日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

サンラビン点滴静注用200mg基本情報

先発品(後発品なし)

一般名:エノシタビン注射用

製薬会社:旭化成ファーマ

薬価・規格: 3359円(200mg1瓶) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

代謝拮抗薬(ピリミジン拮抗薬)詳しく見る

  • DNAの構成成分に類似した化学構造をもち、細胞増殖に必要なDNA合成を阻害して抗腫瘍効果をあらわす薬
代謝拮抗薬(ピリミジン拮抗薬)の代表的な商品名
  • 5-FU
  • ティーエスワン
  • ゼローダ
  • キロサイド
  • ジェムザール

効能・効果詳しく見る

  • 急性白血病
  • 慢性白血病の急性転化

注意すべき副作用詳しく見る

悪心嘔吐食欲不振発熱下痢腹痛腹部膨満感口内炎倦怠感頭痛

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1日量、体重1kg当り3.5〜6.0mgを5%ブドウ糖注射液、5%果糖注射液、5%キシリット注射液、生理食塩液、リンゲル液又は糖電解質注射液に混合し、静脈内に2〜4時間で1日1回又は2回に分割し点滴注射する
  • 10〜14日間連続投与を行うか、又は6〜10日間連続投与後休薬期間をおいて同様の投与を繰り返す
  • 用量及び投与期間については患者の末梢血及び骨髄の状態により適宜増減する
  • [注射液の調製・保存方法]本剤は、可溶化剤としてポリオキシエチレン硬化ヒマシ油60を使用しており、次記の調製・保存方法を必ず守る
  • 1.調製方法:1).エノシタビン10mgに対し、日局注射用水を1mLの割合で加える
  • 2).バイアルを溶解ラックに入れ、あらかじめ沸騰させた水浴中で約10分間加熱する
  • その間、3回沸騰水浴中から取り出し、強く振り混ぜる(各回10秒間に10〜15回程度)
  • 注意:本剤溶解操作時に溶解鍋の空焚きをしない[空焚きによりバイアルが破裂し、内容液とガラス片が飛散する恐れがある]
  • 3).沸騰水浴中から取り出し、小さな塊あるいは透明なゲル状物のない均一な乳白色の液が得られたことを確認する
  • 注意:乳白色の液が得られない場合は、再度前記2)の操作を行う
  • 4).バイアルを熱い溶解ラックごと、好ましくは氷水中(流水中でも可)で約3分間振り混ぜながら急冷すると無色澄明な液が得られる
  • この溶液1.1mLには約10mgのエノシタビンが含まれる
  • 注意:無色澄明な液を得るためには、急冷することが最も重要なポイントであるため、放置しない(急冷操作前にバイアルを放置する等により冷ましたような場合には、再度沸騰水浴中で加熱後、直ちに急冷操作を行う)
  • 5).本剤の水溶液を輸液で希釈する際には、泡立ちを極力抑え、注入後の撹拌は穏やかに行う(輸液容器の液中に本剤の水溶液を注入する針を浸けて注入するか、又は壁を伝わせてゆっくり注入する)
  • <詳細は別添「サンラビン点滴静注用の調製方法」を参照>2.保存方法:本剤の水溶液(輸液希釈前)をやむを得ず保存する場合は、5℃以下で保存し、48時間以内に使用する
  • 注意:輸液希釈前に、無色澄明であることを確認する
  • 無色澄明でない場合は「1.調製方法2)〜4)」に準じて再度調製する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 重篤な過敏症
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 授乳婦

副作用

主な副作用

悪心嘔吐食欲不振発熱下痢腹痛腹部膨満感口内炎倦怠感頭痛ビリルビン上昇

重大な副作用

ショック胸部圧迫感発疹皮膚潮紅重篤な過敏症状貧血血液障害汎血球減少白血球減少血小板減少巨赤芽球様細胞

上記以外の副作用

AST上昇ALT上昇Al−P上昇BUN上昇クレアチニン上昇脱毛腰痛眩暈しびれ感蛋白尿頻尿紅斑皮膚そう痒浮腫心悸亢進

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 重篤な過敏症
  • 慎重投与
    • アレルギー
    • 肝障害
    • 感染症
    • 気管支喘息
    • 骨髄機能抑制
    • 蕁麻疹
    • 発疹
    • 薬物過敏症

患者の属性に応じた注意事項

  • 原則禁止
    • 授乳婦
  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 慎重投与
    • 新生児(低出生体重児を含む)
    • 乳児
    • 幼児・小児
    • 高齢者
  • 注意
    • 幼児・小児
  • 投与に際する指示
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)
    • 低出生体重児(0日〜27日)
    • 新生児(0日〜27日)
    • 乳児(0日〜364日)
    • 幼児(0歳〜6歳)
    • 小児(0歳〜14歳)
  • 注意
    • 小児(0歳〜14歳)
    • 生殖可能な年齢(11歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
抗悪性腫瘍剤 骨髄機能抑制等の副作用が増強

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    急性白血病(慢性白血病の急性転化を含む)。

    用法・用量(添付文書全文)

    1日量、体重1kg当り3.5〜6.0mgを5%ブドウ糖注射液、5%果糖注射液、5%キシリット注射液、生理食塩液、リンゲル液又は糖電解質注射液に混合し、静脈内に2〜4時間で1日1回又は2回に分割し点滴注射する。10〜14日間連続投与を行うか、又は6〜10日間連続投与後休薬期間をおいて同様の投与を繰り返す。
    用量及び投与期間については患者の末梢血及び骨髄の状態により適宜増減する。
    [注射液の調製・保存方法]
    本剤は、可溶化剤としてポリオキシエチレン硬化ヒマシ油60を使用しており、次記の調製・保存方法を必ず守る。
    1.調製方法:
    1).エノシタビン10mgに対し、日局注射用水を1mLの割合で加える。
    2).バイアルを溶解ラックに入れ、あらかじめ沸騰させた水浴中で約10分間加熱する。その間、3回沸騰水浴中から取り出し、強く振り混ぜる(各回10秒間に10〜15回程度)。
    注意:本剤溶解操作時に溶解鍋の空焚きをしない[空焚きによりバイアルが破裂し、内容液とガラス片が飛散する恐れがある]。
    3).沸騰水浴中から取り出し、小さな塊あるいは透明なゲル状物のない均一な乳白色の液が得られたことを確認する。
    注意:乳白色の液が得られない場合は、再度前記2)の操作を行う。
    4).バイアルを熱い溶解ラックごと、好ましくは氷水中(流水中でも可)で約3分間振り混ぜながら急冷すると無色澄明な液が得られる。この溶液1.1mLには約10mgのエノシタビンが含まれる。
    注意:無色澄明な液を得るためには、急冷することが最も重要なポイントであるため、放置しない(急冷操作前にバイアルを放置する等により冷ましたような場合には、再度沸騰水浴中で加熱後、直ちに急冷操作を行う)。
    5).本剤の水溶液を輸液で希釈する際には、泡立ちを極力抑え、注入後の撹拌は穏やかに行う(輸液容器の液中に本剤の水溶液を注入する針を浸けて注入するか、又は壁を伝わせてゆっくり注入する)。
    <詳細は別添「サンラビン点滴静注用の調製方法」を参照>
    2.保存方法:本剤の水溶液(輸液希釈前)をやむを得ず保存する場合は、5℃以下で保存し、48時間以内に使用する。
    注意:輸液希釈前に、無色澄明であることを確認する。無色澄明でない場合は「1.調製方法2)〜4)」に準じて再度調製する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    承認時及び使用成績調査における総症例3,007例中1,893例(63.0%)に副作用がみられた。主な副作用は悪心857例(28.5%)、嘔吐584例(19.4%)、食欲不振627例(20.9%)、肝機能障害468例(15.6%)、貧血418例(13.9%)、発熱407例(13.5%)等であった。
    1.重大な副作用
    1).ショック(0.4%):ショックを起こすことがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。
    2).重篤な過敏症(0.1%):胸部圧迫感、発疹、皮膚潮紅等の重篤な過敏症状が現れることがあるので、このような症状が現れた場合には、直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。
    3).血液障害(頻度不明):汎血球減少、白血球減少、血小板減少、貧血、また、骨髄に巨赤芽球様細胞を認めることがあるので、定期的に血液検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には減量、休薬等の適切な処置を行う。
    2.その他の副作用
    1).消化器:(10%以上)食欲不振、悪心・嘔吐、(1〜10%未満)下痢、腹痛、腹部膨満感、口内炎。
    2).精神神経系:(1〜10%未満)倦怠感、頭痛、(1%未満)腰痛、眩暈、しびれ感。
    3).肝臓:(10%以上)ビリルビン上昇、AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、Al−P上昇。
    4).泌尿器:(1〜10%未満)BUN上昇、クレアチニン上昇、(1%未満)蛋白尿、頻尿。
    5).皮膚:(1〜10%未満)脱毛、(1%未満)紅斑、皮膚そう痒。
    6).その他:(10%以上)発熱、(1%未満)浮腫、心悸亢進。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    本剤の成分に対し重篤な過敏症の既往歴のある患者。
    (慎重投与)
    1.骨髄機能抑制のある患者[骨髄機能抑制を増悪させる恐れがある]。
    2.感染症を合併している患者[骨髄機能抑制により、感染を増悪させる恐れがある]。
    3.本人又は両親、兄弟に気管支喘息、発疹、蕁麻疹等のアレルギーを起こしやすい体質を持つ患者。
    4.薬物過敏症の既往歴のある患者。
    5.肝障害のある患者[肝障害を悪化させる恐れがある]。
    (重要な基本的注意)
    1.骨髄機能抑制等の重篤な副作用が起こることがあるので、頻回に臨床検査(血液検査、肝機能・腎機能検査等)を行うなど、患者の状態を十分に観察し、異常が認められた場合には減量・休薬等の適切な処置を行う(またこれらの副作用は、遷延性に推移することがあるので、投与は慎重に行う)。
    2.感染症の発現又は感染症増悪・出血傾向の発現又は出血傾向増悪に十分注意する。
    3.本剤の投与により、ときにショック等の重篤な過敏反応の発現がみられるので、使用に際しては少量注入後患者の状態をよく観察し、異常が認められた場合には、速やかに投与を中止し、適切な処置を行う。
    4.ショック等を予測するため、投与に際してはアレルギー既往歴、薬物過敏症等について十分な問診を行う。
    5.小児及び生殖可能な年齢の患者に投与する必要がある場合には、性腺に対する影響を考慮する。
    6.本剤の使用に際しては、「注射液の調製・保存方法」に従い、調製する。
    7.本剤の添加物であるポリオキシエチレン硬化ヒマシ油を含有する医薬品でショックの発現が報告されているので、前記注意事項に留意する。また、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油を含有する他の製剤で高脂血症がみられたとの報告がある。
    (相互作用)
    併用注意:他の抗悪性腫瘍剤[骨髄機能抑制等の副作用が増強することがある(副作用が相互に増強される)]。
    (高齢者への投与)
    高齢者では、一般に生理機能(造血機能、肝機能、腎機能等)が低下しているので、用量並びに投与間隔に留意するなど患者の状態を観察しながら慎重に投与する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[動物実験(ラット、ウサギ)で催奇形作用(胎仔骨格異常・胎仔外形異常)が報告されている]。
    2.授乳中の婦人に投与することを避け、やむを得ず投与する場合には授乳を中止させる[動物実験(ウサギ)で母乳中へ移行することが報告されている]。
    (小児等への投与)
    低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していないので、慎重に投与する。
    (適用上の注意)
    1.調製及び保存方法:「注射液の調製・保存方法」の項参照。
    2.投与時:
    1).静脈内投与により、ときに静脈炎等を起こすことがあるので注射部位、注射方法等に十分注意する。
    2).静脈内投与に際し、薬液が血管外に漏れると、注射部位に疼痛、発赤、腫脹等の炎症を起こすことがあるので、慎重に投与する。
    3).その他:ポリ塩化ビニル製の点滴セット、カテーテル等から、可塑剤であるDEHP[di−(2−ethylhexyl)phthalate:フタル酸ジ−(2−エチルヘキシル)]が溶出するので、ポリ塩化ビニル製の点滴セット、カテーテル等の使用を避ける。
    (その他の注意)
    1.本剤と他の抗悪性腫瘍剤を併用した患者に、急性白血病(前白血病相を伴う場合もある)、骨髄異形成症候群(MDS)が発生したとの報告がある。
    2.マウスに静脈内投与した小核試験において、変異原性が認められている。
    (保管上の注意)
    冷所。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急
    2. 今季のインフルエンザ、異常な立ち上がりに インフルエンザ診療Next:トピックス
    3. 遠隔ロボット手術、今後どう進む? 日本外科学会理事長の森正樹氏が現状と今後を紹介
    4. 【動画】オッカムの剃刀、ヒッカムの格言、どちらを… 動画で学ぶ「英国式vs米国式 外来診療の進め方」
    5. 13歳女児。繰り返す発熱 日経メディクイズ●小児
    6. 内視鏡前の梅毒・肝炎検査、要らなくないですか 記者の眼
    7. 働き方改革で即効性高い「切り札」とは? 日経ヘルスケアon the web
    8. 憩室炎を繰り返す患者を診たら考えたいこと 田中由佳里の「ハラワタの診かた」
    9. 時代遅れになった「退院支援」 医師が知らない介護の話
    10. 発熱と嘔吐の乳児に投与する急速輸液は 日経DIクイズ 病院篇
    医師と医学研究者におすすめの英文校正