日経メディカルのロゴ画像

処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

アデシノンP注射液20mgの基本情報

後発品(加算対象)

基本情報

効能・効果
  • 調節性眼精疲労の眼調節機能の安定化
  • 耳鳴
  • 急性灰白髄炎
  • 筋ジストロフィー症
  • 進行性脊髄性筋萎縮症
  • 心不全
  • 頭部外傷後遺症の諸症状の改善
  • 難聴
  • 慢性胃炎の消化管機能低下
  • 慢性肝疾患の肝機能の改善
  • 脳性小児麻痺<弛緩型>
注意すべき副作用
悪心 、 嘔吐 、 食欲不振 、 一過性心悸亢進 、 頭痛 、 ショック様症状 、 胸内苦悶 、 顔面潮紅 、 咳 、 吃逆
用法・用量(主なもの)
  • 1.アデノシン三リン酸二ナトリウム水和物として1回5〜40mgを1日1〜2回等張ないし高張ブドウ糖注射液に溶解して、徐々に静脈内注射する
  • 2.アデノシン三リン酸二ナトリウム水和物として1回40〜80mgを1日1回5%ブドウ糖注射液200〜500mLに溶解し、30〜60分かけて点滴静脈内注射する
  • 3.アデノシン三リン酸二ナトリウム水和物として1回5〜40mgを1日1〜2回筋肉内又は皮下注射する
禁忌・原則禁忌
  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 脳出血直後

副作用

主な副作用
悪心 、 嘔吐 、 食欲不振 、 一過性心悸亢進 、 頭痛
重大な副作用
ショック様症状 、 胸内苦悶 、 顔面潮紅 、 咳 、 吃逆 、 熱感

注意事項

病気や症状に応じた注意事項
  • 禁止
    • 脳出血直後
患者の属性に応じた注意事項
  • 希望禁止
    • 妊婦・産婦
    • 乳児
    • 幼児・小児
  • 注意
    • 新生児(低出生体重児を含む)
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者
年齢や性別に応じた注意事項
  • 希望禁止
    • 乳児(0日〜364日)
    • 幼児(0歳〜6歳)
    • 小児(0歳〜14歳)
  • 注意
    • 低出生体重児(0日〜27日)
    • 新生児(0日〜27日)
    • 高齢者(65歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用
薬剤名
影響
ジピリダモール
ATP分解物であるアデノシンの血中濃度を上昇
ジピリダモール
心臓血管に対する作用を増強

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)

添付文書

効果・効能(添付文書全文)

1.次記疾患に伴う諸症状の改善:頭部外傷後遺症。
2.心不全。
3.筋ジストロフィー症及びその類縁疾患。
4.急性灰白髄炎。
5.脳性小児麻痺<弛緩型>。
6.進行性脊髄性筋萎縮症及びその類似疾患。
7.調節性眼精疲労における眼調節機能の安定化。
8.耳鳴・難聴。
9.消化管機能低下のみられる慢性胃炎。
10.慢性肝疾患における肝機能の改善。

用法・用量(添付文書全文)

1.アデノシン三リン酸二ナトリウム水和物として1回5〜40mgを1日1〜2回等張ないし高張ブドウ糖注射液に溶解して、徐々に静脈内注射する。
2.アデノシン三リン酸二ナトリウム水和物として1回40〜80mgを1日1回5%ブドウ糖注射液200〜500mLに溶解し、30〜60分かけて点滴静脈内注射する。
3.アデノシン三リン酸二ナトリウム水和物として1回5〜40mgを1日1〜2回筋肉内又は皮下注射する。

副作用(添付文書全文)

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していないため、発現頻度については文献等を参考に集計した(再審査対象外)。
1.重大な副作用
ショック様症状(0.1%未満)が現れることがあるので、胸内苦悶、悪心、顔面潮紅、咳、吃逆、熱感等が現れた場合には投与を中止する。
2.その他の副作用(頻度不明)
1).消化器:悪心・嘔吐、食欲不振。
2).循環器:一過性心悸亢進。
3).精神神経系:頭痛。

使用上の注意(添付文書全文)

(禁忌)
脳出血直後の患者[脳血管拡張により、再出血する恐れがある]。
(相互作用)
併用注意:ジピリダモール[ジピリダモールはATP分解物であるアデノシンの血中濃度を上昇させ、心臓血管に対する作用を増強するとの報告があるので、併用にあたっては患者の状態を十分に観察するなど注意する(ジピリダモールのアデノシン取り込み抑制作用により、ATP分解物であるアデノシンの血中濃度が上昇する)]。
(高齢者への投与)
一般に高齢者では生理機能が低下しているので、減量するなど注意する。
(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないことが望ましい[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。
(小児等への投与)
低出生体重児、新生児に使用する場合には十分注意する[外国において、ベンジルアルコールの静脈内大量投与(99〜234mg/kg)により、中毒症状(あえぎ呼吸、アシドーシス、痙攣等)が低出生体重児に発現したとの報告がある(本剤は添加剤としてベンジルアルコールを含有している)]。
(適用上の注意)
1.静脈内注射時:ゆっくり(10mgを1〜2分で)静脈内に投与する[急速に投与すると、一過性胸内苦悶、悪心、頭痛、顔面潮紅、咳、吃逆、発熱等が現れることがある]。
2.筋肉内注射時:筋肉内注射にあたっては、組織・神経等への影響を避けるため、次記の点に配慮する。
1).筋肉内注射時神経走行部位を避けるよう注意する。
2).筋肉内注射時、繰り返し注射する場合には、例えば左右交互に注射するなど、注射部位をかえて行う。なお、乳児・幼児・小児には筋肉内注射を連用しないことが望ましい。
3).注射針を刺入したとき、激痛を訴えたり、血液の逆流をみた場合は、直ちに針を抜き、部位をかえて注射する。
3.アンプルカット時:本製品はワンポイントカットアンプルであるが、アンプルのカット部分をエタノール綿等で清拭してからカットすることが望ましい。
(その他の注意)
本剤を急速静注した場合に気管支痙攣を誘発したとの報告がある。
(取扱い上の注意)
安定性試験:長期保存試験(遮光、冷所(4〜15℃)、3年)の結果、通常の市場流通下において3年間安定であることが確認された。
(保管上の注意)
遮光、冷所保存。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。