日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ランマーク皮下注120mg基本情報

先発品(後発品なし)

一般名:デノスマブ(遺伝子組換え)注射液

製薬会社:第一三共

薬価・規格: 46685円(120mg1.7mL1瓶) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

デノスマブ製剤詳しく見る

  • 骨を壊す過程を亢進する作用をあらわす体内物質のRANKLを阻害し、多発性骨髄腫や固形がんの骨転移による骨病変の進行を抑えたり、骨巨細胞腫の病変部位における抗腫瘍作用などをあらわす薬
デノスマブ製剤の代表的な商品名
  • ランマーク

効能・効果詳しく見る

  • 多発性骨髄腫の骨病変
  • 固形癌骨転移の骨病変
  • 骨巨細胞腫

注意すべき副作用詳しく見る

低カルシウム血症QT延長痙攣テタニーしびれ失見当識疲労悪心関節痛顎骨壊死

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1.多発性骨髄腫による骨病変及び固形癌骨転移による骨病変:デノスマブ(遺伝子組換え)として120mgを4週間に1回、皮下投与する
  • 2.骨巨細胞腫:デノスマブ(遺伝子組換え)として120mgを第1日、第8日、第15日、第29日、その後は4週間に1回、皮下投与する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 妊婦・産婦

副作用

主な副作用

疲労悪心関節痛無力症下痢頭痛低リン酸血症骨髄炎貧血白血球減少血小板減少

重大な副作用

低カルシウム血症QT延長痙攣テタニーしびれ失見当識顎骨壊死顎骨骨髄炎重篤な皮膚感染症重篤な蜂巣炎発赤腫脹疼痛発熱アナフィラキシー大腿骨転子下非定型骨折近位大腿骨骨幹部非定型骨折高カルシウム血症多発性椎体骨折

上記以外の副作用

発疹皮膚そう痒症皮膚乾燥脱毛症多汗症湿疹低マグネシウム血症眩暈不眠症錯感覚味覚異常感覚鈍麻嗜眠末梢性感覚ニューロパチー錯乱高血圧動悸心不全不整脈呼吸困難咳嗽口腔咽頭痛気胸食欲減退嘔吐便秘歯の障害歯痛歯膿瘍腹痛歯肉障害歯肉痛歯肉炎消化不良口内乾燥鼓腸口内炎筋肉痛骨痛背部痛顎痛四肢痛筋骨格痛筋痙縮頚部痛脊椎痛ALT上昇AST上昇Al−P上昇血中クレアチニン増加腎機能障害注射部位反応注射部位疼痛注射部位そう痒感注射部位血腫インフルエンザ様疾患末梢性浮腫体重減少胸痛ほてり悪寒上気道感染倦怠感尿路感染視力障害粘膜炎症体重増加流涙増加白内障薬物過敏症

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症
  • 慎重投与
    • 低カルシウム血症
    • 重度腎機能障害
    • 肺転移を有する骨巨細胞腫
  • 注意
    • 悪性腫瘍
    • 腎機能障害
    • 低カルシウム血症
    • 抜歯
    • 放射線療法
    • 局所感染
    • 化学療法
    • コルチコステロイド治療
    • 口腔の不衛生
    • 歯科処置
    • 顎骨に対する侵襲的歯科処置
    • 骨端線閉鎖を伴わない骨格が未成熟な骨巨細胞腫
    • 血管新生阻害薬治療
  • 投与に際する指示
    • 腎機能障害
    • 低カルシウム血症

患者の属性に応じた注意事項

  • 禁止
    • 妊婦・産婦
  • 慎重投与
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
化学療法 顎骨壊死
血管新生阻害薬治療 顎骨壊死
副腎皮質ホルモン剤 顎骨壊死
化学療法 顎骨骨髄炎
血管新生阻害薬治療 顎骨骨髄炎
副腎皮質ホルモン剤 顎骨骨髄炎

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.多発性骨髄腫による骨病変及び固形癌骨転移による骨病変。
    2.骨巨細胞腫。
    <効能・効果に関連する使用上の注意>
    1.骨巨細胞腫の場合、骨端線閉鎖を伴わない骨格が未成熟な骨巨細胞腫患者に対する本剤の有効性及び安全性は確立していない。
    2.骨巨細胞腫の場合、患者の年齢、体重等について、添付文書の「臨床成績」の項の内容を熟知し、本剤の有効性及び安全性を十分に理解した上で、適応患者の選択を行う。

    用法・用量(添付文書全文)

    1.多発性骨髄腫による骨病変及び固形癌骨転移による骨病変:デノスマブ(遺伝子組換え)として120mgを4週間に1回、皮下投与する。
    2.骨巨細胞腫:デノスマブ(遺伝子組換え)として120mgを第1日、第8日、第15日、第29日、その後は4週間に1回、皮下投与する。
    <用法・用量に関連する使用上の注意>
    1.本剤によるグレード3の副作用又はグレード4の副作用が発現した場合、グレード1以下に回復するまで休薬を考慮する(グレードはCTCAEに準じる)。
    2.本剤による重篤な低カルシウム血症の発現を軽減するため、血清補正カルシウム値が高値でない限り、毎日少なくともカルシウムとして500mg(骨巨細胞腫の場合は600mg)及び天然型ビタミンDとして400IUの投与を行う。但し、腎機能障害患者では、ビタミンDの活性化が障害されているため、腎機能障害の程度に応じ、ビタミンDについては活性型ビタミンDを使用するとともに、カルシウムについては投与の必要性を判断し、投与量を適宜調整する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    多発性骨髄腫による骨病変及び固形癌骨転移による骨病変:第3相臨床試験[骨転移を有する進行乳癌患者対象試験(日本が参加した国際共同試験)、骨転移を有するホルモン不応性(去勢抵抗性)前立腺癌患者対象試験(外国臨床試験)及び多発性骨髄腫又は骨転移を有する進行固形癌(乳癌及び前立腺癌を除く)患者対象試験(外国臨床試験)]において、総症例2,841例中827例(29.1%)に副作用が認められた。主なものは、低カルシウム血症165例(5.8%)、疲労78例(2.7%)、悪心75例(2.6%)、関節痛74例(2.6%)、顎骨壊死52例(1.8%)、無力症48例(1.7%)及び下痢45例(1.6%)等であった。骨転移を有する進行乳癌患者対象試験のデノスマブ群において、国内症例は69例であった[承認時]。
    骨巨細胞腫:国内外において実施された第2相臨床試験において、総症例321例中161例(50.2%)に副作用が認められた。主なものは、頭痛31例(9.7%)、疲労30例(9.3%)、悪心23例(7.2%)、低リン酸血症14例(4.4%)及び低カルシウム血症12例(3.7%)等であった[承認時]。
    1.重大な副作用
    1).低カルシウム血症(5.6%):QT延長、痙攣、テタニー、しびれ、失見当識等の症状を伴う低カルシウム血症が現れることがあり、死亡に至った例が報告されているので、観察を十分に行い、低カルシウム血症が認められた場合には、カルシウム及びビタミンDの経口投与に加えて、緊急を要する場合には、カルシウムの点滴投与を併用するなど、適切な処置を速やかに行う。
    2).顎骨壊死・顎骨骨髄炎(1.8%):顎骨壊死・顎骨骨髄炎が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど、適切な処置を行う。
    3).アナフィラキシー(頻度不明):アナフィラキシーが現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    4).大腿骨転子下及び近位大腿骨骨幹部の非定型骨折(頻度不明):大腿骨転子下非定型骨折及び近位大腿骨骨幹部非定型骨折を生じることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど、適切な処置を行う。
    5).治療中止後の高カルシウム血症(頻度不明):骨巨細胞腫患者において、本剤治療中止後、高カルシウム血症が現れることがある。
    6).治療中止後の多発性椎体骨折(頻度不明):本剤治療中止後、多発性椎体骨折が現れることがある。
    7).重篤な皮膚感染症(0.1%):重篤な蜂巣炎等の皮膚感染症が現れることがあるので、観察を十分に行い、発赤、腫脹、疼痛、発熱等の症状が認められた場合には、適切な処置を行う。
    2.その他の副作用:次記の副作用が現れることがあるので、異常が認められた場合には、必要に応じ適切な処置を行う。
    1).血液:(1%以上)貧血、(1%未満)白血球減少、血小板減少。
    2).皮膚:(1%未満)発疹、皮膚そう痒症、皮膚乾燥、脱毛症、多汗症、湿疹。
    3).代謝:(1%以上)低リン酸血症、(1%未満)高カルシウム血症、低マグネシウム血症。
    4).精神神経系:(1%以上)頭痛、(1%未満)眩暈、不眠症、錯感覚、味覚異常、感覚鈍麻、嗜眠、末梢性感覚ニューロパチー、錯乱。
    5).循環器:(1%未満)高血圧、動悸、心不全、不整脈。
    6).呼吸器:(1%未満)呼吸困難、咳嗽、口腔咽頭痛、気胸。
    7).消化器:(1%以上)悪心、下痢、食欲減退、嘔吐、便秘、歯の障害(歯痛、歯膿瘍等)、(1%未満)腹痛、歯肉障害(歯肉痛、歯肉炎等)、消化不良、口内乾燥、鼓腸、口内炎。
    8).筋骨格系:(1%以上)関節痛、筋肉痛、骨痛、背部痛、顎痛、四肢痛、(1%未満)筋骨格痛、筋痙縮、頚部痛、脊椎痛。
    9).肝臓:(1%未満)ALT上昇(GPT上昇)、AST上昇(GOT上昇)、Al−P上昇。
    10).腎臓:(1%以上)血中クレアチニン増加、(1%未満)腎機能障害。
    11).その他:(1%以上)疲労、無力症、発熱、注射部位反応(注射部位疼痛、注射部位そう痒感、注射部位血腫等)、(1%未満)インフルエンザ様疾患、疼痛、末梢性浮腫、体重減少、胸痛、ほてり、悪寒、上気道感染、倦怠感、尿路感染、視力障害、粘膜炎症、体重増加、骨髄炎、流涙増加、白内障、薬物過敏症。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (警告)
    1.本剤の治療開始後数日から、重篤な低カルシウム血症が現れることがあり、死亡に至った例が報告されているので、本剤の投与に際しては、頻回に血液検査を行い、観察を十分に行う。本剤による重篤な低カルシウム血症の発現を軽減するため、血清補正カルシウム値が高値でない限り、カルシウム及びビタミンDの経口補充のもとに本剤を投与する。
    2.重度腎機能障害患者では低カルシウム血症を起こす恐れが高いため、慎重に投与する。
    3.本剤投与後に低カルシウム血症が認められた場合には、カルシウム及びビタミンDの経口投与に加えて、緊急を要する場合には、カルシウムの点滴投与を併用するなど、適切な処置を速やかに行う。
    4.骨巨細胞腫に対する本剤の投与は、緊急時に十分対応できる医療施設において、骨巨細胞腫の診断及び治療に十分な知識・経験を持つ医師のもとで、本剤の投与が適切と判断される症例についてのみ行う。
    (禁忌)
    1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    2.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人。
    (慎重投与)
    1.低カルシウム血症の患者又は低カルシウム血症を起こす恐れのある患者[低カルシウム血症が発現又は増悪する恐れがある]。
    2.重度腎機能障害のある患者[低カルシウム血症を起こす恐れがあり、本剤の第3相臨床試験では、クレアチニンクリアランス値が30mL/min未満の重度腎疾患患者及び透析の必要な末期腎不全患者は対象から除外されており、本剤の使用経験が少ない]。
    3.肺転移を有する骨巨細胞腫患者[気胸が発現する恐れがある]。
    (重要な基本的注意)
    1.本剤はプラリアと同一成分(デノスマブ)を含むため、本剤投与中の患者にはプラリアの投与を避ける。
    2.多発性骨髄腫による骨病変及び固形癌骨転移による骨病変に対する本剤の投与は、がん治療に十分な知識・経験を持つ医師のもとで、本剤の投与が適切と判断される症例についてのみ行う。
    3.低カルシウム血症が現れることがあるので、本剤投与開始前に、血清カルシウム、リン等の血清電解質濃度を測定し、血清補正カルシウム値を確認し、低カルシウム血症が認められた場合には、低カルシウム血症を是正した後に、本剤の投与を開始する。
    4.治療開始後数日から、低カルシウム血症が現れることがあるので、本剤投与後は、患者の状態に注意し、頻回に血清カルシウム、リン等の血清電解質濃度を測定する。
    5.顎骨壊死・顎骨骨髄炎が現れることがあり、本剤の長期投与により顎骨壊死の発現率の増加が認められており、報告された症例の多くが抜歯等の顎骨に対する侵襲的歯科処置や局所感染に関連して発現しており、リスク因子としては、悪性腫瘍、化学療法、血管新生阻害薬治療、コルチコステロイド治療、放射線療法、口腔の不衛生、歯科処置の既往等が知られている。本剤の投与開始前は口腔内の管理状態を確認し、必要に応じて、患者に対し適切な歯科検査を受け、侵襲的な歯科処置をできる限り済ませておくよう指導する。
    本剤投与中に歯科処置が必要になった場合には、できる限り非侵襲的な歯科処置を受けるよう指導する。また、口腔内を清潔に保つこと、定期的な歯科検査を受けること、歯科受診時に本剤の使用を歯科医師に告知して侵襲的な歯科処置はできる限り避けることなどを患者に十分説明し、異常が認められた場合には、直ちに歯科・口腔外科を受診するように指導する。
    6.本剤又はビスホスホネート系薬剤を長期使用している患者において、非外傷性大腿骨転子下非定型骨折及び非外傷性近位大腿骨骨幹部非定型骨折が発現したとの報告がある。
    これらの報告では、完全骨折が起こる数週間から数カ月前に大腿部痛や鼠径部痛等の前駆痛が認められている報告もあることから、本剤の投与開始後にこのような症状が認められた場合には、X線検査等を行い、適切な処置を行う。また、両側性の骨折が生じる可能性があることから、片側非定型骨折が起きた場合には、反対側の大腿骨の症状等を確認し、X線検査を行うなど、慎重に観察する(X線検査時には骨皮質の肥厚等、特徴的な画像所見がみられており、そのような場合には適切な処置を行う)。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので、患者の状態を十分に観察しながら慎重に投与する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しない。また、妊娠可能な婦人に対しては、適切な避妊を行うよう指導する[動物実験では、サルに妊娠20日から分娩時まで本剤(50mg/kg/4週)を皮下投与した結果、死産増加、出生仔分娩後死亡増加、骨異常・歯異常、末梢リンパ節欠損が認められた]。
    2.授乳婦に投与する場合には授乳を中止させる[本剤のヒト乳汁中への移行は不明であるが、ヒトIgGは乳汁中に移行することが報告されている]。
    (小児等への投与)
    1.低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)[本剤を投与した若齢サルにおいて、骨端成長板異常が認められた。RANKL*を阻害すると、ラット新生仔の骨成長抑制及び歯萌出抑制されることが示されている]。
    *RANKL:receptor activator for nuclear factor−κB ligand
    2.骨端線閉鎖を伴わない骨格が未成熟な小児患者において、本剤治療中止後(数週間から数カ月後)に、急性腎障害、悪心・嘔吐等の臨床症状を伴う重篤な高カルシウム血症が発現した例が報告されている。
    (過量投与)
    臨床試験では、本剤180mg(4週間に1回投与)までの用量で投与されている。本用量において認められた主な症状は、本剤の承認用量で認められたものと同様であった。
    (適用上の注意)
    1.投与経路:皮下注射にのみ使用する。
    2.投与部位:皮下注射は上腕・大腿又は腹部に行う。
    3.前処置:患者への投与前に冷蔵保存(2〜8℃)下から室温に戻した後、使用する。
    4.投与時:
    1).投与の際には、27ゲージの注射針の使用が推奨される。
    2).注射針が血管内に刺入していないことを確認する。
    (その他の注意)
    臨床試験において、3,508例中15例(0.4%)で本剤に対する結合抗体が認められたが、中和抗体の産生は認められなかった。
    (保管上の注意)
    遮光、凍結を避け2〜8℃で保存。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 透析拒否で死亡、遺族が医師を訴えた理由 特集◎福生病院の「透析拒否で死亡」報道が投げかけたもの《3》
    2. 30歳代男性。胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線
    3. 息子に承継させたい院長が取った余計な行動 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《2》承継(前編)
    4. 「心臓マッサージ」は間違いじゃない、けど…… 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
    5. プライマリ・ケア連合学会、総合診療医にサブスペシ… 新・家庭医療専門医、病院総合診療専門医を養成
    6. 「ディズニーストラテジー」を試してみませんか 診療所マネジメント実践記
    7. 離乳とアレルギーの関係は? 気になる改定「ガイド… リポート◎「授乳・離乳の支援ガイド」が12年ぶりに改定
    8. 【漫画】めまいの原因 ガンバレ薬剤師
    9. イメージ論文の書き方(ひな型公開!) 市中病院からトップジャーナルを狙おう!
    10. [file001]とにかくよく休む男性 5分で勝負!産業メンタルヘルス事件簿
    医師と医学研究者におすすめの英文校正