日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ジョイクル関節注30mgの基本情報

先発品(後発品なし)
一般名
製薬会社
薬価・規格
4394円(30mg3mL1筒)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 変形性関節症
  • 変形性膝関節症
  • 変形性股関節症
注意すべき副作用
ショック 、 アナフィラキシー 、 頭痛 、 振戦 、 動悸 、 呼吸困難 、 悪心 、 嘔吐 、 筋骨格痛 、 筋肉痛
用法・用量(主なもの)
  • 通常、成人1回1シリンジ(ジクロフェナクエタルヒアルロン酸ナトリウムとして1回30mg)を4週間ごとに関節腔内に投与する
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • アスピリン喘息
    • 過敏症
    • 非ステロイド性消炎鎮痛剤等により誘発される喘息発作

副作用

主な副作用
頭痛 、 振戦 、 動悸 、 呼吸困難 、 悪心 、 嘔吐 、 筋骨格痛 、 筋肉痛 、 四肢不快感 、 注射部位関節痛 、 倦怠感
重大な副作用
ショック 、 アナフィラキシー
上記以外の副作用
発熱 、 注射部位関節腫脹 、 γ−グルタミルトランスフェラーゼ増加 、 肝機能検査異常

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • アスピリン喘息
    • 過敏症
    • 非ステロイド性消炎鎮痛剤等により誘発される喘息発作
  • 注意
    • 関節液の貯留
    • 投与関節部に感染
    • 投与関節部に皮膚疾患
    • 気管支喘息<アスピリン喘息又はその既往歴を除く>
    • 関節液貯留が著しい
    • 投与関節の炎症が著しい
  • 投与に際する指示
    • 関節液の貯留
    • 関節液貯留が著しい
    • 投与関節の炎症が著しい
患者の属性に応じた注意事項
  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 注意
    • 授乳婦
    • 新生児(低出生体重児を含む)
    • 乳児
    • 幼児・小児
年齢や性別に応じた注意事項
  • 注意
    • 小児等(0歳〜14歳)

相互作用

薬剤との相互作用
薬剤名
影響
ニューキノロン系抗菌剤
痙攣
ノルフロキサシン
痙攣
シプロフロキサシン
痙攣

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

変形性関節症(変形性膝関節症、変形性股関節症)。

用法・用量(添付文書全文)

通常、成人1回1シリンジ(ジクロフェナクエタルヒアルロン酸ナトリウムとして1回30mg)を4週間ごとに関節腔内に投与する。

副作用(添付文書全文)

次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
11.1. 重大な副作用
11.1.1. ショック、アナフィラキシー(0.4%)。
11.2. その他の副作用
1). 神経系障害:(0.1%〜1%未満)頭痛、振戦。
2). 心臓障害:(0.1%〜1%未満)動悸。
3). 呼吸器、胸郭および縦隔障害:(0.1%〜1%未満)呼吸困難。
4). 胃腸障害:(0.1%〜1%未満)悪心、嘔吐。
5). 筋骨格系および結合組織障害:(0.1%〜1%未満)筋骨格痛、筋肉痛、四肢不快感。
6). 一般・全身障害および投与部位の状態:(1%〜5%未満)注射部位関節痛、(0.1%〜1%未満)倦怠感、発熱、注射部位関節腫脹。
7). 臨床検査:(0.1%〜1%未満)γ−グルタミルトランスフェラーゼ増加、肝機能検査異常。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
2.1. 本剤の成分、ジクロフェナクナトリウム及びヒアルロン酸ナトリウムに対し過敏症の既往歴のある患者。
2.2. アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤等により誘発される喘息発作)又はその既往歴のある患者〔9.1.2参照〕。
(重要な基本的注意)
8.1. 本剤の投与により、ときに局所痛があらわれることがあるので、投与後の局所安静などを患者に指示すること。
8.2. 本剤が関節腔外に漏れると疼痛を起こすおそれがあるので、関節腔内に確実に投与すること。
8.3. 投与関節の炎症が著しい又は関節液貯留が著しい場合は、本剤の投与により局所炎症症状悪化を招くおそれがあるので、炎症症状を抑えてから本剤を投与することが望ましい。
(特定の背景を有する患者に関する注意)
(合併症・既往歴等のある患者)
9.1.1. 投与関節部に皮膚疾患又は投与関節部に感染のある患者:関節内感染を誘発するおそれがある。
9.1.2. 気管支喘息<アスピリン喘息又はその既往歴を除く>のある患者:アスピリン喘息でないことを十分に確認すること(気管支喘息患者の中にはアスピリン喘息患者も含まれている可能性があり、それらの患者では重症喘息発作を誘発するおそれがある)〔2.2参照〕。
(妊婦)
妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。シクロオキシゲナーゼ阻害剤(経口剤、坐剤)を妊婦に使用し、胎児の腎機能障害及び尿量減少、それに伴う羊水過少症が起きたとの報告がある。他の非ステロイド性消炎鎮痛剤の外皮用剤を妊娠後期の女性に使用し、胎児動脈管収縮が起きたとの報告がある。また、本剤を単回膝関節腔内投与したラットにおいて、胎盤・胎仔移行性が認められている。
(授乳婦)
治療上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討すること(本剤のラットにおける単回膝関節腔内投与時に乳汁中への移行が認められている)。
(小児等)
小児等を対象とした臨床試験は実施していない。
(相互作用)
10.2. 併用注意:
ニューキノロン系抗菌剤(ノルフロキサシン、シプロフロキサシン等)[痙攣を起こすおそれがあるので、痙攣が発現した場合には、気道を確保し、ジアゼパムの静注等を行う(ニューキノロン系抗菌剤が脳内の抑制性神経伝達物質であるGABAの受容体結合を濃度依存的に阻害し、ある種の非ステロイド性消炎鎮痛剤との共存下ではその阻害作用が増強されることが動物で報告されている)]。
(適用上の注意)
14.1. 薬剤投与前の注意
14.1.1. 本剤を箱又はブリスター包装の状態で冷蔵庫から取り出し、遮光下で室温に戻してから投与すること。
14.2. 薬剤投与時の注意
14.2.1. 本剤は関節腔内に投与するので、厳重な無菌的操作のもとに行うこと。
14.2.2. 関節液の貯留があるときには、必要に応じ穿刺により排液すること。
14.2.3. 本剤は粘稠なため、22〜23G程度の注射針を用いて投与することが望ましい。
14.2.4. ルアーロック用注射針を使用し、しっかり固定するまで装着すること。
14.2.5. ブリスター包装を開封後は速やかに使用すること。
14.2.6. 本剤は1回使用の製剤であり、再使用しないこと。
(取扱い上の注意)
20.1. 外箱開封後は、遮光して保存すること。
20.2. ブリスター包装が開封していたり、破損している場合、又はシリンジにひび・破損等の異常が認められるときは使用しないこと。
(保管上の注意)
凍結を避け、2〜8℃で保存。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。