日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ポルトラック原末の基本情報

先発品(後発品なし)
一般名
製薬会社
薬価・規格
6.5円(1g)
添付文書

基本情報

薬効分類
高アンモニア血症治療薬

腸内で酸性度を高め腸管でのアンモニア産生や吸収などを低下させ血液中のアンモニアを低下させる薬

高アンモニア血症治療薬
  • モニラック
  • ピアーレ
  • ラクツロース経口ゼリー分包16.05g「サトウ」
  • ラグノス
  • ポルトラック
効能・効果
  • 非代償性肝硬変の高アンモニア血症
注意すべき副作用
下痢 、 悪心 、 嘔吐 、 腹部膨満 、 腹痛 、 放屁 、 排便回数増加 、 食欲不振 、 皮膚そう痒感 、 LDH上昇
用法・用量(主なもの)
  • 通常、成人にはラクチトール水和物として1日量18〜36gを3回に分けて用時、水に溶解後経口投与する
    • なお、本剤の投与により下痢が惹起されることがあるので、初回投与量は1日量18gとして漸増し、便通状態として1日2〜3回程度の軟便がみられる量を投与する
  • ただし、1日量36gを超えないこととする
  • (用法及び用量に関連する注意)7.1. 水様便があらわれた場合には、減量又は投与を一時中止すること

副作用

主な副作用
下痢 、 悪心 、 嘔吐 、 腹部膨満 、 腹痛 、 放屁 、 排便回数増加 、 食欲不振 、 皮膚そう痒感 、 LDH上昇 、 ヘモグロビン減少
上記以外の副作用
好酸球増多 、 倦怠感

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • ガラクトース血症
患者の属性に応じた注意事項
  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 慎重投与
    • 高齢者
  • 注意
    • 授乳婦
    • 新生児(低出生体重児を含む)
    • 乳児
    • 幼児・小児
  • 投与に際する指示
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 注意
    • 小児等(0歳〜14歳)

相互作用

薬剤との相互作用
薬剤名
影響
α−グルコシダーゼ阻害剤
消化器系副作用が増強
アカルボース
消化器系副作用が増強
ボグリボース
消化器系副作用が増強
ミグリトール
消化器系副作用が増強

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

非代償性肝硬変に伴う高アンモニア血症。

用法・用量(添付文書全文)

通常、成人にはラクチトール水和物として1日量18〜36gを3回に分けて用時、水に溶解後経口投与する。
なお、本剤の投与により下痢が惹起されることがあるので、初回投与量は1日量18gとして漸増し、便通状態として1日2〜3回程度の軟便がみられる量を投与する。ただし、1日量36gを超えないこととする。
(用法及び用量に関連する注意)
7.1. 水様便があらわれた場合には、減量又は投与を一時中止すること。

副作用(添付文書全文)

次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど、適切な処置を行うこと。
11.2. その他の副作用
1). 消化器:(1〜5%未満)下痢、(1%未満)悪心・嘔吐、腹部膨満、腹痛、放屁、排便回数増加、食欲不振。
2). 皮膚:(1%未満)皮膚そう痒感。
3). 肝臓:(1%未満)LDH上昇。
4). 血液:(1%未満)ヘモグロビン減少、好酸球増多。
5). その他:(1%未満)倦怠感。
発現頻度は使用成績調査を含む。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
2.1. ガラクトース血症の患者[分子中にガラクトース骨格を含むため、腸内細菌により分解されてガラクトースが生成されるおそれがある]。
(特定の背景を有する患者に関する注意)
(妊婦)
妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。
(授乳婦)
治療上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討すること(動物実験(ラット)で乳汁中に移行することが認められている)。
(小児等)
小児等を対象とした有効性及び安全性を指標とした臨床試験は実施していない。
(高齢者)
少量(例えば1回6g)から投与を開始するなど患者の状態を観察しながら、慎重に投与すること(生理機能が低下していることが多く、副作用があらわれやすい)。
(相互作用)
10.2. 併用注意:
α−グルコシダーゼ阻害剤(アカルボース、ボグリボース、ミグリトール)[消化器系副作用が増強される可能性がある]。
(取扱い上の注意)
20.1. 溶解後、24時間安定であることが確認されている。
20.2. 保存条件(高温等)により固結が生じる場合があるが、品質に影響はない。
(保管上の注意)
室温保存。

処方薬事典は、日経メディカル Onlineが配信する医療・医薬関係者向けのコンテンツです。一般の方もご覧いただけますが、内容に関するご質問にはお答えできません。服用中の医薬品についてはかかりつけの医師や薬剤師にご相談ください。