ず投与する場合には授乳を中止させる[授乳中の投与に関する安全性は確立していない]。
(小児等への投与)
小児に投与する場合には、副作用の発現に注意し、慎重に投与する。
(適用上の注意)
1.静脈内投与時:血管内投与により血管痛を起こすことがあるので、注射濃度、注射速度に十分注意する。静脈内に投与する場合には、できるだけ緩徐に投与する。
2.筋肉内投与時:筋肉内に投与する場合には、組織・神経などへの影響を避けるため次記の点に注意する。
1).筋肉内投与により、投与部位の硬結を来すことがある。なお、特に筋肉内投与時同一部位への反復注射は行わない。また、新生児、低出生体重児、乳児、小児には特に注意する。
2).筋肉内投与時神経走行部位を避けるよう注意する。
3).注射針を刺入したとき、激痛を訴えたり、血液の逆流をみた場合は、直ちに針を抜き、部位をかえて注射する。
(その他の注意)
1.外国で本剤と他の抗悪性腫瘍剤との併用により、心筋梗塞、脳梗塞等が発現したとの報告がある。
2.動物実験(ラット)の皮下投与において、線維肉腫・腎癌が認められたとの報告がある。
(取扱い上の注意)
溶解後は、できるだけすみやかに使用する。
(保管上の注意)
2〜8℃で保存。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。