日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

5−FU軟膏5%協和基本情報

先発品(後発品なし)

一般名:フルオロウラシル軟膏

製薬会社:協和キリン

薬価・規格: 331.5円(5%1g) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 悪性リンパ腫の皮膚転移
  • 基底細胞癌
  • パジェット病
  • 皮膚悪性腫瘍
  • 皮膚細網症
  • 皮膚転移癌
  • 皮膚付属器癌
  • 紅色肥厚症
  • 放射線角化腫
  • ボーエン病
  • 有棘細胞癌
  • 老人性角化腫

注意すべき副作用詳しく見る

発赤出血傾向皮膚色素沈着爪変形皮膚炎激しい疼痛光線過敏症爪変色

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 本剤適量を1日1〜2回患部に塗布する
  • 原則として閉鎖密封療法(ODT)を行うのが望ましい

副作用

主な副作用

発赤出血傾向皮膚色素沈着爪変形皮膚炎光線過敏症爪変色

重大な副作用

激しい疼痛

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 注意
    • DPD欠損
    • ジヒドロピリミジンデヒドロゲナーゼ欠損

患者の属性に応じた注意事項

  • 希望禁止
    • 妊婦・産婦

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    皮膚悪性腫瘍(有棘細胞癌、基底細胞癌、皮膚付属器癌、皮膚転移癌、ボーエン病、パジェット病、放射線角化腫、老人性角化腫、紅色肥厚症、皮膚細網症、悪性リンパ腫の皮膚転移)。

    用法・用量(添付文書全文)

    本剤適量を1日1〜2回患部に塗布する。
    原則として閉鎖密封療法(ODT)を行うのが望ましい。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    承認時及び1976年4月30日までの副作用頻度調査において、581例中、主な副作用は疼痛70件(12.0%)、色素沈着66件(11.4%)、発赤41件(7.1%)、局所の出血傾向32件(5.5%)等であった。
    1.重大な副作用
    皮膚塗布部の激しい疼痛が認められた場合にはステロイド軟膏を併用するか投与を中止する。
    2.その他の副作用:次記のような副作用が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には減量・休薬等の適切な処置を行う。
    皮膚:(5%以上)皮膚色素沈着、発赤、局所の出血傾向、(0.1〜5%未満)爪変形、皮膚炎、(頻度不明)光線過敏症、爪変色。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、投与しないことが望ましい[静脈内投与による動物実験(ラット、マウス)で多指症、口蓋裂等の催奇形作用が報告されている]。
    2.授乳婦に投与する場合には授乳を中止させる[授乳中の投与に関する安全性は確立していない]。
    (適用上の注意)
    塗布時:
    1.眼には接触させない。粘膜周辺に使用する場合には慎重に行う。
    2.手で塗布する場合には塗布後直ちに手を洗う。
    3.塗布部はなるべく日光にあたらないようにする。
    (その他の注意)
    フルオロウラシルの異化代謝酵素であるジヒドロピリミジンデヒドロゲナーゼ欠損(DPD欠損)等の患者がごくまれに存在し、このような患者にフルオロウラシル系薬剤を投与した場合、投与初期に重篤な副作用(口内炎、下痢、血液障害、神経障害等)が発現するとの報告がある。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 10歳男児。尿糖陽性 日経メディクイズ●小児
    2. 医師が欲しい「こんな商品、あんなサービス」 日経ヘルスケアon the web
    3. マッチング最終、市中病院マッチ者が6割超 【2019年度】フルマッチの大学は10校も、市中病院人気が加速
    4. デング熱国内感染2例を発表、関西で感染か 海外渡航歴がない10歳代の男女が発症、東京都が発表
    5. 「抗菌薬不足」に解決策はあるか? 特集◎医師が薬を自由に使えなくなる日《7》
    6. 怒る患者、傷付く患者に悩み中! うさコメント!
    7. 耳垢栓塞はどうやって除去? 耳かきの指導は? AntaaQAピックアップ
    8. 話題の新規心不全治療薬ARNI、日本上陸へ トレンド◎ネプリライシン阻害薬が国内承認申請
    9. ガイドラインにもお国柄あり? 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」
    10. 抗凝固薬の服用を怖がる患者にどう説明する? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ
    医師と医学研究者におすすめの英文校正