日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ゼルヤンツ錠5mg基本情報

先発品(後発品なし)

一般名:トファシチニブクエン酸塩錠

製薬会社:ファイザー

薬価・規格: 2611.5円(5mg1錠) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

JAK阻害剤(関節リウマチなどの治療薬)詳しく見る

  • JAK(ヤヌスキナーゼ)という酵素を阻害し免疫反応に関わるサイトカインの働きを抑えることで関節リウマチなどの症状を改善する薬
JAK阻害剤(関節リウマチなどの治療薬)の代表的な商品名
  • ゼルヤンツ
  • オルミエント
  • スマイラフ

効能・効果詳しく見る

  • 関節リウマチ
  • 中等症から重症の潰瘍性大腸炎の維持療法
  • 中等症から重症の潰瘍性大腸炎の寛解導入

注意すべき副作用詳しく見る

鼻咽頭炎頭痛血中クレアチンホスホキナーゼ増加帯状疱疹肺炎ニューモシスチス肺炎敗血症結核重篤な感染症日和見感染症

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 〈関節リウマチ〉通常、トファシチニブとして1回5mgを1日2回経口投与する
  • 〈潰瘍性大腸炎〉導入療法では、通常、成人にトファシチニブとして1回10mgを1日2回8週間経口投与する
    • なお、効果不十分な場合はさらに8週間投与することができる
  • 維持療法では、通常、成人にトファシチニブとして1回5mgを1日2回経口投与する
    • なお、維持療法中に効果が減弱した患者では、1回10mgの1日2回投与に増量することができる
    • また、過去の薬物治療において難治性の患者(TNF阻害剤無効例等)では、1回10mgを1日2回投与することができる
  • (用法及び用量に関連する注意)7.1. 〈関節リウマチ〉中等度腎機能障害を有する関節リウマチ又は重度腎機能障害を有する関節リウマチ患者には、5mgを1日1回経口投与すること〔7.6、9.2.1、9.2.2、16.6.1参照〕
  • 7.2. 〈関節リウマチ〉中等度肝機能障害を有する関節リウマチ患者には、5mgを1日1回経口投与すること〔2.4、7.6、9.3.1−9.3.3、10.2、11.1.4、16.6.2参照〕
  • 7.3. 〈関節リウマチ〉免疫抑制作用が増強されると感染症のリスクが増加することが予想されるので、本剤とTNF阻害剤、IL−6阻害剤、T細胞選択的共刺激調節剤等の生物製剤や、タクロリムス<局所製剤以外>、アザチオプリン<局所製剤以外>、シクロスポリン<局所製剤以外>、ミゾリビン<局所製剤以外>等の強力な免疫抑制剤<局所製剤以外>との併用はしないこと(なお、本剤とこれらの生物製剤及び免疫抑制剤との併用経験はない)〔1.1、1.2.1、2.2、8.1、9.1.1、11.1.1参照〕
  • 7.4. 〈潰瘍性大腸炎〉本剤の導入療法の開始後16週時点で臨床症状や内視鏡所見等による治療反応が得られない場合は、他の治療法への切り替えを考慮すること
  • 7.5. 〈潰瘍性大腸炎〉本剤の維持療法中に本剤1回10mgを1日2回経口投与しても臨床症状の改善が認められない場合は、本剤の継続投与の必要性を慎重に検討し、他の治療法への切り替えを考慮すること
  • 7.6. 〈潰瘍性大腸炎〉中等度腎機能障害を有する潰瘍性大腸炎又は重度腎機能障害を有する潰瘍性大腸炎患者、中等度肝機能障害を有する潰瘍性大腸炎患者には、減量(1回投与量を減量、1回投与量を減量することができない場合は投与回数を減らす)し、本剤を慎重に投与すること〔2.4、7.1、7.2、9.2.1、9.2.2、9.3.1−9.3.3、10.2、11.1.4、16.6.1、16.6.2参照〕
  • 7.7. 〈潰瘍性大腸炎〉免疫抑制作用が増強されると感染症のリスクが増加することが予想されるので、本剤とTNF阻害剤等の生物製剤や、タクロリムス<局所製剤以外>、アザチオプリン<局所製剤以外>等の強力な免疫抑制剤<局所製剤以外>との併用はしないこと(なお、本剤とこれらの生物製剤及び免疫抑制剤との併用経験はない)〔1.1、1.2.1、2.2、8.1、9.1.1、11.1.1参照〕

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 活動性結核
    • 過敏症
    • 敗血症
    • 重篤な感染症
    • 重度肝機能障害
    • 好中球数が500/mm3未満
    • ヘモグロビン値が8g/dL未満
    • リンパ球数が500/mm3未満
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 妊婦・産婦

副作用

主な副作用

鼻咽頭炎頭痛血中クレアチンホスホキナーゼ増加咽頭炎気管支炎尿路感染インフルエンザ膀胱炎副鼻腔炎単純ヘルペス蜂巣炎

重大な副作用

帯状疱疹肺炎ニューモシスチス肺炎敗血症結核重篤な感染症日和見感染症消化管穿孔リンパ球減少好中球減少ヘモグロビン減少肝機能障害ALT上昇AST上昇間質性肺炎発熱咳嗽呼吸困難呼吸器症状致命的経過リンパ球数が500/mm3未満好中球数が継続して500〜1000/mm3ヘモグロビン値が8g/dL未満ヘモグロビン値が2g/dLを超える低下黄疸

上記以外の副作用

ウイルス性胃腸炎腎盂腎炎ウイルス感染細菌性関節炎サイトメガロウイルス感染細菌性肺炎肺炎球菌性肺炎貧血白血球減少高脂血症脂質異常症不眠症錯感覚高血圧副鼻腔うっ血悪心下痢腹痛消化不良嘔吐胃炎脂肪肝発疹皮膚そう痒症紅斑関節痛筋骨格痛関節腫脹腱炎疲労末梢性浮腫血中コレステロール増加γ−GTP増加低比重リポ蛋白増加体重増加肝酵素上昇血中クレアチニン増加高比重リポ蛋白増加トランスアミナーゼ上昇肝機能検査異常靱帯捻挫非定型マイコバクテリア感染菌血症ブドウ球菌性菌血症過敏症蕁麻疹血管浮腫肉離れ脳炎BKウイルス脳炎クリプトコッカス性髄膜炎マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス感染壊死性筋膜炎脱水

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 活動性結核
    • 過敏症
    • 敗血症
    • 重篤な感染症
    • 重度肝機能障害
    • 好中球数が500/mm3未満
    • ヘモグロビン値が8g/dL未満
    • リンパ球数が500/mm3未満
  • 慎重投与
    • 中等度肝機能障害
    • 中等度腎機能障害
    • 重度腎機能障害
    • 重度腎機能障害を有する潰瘍性大腸炎
    • 中等度肝機能障害を有する潰瘍性大腸炎
    • 中等度腎機能障害を有する潰瘍性大腸炎
    • Child−Pugh分類クラスB
  • 注意
    • B型肝炎
    • 間質性肺炎
    • 感染症
    • 結核
    • 易感染性
    • リンパ球減少
    • 軽度腎機能障害
    • 腸管憩室
    • 胸部レントゲン上結核治癒所見
    • 肺外結核
    • B型肝炎ウイルスキャリア
    • 軽度肝機能障害
    • 胸部画像検査で陳旧性結核
    • 結核患者との濃厚接触歴
    • 結核既感染
    • ヘモグロビン値が9g/dL未満
    • 好中球数が低い<1000/mm3未満>
    • HBs抗原陰性かつHBc抗体陽性
    • HBs抗原陰性かつHBs抗体陽性
    • 重度腎機能障害を有する関節リウマチ
    • 中等度肝機能障害を有する関節リウマチ
    • 中等度腎機能障害を有する関節リウマチ
    • Child−Pugh分類クラスA
    • 腎移植の関節リウマチ
  • 投与に際する指示
    • 結核
    • 中等度肝機能障害
    • 中等度腎機能障害
    • 肺外結核
    • 重度腎機能障害
    • 胸部画像検査で陳旧性結核
    • 結核患者との濃厚接触歴
    • 結核既感染
    • ヘモグロビン値が9g/dL未満
    • 好中球数が低い<1000/mm3未満>
    • 重度腎機能障害を有する関節リウマチ
    • 重度腎機能障害を有する潰瘍性大腸炎
    • 中等度肝機能障害を有する関節リウマチ
    • 中等度肝機能障害を有する潰瘍性大腸炎
    • 中等度腎機能障害を有する関節リウマチ
    • 中等度腎機能障害を有する潰瘍性大腸炎
    • Child−Pugh分類クラスB

患者の属性に応じた注意事項

  • 禁止
    • 妊婦・産婦
  • 注意
    • 授乳婦
    • 新生児(低出生体重児を含む)
    • 乳児
    • 幼児・小児
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 注意
    • 妊娠する可能性(11歳〜)
    • 小児等(0歳〜14歳)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
抗TNF製剤 感染症のリスクが増加
IL−6阻害剤 感染症のリスクが増加
T細胞選択的共刺激調節剤 感染症のリスクが増加
生物製剤 感染症のリスクが増加
タクロリムス<局所製剤以外> 感染症のリスクが増加
アザチオプリン<局所製剤以外> 感染症のリスクが増加
シクロスポリン<局所製剤以外> 感染症のリスクが増加
ミゾリビン<局所製剤以外> 感染症のリスクが増加
強力な免疫抑制剤<局所製剤以外>との併用 感染症のリスクが増加
生ワクチン 感染症
薬物代謝酵素<CYP3A4>を阻害する薬剤 トファシチニブの曝露量が増加
マクロライド系抗生物質 トファシチニブの曝露量が増加
クラリスロマイシン トファシチニブの曝露量が増加
エリスロマイシン トファシチニブの曝露量が増加
ノルフロキサシン トファシチニブの曝露量が増加
アゾール系抗真菌剤 トファシチニブの曝露量が増加
イトラコナゾール トファシチニブの曝露量が増加
ボリコナゾール トファシチニブの曝露量が増加
ジルチアゼム トファシチニブの曝露量が増加
ベラパミル トファシチニブの曝露量が増加
アミオダロン トファシチニブの曝露量が増加
シメチジン トファシチニブの曝露量が増加
フルボキサミン トファシチニブの曝露量が増加
リトナビル トファシチニブの曝露量が増加
インジナビル トファシチニブの曝露量が増加
アタザナビル トファシチニブの曝露量が増加
ネルフィナビル トファシチニブの曝露量が増加
サキナビル トファシチニブの曝露量が増加
テラプレビル トファシチニブの曝露量が増加
フルコナゾール トファシチニブの曝露量が増加
肝薬物代謝酵素<CYP3A4>を誘導する薬剤 トファシチニブの血漿中濃度が低下し本剤の効果が減弱
抗てんかん剤 トファシチニブの血漿中濃度が低下し本剤の効果が減弱
バルビツール酸誘導体 トファシチニブの血漿中濃度が低下し本剤の効果が減弱
カルバマゼピン トファシチニブの血漿中濃度が低下し本剤の効果が減弱
フェノバルビタール トファシチニブの血漿中濃度が低下し本剤の効果が減弱
フェニトイン トファシチニブの血漿中濃度が低下し本剤の効果が減弱
リファンピシン類 トファシチニブの血漿中濃度が低下し本剤の効果が減弱
リファブチン トファシチニブの血漿中濃度が低下し本剤の効果が減弱
モダフィニル トファシチニブの血漿中濃度が低下し本剤の効果が減弱
肝障害を起こしやすい薬剤 肝機能障害の発現割合上昇
メトトレキサート製剤 肺炎球菌ワクチンに対する免疫応答を減弱

飲食物との相互作用

  • セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)を含むもの
  • グレープフルーツ

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1). 既存治療で効果不十分な関節リウマチ。
    2). 中等症から重症の潰瘍性大腸炎の寛解導入及び維持療法(既存治療で効果不十分な場合に限る)。
    (効能又は効果に関連する注意)
    5.1. 〈関節リウマチ〉過去の治療において、メトトレキサートをはじめとする少なくとも1剤の抗リウマチ薬等による適切な治療を行っても、疾患に起因する明らかな症状が残る場合に投与すること。
    5.2. 〈潰瘍性大腸炎〉過去の治療において、他の薬物療法(ステロイド、免疫抑制剤又は生物製剤)による適切な治療を行っても、疾患に起因する明らかな臨床症状が残る場合に投与すること。

    用法・用量(添付文書全文)

    〈関節リウマチ〉
    通常、トファシチニブとして1回5mgを1日2回経口投与する。
    〈潰瘍性大腸炎〉
    導入療法では、通常、成人にトファシチニブとして1回10mgを1日2回8週間経口投与する。なお、効果不十分な場合はさらに8週間投与することができる。
    維持療法では、通常、成人にトファシチニブとして1回5mgを1日2回経口投与する。なお、維持療法中に効果が減弱した患者では、1回10mgの1日2回投与に増量することができる。また、過去の薬物治療において難治性の患者(TNF阻害剤無効例等)では、1回10mgを1日2回投与することができる。
    (用法及び用量に関連する注意)
    7.1. 〈関節リウマチ〉中等度腎機能障害を有する関節リウマチ又は重度腎機能障害を有する関節リウマチ患者には、5mgを1日1回経口投与すること〔7.6、9.2.1、9.2.2、16.6.1参照〕。
    7.2. 〈関節リウマチ〉中等度肝機能障害を有する関節リウマチ患者には、5mgを1日1回経口投与すること〔2.4、7.6、9.3.1−9.3.3、10.2、11.1.4、16.6.2参照〕。
    7.3. 〈関節リウマチ〉免疫抑制作用が増強されると感染症のリスクが増加することが予想されるので、本剤とTNF阻害剤、IL−6阻害剤、T細胞選択的共刺激調節剤等の生物製剤や、タクロリムス<局所製剤以外>、アザチオプリン<局所製剤以外>、シクロスポリン<局所製剤以外>、ミゾリビン<局所製剤以外>等の強力な免疫抑制剤<局所製剤以外>との併用はしないこと(なお、本剤とこれらの生物製剤及び免疫抑制剤との併用経験はない)〔1.1、1.2.1、2.2、8.1、9.1.1、11.1.1参照〕。
    7.4. 〈潰瘍性大腸炎〉本剤の導入療法の開始後16週時点で臨床症状や内視鏡所見等による治療反応が得られない場合は、他の治療法への切り替えを考慮すること。
    7.5. 〈潰瘍性大腸炎〉本剤の維持療法中に本剤1回10mgを1日2回経口投与しても臨床症状の改善が認められない場合は、本剤の継続投与の必要性を慎重に検討し、他の治療法への切り替えを考慮すること。
    7.6. 〈潰瘍性大腸炎〉中等度腎機能障害を有する潰瘍性大腸炎又は重度腎機能障害を有する潰瘍性大腸炎患者、中等度肝機能障害を有する潰瘍性大腸炎患者には、減量(1回投与量を減量、1回投与量を減量することができない場合は投与回数を減らす)し、本剤を慎重に投与すること〔2.4、7.1、7.2、9.2.1、9.2.2、9.3.1−9.3.3、10.2、11.1.4、16.6.1、16.6.2参照〕。
    7.7. 〈潰瘍性大腸炎〉免疫抑制作用が増強されると感染症のリスクが増加することが予想されるので、本剤とTNF阻害剤等の生物製剤や、タクロリムス<局所製剤以外>、アザチオプリン<局所製剤以外>等の強力な免疫抑制剤<局所製剤以外>との併用はしないこと(なお、本剤とこれらの生物製剤及び免疫抑制剤との併用経験はない)〔1.1、1.2.1、2.2、8.1、9.1.1、11.1.1参照〕。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
    11.1. 重大な副作用
    11.1.1. 感染症:帯状疱疹(3.6%)、肺炎(ニューモシスチス肺炎等を含む)(1.0%)、敗血症(0.1%)、結核(0.1%)等の重篤な感染症(日和見感染症を含む)があらわれ、致命的経過をたどることがあるので、本剤投与中に重篤な感染症を発現した場合には、感染症がコントロールできるようになるまでは投与を中止すること〔1.1、1.2.1、1.2.2、2.2、2.3、7.3、7.7、8.1、8.3−8.5、8.8、9.1.1−9.1.3、9.1.9参照〕。
    11.1.2. 消化管穿孔(0.1%):異常が認められた場合には投与を中止するとともに、腹部レントゲン、CT等の検査を実施するなど十分に観察し、適切な処置を行うこと〔9.1.4参照〕。
    11.1.3. リンパ球減少(0.5%)、好中球減少(0.4%)、ヘモグロビン減少(0.3%)。
    リンパ球数:本剤投与開始後、リンパ球数が500/mm3未満の場合には、投与を中止すること。
    好中球数:本剤投与後、好中球数が継続して500〜1000/mm3である場合は、好中球数が1000/mm3を超えるまで本剤の投与を中断すること。
    ヘモグロビン値:本剤投与開始後、ヘモグロビン値が8g/dL未満である患者又はヘモグロビン値が2g/dLを超える低下を示した患者については、正常化するまで本剤を投与しないこと〔2.5−2.7、8.6、9.1.5−9.1.7参照〕。
    11.1.4. 肝機能障害、黄疸:ALT上昇(1.2%)、AST上昇(0.9%)等を伴う肝機能障害、黄疸(0.1%未満)があらわれることがある〔2.4、7.2、7.6、8.9、9.3.1−9.3.3、10.2、16.6.2参照〕。
    11.1.5. 間質性肺炎(0.1%):発熱、咳嗽、呼吸困難等の呼吸器症状に十分に注意し、異常が認められた場合には、速やかに胸部レントゲン検査、速やかに胸部CT検査及び速やかに血液ガス検査等を実施し、本剤の投与を中止するとともにニューモシスチス肺炎との鑑別診断(β−Dグルカンの測定等)を考慮に入れ適切な処置を行うこと〔9.1.8参照〕。
    11.2. その他の副作用
    1). 感染症及び寄生虫症:(5%以上)鼻咽頭炎、(1%以上5%未満)気管支炎、尿路感染、インフルエンザ、膀胱炎、咽頭炎、副鼻腔炎、肺炎、(0.1%以上1%未満)単純ヘルペス、蜂巣炎、ウイルス性胃腸炎、腎盂腎炎、ウイルス感染、細菌性関節炎、サイトメガロウイルス感染、細菌性肺炎、肺炎球菌性肺炎、(0.1%未満)脳炎(BKウイルス脳炎を含む)、クリプトコッカス性髄膜炎、マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス感染、壊死性筋膜炎、ニューモシスチス肺炎、(頻度不明)非定型マイコバクテリア感染、菌血症、ブドウ球菌性菌血症。
    2). 血液及びリンパ系障害:(1%以上5%未満)貧血、(0.1%以上1%未満)白血球減少。
    3). 免疫系障害:(頻度不明)過敏症(蕁麻疹、血管浮腫等)。
    4). 代謝及び栄養障害:(1%以上5%未満)高脂血症、(0.1%以上1%未満)脂質異常症、(0.1%未満)脱水。
    5). 精神障害:(0.1%以上1%未満)不眠症。
    6). 神経系障害:(5%以上)頭痛、(1%以上5%未満)錯感覚。
    7). 血管障害:(1%以上5%未満)高血圧。
    8). 呼吸器、胸郭及び縦隔障害:(1%以上5%未満)咳嗽、(0.1%以上1%未満)呼吸困難、副鼻腔うっ血。
    9). 胃腸障害:(1%以上5%未満)悪心、下痢、腹痛、消化不良、嘔吐、(0.1%以上1%未満)胃炎。
    10). 肝胆道系障害:(0.1%以上1%未満)脂肪肝。
    11). 皮膚及び皮下組織障害:(1%以上5%未満)発疹、(0.1%以上1%未満)皮膚そう痒症、紅斑。
    12). 筋骨格系及び結合組織障害:(1%以上5%未満)関節痛、(0.1%以上1%未満)筋骨格痛、関節腫脹、腱炎。
    13). 一般・全身障害及び投与部位の状態:(1%以上5%未満)疲労、発熱、(0.1%以上1%未満)末梢性浮腫。
    14). 臨床検査:(5%以上)血中クレアチンホスホキナーゼ増加、(1%以上5%未満)血中コレステロール増加、γ−GTP増加、(0.1%以上1%未満)低比重リポ蛋白増加、体重増加、肝酵素上昇、血中クレアチニン増加、高比重リポ蛋白増加、トランスアミナーゼ上昇、肝機能検査異常。
    15). 傷害、中毒及び処置合併症:(0.1%以上1%未満)靱帯捻挫、(頻度不明)肉離れ。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (警告)
    1.1. 本剤投与により、結核、肺炎、敗血症、ウイルス感染等による重篤な感染症の新たな発現もしくは重篤な感染症悪化等が報告されており、本剤との関連性は明らかではないが、悪性腫瘍の発現も報告されている。本剤が疾病を完治させる薬剤でないことも含め、重篤な感染症の新たな発現もしくは悪化等が報告され、本剤との関連性は明らかではないが、悪性腫瘍の発現も報告されていることを患者に十分説明し、患者が理解したことを確認した上で、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。
    また、本剤投与により重篤な副作用が発現し、致命的な経過をたどることがあるので、緊急時の対応が十分可能な医療施設及び医師が使用し、本剤投与後に副作用が発現した場合には、主治医に連絡するよう患者に注意を与えること〔1.2.1、1.2.2、2.2、2.3、7.3、7.7、8.1−8.5、8.8、9.1.1−9.1.3、9.1.9、11.1.1参照〕。
    1.2. 感染症
    1.2.1. 重篤な感染症:敗血症、肺炎、真菌感染症を含む日和見感染症等の致死的感染症が報告されているため、十分な観察を行うなど感染症の発症に注意すること〔1.1、2.2、7.3、7.7、8.1、8.8、9.1.1、9.1.3、11.1.1参照〕。
    1.2.2. 結核:播種性結核(粟粒結核)及び肺外結核(脊椎結核、脳髄膜結核、胸膜結核、リンパ節結核等)を含む結核が報告されている。結核の既感染者では症状の顕在化及び悪化のおそれがあるため、本剤投与に先立って結核に関する十分な問診及び胸部レントゲン検査に加え、インターフェロン−γ遊離試験又はツベルクリン反応検査を行い、適宜胸部CT検査等を行うことにより、結核感染の有無を確認すること。結核の既往歴を有する患者及び結核の感染が疑われる患者には、結核等の感染症について診療経験を有する医師と連携の下、原則として本剤の投与開始前に適切な抗結核薬を投与すること。
    ツベルクリン反応等の検査が陰性の患者において、投与後活動性結核が認められた例も報告されている〔1.1、2.3、8.3、9.1.2、11.1.1参照〕。
    1.3. 関節リウマチ患者では、本剤の治療を行う前に、少なくとも1剤の抗リウマチ薬等の使用を十分勘案すること(また、本剤についての十分な知識とリウマチ治療の経験をもつ医師が使用すること)。
    1.4. 潰瘍性大腸炎患者では、本剤の治療を行う前に、少なくとも1剤の既存治療薬(ステロイド、免疫抑制剤又は生物製剤)の使用を十分勘案すること(また、本剤についての十分な知識と潰瘍性大腸炎治療の経験をもつ医師が使用すること)。
    (禁忌)
    2.1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    2.2. 重篤な感染症(敗血症等)の患者[症状を悪化させるおそれがある]〔1.1、1.2.1、7.3、7.7、8.1、8.8、9.1.1、9.1.3、11.1.1参照〕。
    2.3. 活動性結核の患者[症状を悪化させるおそれがある]〔1.1、1.2.2、8.3、9.1.2、11.1.1参照〕。
    2.4. 重度肝機能障害を有する患者〔7.2、7.6、9.3.1−9.3.3、10.2、11.1.4、16.6.2参照〕。
    2.5. 好中球数が500/mm3未満の患者〔8.6、9.1.5、11.1.3参照〕。
    2.6. リンパ球数が500/mm3未満の患者〔8.6、9.1.6、11.1.3参照〕。
    2.7. ヘモグロビン値が8g/dL未満の患者〔8.6、9.1.7、11.1.3参照〕。
    2.8. 妊婦又は妊娠している可能性のある女性〔9.5妊婦の項参照〕。
    (重要な基本的注意)
    8.1. 本剤は、免疫反応に関与するヤヌスキナーゼ(JAK)ファミリーを阻害するので、感染症に対する宿主免疫能に影響を及ぼす可能性があるので、本剤の投与に際しては十分な観察を行い、感染症の発現や感染症増悪に注意すること。患者に対し、発熱、倦怠感等があらわれた場合には、速やかに主治医に相談するよう指導すること。関節リウマチ患者において、本剤投与時に発現する重篤な感染症は、本剤単独投与時と比較して抗リウマチ薬(メトトレキサートを含むDMARD)併用投与時では発現率が高い傾向が認められているため、特に注意すること〔1.1、1.2.1、2.2、7.3、7.7、8.8、9.1.1、9.1.3、11.1.1、15.1.1、15.2.1参照〕。
    8.2. 悪性リンパ腫、固形癌等の悪性腫瘍の発現が報告されている。本剤との因果関係は明らかではないが、悪性腫瘍の発現には注意すること〔1.1、15.1.2、15.1.5参照〕。
    8.3. 本剤投与に先立って結核に関する十分な問診及び胸部レントゲン検査に加え、インターフェロン−γ遊離試験又はツベルクリン反応検査を行い、適宜胸部CT検査等を行うことにより、結核感染の有無を確認すること。
    また、本剤投与中も胸部レントゲン検査等の適切な検査を定期的に行うなど結核の発現には十分に注意し、患者に対し、結核を疑う症状が発現した場合(持続する咳、発熱等)には速やかに主治医に連絡するよう説明すること〔1.1、1.2.2、2.3、9.1.2、11.1.1参照〕。
    8.4. 本剤投与によりB型肝炎ウイルス再活性化が報告されているので、本剤投与に先立って、B型肝炎ウイルス感染の有無を確認すること〔1.1、9.1.9、11.1.1参照〕。
    8.5. ヘルペスウイルス再活性化等(帯状疱疹等)が報告されている。また、日本人患者で認められた重篤な日和見感染症のうち多くが重篤な帯状疱疹であったこと、播種性帯状疱疹も認められていることから、ヘルペスウイルス等の再活性化の徴候や症状の発現に注意すること。ヘルペスウイルス等の再活性化の徴候や症状の発現が認められた場合には、患者に受診するよう説明し、速やかに適切な処置を行うこと。また、ヘルペスウイルス以外のウイルス再活性化にも注意すること〔1.1、11.1.1、15.2.1参照〕。
    8.6. 本剤投与により、好中球減少、リンパ球減少及びヘモグロビン減少があらわれることがあるので、本剤投与開始後は定期的に好中球数、リンパ球数及びヘモグロビン値を確認すること〔2.5−2.7、9.1.5−9.1.7、11.1.3、15.2.1参照〕。
    8.7. 総コレステロール増加、LDLコレステロール増加及びHDLコレステロール増加等の脂質検査値異常があらわれることがあるので、本剤投与開始後は定期的に脂質検査値を確認すること(臨床上必要と認められた場合には、高脂血症治療薬の投与等の適切な処置を考慮すること)。
    8.8. 感染症発現のリスクを否定できないので、本剤投与中の生ワクチン接種は行わないこと〔1.1、1.2.1、2.2、8.1、9.1.1、11.1.1参照〕。
    8.9. 肝機能障害があらわれることがあるので、トランスアミナーゼ値上昇に注意するなど観察を十分に行うこと〔9.3.1−9.3.3、10.2、11.1.4参照〕。
    (特定の背景を有する患者に関する注意)
    (合併症・既往歴等のある患者)
    9.1.1. 感染症の患者又は感染症が疑われる患者:感染症が増悪する可能性がある〔1.1、1.2.1、2.2、7.3、7.7、8.1、8.8、9.1.3、11.1.1参照〕。
    9.1.2. 結核の既感染者(特に結核の既往歴のある患者及び胸部レントゲン上結核治癒所見のある患者)及び結核感染が疑われる患者。
    (1). 結核の既感染者では、結核を活動化させるおそれがある〔1.1、1.2.2、2.3、8.3、11.1.1参照〕。
    (2). 結核の既往歴を有する場合及び結核感染が疑われる場合には、結核の診療経験がある医師に相談すること。次のいずれかの患者には、原則として本剤の開始前に適切な抗結核薬を投与すること[1)胸部画像検査で陳旧性結核に合致するか推定される陰影を有する患者、2)結核の治療歴(肺外結核を含む)を有する患者、3)インターフェロン−γ遊離試験やツベルクリン反応検査等の検査により、結核既感染が強く疑われる患者、4)結核患者との濃厚接触歴を有する患者]。
    9.1.3. 易感染性の状態にある患者:感染症を発現するリスクが増加する〔1.1、1.2.1、2.2、8.1、9.1.1、11.1.1参照〕。
    9.1.4. 腸管憩室のある患者:消化管穿孔があらわれるおそれがある〔11.1.2参照〕。
    9.1.5. 好中球減少のある患者:好中球数が低い<1000/mm3未満>患者については、本剤投与を開始しないことが望ましい(好中球減少が更に悪化するおそれがある)〔2.5、8.6、11.1.3参照〕。
    9.1.6. リンパ球減少のある患者:リンパ球減少が更に悪化するおそれがある〔2.6、8.6、11.1.3参照〕。
    9.1.7. ヘモグロビン値減少のある患者:ヘモグロビン値が9g/dL未満の患者については、本剤投与を開始しないことが望ましい(ヘモグロビン減少が更に悪化するおそれがある)〔2.7、8.6、11.1.3参照〕。
    9.1.8. 間質性肺炎の既往歴のある患者:定期的に問診を行うなど、注意すること(間質性肺炎が増悪又は再発することがある)〔11.1.5参照〕。
    9.1.9. B型肝炎ウイルスキャリアの患者又はB型肝炎既往感染者(HBs抗原陰性かつHBc抗体陽性又はHBs抗原陰性かつHBs抗体陽性):肝機能検査値や肝炎ウイルスマーカーのモニタリングを行うなど、B型肝炎ウイルス再活性化の徴候や症状の発現に注意すること。本剤を投与されたB型肝炎ウイルスキャリアの患者又は既往感染者において、B型肝炎ウイルスの再活性化が報告されている〔1.1、8.4、11.1.1参照〕。
    (腎機能障害患者)
    9.2.1. 中等度腎機能障害又は重度腎機能障害患者:減量し、慎重に投与すること(腎機能が正常な患者に比べ、本剤の曝露量が増加し、副作用が強くあらわれるおそれがある)〔7.1、7.6、9.2.2、16.6.1参照〕。
    9.2.2. 軽度腎機能障害患者:腎機能が正常な患者に比べ、本剤の曝露量が増加し、副作用が強くあらわれるおそれがある〔7.1、7.6、9.2.1、16.6.1参照〕。
    (肝機能障害患者)
    9.3.1. 重度肝機能障害患者:投与しないこと(国内外で実施された臨床試験において重度の肝機能障害を有する患者は除外されており、また、中等度又は軽度の肝機能障害を有する患者に投与した場合に本剤の曝露量が増加するとの臨床試験成績があり、副作用が強くあらわれるおそれがある)〔2.4、7.2、7.6、8.9、9.3.2、9.3.3、10.2、11.1.4、16.6.2参照〕。
    9.3.2. 中等度肝機能障害患者(Child−Pugh分類クラスB):減量し、慎重に投与すること(肝機能が正常な患者に比べ、本剤の曝露量が増加し副作用が強くあらわれるおそれがある)〔2.4、7.2、7.6、8.9、9.3.1、10.2、11.1.4、16.6.2参照〕。
    9.3.3. 軽度肝機能障害患者(Child−Pugh分類クラスA):肝機能が正常な患者に比べ、本剤の曝露量が増加し副作用が強くあらわれるおそれがある〔2.4、7.2、7.6、8.9、9.3.1、10.2、11.1.4、16.6.2参照〕。
    (生殖能を有する者)
    妊娠する可能性のある女性:妊娠する可能性のある女性に投与する場合は、投与中及び投与終了後少なくとも1月経周期は、妊娠を避けるよう指導すること〔9.5妊婦の項参照〕。
    (妊婦)
    妊婦又は妊娠している可能性のある女性には投与しないこと(動物実験では催奇形性が報告されており、日本人関節リウマチ患者に本剤5mg1日2回投与したときの血漿中濃度と比較したとき、催奇形性に関する安全域はラット及びウサギでそれぞれ78倍(無毒性量:30mg/kg/日)及び2.8倍(無毒性量:10mg/kg/日)、日本人を含む潰瘍性大腸炎患者に本剤10mg1日2回投与したときの血漿中濃度と比較したとき、催奇形性に関する安全域はラット及びウサギでそれぞれ51倍及び1.8倍であり、また、ラットで受胎能への影響、出産への影響、胎仔発達への影響が報告されており、雌ラットの受胎能及び初期胚発生に関する安全域は、日本人関節リウマチ患者に本剤5mg1日2回投与したときの血漿中濃度と比較したとき5.7倍(無毒性量:1mg/kg/日)、日本人を含む潰瘍性大腸炎患者に本剤10mg1日2回投与したときの血漿中濃度と比較したとき4.0倍であった)〔2.8、9.4生殖能を有する者の項参照〕。
    (授乳婦)
    本剤投与中は授乳しないことが望ましい(ラットで乳汁中へ移行することが報告されている)。
    (小児等)
    小児等を対象とした臨床試験は実施していない。
    (高齢者)
    減量するなど注意すること(重篤な感染症の発現頻度の上昇が認められており、一般に生理機能が低下している、また、肝機能及び腎機能の低下により本剤の血中濃度の増加が認められている)〔16.6.1、16.6.2参照〕。
    (相互作用)
    本剤は主としてCYP3A4及び一部CYP2C19により代謝される〔16.4参照〕。
    10.2. 併用注意:
    1). CYP3A4阻害剤(マクロライド系抗生物質(クラリスロマイシン、エリスロマイシン等)、ノルフロキサシン等、アゾール系抗真菌剤(イトラコナゾール、ボリコナゾール等)、カルシウム拮抗剤(ジルチアゼム、ベラパミル)、アミオダロン、シメチジン、フルボキサミン、抗HIV剤(リトナビル、インジナビル、アタザナビル、ネルフィナビル、サキナビル)、抗ウイルス剤(テラプレビル;C型肝炎))、グレープフルーツ〔16.7.2参照〕[トファシチニブの曝露量が増加するおそれがあるので、併用時には本剤を減量(1回投与量を減量、1回投与量を減量することができない場合は投与回数を減らす)するなど用量に注意すること(これらの薬剤等はCYP3A4による本剤の代謝を阻害するため、トファシチニブの血中濃度が上昇する可能性がある)]。
    2). フルコナゾール〔16.7.3参照〕[トファシチニブの曝露量が増加するおそれがあるので、併用時には本剤を減量(1回投与量を減量、1回投与量を減量することができない場合は投与回数を減らす)するなど用量に注意すること(フルコナゾールはCYP3A4及びCYP2C19の代謝活性を阻害するため、トファシチニブの血中濃度が上昇する可能性がある)]。
    3). CYP3A4誘導剤(抗てんかん剤(バルビツール酸誘導体、カルバマゼピン、フェノバルビタール、フェニトイン等)、リファンピシン、リファブチン、モダフィニル)、セイヨウオトギリソウ<セント・ジョーンズ・ワート>含有食品(St.John’s Wort)〔16.7.5参照〕[トファシチニブの血漿中濃度が低下し本剤の効果が減弱する可能性があるので、CYP3A4誘導作用のない又は弱い薬剤への代替を考慮すること(これらの薬剤等はCYP3A4を誘導するため、本剤の効果が減弱する可能性がある)]。
    4). 肝機能障害を起こす可能性のある薬剤〔2.4、7.2、7.6、8.9、9.3.1−9.3.3、11.1.4、16.6.2参照〕[関節リウマチ患者において、メトトレキサートを含むDMARD等併用時に本剤単独投与時と比較して肝機能障害の発現割合上昇が認められている(機序は不明である)]。
    (適用上の注意)
    14.1. 薬剤交付時の注意
    PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することがある)。
    (その他の注意)
    15.1. 臨床使用に基づく情報
    15.1.1. 〈関節リウマチ〉関節リウマチ患者を対象とした本剤の単剤投与での6ヵ月間の二重盲検比較試験において、100人・年あたりの重篤な感染症の発現率はプラセボ群では0であったのに対し、本剤5mg1日2回投与群及び10mg1日2回投与群[本剤の関節リウマチにおける承認用法・用量は、トファシチニブとして5mg1日2回経口投与である]でそれぞれ0.85及び3.5であった。
    本剤のDMARD併用投与での6ヵ月間又は12ヵ月間投与の二重盲検比較試験において、100人・年あたりの重篤な感染症の発現率はプラセボ群では1.7であったのに対し、本剤5mg1日2回投与群及び10mg1日2回投与群[本剤の関節リウマチにおける承認用法・用量は、トファシチニブとして5mg1日2回経口投与である]でそれぞれ3.6及び2.9であった。
    また、本剤の長期間投与を受けた関節リウマチ患者における100人・年あたりの重篤な感染症の発現率は、本剤5mg1日2回投与群及び10mg1日2回投与群[本剤の関節リウマチにおける承認用法・用量は、トファシチニブとして5mg1日2回経口投与である]でそれぞれ2.3及び4.9であった〔8.1参照〕。
    15.1.2. 〈関節リウマチ〉国内外で実施された最長1年間の比較試験5試験において、本剤を3030例(2098人・年)、プラセボを681例(203人・年)に投与した結果、プラセボ群では悪性腫瘍(非黒色腫皮膚癌を除く)の発現はなかったが、本剤群では13例に発現した。曝露量あたりの悪性腫瘍<非黒色腫皮膚癌を除く>の発現率は、本剤5mg1日2回投与を受けた関節リウマチ患者で0.55/100人・年(95%信頼区間:0.23〜1.33、発現割合:0.4%<5/1216例>)、本剤10mg1日2回投与[本剤の関節リウマチにおける承認用法・用量は、トファシチニブとして5mg1日2回経口投与である]を受けた関節リウマチ患者で0.88/100人・年(95%信頼区間:0.44〜1.76、発現割合:0.7%<8/1214例>)であり、10mg1日2回投与群で高かった。
    国内外で実施された複数の臨床試験において、65例の悪性腫瘍(非黒色腫皮膚癌を除く)が本剤投与群で発現し、時期別の発現状況は次のとおりであった。
    1). 投与全体(評価対象例数4791例):1.4%(例数65);発現率0.94/100人・年[95%信頼区間:0.74,1.20]。
    2). 投与開始〜6ヵ月(評価対象例数4791例):0.4%(例数17);発現率0.79/100人・年[95%信頼区間:0.49,1.26]。
    3). 投与6ヵ月〜12ヵ月(評価対象例数4012例):0.3%(例数13);発現率0.72/100人・年[95%信頼区間:0.42,1.24]。
    4). 投与12ヵ月〜18ヵ月(評価対象例数3126例):0.4%(例数13);発現率1.06/100人・年[95%信頼区間:0.61,1.82]。
    5). 投与18ヵ月〜24ヵ月(評価対象例数2054例):0.4%(例数8);発現率1.09/100人・年[95%信頼区間:0.54,2.17]。
    6). 投与24ヵ月〜30ヵ月(評価対象例数941例):0.7%(例数7);発現率1.93/100人・年[95%信頼区間:0.92,4.05]。
    7). 投与30ヵ月〜36ヵ月(評価対象例数672例):0.7%(例数5);発現率1.60/100人・年[95%信頼区間:0.67,3.84]。
    8). 投与36ヵ月〜(評価対象例数567例):0.4%(例数2);発現率0.67/100人・年[95%信頼区間:0.17,2.67]。
    また、本剤の投与を受けた関節リウマチ患者において、リンパ腫の発現が報告されている。外国で実施された腎移植の関節リウマチ患者を対象とした臨床試験において、複数の免疫抑制剤併用下で、シクロスポリンを投与した群のリンパ腫の発現割合は0%(0/111例)であるのに対して、本剤を投与した群でEBウイルス関連のリンパ腫の発現割合は2.3%(5/218例、非ホジキンリンパ腫4例、ホジキンリンパ腫1例)であった〔8.2参照〕。
    15.1.3. 〈関節リウマチ〉関節リウマチ患者を対象とした海外臨床試験において、本剤とメトトレキサート併用群では、プラセボ群及び本剤単剤投与群と比較して、肺炎球菌ワクチンに対する免疫応答を減弱させることが示唆されている。
    15.1.4. 〈潰瘍性大腸炎〉日本人及び外国人潰瘍性大腸炎患者を対象に、本剤を8週間(最長9週間)投与した国際共同第3相寛解導入試験において、本剤10mg1日2回群及びプラセボ群における重篤な感染症の発現割合は、それぞれ0.4%(476例中2例)及び0.0%(122例中0例)であった。
    日本人及び外国人潰瘍性大腸炎患者を対象に、本剤を52週間(最長53週間)投与した国際共同第3相寛解維持試験において、100人・年あたりの重篤な感染症の発現率は、プラセボ群では1.94であったのに対し、本剤5mg1日2回群及び10mg1日2回群では、それぞれ1.35及び0.64であった。
    日本人及び外国人潰瘍性大腸炎患者への本剤の投与群全体での100人・年あたりの重篤な感染症の発現率は、2.05であった。
    15.1.5. 〈潰瘍性大腸炎〉国内外で実施された比較試験4試験及び長期投与試験における全用量群では、リンパ腫1例を含む悪性腫瘍<非黒色腫皮膚癌を除く>7例が報告され、いずれもPD(Predominant Dose:主要用量)1回10mg、1日2回投与群*に認められ、非黒色腫皮膚癌は10例報告され、9例はPD1回10mg、1日2回投与群であった。PD1回10mg、1日2回投与群における非黒色腫皮膚癌の発現率はPD1回5mg、1日2回投与群※より高かった。同様に、PInd※※(Post−Induction dose:寛解導入後用量)1回10mg、1日2回投与群における非黒色腫皮膚癌の発現率はPInd1回5mg、1日2回投与群より高かった。非黒色腫皮膚癌の発現率は投与期間の長さに比例して増加する傾向はみられなかった〔8.2参照〕。
    [悪性腫瘍の発現率]
    1). 悪性腫瘍(非黒色腫皮膚癌を除く):
    ①. 全用量群:N1123人;曝露量1410.5人・年;n7(0.6%);発現率0.50/100人・年(95%信頼区間:0.20,1.02)。
    ②. PD:5mgBID:N172人;曝露量289.9人・年;n0;発現率0.00/100人・年(95%信頼区間:0.00,1.27)。
    ③. PD:10mgBID:N951人;曝露量1120.6人・年;n7(0.7%);発現率0.62/100人・年(95%信頼区間:0.25,1.29)。
    ④. PInd:5mgBID:N216人;曝露量258.8人・年;n0;発現率0.00/100人・年(95%信頼区間:0.00,1.43)。
    ⑤. PInd:10mgBID:N768人;曝露量966.5人・年;n5(0.7%);発現率0.52/100人・年(95%信頼区間:0.17,1.21)。
    2). 結腸直腸癌:
    ①. 全用量群:N1123人;曝露量1412.2人・年;n1(0.1%);発現率0.07/100人・年(95%信頼区間:0.00,0.39)。
    ②. PD:5mgBID:N172人;曝露量289.9人・年;n0;発現率0.00/100人・年(95%信頼区間:0.00,1.27)。
    ③. PD:10mgBID:N951人;曝露量1122.4人・年;n1(0.1%);発現率0.09/100人・年(95%信頼区間:0.00,0.50)。
    ④. PInd:5mgBID:N216人;曝露量258.8人・年;n0;発現率0.00/100人・年(95%信頼区間:0.00,1.43)。
    ⑤. PInd:10mgBID:N768人;曝露量968.1人・年;n0;発現率0.00/100人・年(95%信頼区間:0.00,0.38)。
    3). 悪性リンパ腫及びリンパ増殖性疾患:
    ①. 全用量群:N1123人;曝露量1412.2人・年;n1(0.1%);発現率0.07/100人・年(95%信頼区間:0.00,0.39)。
    ②. PD:5mgBID:N172人;曝露量289.9人・年;n0;発現率0.00/100人・年(95%信頼区間:0.00,1.27)。
    ③. PD:10mgBID:N951人;曝露量1122.4人・年;n1(0.1%);発現率0.09/100人・年(95%信頼区間:0.00,0.50)。
    ④. PInd:5mgBID:N216人;曝露量258.8人・年;n0;発現率0.00/100人・年(95%信頼区間:0.00,1.43)。
    ⑤. PInd:10mgBID:N768人;曝露量968.1人・年;n1(0.1%);発現率0.10/100人・年(95%信頼区間:0.00,0.58)。
    4). 非黒色腫皮膚癌:
    ①. 全用量群:N1123人;曝露量1402.8人・年;n10(0.9%);発現率0.71/100人・年(95%信頼区間:0.34,1.31)。
    ②. PD:5mgBID:N172人;曝露量289.8人・年;n1(0.6%);発現率0.35/100人・年(95%信頼区間:0.01,1.92)。
    ③. PD:10mgBID:N951人;曝露量1113.0人・年;n9(0.9%);発現率0.81/100人・年(95%信頼区間:0.37,1.54)。
    ④. PInd:5mgBID:N216人;曝露量258.7人・年;n1(0.5%);発現率0.39/100人・年(95%信頼区間:0.01,2.15)。
    ⑤. PInd:10mgBID:N768人;曝露量958.9人・年;n8(1.0%);発現率0.83/100人・年(95%信頼区間:0.36,1.64)。
    N:評価対象例数、n:発現例数、%(発現例数/評価対象例数)、BID:1日2回投与、PD:Predominat Dose(主要用量)、PInd:Post−Induction dose(寛解導入後用量)。
    *:1日平均投与量が15mg以上。
    ※:1日平均投与量が15mg未満。
    ※※:8週間の第3相寛解導入試験で本剤の投与を完了し、寛解維持試験又は長期投与試験で本剤5mg、1日2回又は10mg、1日2回の投与を継続して受けた被験者、もしくは寛解導入試験でプラセボの投与を受けた後、寛解維持試験又は長期投与試験で本剤の投与を8週間以上受けた被験者。これらの被験者を寛解導入療法後の最初の本剤の用量に基づき、PInd1回10mg、1日2回投与群又はPInd1回5mg、1日2回投与群に分類した。
    15.2. 非臨床試験に基づく情報
    15.2.1. 本剤はJAK阻害作用を有することから免疫系及び造血系へ影響を及ぼす可能性があり、非臨床試験ではリンパ球数減少及び赤血球数減少などに加え、免疫抑制(IFN−α/β、IFN−γ、TNF−α等のサイトカインの抑制等)に起因する二次的な作用(細菌感染及びウイルス感染並びにリンパ腫)がみられ、また、その他に肝臓への影響や消化管への影響(トランスアミナーゼ上昇や胃腸拡張など)もみられた〔8.1、8.5、8.6参照〕。
    15.2.2. ラットのがん原性試験(24ヵ月投与)において、良性ライディッヒ細胞腫(75mg/kg/日の雄)、褐色脂肪腫(30mg/kg/日以上の雌)、良性胸腺腫(75mg/kg/日の雌)、良性血管腫(10mg/kg/日の雄)の発現頻度の上昇が認められた。
    15.2.3. サル39週間投与試験では10mg/kg/日で8例中3例に、サル腎同種片移植試験ではミコフェノール酸モフェチルを併用投与した動物8例中1例でリンパ腫が認められた。
    (保管上の注意)
    室温保存。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 52歳男性。両腋窩の紅色びらん面と陰股部・臍部の… 日経メディクイズ●皮膚
    2. 「抗菌薬不足」に解決策はあるか? 特集◎医師が薬を自由に使えなくなる日《7》
    3. 耳垢栓塞はどうやって除去? 耳かきの指導は? AntaaQAピックアップ
    4. 10歳男児。尿糖陽性 日経メディクイズ●小児
    5. 「私が頑張らなければ……」の落とし穴 キャリアお悩み相談室
    6. 20歳代女性。全身倦怠感、発熱、咳嗽 日経メディクイズ●胸部X線
    7. 20歳代女性。全身倦怠感、発熱、咳嗽 Cadetto.jp限定「よりぬきメディクイズ」
    8. ガイドラインにもお国柄あり? 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」
    9. 医師が欲しい「こんな商品、あんなサービス」 日経ヘルスケアon the web
    10. パーキンソン病に第2の経皮吸収型ドパミンアゴニス… 最新DIピックアップ
    医師と医学研究者におすすめの英文校正