日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ネスプ注射液5μgプラシリンジの基本情報

先発品(後発品あり)
一般名
製薬会社
薬価・規格
1204円(5μg0.5mL1筒)
添付文書

基本情報

効能・効果
  • 腎性貧血
  • 骨髄異形成症候群の貧血
注意すべき副作用
血圧上昇 、 シャント血栓 、 頭痛 、 倦怠感 、 脳梗塞 、 胸部不快感 、 脳出血 、 肝機能障害 、 黄疸 、 ALT上昇
用法・用量(主なもの)
  • 1.腎性貧血:<血液透析患者>1).初回用量:(1).成人:ダルベポエチン アルファ(遺伝子組換え)として、週1回20μgを静脈内投与する
  • (2).小児:小児にはダルベポエチン アルファ(遺伝子組換え)として、週1回0.33μg/kg(最高20μg)を静脈内投与する
  • 2).エリスロポエチン(エポエチン アルファ(遺伝子組換え)、エポエチン ベータ(遺伝子組換え)等)製剤からの切替え初回用量:ダルベポエチン アルファ(遺伝子組換え)として、週1回15〜60μgを静脈内投与する
  • 3).維持用量:(1).成人:貧血改善効果が得られたら、ダルベポエチン アルファ(遺伝子組換え)として、週1回15〜60μgを静脈内投与する
  • 週1回投与で貧血改善が維持されている場合には、その時点での1回の投与量の2倍量を開始用量として、2週に1回投与に変更し、2週に1回30〜120μgを静脈内投与することができる
  • (2).小児:貧血改善効果が得られたら、小児にはダルベポエチン アルファ(遺伝子組換え)として、週1回5〜60μgを静脈内投与する
  • 週1回投与で貧血改善が維持されている場合には、その時点での1回の投与量の2倍量を開始用量として、2週に1回投与に変更し、2週に1回10〜120μgを静脈内投与することができる
    • なお、いずれの場合も貧血症状の程度、年齢等により適宜増減するが、最高投与量は、1回180μgとする
  • <腹膜透析患者及び保存期慢性腎臓病患者>1).初回用量:(1).成人:ダルベポエチン アルファ(遺伝子組換え)として、2週に1回30μgを皮下又は静脈内投与する
  • (2).小児:小児にはダルベポエチン アルファ(遺伝子組換え)として、2週に1回0.5μg/kg(最高30μg)を皮下又は静脈内投与する
  • 2).エリスロポエチン(エポエチン アルファ(遺伝子組換え)、エポエチン ベータ(遺伝子組換え)等)製剤からの切替え初回用量:(1).成人:ダルベポエチン アルファ(遺伝子組換え)として、2週に1回30〜120μgを皮下又は静脈内投与する
  • (2).小児:小児にはダルベポエチン アルファ(遺伝子組換え)として、2週に1回10〜60μgを皮下又は静脈内投与する
  • 3).維持用量:(1).成人:貧血改善効果が得られたら、ダルベポエチン アルファ(遺伝子組換え)として、2週に1回30〜120μgを皮下又は静脈内投与する
  • 2週に1回投与で貧血改善が維持されている場合には、その時点での1回の投与量の2倍量を開始用量として、4週に1回投与に変更し、4週に1回60〜180μgを皮下又は静脈内投与することができる
  • (2).小児:貧血改善効果が得られたら、小児にはダルベポエチン アルファ(遺伝子組換え)として、2週に1回5〜120μgを皮下又は静脈内投与する
  • 2週に1回投与で貧血改善が維持されている場合には、その時点での1回の投与量の2倍量を開始用量として、4週に1回投与に変更し、4週に1回10〜180μgを皮下又は静脈内投与することができる
    • なお、いずれの場合も貧血症状の程度、年齢等により適宜増減するが、最高投与量は、1回180μgとする
  • 2.骨髄異形成症候群に伴う貧血:ダルベポエチン アルファ(遺伝子組換え)として、週1回240μgを皮下投与する
    • なお、貧血症状の程度、年齢等により適宜減量する
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

主な副作用
血圧上昇 、 シャント血栓 、 頭痛 、 倦怠感 、 胸部不快感 、 浮腫 、 不整脈 、 狭心症 、 心筋虚血 、 透析時低血圧 、 動悸
重大な副作用
脳梗塞 、 脳出血 、 肝機能障害 、 黄疸 、 ALT上昇 、 γ−GTP上昇 、 ショック 、 アナフィラキシー 、 蕁麻疹 、 呼吸困難 、 口唇浮腫 、 咽頭浮腫 、 赤芽球癆 、 抗エリスロポエチン抗体産生 、 高血圧性脳症 、 心筋梗塞 、 肺梗塞
上記以外の副作用
閉塞性動脈硬化症 、 皮膚そう痒症 、 発疹 、 肝機能異常 、 Al−P上昇 、 AST上昇 、 ビリルビン上昇 、 胆嚢ポリープ 、 血清カリウム上昇 、 尿酸上昇 、 貯蔵鉄減少 、 血中リン上昇 、 食欲減退 、 二次性副甲状腺機能亢進症 、 好酸球増多 、 血小板減少 、 リンパ球減少 、 白血球減少 、 白血球増多 、 腎機能低下 、 BUN上昇 、 クレアチニン上昇 、 血尿 、 腹痛 、 嘔気 、 嘔吐 、 胃炎 、 十二指腸炎 、 眩暈 、 不眠症 、 味覚異常 、 感音性難聴 、 硝子体出血 、 結膜炎 、 シャント閉塞 、 LDH上昇 、 透析回路内残血 、 筋骨格痛 、 シャント部疼痛 、 発熱 、 止血不良 、 糖尿病性壊疽 、 熱感 、 ほてり感

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 過敏症
  • 慎重投与
    • アレルギー
    • 血栓塞栓症
    • 高血圧症
    • 心筋梗塞
    • 脳梗塞
    • 肺梗塞
    • 薬物過敏症
  • 注意
    • 虚血性心疾患
    • 心不全
    • 鉄欠乏時
    • 2型糖尿病
    • IPSSによるリスク分類の高リスクの骨髄異形成症候群に伴う貧血
    • IPSSによるリスク分類の中間−2リスクの骨髄異形成症候群に伴う貧血
患者の属性に応じた注意事項
  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 希望禁止
    • 授乳婦
  • 慎重投与
    • 幼児・小児
  • 注意
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 慎重投与
    • 腎性貧血の小児(0歳〜14歳)
  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

1.腎性貧血。
2.骨髄異形成症候群に伴う貧血。
<効能・効果に関連する使用上の注意>
骨髄異形成症候群に伴う貧血:
1.IPSSによるリスク分類の中間−2リスクの骨髄異形成症候群に伴う貧血及びIPSSによるリスク分類の高リスクの骨髄異形成症候群に伴う貧血に対する有効性及び安全性は確立していない(IPSS:International prognostic scoring system(国際予後スコアリングシステム))。
2.骨髄異形成症候群に伴う貧血の場合、臨床試験の対象となった患者における血清中エリスロポエチン濃度等について、添付文書の「臨床成績」の項の内容を熟知し、本剤の有効性及び安全性を十分に理解した上で、学会のガイドライン等、最新の情報を参考に適応患者の選択を行う。

用法・用量(添付文書全文)

1.腎性貧血:
<血液透析患者>
1).初回用量:
(1).成人:ダルベポエチン アルファ(遺伝子組換え)として、週1回20μgを静脈内投与する。
(2).小児:小児にはダルベポエチン アルファ(遺伝子組換え)として、週1回0.33μg/kg(最高20μg)を静脈内投与する。
2).エリスロポエチン(エポエチン アルファ(遺伝子組換え)、エポエチン ベータ(遺伝子組換え)等)製剤からの切替え初回用量:
ダルベポエチン アルファ(遺伝子組換え)として、週1回15〜60μgを静脈内投与する。
3).維持用量:
(1).成人:貧血改善効果が得られたら、ダルベポエチン アルファ(遺伝子組換え)として、週1回15〜60μgを静脈内投与する。週1回投与で貧血改善が維持されている場合には、その時点での1回の投与量の2倍量を開始用量として、2週に1回投与に変更し、2週に1回30〜120μgを静脈内投与することができる。
(2).小児:貧血改善効果が得られたら、小児にはダルベポエチン アルファ(遺伝子組換え)として、週1回5〜60μgを静脈内投与する。週1回投与で貧血改善が維持されている場合には、その時点での1回の投与量の2倍量を開始用量として、2週に1回投与に変更し、2週に1回10〜120μgを静脈内投与することができる。
なお、いずれの場合も貧血症状の程度、年齢等により適宜増減するが、最高投与量は、1回180μgとする。
<腹膜透析患者及び保存期慢性腎臓病患者>
1).初回用量:
(1).成人:ダルベポエチン アルファ(遺伝子組換え)として、2週に1回30μgを皮下又は静脈内投与する。
(2).小児:小児にはダルベポエチン アルファ(遺伝子組換え)として、2週に1回0.5μg/kg(最高30μg)を皮下又は静脈内投与する。
2).エリスロポエチン(エポエチン アルファ(遺伝子組換え)、エポエチン ベータ(遺伝子組換え)等)製剤からの切替え初回用量:
(1).成人:ダルベポエチン アルファ(遺伝子組換え)として、2週に1回30〜120μgを皮下又は静脈内投与する。
(2).小児:小児にはダルベポエチン アルファ(遺伝子組換え)として、2週に1回10〜60μgを皮下又は静脈内投与する。
3).維持用量:
(1).成人:貧血改善効果が得られたら、ダルベポエチン アルファ(遺伝子組換え)として、2週に1回30〜120μgを皮下又は静脈内投与する。2週に1回投与で貧血改善が維持されている場合には、その時点での1回の投与量の2倍量を開始用量として、4週に1回投与に変更し、4週に1回60〜180μgを皮下又は静脈内投与することができる。
(2).小児:貧血改善効果が得られたら、小児にはダルベポエチン アルファ(遺伝子組換え)として、2週に1回5〜120μgを皮下又は静脈内投与する。2週に1回投与で貧血改善が維持されている場合には、その時点での1回の投与量の2倍量を開始用量として、4週に1回投与に変更し、4週に1回10〜180μgを皮下又は静脈内投与することができる。
なお、いずれの場合も貧血症状の程度、年齢等により適宜増減するが、最高投与量は、1回180μgとする。
2.骨髄異形成症候群に伴う貧血:ダルベポエチン アルファ(遺伝子組換え)として、週1回240μgを皮下投与する。なお、貧血症状の程度、年齢等により適宜減量する。
<用法・用量に関連する使用上の注意>
1.腎性貧血:貧血改善効果の目標値は学会のガイドライン等、最新の情報を参考にする。
1).小児の初回用量:
(1).血液透析患者:
通常、小児には次を参考に、ダルベポエチン アルファ(遺伝子組換え)として、週1回5〜20μgを静脈内投与する。
体重30kg未満:本剤投与量5μg。
体重30kg以上40kg未満:本剤投与量10μg。
体重40kg以上60kg未満:本剤投与量15μg。
体重60kg以上:本剤投与量20μg。
(2).腹膜透析患者及び保存期慢性腎臓病患者:
通常、小児には次を参考に、ダルベポエチン アルファ(遺伝子組換え)として、2週に1回5〜30μgを皮下又は静脈内投与する。
体重20kg未満:本剤投与量5μg。
体重20kg以上30kg未満:本剤投与量10μg。
体重30kg以上40kg未満:本剤投与量15μg。
体重40kg以上60kg未満:本剤投与量20μg。
体重60kg以上:本剤投与量30μg。
2).切替え初回用量:
次を参考に、切替え前のエリスロポエチン製剤投与量から本剤の投与量及び投与頻度を決定し、切り替える。
なお、腎性貧血の小児に対して1回3μg/kgを超えて投与する場合、慎重に投与する(小児に対して1回3μg/kgを超える使用経験はない)。
(1).エリスロポエチン製剤が週2回あるいは週3回投与されている患者:切替え前1週間のエリスロポエチン製剤投与量を合計し、次を参考に本剤の初回用量を決定し、週1回から投与を開始する。
(2).エリスロポエチン製剤が週1回あるいは2週に1回投与されている患者:切替え前2週間のエリスロポエチン製剤投与量を合計し、次を参考に本剤の初回用量を決定し、2週に1回から投与を開始する。
切替え前1週間あるいは2週間(小児は切替え前2週間)のエリスロポエチン製剤投与量の合計3000IU未満:(本剤投与量)成人15μg;小児10μg。
切替え前1週間あるいは2週間(小児は切替え前2週間)のエリスロポエチン製剤投与量の合計3000IU:(本剤投与量)成人・小児15μg。
切替え前1週間あるいは2週間(小児は切替え前2週間)のエリスロポエチン製剤投与量の合計4500IU:(本剤投与量)成人・小児20μg。
切替え前1週間あるいは2週間(小児は切替え前2週間)のエリスロポエチン製剤投与量の合計6000IU:(本剤投与量)成人・小児30μg。
切替え前1週間あるいは2週間(小児は切替え前2週間)のエリスロポエチン製剤投与量の合計9000IU:(本剤投与量)成人・小児40μg。
切替え前1週間あるいは2週間(小児は切替え前2週間)のエリスロポエチン製剤投与量の合計12000IU:(本剤投与量)成人・小児60μg。
3).投与量調整:
投与初期にヘモグロビン濃度あるいはヘマトクリット値に適度な上昇がみられなかった場合や、維持投与期にヘモグロビン濃度あるいはヘマトクリット値が2週連続して目標範囲から逸脱した場合など、用量調整が必要な場合には、次を参考に投与量を増減する。なお、増量する場合には原則として1段階ずつ行う。
また、腎性貧血の小児に対して1回3μg/kgを超えて投与する場合、慎重に投与する。
(1).成人(皮下投与時)の投与量調整:
段階1:本剤投与量15μg。
段階2:本剤投与量30μg。
段階3:本剤投与量60μg。
段階4:本剤投与量90μg。
段階5:本剤投与量120μg。
段階6:本剤投与量180μg。
(2).成人(静脈内投与時)及び小児(皮下又は静脈内投与時)の投与量調整:
段階1:本剤投与量5μg。
段階2:本剤投与量10μg。
段階3:本剤投与量15μg。
段階4:本剤投与量20μg。
段階5:本剤投与量30μg。
段階6:本剤投与量40μg。
段階7:本剤投与量50μg。
段階8:本剤投与量60μg。
段階9:本剤投与量80μg。
段階10:本剤投与量100μg。
段階11:本剤投与量120μg。
段階12:本剤投与量140μg。
段階13:本剤投与量160μg。
段階14:本剤投与量180μg。
4).投与間隔変更時:
(1).(腎性貧血)本剤の投与間隔を変更する際には投与間隔を延長する前のヘモグロビン濃度又はヘマトクリット値の推移を十分に観察し、同一投与量でヘモグロビン濃度又はヘマトクリット値が安定した推移を示していることを確認した上で週1回から2週に1回又は2週に1回から4週に1回に変更する。腎性貧血で投与間隔変更後にはヘモグロビン濃度あるいはヘマトクリット値の推移を確認し、適宜調整を行う。
(2).(腎性貧血)1回あたり180μgを投与してもヘモグロビン濃度が目標範囲に達しないあるいはヘマトクリット値が目標範囲に達しない場合には、投与量を1/2とし、投与頻度を2週に1回から週1回あるいは4週に1回から2週に1回に変更する。
2.骨髄異形成症候群に伴う貧血:
1).(骨髄異形成症候群に伴う貧血)他の抗悪性腫瘍剤との併用について、有効性及び安全性は確立していない。
2).(骨髄異形成症候群に伴う貧血)必要以上の造血作用(ヘモグロビン濃度で11g/dL超を目安とする)を認めた場合等、減量が必要な場合には、その時点での投与量の半量を目安に減量し、その後ヘモグロビン濃度が低下し増量が必要となった場合(ヘモグロビン濃度で9g/dL未満を目安とする)には、その時点での投与量の倍量を目安に増量する(但し、最高投与量は1回240μgとする)。
3).(骨髄異形成症候群に伴う貧血)本剤を投与しても、十分な貧血改善効果が認められない場合、又は病勢の進行が認められた場合には、他の治療法への切替えを考慮する(なお、本剤投与開始後16週時点を目安として、本剤の投与継続の要否を検討する)。

副作用(添付文書全文)

1.腎性貧血:
<成人>
国内臨床試験において、1,462例中472例(32.3%)に副作用(臨床検査値異常を含む)が認められた。主な副作用は血圧上昇248例(17.0%)、シャント血栓・閉塞44例(3.0%)、頭痛29例(2.0%)、倦怠感20例(1.4%)であった[ネスプ注射液承認時]。
透析患者を対象とした特定使用成績調査において、4,173例中508例(12.2%)に副作用(臨床検査値異常を含む)が認められた。主な副作用は、血圧上昇347例(8.3%)、シャント血栓・閉塞52例(1.2%)、脳梗塞15例(0.4%)であった[静脈内投与再審査終了時]。
保存期慢性腎臓病患者及び腹膜透析患者を対象とした特定使用成績調査において、5,679例中395例(7.0%)に副作用(臨床検査値異常を含む)が認められた。うち、保存期慢性腎臓病患者では5,547例中394例(7.1%)に副作用(臨床検査値異常を含む)が認められた。主な副作用は、血圧上昇75例(1.4%)、腎機能の低下(BUN、クレアチニンの上昇等)32例(0.6%)、脳梗塞24例(0.4%)であった。腹膜透析患者では132例中1例(0.8%)に胸部不快感の副作用が認められた[皮下投与再審査終了時]。
<小児>
国内臨床試験において、31例に副作用(臨床検査値異常を含む)は認められなかった[小児用法追加承認時]。
2.骨髄異形成症候群に伴う貧血:骨髄異形成症候群患者を対象とした国際共同第2相試験において、安全性解析対象例52例(日本人31例を含む)中18例(34.6%)に副作用(臨床検査値異常を含む)が認められ、主な副作用は下痢2例(3.8%)、血中アルカリホスファターゼ増加2例(3.8%)、高尿酸血症2例(3.8%)、葉酸欠乏2例(3.8%)、頭痛2例(3.8%)、高血圧2例(3.8%)であった[効能追加承認時]。
1.重大な副作用
1).脳梗塞(0.8%):脳梗塞が現れることがあるので、観察を十分に行い異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。
2).脳出血(0.1%):脳出血が現れることがあるので、観察を十分に行い異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。
3).肝機能障害、黄疸(0.1%):ALT上昇(GPT上昇)、γ−GTP上昇等を伴う肝機能障害、黄疸が現れることがあるので、観察を十分に行い異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。
4).高血圧性脳症(0.1%未満):高血圧性脳症が現れることがあるので、血圧等の推移に十分注意しながら投与する。
5).ショック、アナフィラキシー(頻度不明):ショック、アナフィラキシー(蕁麻疹、呼吸困難、口唇浮腫、咽頭浮腫等)を起こすことがあるので、観察を十分に行い異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。
6).赤芽球癆(頻度不明):抗エリスロポエチン抗体産生を伴う赤芽球癆が現れることがあるので、その場合は投与を中止し、適切な処置を行う。
7).心筋梗塞、肺梗塞(0.1%未満):心筋梗塞、肺梗塞が現れることがあるので、観察を十分に行い異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。
2.その他の副作用:次記のような副作用が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には減量・休薬等の適切な処置を行う。
1).循環器:(1%以上)血圧上昇(16.2%)、(0.5〜1%未満)不整脈、(0.5%未満)狭心症・心筋虚血、透析時低血圧、動悸、閉塞性動脈硬化症。
2).皮膚:(0.5〜1%未満)皮膚そう痒症、発疹。
3).肝臓:(1%以上)肝機能異常(Al−P上昇、γ−GTP上昇、AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、ビリルビン上昇)、(0.5%未満)胆嚢ポリープ。
4).代謝:(0.5%未満)血清カリウム上昇、尿酸上昇、貯蔵鉄減少、血中リン上昇、食欲減退、二次性副甲状腺機能亢進症。
5).血液:(0.5〜1%未満)好酸球増多、血小板減少、(0.5%未満)リンパ球減少、白血球減少、白血球増多。
6).腎臓・泌尿器:(0.5〜1%未満)腎機能低下(BUN上昇、クレアチニン上昇等)、(0.5%未満)血尿。
7).消化器:(0.5%未満)腹痛、嘔気・嘔吐、胃炎、十二指腸炎。
8).感覚器:(1%以上)頭痛、倦怠感、(0.5%未満)眩暈、不眠症、味覚異常、感音性難聴。
9).眼:(0.5%未満)硝子体出血、結膜炎。
10).その他:(1%以上)シャント血栓・シャント閉塞、LDH上昇、(0.5%未満)透析回路内残血、筋骨格痛、シャント部疼痛、発熱、胸部不快感、浮腫、止血不良、糖尿病性壊疽、(頻度不明)熱感・ほてり感。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
本剤の成分又はエリスロポエチン製剤に過敏症の患者。
(慎重投与)
1.心筋梗塞、肺梗塞、脳梗塞等の患者、又はその既往歴を有し血栓塞栓症を起こす恐れのある患者[エリスロポエチン製剤において血液粘稠度が上昇するとの報告があり、血栓塞栓症を増悪あるいは誘発する恐れがあるので観察を十分に行う]。
2.高血圧症の患者[本剤投与により血圧上昇を認める場合があり、また、高血圧性脳症が現れる恐れがあるので観察を十分に行う]。
3.薬物過敏症の既往歴のある患者。
4.アレルギー素因のある患者。
(重要な基本的注意)
1.腎性貧血:
1).(腎性貧血)本剤の投与は貧血症に伴う日常生活活動の支障が認められる患者に限定する(なお、投与初期における投与対象は、血液透析患者ではヘモグロビン濃度で10g/dL(ヘマトクリット値で30%)未満を目安とし、活動性の高い比較的若年の血液透析患者、腹膜透析患者及び保存期慢性腎臓病患者ではヘモグロビン濃度で11g/dL(ヘマトクリット値で33%)未満を目安とする)。
2).(腎性貧血)本剤の投与に際しては、腎性貧血であることを確認し他の貧血症(失血性貧血、汎血球減少症等)には投与しない。
3).(腎性貧血)ショック等の反応を予測するため十分な問診をし、投与に際しては、必ずショック等に対する救急処置のとれる準備をしておく。また、投与開始から投与終了後まで、患者を安静な状態に保たせ、十分な観察を行う(特に、投与開始直後は注意深く観察する)。なお、腎性貧血では、投与開始時あるいは休薬後の初回投与時には、本剤の少量を静脈内あるいは皮内に注入し、異常反応の発現しないことを確認後、全量を投与することが望ましい。
4).(腎性貧血)腎性貧血の治療におけるヘモグロビン濃度に関連して、次の臨床試験成績が報告されている;本剤投与中はヘモグロビン濃度あるいはヘマトクリット値を定期的に観察し、学会のガイドライン等、最新の情報を参考にして、腎性貧血では、必要以上の造血作用(血液透析患者においてはヘモグロビン濃度で12g/dL超あるいはヘマトクリット値で36%超を目安とする)が現れないように十分注意する。
(1).心不全や虚血性心疾患を合併する血液透析患者の腎性貧血において、目標ヘモグロビン濃度を14g/dL(ヘマトクリット値42%)に維持した群では、10g/dL(ヘマトクリット値30%)前後に維持した群に比べて死亡率が高い傾向が示されたとの報告がある。
(2).保存期慢性腎臓病患者における腎性貧血に対する赤血球造血刺激因子製剤による治療について、目標ヘモグロビン濃度を13.5g/dLに設定した患者では、11.3g/dLに設定した患者に比較して、有意に死亡及び心血管系障害の発現頻度が高いことが示されたとの報告がある。
(3).2型糖尿病で腎性貧血を合併している保存期慢性腎臓病患者において、目標ヘモグロビン濃度を13.0g/dLに設定して赤血球造血刺激因子製剤が投与された患者とプラセボが投与された患者(ヘモグロビン濃度が9.0g/dLを下回った場合に赤血球造血刺激因子製剤を投与)を比較したところ、赤血球造血刺激因子製剤群ではプラセボ群に比較して有意に脳卒中の発現頻度が高いことが示されたとの報告がある。
5).(腎性貧血)本剤投与開始時及び用量変更時には、ヘモグロビン濃度あるいはヘマトクリット値が目標範囲に到達し、安定するまでは週1回から2週に1回程度ヘモグロビン濃度あるいはヘマトクリット値を確認する(必要以上の造血作用を認めた場合は、休薬等の適切な処置をとる)。
6).(腎性貧血)本剤投与により血圧上昇を認める場合があり、また、高血圧性脳症が報告されているので、血圧、ヘモグロビン濃度、ヘマトクリット値等の推移に十分注意しながら投与し、特に、ヘモグロビン濃度、ヘマトクリット値は徐々に上昇させるよう注意する。また、腎性貧血では、本剤は持続型製剤であり、エリスロポエチン製剤と比較して造血作用が長時間持続するので、臨床試験において投与中止後もヘモグロビン濃度あるいはヘマトクリット値の低下に時間を要する症例が認められていることから、ヘモグロビン濃度あるいはヘマトクリット値が回復するまで観察を十分に行う。
7).(腎性貧血)本剤投与により抗エリスロポエチン抗体産生を伴う赤芽球癆が現れることがあるので、本剤の使用中に貧血の改善がない、あるいは貧血が悪化する場合等は同疾患を疑い、赤芽球癆と診断された場合には本剤の投与を中止し、また、赤芽球癆と診断された場合にはエリスロポエチン製剤への切替えは避け、適切な処置を行う。
8).(腎性貧血)本剤投与により高カリウム血症を認める場合があるので、食事管理を適切に行う。
9).(腎性貧血)本剤の効果発現には鉄の存在が重要であり、鉄欠乏時には鉄剤の投与を行う。
10).(腎性貧血)血液透析患者の腎性貧血においては、本剤投与によりシャントの閉塞や血液透析装置内の残血を認める場合があるので、シャントの血流量や血液透析装置内の血流量には十分注意する(このような場合にはシャントの再造設、抗凝固剤の増量等の適切な処置をとる)。
11).(腎性貧血)保存期慢性腎臓病患者に対し本剤を用いる場合には次の事項を考慮する。
(1).保存期慢性腎臓病の腎性貧血患者においては水分の調節が困難であるので、水分量と電解質の収支及び腎機能並びに血圧等の観察を十分行う。
(2).保存期慢性腎臓病の腎性貧血患者に対し本剤を用いる場合には慢性腎臓病の進展に伴い、本剤の貧血改善効果が減弱する可能性があるので、本剤投与中は血清クレアチニン濃度やクレアチニンクリアランス等の経過を適宜観察し、増量あるいは投与中止等の適切な処置をとる。
2.骨髄異形成症候群に伴う貧血:
1).(骨髄異形成症候群に伴う貧血)本剤は、血液疾患の治療に対して十分な知識・経験を持つ医師のもとで、本剤の使用が適切と判断される患者にのみ投与する。
2).(骨髄異形成症候群に伴う貧血)本剤の投与は貧血症に伴う日常生活活動の支障が認められる患者に限定し、輸血の回避、輸血依存からの離脱又は輸血量の減少を目的に使用する。
3).(骨髄異形成症候群に伴う貧血)ショック等の反応を予測するため十分な問診をし、投与に際しては、必ずショック等に対する救急処置のとれる準備をしておく。また、投与開始から投与終了後まで、患者を安静な状態に保たせ、十分な観察を行う(特に、投与開始直後は注意深く観察する)。なお、骨髄異形成症候群に伴う貧血では、投与開始時あるいは休薬後の初回投与時には、本剤の少量を皮内に注入し、異常反応の発現しないことを確認後、全量を投与することが望ましい。
4).(骨髄異形成症候群に伴う貧血)本剤投与中はヘモグロビン濃度を定期的に観察し、骨髄異形成症候群に伴う貧血では、必要以上の造血作用(ヘモグロビン濃度で11g/dL超を目安とする)が現れないように十分注意する。
5).(骨髄異形成症候群に伴う貧血)本剤投与開始時及び用量変更時には、ヘモグロビン濃度が安定するまでは週1回程度ヘモグロビン濃度を確認する(必要以上の造血作用を認めた場合は、休薬等の適切な処置をとる)。
6).(骨髄異形成症候群に伴う貧血)本剤投与により血圧上昇を認める場合があり、また、高血圧性脳症が報告されているので、血圧、ヘモグロビン濃度等の推移に十分注意しながら投与する。
7).(骨髄異形成症候群に伴う貧血)本剤投与により抗エリスロポエチン抗体産生を伴う赤芽球癆が現れることがあるので、本剤の使用中に貧血の改善がない、あるいは貧血が悪化する場合等は同疾患を疑い、赤芽球癆と診断された場合には本剤の投与を中止する。
8).(骨髄異形成症候群に伴う貧血)本剤の効果発現には鉄の存在が重要であり、鉄欠乏時には鉄剤の投与を行う。
(高齢者への投与)
本剤の投与に際しては血圧及びヘモグロビン濃度あるいはヘマトクリット値等を頻回に測定し、投与量又は投与回数を適宜調節する[一般に高齢者では生理機能が低下しており、また高血圧症等の循環器系疾患を合併することが多い]。
(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないことが望ましいが、やむを得ず投与する場合には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合のみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない、また、動物実験(ラット及びウサギ)で胎仔発育遅延・出生仔発育遅延が報告されている]。
2.授乳中の患者には投与しないことが望ましいが、やむを得ず投与する場合は授乳を避けさせる[授乳中の投与に関する安全性は確立していない、また、動物実験(ラット)で乳汁中への移行が報告されている]。
(小児等への投与)
1.腎性貧血:低出生体重児、新生児、乳児、2歳未満の幼児に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。
2.骨髄異形成症候群に伴う貧血:低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない(使用経験がない)。
(適用上の注意)
1.投与時:本剤を投与する場合は他剤との混注を行わない。
2.本剤を使用する際は、チップキャップを外し、必要に応じて適当な注射針等を取り付け投与する。
3.使用後の残液は確実に廃棄する。
(その他の注意)
1.がん化学療法又は放射線療法による貧血<本邦では承認外>患者に赤血球造血刺激因子製剤を投与することにより生存期間短縮が認められたとの報告がある。
2.放射線療法による貧血<本邦では承認外>患者に赤血球造血刺激因子製剤を投与することにより、腫瘍進展又は腫瘍局所再発のリスクが増加したとの報告がある。
3.プラセボを投与されたがん化学療法による貧血<本邦では承認外>患者に比べて赤血球造血刺激因子製剤の治療を受けた患者で血栓塞栓症の発現頻度が高いことが臨床試験にて示されたとの報告がある。
4.がん化学療法又は放射線療法を受けていないがんに伴う貧血<本邦では承認外>患者に赤血球造血刺激因子製剤を投与した臨床試験で、プラセボを投与した患者に比べて死亡率が高いことが示されたとの報告がある。
(取扱い上の注意)
1.プランジャーロッドの無理な操作はしない。またバックストップは、投与終了後まで外さない。
2.できるだけ使用直前までピロー包装からシリンジを取り出さない。
3.シリンジ先端部のフィルム・チップキャップが外れている、又はシリンジの破損等の異常が認められるときは使用しない。
(保管上の注意)
凍結を避け、遮光下2〜8℃に保存。

処方薬辞典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。